役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

ドーピングをなくすために

 

 薬物服用とドーピング
薬物服用の原則ですが、最終的な責任はアスリート自身にあります。

 

 薬物服用の原則

 

日本では2006 年以降にドーピング検査件数が増加し、それに伴ってドーピング検査陽性の事例も増加しました。

 

ただし、これらドーピング陽性の大部分は「うっかりドーピング」です。しかしながら、選手は「うっかりドーピング」でも制裁を受けることになります。

 

 うっかりドーピング

 

ドーピングを減らすためには、「うっかりドーピング」を無くすことが重要です。

 

 「うっかりドーピング」を無くすために
「うっかりドーピング」を無くすために、気をつけるべき医薬品・食品があります。

 

医薬品には医療用医薬品と一般用医薬品(OTC医薬品)の主に二つがあります。医療用医薬品は病院・診療所などの医療機関にかかって発行される、処方箋に基づいた医薬品です。

 

医師が薬を処方する必要があるため、治療のために適切な薬が使用されます。しかし、医療用医薬品の中には当然ながら禁止薬物も含まれています。

 

 気をつけるべき医薬品・食品

 

また医療用医薬品に対し、ドラッグストアなど自己判断で買える医薬品を一般用医薬品(OTC医薬品)と言います。かぜ薬や胃腸薬など、多くの一般用医薬品にドーピング禁止薬物が含まれています。

 

また、健康増進のための食品・栄養補助剤である健康食品やサプリメントも、「うっかりドーピング」を無くすために注意する必要があります。

 

 禁止薬物が含まれる一般用医薬品(OTC医薬品)
ドーピング禁止薬物を含む一般用医薬品は多数存在します。

 

禁止薬物を含む可能性のある一般用医薬品の成分としては、胃腸薬に含まれるホミカがあります。ホミカは禁止薬物であるストリキニーネを含有する生薬です。

 

 注意すべき一般用医薬品

 

他にも、滋養強壮薬として「蛋白同化薬、ストリキニーネ」、毛髪薬として「蛋白同化薬」、鎮咳去痰薬として「β2作動薬」を含んでいる可能性があります。

 

 漢方薬やかぜ薬に含まれる禁止薬物
漢方薬は様々な成分を含有するため、禁止薬物の特定が困難です。ただし、中には明らかに禁止薬物を含むものもあります。

 

例えば、生薬の麻黄は禁止薬物である「エフェドリン、メチルエフェドリン」を含有しています。ホミカでは「ストリキニーネ」、陳皮では「シネフリン」などの成分を含みます。

 

 禁止薬物が含まれる漢方薬の例

 

多くのかぜ薬にも禁止薬物が含まれており、エフェドリンやメチルエフェドリンなどの成分が該当します。

 

 禁止薬物が含まれるかぜ薬

 

ドーピング陽性とならないためにも、少なくとも競技の3日前までにこれらの医薬品の服用を止めることが必要です。

 

 健康食品・サプリメントによるドーピング
健康食品・サプリメントは医薬品ではなく、あくまで食品です。そのため、医薬品に比べて製造・規制の販売が厳しくありません。

 

 健康食品・サプリメント

 

問題点としては、全ての栄養成分が表示されているとは限らないことです。中には、表示されていない禁止薬物が入っている例もあります。

 

 健康食品・サプリメントの問題点

 

そのため、食品でもドーピング陽性になる可能性があります。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク