役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

花粉症の発症と治療法

 

 花粉症の発症
花粉症の発症メカニズムについて確認していきたいと思います。

 

 花粉症の発症メカニズム

 

花粉症になるには、初めにのどや鼻から花粉が侵入する必要があります。侵入した花粉に対して、リンパ球が花粉を異物として認識します。花粉を認識したリンパ球はその後、IgE
抗体を産生します。

 

リンパ球によって産生されたIgE 抗体と肥満細胞が結合すると、花粉症の症状が表れる環境となります。

 

この状態で再び花粉が侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が放出されます。

 

これにより、くしゃみや鼻水・涙などによって花粉を外に排出しようとします。また、鼻を詰まらせることで、花粉を中に入れないようにします。

 

 花粉症の治療法
花粉症の治療法としては、ヒスタミンなどの化学物質の働きを阻害する「薬物療法」やレーザー治療が主な「手術療法」、花粉抗原を防御する免疫を獲得する「減感作療法」などがあります。

 

 花粉症の治療法

 

ただし、これらの治療法を行うにしても、「花粉の暴露を避けること」が前提となっています。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク