病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

いまの職場を退職し、薬剤師が転職するときの手順

 

薬剤師が転職を決意するときは、同時に今いる会社から退職することを決めることにもなります。その後、新しい職場で働き始めることになります。

 

このとき、薬剤師はどのような手順で転職を完了させればいいのでしょうか。また、いまの職場を退職して転職するときに注意点はないのでしょうか。ここでは、薬剤師が考えるべき転職や求人探しの適切な方法について解説していきます。

 

転職先を決めるタイミングを理解する

 

薬剤師が転職活動を行うとき、最初に「どのタイミングで転職活動をするのか」を明確にしなければいけません。

 

このとき、人によって行動パターンが大きく二つに分かれます。そのパターンとは次のようなものがあります。

 

@ 退職を完了させた後に、転職先を決める

 

A いまの職場に在籍中のときに転職先を決定し、退職の意思を伝える

 

あなたなら、どちらの行動を取るでしょうか。当然ながら正解はありませんが、どちらもメリットとデメリットがあります。

 

2つの方法の中では、「A いまの職場に在籍中のときに転職先を決定し、退職の意思を伝える」を選ぶ人が多いです。当然理由はあるのですが、それぞれの転職活動の利点を理解したうえで、どちらの方法が適切なのかを選ぶようにしましょう。

 

先に退職した後、転職先を決める

 

先に、「@ 退職を完了させた後に、転職先を決める」ことについて確認していきます。このやり方であれば、自分のペースで転職活動を進めることができます。

 

働きながら転職活動を行う場合、「転職活動をしていて求人を探しているのだけど、良い求人の探し方を知っている?」などのことをまさか職場の同僚に相談するわけにはいきません。また、転職活動をしていることを万が一にでも他の職場の人間に知られる危険性があります。

 

一方で先に退職をすませる場合であると、こうしたリスクなしに自分のペースで転職先を決めることができます。転職に当たって「いまの職場を辞める → 転職先を見つけるため、求人を探す → 転職先を決める」という一連の流れを1つずつクリアしていけばいいだけです。

 

ただ、もちろん利点だけではありません。デメリットもあるので、そうしたことを考慮しながら天秤にかけるといいです。

 

空白期間を生じる

 

一番のデメリットは薬剤師として空白期間を生じることです。退職して求人を探し、転職完了するまでは薬剤師として働いていないことになります。この間は当然ながら給料は入ってきませんし、薬剤師のキャリアが空くことになります。

 

お金に困っている人の場合、働き始めるまでの時期が遅く空白期間を生じてしまうと生活が非常に苦しくなります。

 

例えば、薬剤師で奨学金をもらいながら私立大学に通っていた人であれば、多額の借金が残っていることがあります。そうした場合、すぐに働き始めることができる方法を選択した方がいいです。

 

居候先の確保が必要

 

正社員の薬剤師として働いていた人が転職する場合、居候先を確保する必要があります。薬剤師であれば調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業と多くの会社が住宅手当を出してくれます。いわゆる借り上げ社宅の福利厚生があるのです。

 

大病院であれば、敷地の隣に社宅を用意してあることがあります。

 

住宅手当は非常にありがたい存在ですが、いまの会社を辞めるときは当然ながらその場所を出ていかなければいけません。そのため、再び就職して働き始めるまでは実家に帰ったり、友人宅にお世話になったりする必要があるのです。

 

もちろん、既に実家暮らしであったり結婚して家を建てていたりしている人などであれば関係ありません。また、パート・アルバイト、派遣として働く人であれば、そもそも住宅手当をもらっていないケースがほとんどなので、この場合も問題ありません。

 

ただ、正社員として転職するケースが最も多いため、現在住宅補助を受けている正社員の人がいまの会社を辞める場合は、実家や友達など住む場所を確保するようにしましょう。

 

働きながら転職先を決め、退職する方法について

 

このように、先にいまの職場を辞めてしまい、その後に転職先を決めるという方法にはメリットがあればデメリットもあります。

 

ただ、中には敢えて先に退職し、半年ほどの休憩期間を設けた後に薬剤師としてのキャリアを再開させたいと考える人もいます。「長期の海外旅行を楽しみたい」「いまのうちに遊んでおきたい」などと考える人であれば、まずは退職するのが適切です。

 

そうはいっても、前述の通り「A いまの職場に在籍中のときに転職先を決定し、退職の意思を伝える」を選ぶ人は多いです。薬剤師としてのキャリアに空白期間を設けることなく、適切なタイミングで転職できるからです。

 

最適な求人をつかめるチャンスが多くなる

 

まず、先に転職サイトなどに登録しておくことで働きながら転職の準備を整えておくほど、多くのチャンスを掴む可能性が高くなります。そのため、早い時期から転職サイトへ登録をすませなければいけません。

 

「退職を決めた後のタイミングで求人を探せばいい」と思っていると、良い求人を探せれない可能性が高いです。求人はみずものであり、求人を出す会社(薬局、病院など)は「すぐにでも薬剤師に働いてほしい」と考えているからです。

 

退職した後、休憩期間を設けて海外旅行の計画を立てたり、遊ぶ予定を入れていたりする方であれば、実際の就職日は数か月後になります。この場合、どれだけ良い求人が出てあなたが興味をもったとしても、あなたではなくすぐにその求人によって働いていくれる他の人が採用されます。

 

また、「退職後にすぐ働きたい」と考えている人であれば、退職後に転職サイトへ登録するようになると、退職して短い期間の中で転職活動をしなければいけません。この短い転職期間中に最適な求人を見つけられるかどうかは運次第です。

 

一方、先に転職サイトに登録してコンサルタントとの打ち合わせを終わらせていればどうでしょうか。これであれば、働きながら「良い求人が来たときだけ連絡してもらい、求人先(薬局、病院など)へ面接に行く」などの対策をすることができます。

 

いつになっても、「高年収」や「土日休み」の薬剤師求人は人気が高いです。これらを含めた条件の良い案件はすぐに埋まってしまいます。

 

運などはあるものの、良い求人をあなた自身が引き寄せる努力も必要になります。そのために行動が必要ですし、具体的には早い時期から転職サイトに登録して準備しておくことがあります。

 

「退職を完了させた後に転職をする」という方法でも問題ないですが、働きながら転職活動する方が良い求人に出会える確率は高くなります。

 

いまの職場に知られずに転職活動をするには

 

ただ、いまの職場に在籍しながら転職する方法であると、当然ながら職場に転職活動をしていることが知られるのは良くありません。

 

まず、知り合いの薬剤師仲間に良い就職先がないかを聞いたり、友人を活用したりすると職場に知られる可能性が高いです。薬剤師のコミュニティは非常に狭いため、ちょっとしたキッカケからすぐに噂が広がります。

 

こうしたことも踏まえて、ほとんどの人は転職サイトに登録しますが、このときも注意が必要です。

 

地元に戻ったり旦那の転勤による転職だったり、これまで働いていた場所とはまったく関係ない土地で働き始める場合、転職サイトを利用している限り、あなたが転職活動をしていることがいま働いている職場に知られることはほぼありません。

 

ただ、いま働いている場所と同じ(または近い地域)で転職活動をして、働き始めるケースも多いです。そのようなときであれば、紹介会社(転職サイト)に対して「以下のような施設へは、確認を取るなどしてはいけない」ことを先に伝える必要があります。

 

・現在の勤務先と関わりがある会社
・会社社長と仲の良い知人が経営している会社(薬局、病院など)
・あなたの知り合いがいる会社、施設

 

転職活動を知られるリスクを最小限にするためには、こうした配慮が必要です。そこまで難しいことではありませんし、転職サイトのコンサルタントに伝える手間も少ないので、必ず行うようにしましょう。

 

退職して転職完了するまでの流れと手順

 

それでは、実際に職場を退職して求人を探し、転職完了するまでの流れや手順としてはどのようになるのでしょうか。

 

ここでは、多くの薬剤師が選択する「いまの職場に在籍しながら、転職活動を進める」という方法で解説していきます。

 

1. 転職サイトに登録し、求人先を紹介してもらう

 

先に述べた通り、まずは転職サイトを活用することで、求人を紹介してもらうようにしましょう。このとき自分に合わないと思った求人については、必ず断るようにするといいです。

 

コンサルタントによって質が異なり、ピッタリの求人でもないにも関わらず推し進めることがあります。こうした事態を避けるため、いくつもの転職サイトに登録して様子見をする必要があるのですが、良い求人に巡り合うまで辛抱強く待つようにしましょう。

 

すぐに転職先を決めてしまい、失敗してしまうのは大きな問題です。少しでも違和感があれば、紹介してもらった求人を断る勇気も必要です。

 

2. 日程を調節し、面接を行う

 

気になる求人があれば、面接日を設定してもらい、実際に求人先へ出向いて面接を受けます。働きながらの転職であれば、面接を行う日の調節が少し大変です。面接は平日に行うのが基本だからです。

 

調剤薬局や病院、ドラッグストアで働いている人であれば、平日休みの日があると思います。面接先が近ければ半休を取れば問題ないですし、遠い場所にある求人案件であれば1日休みのタイミングで面接に行きましょう。

 

企業の薬剤師であれば、どこかの段階で有給休暇を活用して休みを取るようにしてください。転職はあなたの人生を左右するため、休みを取らないのはダメです。

 

半日や1日の休みを取って面接をするとき、一気に2〜3社を回って面接することは普通なので、どこかのタイミングで平日に面接の時間を取るようにしましょう。

 

なお、パート・アルバイトや派遣の人であれば、休みを取りやすいと思います。この場合であれば、平日でも問題なく面接できるはずです。

 

3. いまの職場に退職の意思を伝え、転職を完了させる

 

ピッタリだと思う求人に巡り合って内定をもらった後、その後の手順としては、いま働いている職場に退職の意思を伝えるようにしましょう。無事、やめることができれば転職完了です。転職に伴う面倒な手続きなどについては、転職サイトのコンサルタントに方法をすべて聞けば問題ありません。

 

もちろん、他県に引っ越すときの住民票の手続きなど、プライベートなことについてはあなた自身が行う必要はあるものの、転職での手続きは専門家に任せればいいのです。

 

退職するとき、いまの職場から引き止められることがあります。ただ、引き止めに応じてはいけません。退職引き止めに応じると微妙な雰囲気の中で働く必要があるため、結局のところ数日後には「やはり転職したい」と思うようになります。

 

また、引き止めに応じると転職活動をして内定を出してもらった求人先にも多大なる迷惑をかけてしまいます。したがって全員が損をしてしまうため、あまり良い方向には動きません。

 

転職するとき、入社を待ってくれる期間

 

働きながら求人先との面接を終えて受け入れが決まれば、転職先はある程度まで待ってくれます。転職先の都合にもよりますが、正社員やパート・アルバイト、派遣では転職完了まで1〜2ヵ月は待ってくれる可能性があります。

 

しかし、良い求人案件は待ってくれません。確実に他の人に取られてしまいます。良い案件であるほど多くの人が応募するため、調剤薬局や病院、ドラッグストア、企業とあらゆる良い求人が他の薬剤師の手元にわたってしまうのです。

 

そのため、早めの行動が必要になります。他の人に良い案件が決まる前に、早い時期から転職サイトに登録するなど、あなたに良い案件が回ってくるように行動しましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

いまの職場を退職し、薬剤師が転職するときの手順

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

いまの職場を退職し、薬剤師が転職するときの手順

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

いまの職場を退職し、薬剤師が転職するときの手順

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事