役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

花粉症について

 

 花粉症とは
花粉症とは、「花粉が原因で起こるアレルギー」を指します。これら花粉症の主な症状としては、「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみ」の四つがあります。

 

 花粉が原因で起こるアレルギー

 

このように、花粉症は主に眼と鼻に症状がでます。

 

 花粉症とかぜの違い
花粉症とかぜの違いについてですが、花粉症では「眼と鼻にかゆみがある」のに対し、かぜでは「頭痛」が表れます。

 

 花粉症とかぜの違い

 

他にも、花粉症では「水性のサラサラな鼻水」が出るのに対し、かぜでは「粘着性がある、色の濁った鼻水」となります。

 

また、花粉症では発熱がなく、シーズン中はずっと症状が続き、のどのかゆみがあります。かぜでは発熱はあるが一週間ほどでよくなり、のどの痛みがあります。

 

これらの花粉症の症状としては、花粉の飛散が多いほど、症状が悪化します。

 

 花粉症発症の要因
花粉症発症の要因としては、三つが考えられます。

 

 花粉症発症の要因

 

一つ目は遺伝的要因です。そもそも患者さん自身が花粉症を起こしやすい遺伝体質であることが考えられます。

 

二つ目に原因植物があります。花粉を飛散させる原因植物によって花粉症が引き起こされます。日本では、スギ花粉が主となっています。

 

三つ目に生活環境が考えられます。ストレスや疲労、不規則な生活などは花粉症の要因となっています。

 

これらの要因が積み重なっていった結果、花粉症を発症します。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク