役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

すい臓の生理学(インスリン)

 

私たちの体のエネルギーを生み出すためには、糖が必要不可欠です。しかし、この糖であってもその量が多すぎてしまうと糖尿病として病気を引き起こしてしまいます。

 

糖尿病とは、その名の通り尿の中に糖が検出される病気のことです。

 

正常な人の場合、尿からは糖は排出されません。しかし、糖尿病患者では血液中における糖の濃度が高くなり過ぎているため、尿中から糖が出てしまいます。

 

尿から糖が検出されるくらい糖の濃度が高いため、糖による毒性が表れてさまざまな合併症を引き起こしてしまうのです。これが、糖尿病の簡単な概要です。

 

 ・すい臓の生理学
糖尿病を考える上で、すい臓(膵臓)を理解することが重要です。

 

すい臓からはインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。このインスリンは血糖値(血液中に存在する糖)を下げるホルモンです。

 

私たちの体には多くのホルモンが存在します。そのホルモン群の中でも、血糖値を上げるホルモンはいくつもあります。しかし、血糖値を下げるホルモンはインスリンだけです。

 

そのため、血液中の糖の濃度が高い状態である糖尿病を理解するためには、インスリンに関しても学習する必要があります。

 

そして、このインスリンはすい臓から分泌されます。

 

すい臓は消化液を分泌する体の臓器であり、膵液として食物の消化を助けます。この膵液の消化作用は強力であるため、何らかの原因によって膵液がすい臓自体を溶かしてしまうこともあります。このような病気が膵炎です。

 

また膵液の分泌によって消化を助けるだけでなく、すい臓にはホルモンを分泌する働きも有しています。このように、すい臓のホルモンを分泌する細胞の集まりをランゲルハンス島と言います。

 

ランゲルハンス島は四つの細胞から構成されています。これらの細胞の中でも、血糖値に関係するホルモン分泌に関わっている細胞を下の表に記します。

 

細胞の名称

分泌される

ホルモン

役割

α細胞(A細胞)

グルカゴン

血糖値を上げる

β細胞(B細胞)

インスリン

血糖値を下げる

 

 ・ホルモンとは(内分泌と外分泌)
薬学を学ぶ上でのホルモンとは、「血液やリンパ管など体の中に向けて分泌される物質」を指します。このような作用を内分泌と呼びます。

 

すい臓の機能で考えると、ランゲルハンス島から分泌される物質は血液中に分泌されるため、内分泌として作用することが分かります。つまり、血糖値を上げるグルカゴンや血糖値を下げるインスリンはホルモンです。

 

また、内分泌の反対を意味する言葉として外分泌があり、外分泌とは分泌腺から体の表面や消化管などに向けて分泌されることです。例えば、唾液などの消化液の分泌が外分泌です。

 

すい臓において食物の消化を助ける膵液は十二指腸へと分泌されます。消化管である十二指腸に分泌されるため、この場合は外分泌となります。

 

なお、ホルモンは微量で作用します。この微量とはppm(百万分の一)、ppb(十億分の一)という量です。なかにはppt(一兆分の一)という単位で効果を示すものまであります。

 

つまり、ほんの少しでもホルモンのバランスが崩れるだけで病気になります。

 

 内分泌(ホルモン)と外分泌

 

ちなみに、「薬学で重要なホルモン」と「焼肉でのホルモン」は全く意味が違います。焼肉でのホルモンは内臓の肉を焼いたものです。

 

昔ではこのような内臓の肉は捨てる部分として「ほうるもん(放るもん)」として捉えられていました。焼肉のホルモンの名前はこの呼び方が起源とされています。

 

そのため、インスリンなど私たちの体に作用を表す生理活性物質としてのホルモンと焼肉でのホルモンは別物です。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク



スポンサードリンク