役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ラシックス(フロセミド)の作用機序:利尿薬

 

生活習慣病を考える上で「血管の病気」を理解する事はとても重要です。動脈硬化などによって血管に悪影響が出ると、脳卒中や狭心症、心筋梗塞などの疾患を引き起こしてしまいます。

 

そして、血管に大きな負担をかけてしまう病気として高血圧があります。血管に高い圧力が加わるため、その分だけ先に挙げた脳卒中などの疾患を発症しやすくなります。

 

この高血圧を治療するために使用される薬として利尿薬があります。この利尿薬としてフロセミド(商品名:ラシックス)が使用されます。利尿薬の中でも、フロセミドはループ利尿薬と呼ばれます。

 

 

 利尿薬とは
利尿薬とは、尿をたくさん出させる薬のことです。尿の量を多くすることで、血圧を下げることができます。

 

血液の成分としては赤血球や白血球などがあります。そして、当然ながらこれら血液を構成する成分の中で最も多いものは水分です。「血液の容積≒含まれる水の容積」となります。

 

血圧の上昇には血液量が関わっています。体全体に流れる血液の量が多ければ、その分だけ血管の壁を押す力も高まります。そのため、この水の量を少なくすることができれば血圧を下げることができます。もっと言えば、血液量を少なくすれば血管への圧力を減らすことができます。

 

この「体の中に流れる血液量を減らす方法」として、水分として尿をたくさん出させることがあります。このように、尿量を増やす薬のことを総称して利尿薬と呼びます。

 

尿として水分を体の外に排出させ、全体の水分量(血液量)を減らすことで高血圧を治療します。

 

 利尿薬の概念

 

腎臓で作られた尿が膀胱まで移動するとき、尿道を通ります。尿道を通過するとき、尿にはアミノ酸や糖、水分などを血管内へ再び吸収します。これを再吸収といいます。再吸収によって多くの水分が吸収されれば、それだけ血液量が増えて血圧が上がります。

 

尿管は部位によって分かれていますが、その中でも水の吸収に大きく関わる場所としてヘンレループがあります。そこで、ヘンレループからの水分吸収を阻害すれば、尿量を多くできることが分かります。

 

 ループ利尿薬の作用機序

 

このように、尿の量を増やすことで血圧を下げる薬としてフロセミド(商品名:ラシックス)があります。

 

なお、フロセミド(商品名:ラシックス)は心不全患者に対しても使用されます。心不全では、心臓の働きが悪くなっていることにより、血流が滞っています。

 

血液(水分)の流れが各組織で停滞することにより、水分が体内に溜まってしまいます。この状態が浮腫です。

 

そこで、利尿薬を使用します。尿として体内の水分を排泄させることにより、浮腫を改善させるのです。全体の血液量も減るため、心臓の負担が軽くなり、心不全を治療することができます。

 

さらに言えば、腎臓が悪くなることによって起こる浮腫(腎性浮腫)や肝臓が悪くなることによって起こる浮腫(肝性浮腫)にたいしてもフロセミド(商品名:ラシックス)が使用されます。

 

 

 フロセミド(商品名:ラシックス)の作用機序:ループ利尿薬
ナトリウムは水と一緒に移動します。腎臓で作られた原尿は膀胱に到達するまでにその大部分が血液中へと再吸収されますが、この時にナトリウムが大きく関係します。

 

前述の通りナトリウムと水は一緒に移動する性質を持つため、ナトリウムが吸収されるという事は水も同じように血液中へと吸収される事を意味します。

 

腎臓から膀胱まで繋がっている管として、腎臓側から順に主に「近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管、集合管」の4つに分けられます。この中でも、ヘンレループと呼ばれる場所にナトリウムを血液中へと送り込む輸送体が存在しています。

 

ナトリウムが吸収されるために、水も一緒に吸収されます。その結果、全体の血液量が増えて血圧が上昇します。

 

そこで、この「ナトリウムを血液中へと送り込む輸送体」を阻害してしまいます。すると、水の再吸収も起こらなくなり、結果として尿量が増えて体を流れる血液量も少なくなります。これによって、血圧を下げることができます。

 

このように、「ヘンレループに存在するナトリウムの輸送体」を阻害することによって尿量を増やし、高血圧を治療する薬がフロセミド(商品名:ラシックス)です。この作用機序の利尿薬を特にループ利尿薬と呼びます。

 

 ループ利尿薬の作用機序

 

フロセミドは尿量を増やすと同時にカリウムの排泄も促進させるため、低カリウム血症などの副作用が表れることもあります。

 

なお、高血圧を治療するために利尿薬を単独で使用することはありません。ただし、他の薬との併用薬として低用量の利尿薬を使用することはとても有効であるとされています。

 

スポンサードリンク



ラシックス(フロセミド)の作用機序:利尿薬



スポンサードリンク