役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

身の回りの化学のはじめに

 

なぜ私が「身の回りの化学」のページを作っているかですが……。

 

それは、世の中には健康に関する多くの情報が出回っており、それらの情報の中には正しい情報もありますが、当然間違った情報も含まれているからです。そして、私たちはそのような間違った情報に騙されやすいのです。

 

なぜだか、分かるでしょうか?

 

それは、「テレビで言っているから」、「新聞で紹介されているから」、「大企業が宣伝しているから」といった理由で、その製品の効果を私たちが簡単に信じ込んでしまうからです。

 

よくあるのが、あの有名人が言っていたから。健康番組で紹介されたから。こんな単純な理由です。

 

大切なのは「マスコミが言っていることを、簡単に信用するべきではない」ということです。その他、雑誌で紹介されていることや新聞等で紹介されていることも全てです。

 

この文章を読んでくれた方が、少しでもマスコミに振り回されないよう注意してくれるようになればうれしいです。また、身の回りに溢れている科学技術について、興味をもってくれるようになれば、なおうれしいです。

 

 企業にとっては製品が売れればよい
当たり前ですが、企業はできるだけ金儲けしようとします。これは別に悪いことではありません。なぜなら、金儲けしないと企業は潰れてしまいますからです。

 

極端な話をすれば、「その会社の商品が売れさえすればそれで良い」と考える企業もあるということです。また、たとえ効果がなくてもできるだけ商品を売り込もうと考える大企業も存在します。

 

例えば、「飲むヒアルロン酸、グルコサミン」などの健康食品類が該当します。少しでも薬理学や生理学を学んだことのある人であれば、「これらを飲んだとしても効果はない」という事を簡単に理解することができます。

 

それにも関わらず、世の中にはこれらの商品が平然と売られています。テレビコマーシャルまで行っています。

 

企業が利益を得ようとすることは良いことです。しかし、無意味な商品を効果のあるように見せかけ、消費者に売る商売は考えるべきです。なお、誰もが知っているような大企業でさえ、このような商売を行っています。

 

 マスコミを信用してはいけない
マスコミを信用してはいけません。なぜなら、マスコミは世間の風潮を見て判断するからです。

 

2007年1月、有名な健康番組であった「発掘!あるある大辞典Ⅱ」で納豆がダイエットに効果があると放送し、その後納豆の売り上げは大幅に伸びました。

 

しかし、番組内容のデータは捏造であることが分かり、関西テレビは番組内で謝罪しました。

 

この事件はマスコミの言うことが必ずしも正しいとは限らないという証拠の一つです。

 

テレビが言うことは影響が大きいため、その事柄が正しいかどうかきちんと検証しないといけません。

 

周りの風潮に流されず、自分の意見を持つようにしてください。そして、自分の健康は自分で守ってください。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク