薬学生就職活動の極意│薬学生の就職活動(就活)応援サイト

▽私が実際に書いた自己PR4

 

ここでは、「私が実際に書いた自己PR 3」での自己PR文章の解説を行いたいと思います。それでは、以下にそのポイントを部分ごとに説明します。
…………………………………………………………………………………
・就職活動後期に書いた自己PR

 

 @強い信頼関係により、仲間を救えること知りました。Aバドミントン部に所属し、その中で「部活を辞めたい」という人を引きとめる事に悩みました。強化練習や合宿などを通して厳しい練習に耐えられない人が出てきます。 B引き留めるために食事に誘って悩みを聞いたり仲の良い友人に呼びかけたりしまして、もう一度バドミントンの魅力に気付いてもらうようにしました。 Cまた、「辞めたい」と思わせないように「部内ダブルス大会」や「部内旅行」などのイベントを積極的に行いました。再び練習に参加してくれた時、仲間の大切さを再確認できます。
 Dこのような体験を通して、仲間同士で信頼関係を築く重要性を学びました。 E医薬品開発では現場の声に耳を傾けるなど多くの人と議論するため、周りとのコミュニケーションが特に重要となります。そのため、お互いの信頼関係を重視して業務を進めていきたいです。
…………………………………………………………………………………

 

@強い信頼関係により、仲間を救えること知りました。
最初の文章なのでありがちな言葉ではなく、少しインパクトある言葉にしました。また、最初は必ず言いたいこと、伝えたいことを述べるようにしましょう。

 

Aバドミントン部に所属し、その中で「部活を辞めたい」という人を引きとめる事に悩みました。強化練習や合宿などを通して厳しい練習に耐えられない人が出てきます。
具体的な出来事や事件、取り組んだことを記述しています。

 

B引き留めるために食事に誘って悩みを聞いたり仲の良い友人に呼びかけたりしまして、もう一度バドミントンの魅力に気付いてもらうようにしました。
問題を解決するために取った行動を記しています。そして、その行動によって仲間に気付いてもらいたかった原点についても述べています。

 

Cまた、「辞めたい」と思わせないように「部内ダブルス大会」や「部内旅行」などのイベントを積極的に行いました。再び練習に参加してくれた時、仲間の大切さを再確認できます。
「イベントを積極的に企画した」というエピソードはありがちです。しかしながら、サークル活動のような自分たちの楽しみのために開いたイベントではなく、「仲間に戻ってきてもらうため」「仲間を失いたくない」という思いで開いたイベントなのでこのエピソードを盛り込むことにしました。

 

果たして、人事の人がこの思いにどれだけ気付いてくれたかは疑問ですが……。

 

Dこのような体験を通して、仲間同士で信頼関係を築く重要性を学びました。
このエピソードを通じて学んだことを書いています。

 

E医薬品開発では現場の声に耳を傾けるなど多くの人と議論するため、周りとのコミュニケーションが特に重要となります。そのため、お互いの信頼関係を重視して業務を進めていきたいです。
最後に、この経験が今後の仕事に対してどのように役に立つかを記述しています。学んだことだけではなく、社会にどう活かせるかまで書きましょう。

 

 

▽薬学生の方へ:プレゼント企画


当サイトでは、薬学生のあなたには特別に就職活動をより有利に進めて貰いたいと思っています。

そこで、二つの企画を用意しています。

 ・薬学生専門の就活サイト「ファーネット」への登録

 ・就活を有利に進めるための非公開情報プレゼント

そのため、当サイトからファーネットに登録頂いた方に限り、「最先端の病院薬剤師として活躍している先輩」や「最難関である製薬企業研究職の内定を勝ち取った先輩」の履歴書などを特別プレゼントします。

つまり、「ファーネット」へ登録してより良い就職活動が行えるだけでなく、このサイトにも載せていない就活に役立つ非公開情報まで受け取ることができます。

私が薬学部出身だからこそ、このような情報を無料で提供しています。

就職活動への対策は早いほど良いです。そのため、いち早く非公開情報を受け取り、周りが足踏みをしている間にライバルを引き離してください。

これらの情報を元に薬学生専門の就活サイト「ファーネット」から提供される企業情報を参考にし、満足の行く就職活動を行ってください。

 → 「ファーネット」へ登録し、非公開の就活情報を手に入れる

 ファーネット