役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

スーグラ(イプラグリフロジン)の作用機序:糖尿病治療薬

 

 

血液中の糖濃度(血糖値)が高くなってしまう病気として糖尿病が知られています。糖尿病を発症すると、腎機能が低下して透析が必要になったり、目が見えなくなって失明したりします。

 

そこで、糖尿病を治療することでこれらの合併症を防ぐ薬としてイプラグリフロジン(商品名:スーグラ)が使用されます。イプラグリフロジンはSGLT2阻害薬と呼ばれる種類の薬になります。

 

 腎臓と糖尿病の関係性
腎臓は尿を作る臓器ですが、腎臓で最初に作られた原尿には糖やアミノ酸など、私たちの体に必須となる栄養が含まれています。

 

これらの栄養が尿として排泄されるのは不都合であるため、原尿が尿管を通って膀胱へたどり着くまでに糖やアミノ酸などの栄養は血管内へと吸収されます。これを再吸収と呼びます。再吸収が起こるため、通常、私たちの尿から糖は検出されません。

 

 アミノ酸、糖、水分の再吸収

 

しかし、糖尿病患者では血液中の糖濃度が高すぎるため、原尿に含まれる糖分も多くなります。そのため、尿管で行われる「糖の再吸収」を全て行うことができません。その結果、尿から糖が検出されるようになります。これが、糖尿病という名前が付けられている由来です。

 

血液中の糖濃度が高いことにより、糖毒性として先に挙げた腎症や網膜症などの合併症を引き起こすようになるのです。これを回避するため、糖尿病の治療薬では「血糖値を下げる」ことが行われます。

 

 イプラグリフロジン(商品名:スーグラ)の作用機序
尿管を細かく分けると、腎臓側から「近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管」に分類されます。この中でも、糖の再吸収はそのほとんどが近位尿細管で行われます。

 

近位尿細管には、糖を再吸収するための輸送体が存在します。この輸送体をSGLT2と呼びます。SGLT2が原尿に含まれる糖を認識し、血液中へと放出するのです。

 

糖の再吸収の約90%は「近位尿細管に存在するSGLT2によって行われている」と言われています。

 

そこで、SGLT2を阻害すれば、近位尿細管で行われている糖の再吸収を抑制できることがわかります。尿から排泄される糖分が多くなるため、その分だけ血糖値を下げることができます。

 

通常、尿から多量の糖が検出されるのは良くないことです。しかし、ここでは敢えて尿中から糖をたくさん排泄させることで血糖値を下げ、糖尿病を治療するのです。

 

 SGLT2阻害薬の作用機序

 

このような考えにより、糖の再吸収に関わる輸送体を阻害し、血糖値を抑えることで糖尿病を治療する薬がイプラグリフロジン(商品名:スーグラ)です。SGLT2を阻害するため、イプラグリフロジンはSGLT2阻害薬と呼ばれます。

 

 イプラグリフロジン(商品名:スーグラ)の特徴
SGLT2阻害薬の中でも、国内初のSGLT2阻害薬がイプラグリフロジン(商品名:スーグラ)です。その作用機序から、糖尿病治療薬で問題となりやすい低血糖の副作用のリスクが低い薬です。ただ、他の糖尿病治療薬と併用することによる低血糖などのリスクはあります。

 

また、糖尿病の治療薬は体重増加を引き起こすことがあります。一方、イプラグリフロジンは尿からの糖排泄を促すだけであるため、体重増加などの副作用はありません。「太りにくい薬」とも言えますが、むしろ、副作用として体重減少が知られています。

 

1日1回投与することによって優れた血糖降下作用を有することが分かっています。血糖値の指標としてHbA1cが知られており、長期の投与(52週)でHbA1c値を改善させることができます。

 

ただし、尿中の糖濃度が上昇するため、尿路感染症の危険性が懸念されています。特に女性は尿道が短く膀胱炎などが起こりやすいため、気をつけなければいけません。他にも、糖が出ていくために脱水のリスクや栄養不良状態などの副作用が懸念されています。

 

このような特徴により、「糖の排泄促進」というメカニズムによって血糖値を下げる薬がイプラグリフロジン(商品名:スーグラ)です。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー      薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク


役に立つ薬の情報~専門薬学:メールセミナー





 ▽管理人  ▽薬の情報  ▽薬学分野


深井良祐

くすり入門

医薬品の作用機序

くすり君の一日

医薬品の話

家庭の医学

薬学動画セミナー

病院の言葉を理解しよう

医療研修資料

薬はなぜ効くのか?

薬物物語

薬と関係ない話

有機化学

生化学Ⅰ

生化学Ⅱ

薬理学

物理化学

分析化学

薬剤・薬物動態学

微生物学

免疫学

漢方処方学

統計学
 ▽その他

お問い合わせ

就活薬学生!

転職薬剤師!

サイトマップ
HOME メールセミナー メディア掲載実績 出版キャンペーン 薬剤師の転職 お問い合わせ