役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ストレプトマイシン物語:世界初の結核治療薬の光と影 New York Times -Albert Schatz-

 

 ニューヨク・タイムズ
 2005年2月8日

 

1940年代に強力な抗生物質であるストレプトマイシンの発見を手伝った微生物学者のアルバート・シャッツが1月17日にフィラデルフィアの彼の自宅で死んだ。彼は84歳だった。彼はストレプトマイシンの共同発見者として認められるために裁判で争わなければならなかった。

 

彼の死因はすい臓がんであると、彼の妻ビビアンは言いました。

 

1981年に定年退職するまでテンプル大学で教壇をとってていたシャッツは、1943年の頃ストレプトマイシンの研究をしていました。彼はラトガーズ大学研究所にいる著名な微生物学者であるワクスマンのもとで研究している23歳の大学院生でした。

 

シャッツの主張が遅かったため、気の毒にもワクスマンが唯一のストレプトマイシンの発見者であると思われてしまいました。1952年にワクスマンはストレプトマイシンの発見者としてノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

 

ストレプトマイシンは抗生物質の一つであり、土から見つかった糸のような微生物である放線菌から発見されました。奇跡の薬として受けいられ、それは結核に対する最初の効果的な治療薬でした。(他の薬と組み合わせることで、ストレプトマイシンは現在でも結核の治療薬として使われています。)
また腸チフス、野党病、伝染病などを起こす細菌を含む、多くのいわゆるグラム陰性の有機体に対しても効果的であると証明されています。一般的にグラム陰性菌はペニシリンやサルファ薬という抗菌剤が効かないため、ストレプトマイシンは特に価値がある抗生物質でした。

 

シャッツは1920年2月2日にコネティカット州のノーウィッチで生まれ、ニュージャージー州のパセイックで育ちました。1942年にラトガース大学から土壌細菌学の学士号を取得し、その後、大学の土壌細菌研究所の教授であるワクスマンの下で研究を始めました。空軍に勤めた後、シャッツは1943年に研究室に戻ってきました。

 

その頃、ワクスマンの研究室では新しい抗生物質の開発をしていました。シャッツは結核に使われることのできる抗生物質を探すと申し出ました。一ヶ月に40ドル貰い、彼は同僚への結核の感染の危険を減らすために地下室で研究を行いました。3ヶ月と半分で、彼はストレプトマイシンとして知られている抗生物質を単離しました。

 

1945年にシャッツはラトガース大学から博士号を受け取りました。1950年に彼はワクスマンと大学の研究基盤を訴え、共同研究者と著作権使用のパーセンテージとしての依頼を求めました。示談でシャッツは共同研究者と認識されました。彼と彼のいくつかの研究室のメンバーもまた、著作権のパーセンテージが与えられました。(シャッツは3%、ワクスマンは10%であるとシャッツの妻が言った)。ワクスマンは1973年に死にました。

 

シャッツはいくつかの本と700以上の論文を出版しました。またBrooklyn大学、National Agricultural大学、チリ大学、そしてその他の大学でも教壇を取りました。彼は1969年にテンプル大学に来ました。彼の他の研究はフッ素を含む飲料水の中毒の影響の調査であった。

 

その上、彼の妻(元ビビアン・ローゼンフェルド)もまた微生物学者でした。シャッツはフロリダのパーム・コーストにいる彼の姉であるElaine DavidsoやフィラデルフィアにいるLinda Schatz、Diane Kleinの二人の娘、そして四人の孫に恵まれました。

 

1994年にシャッツはストレプトマイシンの研究によって大学で最も名誉のあるラトガース大学メダルを与えられました。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク