役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

前立腺肥大症による排尿障害と治療薬

 

 排尿障害(前立腺肥大と過活動膀胱)
排尿が正常に行われないとき、排尿障害と表現される。この排尿障害としては、「なかなか尿が出にくい」、「尿がもれてしまう」などの症状がある。

 

このような排尿障害としては、主に2種類ある。

 

 ・排尿障害(尿が出にくい)
 ・蓄尿障害(トイレが近い、尿がもれる)

 

病名

排尿障害

蓄尿障害

症状

・排尿困難(尿が出にくい)

・頻尿(トイレが近い)
・尿失禁(尿がもれる)

関連する疾患

前立腺肥大
・尿道狭窄
・神経因性膀胱 など

前立腺肥大
過活動膀胱(OAB)
・膀胱炎 など

 

 前立腺肥大症とは
尿のトラブルで多い症状として前立腺肥大がある。前立腺は前立腺液(精液の一部)を作る過程に関与しており、男性のみが持つ生殖器官となる。そのため、女性で前立腺肥大になる方はいない。

 

これら前立腺肥大症は年齢が高くなるにつれて発症しやすくなる。主に50歳を越えると前立腺肥大症に悩む人が増えてくる。

 

 ・前立腺と前立腺肥大症
膀胱の真下に前立腺があり、この前立腺は尿道を取り囲むように位置している。前立腺肥大症患者では、その名の通り前立腺が肥大してしまっている。

 

前立腺が大きくなっているため、その分だけ尿道が圧迫されてしまう。つまり、尿が出にくくなってしまうのである。

 

 前立腺肥大症

 

そこで、前立腺肥大による排尿障害を改善する時は「尿道をゆるめる(拡げる)」や「前立腺を小さくする」などによって治療していく。

 

 

 α-受容体阻害薬
前立腺肥大による排尿障害を改善したい場合、その対策の一つとして尿道を広げることがある。前立腺が尿道を圧迫しているため、尿道を拡張すればこの前立腺による圧迫を軽減できるはずである。

 

排尿には神経系として交感神経が関わっていく。交感神経は「運動時」などに活発となる神経であり、これら運動時ではトイレに行くよりも目の前の出来事に集中しなければいけない。そのため、尿が溜められるように働く。

 

つまり、交感神経が興奮すると排尿を抑制するために尿道が閉じられてしまうことが分かる。交感神経興奮の逆の作用をすれば尿道が拡張され、尿道が拡がると予測できる。

 

前立腺にはα受容体が存在している。このα受容体が興奮することによって交感神経が活発となり、尿道が狭くなりる。そのため、α受容体を阻害すれば尿道が拡張されることが分かる。

 

 α-受容体阻害薬の作用(前立腺肥大症の治療)

 

このように、α受容体を阻害することによって尿道を拡張し、前立腺肥大を治療する薬としてタムスロシン(商品名:ハルナール)、シロドシン(商品名:ユリーフ)、ナフトピジル(商品名:フリバス)などがある。

 

なお、細かい話をすると前立腺にはα受容体の中でもα1A受容体とα1D受容体が存在している。そのため、α受容体の中でも次に挙げた受容体を阻害すれば前立腺肥大症を治療することができる。

 

 ・タムスロシン(α1A受容体阻害薬、商品名:ハルナール)
 ・シロドシン(α1A受容体阻害薬、商品名:ユリーフ)
 ・ナフトピジル(α1D受容体阻害薬、商品名:フリバス)

 

 

 抗アンドロゲン薬
前立腺が大きくなっていることによって排尿障害が起きている。そのため、前立腺を小さくすることができれば前立腺肥大症の症状を改善させることができる。

 

前立腺は生殖器の一つであり、男性にしか存在しない器官である。この前立腺は男性ホルモンの作用が大きく関わっており、男性ホルモンが作用することによって前立腺が肥大していく。

 

そのため、前立腺に作用する男性ホルモンの作用を弱めてしまえば、前立腺を小さくすることが出来ると分かる。このため、男性ホルモンの作用を阻害する薬は前立腺肥大症の治療薬として使用される。

 

 抗アンドロゲン薬(前立腺肥大症の治療薬)

 

これら抗アンドロゲン作用によって前立腺肥大症を治療する薬としてクロルマジノン(商品名:プロスタール)などがある。

 

  5α-還元酵素阻害薬
男性ホルモンには様々な種類があり、その種類によって作用の強さが異なる。このような男性ホルモンの一つとしてテストステロンがある。

 

このテストステロンは5α-還元酵素と呼ばれる酵素によってジヒドロテストステロンという物質へと変換される。このジヒドロテストステロンはテストステロンよりも作用が強く、前立腺に作用することでより効率的に前立腺を肥大させることができる。

 

つまり、この5α-還元酵素を阻害してしまえば、テストステロンからジヒドロテストステロンへと変換される過程を抑制することができる。

 

 5α-完全酵素阻害薬(前立腺肥大症の治療薬)

 

より作用の強いジヒドロテストステロンの産生を抑制できるため、5α-還元酵素阻害薬は前立腺肥大症の治療薬となる。

 

このように、5α-還元酵素を阻害することによって前立腺肥大症を治療する薬としてデュタステリド(商品名:アボルブ)がある。

 

主な作用機序

一般名

商品名

α受容体阻害薬

タムスロシン

ハルナール

シロドシン

ユリーフ

ナフトピジル

フリバス

抗アンドロゲン薬

クロルマジノン

プロスタール

5α-還元酵素阻害薬

デュタステリド

アボルブ

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク