病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師の転職・退職で覚悟すべき引き止めへの対処法と辞め方

 

転職をするに当たって避けて通れないのが「現在働いている職場を退職すること」です。転職時では、退職の交渉を必ず行うようになります。

 

会社を辞めるので上司に打ち明けることになると思いますが、何も問題なくすんなりと退職できることがあれば、退職の話を切り出す場面で苦戦することもあります。特に薬剤師であれば、「強い引き止めに合う」ことがあります。

 

他の薬剤師はこうした引き止めに対して、どのように対処しているのでしょうか。ここでは、薬剤師が考えるべきいまの職場の辞め方について解説していきます。

 

退職時に強い引き止めにあう

 

せっかく次の転職先が決まっていたとしても、今勤めている職場の引き止めによって思うように話が進まないことが多々あります。

 

そのため、以下のようなことが起こる可能性を認識しておいた方が良いです。

 

・いくら話しても何回も引き止めにあってしまう

 

・退職の交渉は複数回にわたる

 

・話が平行線で前に進まない

 

それでは、具体的にどのような引き止めをされるのかというと、例えば次のようなことがあります。

 

強引な説得をしてくる

 

引き止めにあうとき、最も多いものとしては「強引な説得」があります。いま退職されたら薬局や病院がまわらなくなるため、何としてでも思いとどまらせようとするのです。「薬剤師がいないため、後任が決まるまでは辞めさせられない」といってくるのです。

 

ただ残念なことに、そのまま放っておいて後任が決まることはほぼありません。私事で退職したくても、何年も同じ職場で働き続けなければいけない状況に追い込まれます。

 

中には、退職の意思を伝えることで人格否定をしてくる経営者や上司もいます。「いまの実力のままで、他の職場で通用すると思うな!」「そのような貧弱な考え方で世間に通用するわけがない」などと言ってくるのです。

 

しかし、本当にあなたの実力が低いのであれば、本来であれば他の薬剤師を雇い入れた方が適切です。こうした言葉を発する上司・経営者の話は矛盾するため、聞き入れてはいけません。

 

改善策を提示される

 

また、中には給料(時給)を上げるように提案されたり、急に上司・経営者の態度が良くなったりすることがあります。要は、褒美で釣ることによって退職を辞退させようとするのです。

 

上司から「何を不満に思っているのか?」と尋ねられ、それに対して答えると「何とかして改善する」と言われることもあります。

 

このときの提案に乗ってもいいですが、実際のところ何も変わらないことがほとんどです。上司・経営者はその場しのぎで発言をしているだけなので、結局のところ現状維持のままで何も変化しないのです。

 

自分のことしか考えていない職場は退職すべき

 

こうした引き止めにあった結果、自分の意思を通せず今いる職場に残留してしまう人もいます。ただ、よく考えてください。この引き止めは誰のために行われているのでしょうか?

 

当然、あなたのためを思って引き止めを行っているわけではありません。ほとんど場合は会社のために、あなたが引き止められているのです。

 

一般企業であればすぐに替えがきくため、そこまで強引に引き止められることはありません。しかし、薬剤師の免許がないと仕事を行うことができないため、すぐに替えの薬剤師を引っ張ってくることが難しいです。

 

このような理由があるので、薬剤師であるあなたが急にいなくなると会社としては困ってしまうのです。

 

自分の考えを優先すべき理由

 

ただ重要なこととして、まずはあなた自身を一番大切にしてください。ドライな言い方かもしれませんが、一度退職してしまえばその職場とはほとんど場合で接点がなくなります。

 

しかも、熱心に引き止められて残留したとしても、一度退職を報告してしまっているのでかなり居づらい環境になってしまいます。

 

また、数日後にはやはり同じように「転職したい」という思いがこみ上げてくることが多いです。これでは仕事どころではありません。つまり、結局のところ双方にとってデメリットしかありません。

 

そこで今いる会社のためではなく、まずは自分に最も都合の良い選択をしてください。そのために強い意思を通す必要があります。

 

転職先の求人を見つけている場合は必ず退職すべき

 

特に「既に転職活動をしており、転職先に内定をもらっている場合」での退職辞退は最悪です。

 

転職が決まった先の求人はあなたがくるのを心待ちにしています。このときの退職が長引けば、転職先に対して入社時期が遅れたり、転職そのものを辞めなければいけなかったりと、もの凄い迷惑をかけてしまうことを忘れてはいけません。

 

現在の職場をどうしても考えがちになりますが、これからお世話になる転職先の職場に対しても目を向けてみましょう。

 

退職のとき、法律的に問題かどうかを学ぶ

 

それでは、法律的にはどれくらいの退職期間があれば問題ないのでしょうか。結論からいうと、退職する意思を伝えて2週間が経過すれば、問題なく退職することができます。

 

パート・アルバイト、派遣であればいつでも辞められるのは想像できますが、正社員であっても2週間の期間があれば法律的に何も問題なくいまの職場を辞められるのです。

 

民法627条1項

 

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

 

退職予告期間を記した会社規則があるとどうなのか

 

ただ、中には「退職するためには事前に6ヵ月前には申し出ないといけない」などの会社規則を設けている会社があります。こうした場合、半年は留まらないといけないのでしょうか。

 

結論をいえば、こうした会社側が退職の期間を設けているケースは無効になります。法律では「職業選択の自由」や「奴隷的拘束の禁止」などで人権が尊重されているため、退職の意思を伝えて2週間が経過すれば問題なく辞めることができるのが原則なのです。

 

法律では、退職は自由です。薬剤師のような資格職であっても、2週間あれば退職できます。たとえ会社規則に明記されて印を押していたとしても、そもそも無効なのでそれを相手側に伝えればいいです。

 

薬剤師が行うべき職場の辞め方とポイント

 

いくら2週間で退職できるとはいっても、いまの患者さんに迷惑をかけるわけにはいきませんし、お世話になった職場にも悪いです。後味の悪い辞め方は避けなければいけません。

 

薬剤師が退職するには、いくつかのポイントがあります。これらのポイントを押さえた上で、スムーズに退社できるように準備してください。

 

このとき、以下の3つのポイントに注意しましょう。

 

1. 退職時期を明確に伝える

 

2週間での退職では、現実的には期間が短く不十分です。あなたが薬剤師である以上、なかなか替えがききません。会社もあなたが退職するまでに準備期間が必要になります。それまでの引継ぎも必要です。

 

そこで、どれだけ遅くても1ヶ月前には会社に退職時期を伝えるようにしましょう。退職を伝えるタイミングは早いほど良いです。

 

私の場合、最初の会社(新卒のときに入社した会社)に退職意思を伝えたのはかなり余裕をもって3ヶ月前でした。そのため、その分だけ会社も準備ができて退職はスムーズでした。

 

「転職を検討したり、実家に戻らなければいけなかったり」など、薬剤師の転職理由はさまざまです。ただ、退職の意思を固めたらその時点で早めに伝えるようにしましょう。

 

2. あなたの直属の上司へ最初に伝える

 

退職することについて、同僚へ最初に伝えるのは避けましょう。最初に伝えるべき相手は上司です。この上司が人によっては社長になるかもしれませんし、部長や課長になるかもしれません。薬局であれば管理薬剤師かもしれません。

 

いずれにしても、あなたが属している組織において、直接伝えることのできる人の中で最も地位の高い人に伝える必要があります。

 

私の場合、新卒で入った会社はある程度大きい規模だったので、社長と面識もなければ話すこともできませんでした。そのため、退職を伝えた人は薬事グループの部長でした。

 

3. 強く引きとめられても絶対に退職の意思を変えない

 

既に述べた通り、強く引き止められるのは「上司・経営者があなたのことを思って言っている」というわけではありません。会社の都合によるものです。

 

そのため、まずは自分の人生や将来を一番に考え、転職の意思を変えないようにしましょう。残留しても気まずいですし、ほとんどの方で「転職したい」という思いが数日後に再び蘇ってくるからです。

 

既に転職先を決めている場合であれば、転職先の会社にも大きな迷惑をかけてしまいます。退職を伝えた後、熱心な引き止めに負けてしまうのはもったいないです。

 

転職には「あなた自身」「現在勤めている会社」「転職先の会社」が関係します。その中で、一番優先すべきは「あなた自身」です。あなたの決断が全てを決定します。

 

最終的には開き直ることも重要

 

中には、ここまで述べてきたことを十分に理解し、さらには何か月も前から退職の意思を伝えているにも関わらず「後任が決まらないと辞めさせることができない」といわれる人もいると思います。

 

そうしたとき、考え方を変えて1つの事実を認識する必要があります。それはあなた自身に何も問題なく、「上司や経営者の考え方自体が甘い」ということです。

 

薬剤師である以上、医療関係者と連携したり知識を深めたりして、患者さんへ適切な医療を提供することが仕事です。それ以上でもなければ、それ以下でもありません。

 

一方でマネージャー職や経営者の仕事は、会社組織が円滑にまわるようにマネジメントすることです。後任の薬剤師が決まらないというのは、要はあなたの上司や経営者が自分の仕事を行っていないことになります。

 

薬剤師の採用もマネージャー職や社長の仕事です。そのため「後任が見つかるまで辞めさせられない」というのは、その言葉を発している上司や社長自身が無能であることを意味しています。問題なのは会社を運営する経営手腕であり、あなたには何も問題はないという事実を理解しなければいけません。

 

パート・アルバイト、派遣を雇ってもらう

 

あなたの替わりとして正社員での雇用が難しかったとしても、パートやアルバイト、派遣として薬剤師を雇ってもらう方法もあります。また、引き継ぎまでの期間が短いのであれば、マニュアルを作成するなどの方法を考えることができます。

 

頭を使えばいくらでも方法はあります。こうした代替案を考えず、あなたを引き止めて退職自体をやめさせようとする上司や経営者の方が間違っているといえます。

 

まずは頭を切り替え、新たに薬剤師を雇うことができないマネージャー職や社長の経営能力が本当の問題であることを認識し、例えば「2ヶ月後の○月○日には必ず辞めます」と強い決意と共に伝えることが重要です。それまでにパートでも派遣でもいいので雇ってもらうようにしましょう。

 

退職は大きな決断である

 

ここまで、薬剤師が行うべき職場の辞め方について述べてきました。ただ、やはりこれらの決断には迷いがありますし、勇気のいることでもあります。

 

私も新卒で入った会社で退職を伝えるとき、本社に在籍する上司(薬事部長)に電話をかける必要があったのですが、1時間くらい携帯電話と睨めっこした後に意を決してかけた思い出があります。

 

人によって働いている職場は異なり、個人経営・中小薬局、大手チェーン薬局、ドラッグストア、病院、企業と多岐にわたります。ただ、どの薬剤師も引き止めにあう可能性があります。

 

引き止めにあったとき、これまで解説してきたことを参考にして退職し、薬剤師としてのキャリアを再び積むようにしてください。最終手段としては開き直ることも重要なので、自分の意思を優先させるようにしましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師の転職・退職で覚悟すべき引き留めへの対処法と辞め方

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師の転職・退職で覚悟すべき引き留めへの対処法と辞め方

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師の転職・退職で覚悟すべき引き留めへの対処法と辞め方

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事