役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ペニシリン物語:人類初の抗生物質

 

ペニシリンは人類が初めて発見した抗生物質であり、1929年にアレキサンダー・フレミングによって発見されました。

 

今回は人類初の抗生物質がどのようにして発見されたかを述べたいと思います。

 

 ペニシリン

 

 ペニシリンの発見
ペニシリンを発見したフレミングという男はとてもずぼらな性格をしていました。彼は細菌の培養皿を窓のそばに放置したままにしており、その培地に青カビを生やしてしまったのです。

 

廃棄する前の培地をよく観察すると、カビの周辺だけ透明になっており細菌が溶けていることに彼は気づきました。そのまま培地を捨てていれば抗生物質の発見はありませんでしたが、彼は「なぜ細菌が溶けたのか」と考えました。

 

そして、青カビが作っている「菌を殺す物質」がまさにペニシリンだったのです。

 

ただし、フレミングがペニシリンを精製・単離したのではありません。ペニシリンの大量生産が可能になったのは、フレミングのペニシリン発見から10年以上経った後でした。

 

 ペニシリンの精製・単離
フレミングがペニシリンの精製・単離を断念して年月が流れ、フレミングの報告が1940年にフローリーとチェーンの二人の科学者の目に止まりました。

 

フローリーとチェーンはこのペニシリンの精製に成功し、大量生産を可能としました。そして、この瞬間から抗生物質の時代の幕開けとなったのです。

 

ペニシリンの発見に対してこの3人はノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

 

そして、ペニシリンは第二次世界大戦において、兵士達の感染症を治療するという重大な役割を果たしたのです。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク