役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ドプス(ドロキシドパ)の作用機序:パーキンソン病治療薬

 

パーキンソン病の症状として、体の動きが悪くなってしまうことがあります。そのために日常生活に支障が出てしまいますが、これらの症状の中でもバランス障害として「すくみ足」と呼ばれる症状があります。

 

このパーキンソン病によるすくみ足を軽減する薬として、ドロキシドパ(商品名:ドプス)があります。

 

 ドパミン(DA)とノルアドレナリン(NA)の関係
パーキンソン病患者では、脳内の神経伝達物質の1つであるドパミンと呼ばれる物質の量が少なくなっています。そのために運動障害が現れてしまいますが、多くのパーキンソン病治療薬は脳内のドパミンを増やすように作用します。

 

ただし、脳内の神経伝達物質としてはドパミン以外にも、アセチルコリンやノルアドレナリンなどがあります。パーキンソン病ではドパミンのバランスが崩れていますが、これと同じことがノルアドレナリンに対しても言えます。

 

パーキンソン病では全体のドパミン量が減少していますが、脳内のノルアドレナリンも同じように減ってしまいます。これは、ノルアドレナリンはドパミンから合成されることにあります。

 

 ドパミンとノルアドレナリンの関係:パーキンソン病治療薬

 

ドパミンはノルアドレナリンの原料であるため、ドパミンが減っているパーキンソン病患者ではノルアドレナリンの量も減ってしまいます。

 

そのため、パーキンソン病患者ではノルアドレナリンを補う薬が使用されます。

 

 

 ノルアドレナリン補充薬の作用機序
パーキンソン病ではドパミン量が減っています。それに伴い、ノルアドレナリンの量も減少してしまいます。

 

ノルアドレナリンはドパミンを原料として合成されます。パーキンソン病患者では原料としてのドパミンが減っているため、ノルアドレナリンの合成も少なくなってしまいます。

 

そのため、ノルアドレナリンを補充することによってパーキンソン病の症状を改善させることができます。このように、ノルアドレナリンを補うことによってパーキンソン病を治療する薬としてドロキシドパ(商品名:ドプス)があります。

 

ドプス(ドロキシドパ)の作用機序:ノルアドレナリン補充薬

 

ノルアドレナリン補充薬はパーキンソン病によって起こるすくみ足を改善します。すくみ足とは、足が地面に貼り付いたような状態になってしまい、前に足が出ない状態を指します。このすくみ足によって、転倒などを引き起こしやすくなります。

 

ドパミンを補うことによってパーキンソン病を治療することも大切ですが、このようにパーキンソン病によって引き起こされる周辺症状を改善することも重要になります。

 

スポンサードリンク



ドプス(ドロキシドパ)の作用機序:パーキンソン病治療薬



スポンサードリンク