役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

シクロホスファミド物語:悲しい歴史から始まる抗がん剤

 

シクロホスファミドは抗がん剤の一つであり、DNA合成を阻害することで作用します。

 

がんの治療で活躍するシクロホスファミドですが、この薬の開発には悲しい歴史があるのです。今回はどのようにしてシクロホスファミドが開発・発見されたかを紹介したいと思います。

 

 シクロホスファミド

 

キーワード:マスタードガス、ナイトロジェンマスタード

 

 毒ガスとしての使用
シクロホスファミドには元となる物質があり、この物質をマスタードガスといいます。マスタードガスは毒ガスであり、ドイツで開発されました。

 

マスタードガスはもともと農薬開発の研究で合成されたものです。しかし、その毒性の強さのため開発は放棄されました。

 

また、マスタードガスは透過性が高く、ゴムを通過することができます。

 

このような性質にドイツ軍は目をつけ、マスタードガスを毒ガス兵器として使用しようとしました。そして、1917年カナダ軍に対してついにマスタードガスが戦場で使用されたのです。

 

 毒ガスから抗がん剤へ
ドイツが毒ガスの研究をしていたのと同じように、アメリカも毒ガスの研究をしていました。このとき、マスタードガスの構造に少し変化を加えたナイトロジェンマスタードという物質が開発されました。

 

当時、がん治療にはX線照射しかありませんでした。X線照射は細胞に突然変異を起こさせる作用があります。この作用を利用して、がん細胞を殺すのです。

 

1943年、タンカーが沈没する事件があり、このタンカーには多量のマスタードガスが積まれていました。このとき、救助された人は血圧低下や白血球減少などの症状が表れていました。

 

血球細胞(白血球など)とがん細胞には共通点があります。それは、どちらの細胞も増殖速度が正常細胞に比べて速いという点です。このような症状から、「マスタードガスはX線照射と同様に、突然変異を起こすのではないか」と考えられました。

 

そこでマスタードガスの構造を元にしたナイトロジェンマスタードが見いだされ、これを悪性リンパ腫の患者に投与したところ、治療効果が得られたのです。ナイトロジェンマスタードは世界で初めての抗がん剤です。

 

そして、このナイトロジェンマスタードの構造に少し変化を加えて副作用を軽減した物質として、「シクロホスファミド」がドイツで開発され、現在に至っています。

 

抗がん剤として活躍するシクロホスファミドですが、その元となるものは毒ガスだったのです。そう、抗がん剤の歴史は毒ガスから始まったのです。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク