病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

ネガティブな理由で職場を辞めたい薬剤師が考えるべきこと

 

薬剤師が転職を考えて求人を探そうとするとき、さまざまな転職理由があります。その中でも特に多い理由として「職場の人間関係が悪い」「休日取得など、労働環境があまり良くない」「年収が低い」というものが挙げられます。

 

こうした理由は「より幅広く薬について学びたい」「在宅医療を経験したい」「エリアマネージャーなど、自分の可能性を広げたい」などのようなポジティブ(前向き)な理由ではなく、どちらかというとネガティブ(後ろ向き)な理由による転職になります。

 

ただ、ネガティブな理由で転職を考えて求人を探したり、いまの職を辞めようとしたりするときは慎重に判断しないと失敗する可能性が高くなります。

 

ここでは、職場を辞めたいときに薬剤師が考えるべきポイントについて解説していきます。

 

なぜ、薬剤師を辞めたいと考えるのか

 

いまの仕事が自分に向いていないのではと悩むことはよくあります。このように思うケースとしては、例えば以下のようなものがあります。

 

仕事でのミス

 

職場でのルールや仕事をなかなか覚えられなかったり、ミスが続いたりしてしまうと上司や同僚から怒られることがあります。

 

特に調剤薬局や病院であれば、調剤ミスや監査ミスは患者さんの命に関わるので責任重大です。ドラッグストアであってもお客様のクレームを受けることになりますし、企業でも重荷がのしかかります。

 

仕事のミスが原因で薬剤師を辞めたいと考えるのは新人薬剤師が主です。最初から仕事のできる人は存在しません。ミスを怒る先輩薬剤師も最初から仕事ができたわけではないですが、新人でミスを連発してしまうと「自分は薬剤師に向いていないのかな」と考えてしまうのです。

 

人間関係

 

職場の人間関係によるいじめやパワハラなどによって、職場を退職したいと考える薬剤師も多いです。これは新人に限らず、経験豊富な薬剤師であっても同様です。

 

薬剤師を経験していると、職場でさまざまな同僚に出会います。「高圧的な態度を取る薬剤師」「知識がなくダメな薬剤師」「薬剤師ではないが変な要求ばかりしてくる上司」「冷たい態度をとる事務の人」などです。

 

完璧な職場は存在しないため、少なからずあなたと合わない人はいます。ただ、いじめやパワハラを含め、人間関係で悩むと薬剤師を辞めたいと考えるのは自然です。

 

労働環境の悪化

 

調剤薬局、病院、ドラッグストアでは比較的起こりやすいですが、急に労働環境が悪化することがあります。非常に忙しくなったり、給料が引き下げられたりするのです。

 

例えば、仕事のできる薬剤師が急に何人も辞めてしまい、その分だけ仕事が自分に回ってくるようになることがあります。それまでゆったりと仕事をしていたとしても、急にサービス残業が多くなって深夜まで仕事をしなければいけなくなることがあります。

 

他には調剤薬局であれば、M&Aによる買収によって大手チェーン傘下になり、年収が引き下げられることがあります。働いていた職場がわずか数か月のうちにブラック化する可能性があるのは、一般人ではあまり経験しない薬剤師特有の事情だといえます。

 

薬剤師を辞めてはいけない

 

大前提として、薬剤師自体を辞めるのは考えないようにしましょう。調剤でミスをしたり、仕事であまりやりがいを感じられなかったりすることはあるかもしれません。人間関係で苦労することも多いでしょう。

 

ただ、「薬剤師以外の夢があり、それを実現したい」「起業のために違う分野で勝負したい」などのポジティブな理由ではなく、「何度もミスをしてしまう」「いじめやパワハラがある」などのようなネガティブな理由で薬剤師自体を辞めることはよくありません。

 

冷静に周囲を見渡してみれば、医師・薬剤師・看護師と医療職の資格は非常に優遇されています。無資格の人では就職すら難しくても、薬剤師資格さえあれば比較的簡単に採用してもらえます。

 

しかも、給料が低いわけではありません。調剤薬局やドラッグストアであれば、高水準の年収です。もちろん専門知識は必要になりますが、薬剤師資格は働くうえで非常に優遇されている資格だといえます。

 

職場を変える選択をもつ重要性

 

新人であれベテランであれ、いまの職場を退職したいと考えるときがあるのは普通です。ただ、前述の通り薬剤師だけは続けてほしいと思います。

 

重要なのは、いまの職場で耐えながら頑張ることではありません。それは「職場を変える方法もある」という選択肢をもつことにあります。実際、薬剤師で何度も転職している人は多いです。

 

そこで、薬剤師である以上はどのような職場にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しなければいけません。

 

調剤薬局は種類が多い

 

薬剤師として働くとき、最も一般的なのは調剤薬局での就職です。ただ、非常に狭い職場で仕事をすることになるため、人間関係や職場環境が良好であれば働きやすいですが、これらが一度こじれると非常に働きにくいという特徴があります。

 

その代わり、調剤薬局は大手チェーンや中小薬局を含め全国に無数に存在しています。コンビニよりも調剤薬局の数の方が多く、当然ながらその分だけ調剤薬局ごとに特徴が違います。

 

病院の前にある門前薬局で幅広い処方せんを受ける忙しい薬局があれば、少ない処方せんを扱う一人薬剤師の店舗もあります。眼科の隣にある薬局であれば、基本的に目薬という特定の薬しか扱いませんし、ほかにも在宅専門の薬局も存在します。

 

薬局規模や仕事内容を含めすべて、調剤薬局は仕事が同じように見えてすべてバラバラだと考えてください。これだけ調剤薬局の種類と数があれば、どれか一つはあなたに合う求人を見つけることができます。

 

病院には性質がある

 

調剤薬局と同じように、病院にはそれぞれ特徴が異なります。最も分かりやすいのは、急性期病院慢性期病院です。

 

急性期病院では、病態が悪い患者さんばかりが押し寄せます。日によって病状が変化し、薬の内容も変わっていきます。その分だけ毎日が忙しく、知識も必要になります。

 

一方で慢性期病院であれば、症状の安定した患者さんばかりです。処方内容はそこまで変わらず、いわゆるDo処方(いつもと同じ処方)が基本です。急性期病院に比べると落ち着いて仕事を続けることが可能です。

 

より大きなやりがいを感じ、スキルアップしたい人であれば急性期病院が適切です。ただ、忙しすぎてミスが連発してしまうなど、もっとゆったりと働きたい場合は慢性期病院が良いです。これについては、その人の状況や性格によって合う病院が異なります。

 

また、病院は給料水準が低いので、その場合は調剤薬局やドラッグストアに転職する人が多いです。独身のときは問題なくても、家族ができた場合は年収の高い職場への転職を検討するのは普通です。

 

ドラッグストアも視野にいれる

 

ドラッグストアで働く薬剤師であれば、一般用医薬品だけでなく健康食品・サプリメント、化粧品の知識まで身につけることができます。医療用医薬品だけに知識が偏らず、生活に密着した指導まで行えるようになります。

 

調剤薬局と同じようにドラッグストアも年収高めなので、給料という面では優れています。

 

ただ、たとえ調剤併設ドラッグストアのある会社に就職したとしても、必ずしも調剤を担当できるとは限りません。調剤ではなく、一般用医薬品や健康食品だけを販売するドラッグストアで働くことになる可能性があります。

 

また、店によってはノルマがあり、化粧品を売らなければいけなくなることがあります。接客が好きな人であれば、販売成績が上がることに喜びを感じることでしょう。しかし、あまり接客が得意でない人には向いていません。

 

もちろん、調剤薬局と同じようにドラッグストアも店舗がたくさん存在します。会社によって方針が大きく異なるため、しっかり探せばぴったりの求人を見つけることができます。

 

企業という選択肢も考慮する

 

調剤薬局、病院、ドラッグストアは薬剤師の就職先として一般的です。ここに、企業への転職も視野に入れてみてください。

 

医薬品卸、化粧品メーカー、化学メーカーなど、薬剤師を必要としている会社(企業)は意外とたくさん存在します。例えば医薬印卸であれば、「支店ごとに薬剤師を置かなければいけない」と法律で定められているため、欠員が出たときはこうした会社からの求人募集がでます。

 

これであれば、薬剤師としての資格を活かしながら企業で働くことができます。調剤を行うことはありませんが、調剤や監査ミスの連発などに悩んでいた人であれば非常に優れた求人です。

 

また、CRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)など、治験業務に関わる企業へ転職する薬剤師も存在します。CRCやCRAは薬剤師資格がないといけないわけではありません。ただ、薬剤師経験があれば非常に優遇されます。

 

ここではいくつか企業薬剤師の例について紹介しましたが、この他にも企業薬剤師は存在します。調剤とは離れてしまいますが、こうした企業の案件も存在することを認識するといいです。

 

公務員での薬剤師

 

試験を受ける必要はありますが、公務員での薬剤師という選択肢も存在します。保健所や麻薬取締部(麻薬取締官)、公立病院(県立病院、市民病院など)などで働くことになります。

 

公務員として働くとき、保健所や麻薬取締部として仕事をするのか、公立病院への配属になるのかは分かりません。

 

よくいえば安定した職業が公務員ですが、薬剤師免許をもっていれば比較的簡単に他の職場でも雇ってもらえます。そのため、世間一般的な「安定」という意味であれば、薬剤師は既に保障されています。

 

薬剤師で敢えて公務員になるメリットはそこまで大きくないため、どちらかというと「公務員として市民に貢献したい」と考えている人に適した職業です。

 

退職を考えたときに考えるべき3つのポイント

 

このように、薬剤師の職場にはそれぞれ特徴があります。調剤をしたり、服薬指導を行ったりすることだけが薬剤師ではありません。一般企業であっても薬剤師資格を活用できるため、求人を探せば薬剤師を辞めずに能力を活かせる職場を必ず見つけることができます。

 

ただ、中にはいまの職場を退職しない方が良い薬剤師も存在します。このとき、どのように考えて行動すればいいのでしょうか。退職を考えたとき、考慮しなければいけないポイントが3つ存在します。

 

1. 一時的なわがままで判断しない

 

薬剤師によっては、一時的なわがままで転職を決断しようとする人がいます。ただ、これでは多くの確率で転職に失敗します。

 

私は転職サイトのコンサルタントと話す機会があるのですが、このとき「薬剤師の転職を留めさせるケースがある」と話してくれたことがあります。薬剤師の一時的な感情による転職決断ほど危ないものはないからです。

 

例えば、「自分の働いている調剤薬局は休みが少ない」と相談に来る薬剤師は多いようです。一般的に休日は、「週休2日 × 52週(1年間) = 104日」になります。ここに祝日などが加わると、1年で118〜120日の休みになります。

 

ただ、中には年間120日よりもはるかに多く正社員で休みを取っているにも関わらず、先に述べたように「休みが少ない」という薬剤師は意外と多いそうです。

 

基本的に正社員に対して、120日を大きくこえて休日を提供してくれる職場(病院、薬局、ドラッグストアなど)はほとんどありません。そのため、この場合は「いまの職場がどれだけ素晴らしいか」を転職サイトに在籍するコンサルタントが話し、転職をしないように説得するようです。

 

薬剤師の一時的なワガママについて、今回は「休日」を例に出しましたが、他にも「年収(給料)」「人間関係」を含め、冷静に「世間一般的な基準」と「いまの労働環境」を見つめなおさなければいけません。一時的な感情での転職では、より悪い条件の職場で働くようになる可能性が高くなります。

 

2. 自分にも責任があるのではと考える

 

また、人間関係や労働条件が悪いときにすべて相手のせいにしようとする人がいます。「あの人がいるから、職場の雰囲気が悪い」「社長(または管理薬剤師、薬剤部長)の方針がダメだから、夜の帰りが遅くなる」などです。

 

責任を他人に押し付けるのは簡単です。ただ、それでは何の解決にもならず、単なる思考停止状態だといえます。そこで、そうした人間関係や労働条件が悪いのは「自分にも責任があるのではないか」と考えられるかどうかが重要になります。

 

他人がすべて悪いと考える人であるほど、転職しても転職先で同じ問題を引き起こします。本人が反省せず、同じ過ちを繰り返すからです。

 

そのため、「もしかしたら自分は被害者ではなく、加害者ではないのか」と考えるようにしましょう。常識的なことではありますが、こうしたことを考えられる人だけが転職で成功できます。

 

3. 異動や転職という選択肢をもつ

 

ただ、ここまで述べてきたことは「どれだけ人間関係や労働条件が悪かったとしても、いまの職場で頑張るべき」という意味ではありません。うつ病を発症するなど、体に異常をきたすまで我慢をしてはいけません。

 

その場合、まずは異動できないかどうかを検討しましょう。異動・転勤などによって他の店舗に移ったり、違う部署で働いたりするのです。

 

ただ、異動・転勤を受け入れてもらえなかったり、個人薬局や中小病院で働いていたりするなど、現実的に難しいケースも存在します。そうしたとき、転職という選択肢をもつようにしましょう。

 

転職にはさまざまなケースがある

 

前述の通り、「企業の薬剤師という選択肢もある」ということを紹介しましたが、意外と薬剤師の働き方はたくさんあります。

 

例えば私の知り合いには、転職サイトを活用して調剤薬局の人事職へ転職し、本社勤務をしている人がいます。実際の転職時では、転職サイトを活用する薬剤師がほとんどですが、転職サイトによってはこういう変化球の求人を取り扱っていることがあるのです。

 

その人は薬剤師経験があるため、本社勤務をしながら「稀に薬剤師のヘルプが必要になったときだけ薬局薬剤師をする」という仕事をしています。

 

これらを理解したうえで、どのような求人が最適なのかをじっくりと確認するといいです。

 

例えば、「落ち着いているときであれば問題ないが、仕事が忙しくなるとミスが非常に多くなってしまう」という悩みを抱えているのであれば、「大量の処方せんを受ける薬局ではなく、もっと落ち着いた薬局であればミスすることなく本来の自分の力を発揮できる」ようになるかもしれません。

 

こうした自己分析をしたうえで転職サイトを活用するなどして求人を探せば、転職での失敗を防げるようになります。そうして良い求人先へ新人として就職すれば、薬剤師を辞めずに自分の力を最大限発揮しながら活躍できるようになります。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

ネガティブな理由で職場を辞めたい薬剤師が考えるべきこと

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

ネガティブな理由で職場を辞めたい薬剤師が考えるべきこと

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

ネガティブな理由で職場を辞めたい薬剤師が考えるべきこと

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事