役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

薬理学

 

生理学

 

細胞の構造と特徴

 

ニューロンの働き

 

神経系:中枢と末梢

 

循環器系

 

呼吸器系

 

消化と吸収

 

腎臓の働き(尿の生成と排泄)

 

内分泌系(ホルモン)

 

薬理学の基礎

 

薬理学の基礎:薬と受容体の関係

 

競合阻害・非競合阻害

 

アセチルコリン・カテコールアミン

 

セロトニン・ヒスタミン・神経性アミノ酸

 

オータコイド、エイコサノイド

 

セカンドメッセンジャー

 

Gタンパク質

 

自律神経系に作用する薬物

 

末梢神経系と薬物

 

自律神経系に作用する薬物

 

交感神経作動薬、交感神経遮断薬

 

排出障害・頻尿と前立腺肥大症の治療薬

 

目に作用する薬物(緑内障、白内障)

 

前立腺肥大症による排尿障害と治療薬

 

過活動膀胱(OAB)による排尿障害と治療薬

 

慢性腎不全(CKD)と治療薬

 

中枢神経系に作用する薬物

 

ベンゾジアゼピン系薬、バルビツール酸系薬

 

睡眠障害(不眠症)と睡眠薬

 

抗パーキンソン病薬

 

統合失調症治療薬

 

抗うつ薬・躁病(そう病)治療薬

 

不安障害と抗不安薬

 

抗てんかん薬

 

認知症と治療薬

 

心臓・血管系に作用する薬物

 

体液移動と浮腫

 

ショック症状と脱水症

 

高血圧治療薬(利尿薬、α・β遮断薬、Ca拮抗薬)

 

高血圧治療薬(レニン-アンジオテンシン系)

 

β-作動薬、PDEⅢ阻害薬、β-遮断薬

 

心不全と治療薬

 

狭心症と硝酸薬・Ca拮抗薬

 

心筋梗塞と血栓溶解薬・抗血液凝固薬

 

不整脈の発症と治療薬

 

抗血小板薬の意義:抗凝固薬との使い分け

 

抗凝固薬の作用機序と心房細動:血栓の予防

 

その他の病気の発生と治療薬

 

利尿薬と作用機序

 

糖尿病と治療薬

 

インスリン療法による糖尿病治療

 

脂質異常症(高脂血症)治療薬

 

痛風・高尿酸血症と治療薬

 

消化性潰瘍と治療薬

 

消化管機能調整薬、嘔吐、貧血

 

骨粗しょう症(骨粗鬆症)と治療薬

 

関節リウマチと治療薬

 

呼吸器系疾患と治療薬

 

花粉症における薬物療法

 

気管支喘息と治療薬

 

アトピー性皮膚炎の治療薬

 

放射性医薬品(放射薬品化学)

 

抗がん剤

 

抗がん剤の概要:がんを発症する仕組み

 

細胞分裂とDNAの構造:抗がん剤を学ぶ前に

 

アルキル化剤、白金製剤、抗がん性抗生物質

 

抗がん剤:代謝拮抗剤

 

抗がん剤:植物アルカロイド

 

抗がん剤:分子標的薬

 

抗がん剤:ホルモン剤

 

ホルモン

 

ホルモンと情報伝達

 

ステロイドホルモン

 

視床下部ホルモン・下垂体ホルモン

 

インスリン・ガストリン

 

甲状腺ホルモン・副甲状腺ホルモン

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク