役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

痛風・高尿酸血症と治療薬

 

 尿酸の産生機構
痛風は尿酸によって起こる病気である。血液中の尿酸値が高い状態が高尿酸血症であり、これによって関節炎が起こる。そして、この関節炎は「風が吹いただけでも痛い」と言われるほど、激しい痛みを伴う。これが痛風である。

 

尿酸の元となるのは核酸(DNA、RNA)である。核酸はプリン体、ヒポキサンチン、キサンチンを経て尿酸となる。なお、「ヒポキサンチン→キサンチン」「キサンチン→尿酸」へと変化する過程にはキサンチンオキシダーゼという酵素が関わっている。

 

 尿酸の産生機構

 

尿酸はその大部分が尿によって排泄される。しかし、ありがたくないことに一部は尿細管から再吸収される。なお、尿酸自体に毒性があるわけではない。尿酸が結晶となるのが問題なのである。

 

血中の尿酸値が高いと尿酸は結晶になりやすくなる。もし尿酸結晶が形成されると、異物である尿酸結晶を排除しようとして好中球が結晶を食べる(貪食する)。

 

しかし、好中球の中にあるリソソームは尿酸結晶を分解することができない。そのためリソソームが破れ、そこからプロスタグランジン・ロイコトリエン・プロテアーゼ・活性酸素などが漏れ出す。これによって炎症が発生するのである。

 

 炎症の発生

 

 痛風治療薬
・尿酸合成阻害薬
尿酸が多く存在するから尿酸結晶ができ、痛風が発症するのである。それならば、痛風の元となる尿酸の合成を阻害してやれば痛風にはならない。

 

尿酸合成には前述のとおりキサンチンオキシダーゼが重要である。そして、アロプリノール(商品名:ザイロリック)キサンチンオキシダーゼを阻害することで尿酸産生を抑える。

 

アロプリノールがキサンチンオキシダーゼに作用するとき、アロプリノールは酸化されてアロキサンチンとなる。このアロキサンチン自体もキサンチンオキシダーゼを阻害する作用をもつ。つまり、アロプリノールはそれ自身とその代謝物によって、キサンチンオキシダーゼを二重に阻害する。

 

なお、アロプリノールはプリン骨格を有しているため、キサンチンオキシダーゼ以外の核酸代謝に関わる酵素にまで作用してしまう。これによって副作用が起こる。

 

そこで、アロプリノールのようなプリン骨格を有さない非プリン系のキサンチンオキシダーゼ阻害薬としてフェブキソスタット(商品名:フェブリク)が開発された。フェブキソスタットは選択的キサンチンオキシダーゼ阻害薬と言える。

 

 

・尿酸排泄促進薬
尿酸の大部分は尿中に排泄される。しかし、一部は尿細管から再吸収される。そのため、尿細管からの再吸収を阻害すれば、尿酸排泄量を増加させることができるはずである。

 

この作用を利用した薬にプロベネシド(商品名:ベネシッド)、ベンズブロマロン(商品名:ユリノーム)がある。これらの薬は尿酸の再吸収を阻害する働きをする。

 

 尿酸合成阻害薬、尿酸排泄促進薬

 

ここで重要なのは「プロベネシドは尿細管排泄を抑制し、ベンズブロマロンは尿細管排泄を抑制しない」という点である。もともとプロベネシドはペニシリンの作用増強を目的として、「ペニシリン排泄抑制薬」として開発されたものである。

 

プロベネシドの尿細管排泄抑制作用により、プロベネシドはペニシリンやインドメタシン、パラアミノサリチル酸などの薬物と尿細管排泄を拮抗する。

 

・痛風発生停止薬
好中球が尿酸結晶を貪食するから炎症が起こるのである。そのため、好中球の働きを抑えれば炎症は起こらない。

 

コルヒチン(商品名:コルヒチン)は好中球の遊走を阻害することで、痛風の発生を抑制する。これは、微小管を構成するタンパクであるチュブリンと結合し、微小管形成を阻害することによるものである。なお、この薬は好中球の遊走を阻害するだけであり尿酸値を下げるわけではない。

 

 痛風発生停止薬、NSAIDs

 

・NSAIDs(非ステロイド抗炎症薬)
非ステロイド抗炎症薬は炎症を抑えることで疼痛、発赤などを抑制する。急性発作にも有効である。

 

薬物名

商品名

作用機序

特徴

アロプリノール ザイロリック キサンチンオキシダーゼ阻害

・代謝されアロキサンチン産生
・アロキサンチン自体も
 キサンチンオキシダーゼを阻害

フェブキソスタット フェブリク
プロベネシド ベネシッド 尿酸排泄促進 尿細管排泄抑制あり
ベンズブロマロン ユリノーム 尿細管排泄抑制なし
コルヒチン コルヒチン

チュブリンと結合
→ 微小管形成阻害 :抗中球遊走阻害

痛風発作を特異的に阻害

NSAIDs:
インドメタシン
ジクロフェナク等

シクロオキシゲナーゼ(COX) 阻害 急性発作に有効

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク