役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学など

役に立つ薬の情報~専門薬学

化粧品の美白のメカニズム

 

多くの女性は美白を求めているのではないでしょうか。当然、肌が黒いよりは白いほうがいいですよね。

 

ヒトの肌は紫外線を浴びると黒くなります。それでは、なぜ黒くなるのでしょうか。化粧水の美白システムを理解するには、まず肌が黒くなるシステムを理解しておかないといけません。

 

 キーワード:メラニン、メラノサイト

 

 肌が黒くなるシステム
日焼けすると当然、肌は黒くなります。なぜ黒くする必要があるのでしょうか。これは、黒色はほとんどの光を吸収するからです。

 

光を吸収することで、肌の奥までのダメージを軽減しようとするのです。光の吸収については「UV(紫外線)カットの仕組み」で詳しく述べています。

 

肌が黒く見えるのは、メラニンという物質が存在するからです。そして、日焼けなどによって紫外線からダメージを受けると、メラニンが作られて肌が黒く見えてしまうのです。

 

このメラニンを作る工場がメラノサイトです。紫外線に当たるとメラノサイトが活性化して「メラニンを作れ!!」と命令をするのです。

 

このようにして肌が黒くなるのです。

 

 美白のメカニズム
美白といっても肌を直接白くするのではありません。主に肌が黒くなるのを防止するのです。つまり、メラニンやメラノサイトにさまざまな形で作用するのです。

 

それでは、美白化粧品はどのようにしてホワイトニングをするかを説明したいと思います。

 

・メラニンの合成を遮断する
肌が黒くなるのはメラニンが作られるからです。それなら、メラノサイトでメラニンが作られるのを阻害すればいいのです。

 

メラニンが作られないので、少なくともそれ以上肌が黒くなるのを阻止することができます。時間が経って、メラニンが少しずつ排出されていけば肌は白くなります。

 

・メラニンの排出を促進する
メラニンが存在するから黒く見えるのであって、メラニンを排出すれば肌はしだいに白くなるはずです。メラニンの排出は新陳代謝を上げることによって行います。

 

・メラニンの色を薄くする
メラニンの黒色を薄くするのです。つまり、黒色から茶色へと色を薄めます。

 

メラニンは紫外線を浴びると酸化されて黒色へと変化します。ここで酸化の反対である還元を利用します。つまり、「メラニンを還元して黒色を薄くすれば良いではないか」という考え方です。

 

 美白方法
このような作用によって美白効果を期待します。この機能を組み合わせることで美白成分とするのです。

 

ただし、毎日化粧水を付けるよりも大切なことがあります。それは日に焼けないということです。

 

美白を目指すなら紫外線への対策をする必要があります。

 

知識ゼロから薬の専門家へ : 無料メールセミナー     薬剤師が転職で失敗しないためには

スポンサードリンク




スポンサードリンク