病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

口コミによる、薬剤師の転職サイト体験記

 

さまざまな薬剤師転職サイトの中で、私は実際に転職サイトを利用し、薬剤師として働く薬局を探してもらったことがあります。結果から言うと、とても良い薬局を見つけてくれてかなり満足しています。

 

現在でも、その薬局で薬剤師として働いています。

 

参考のため、このときの体験を全て記していこうと思います。まずは、私がサラリーマンだったときの話から始めます。

 

独立起業への思い

 

私はかつて、企業の薬剤師として働いていました。働いて数年が経ち、仕事にも慣れて「研修講師」や「学術資料の作成」など、ある程度の業務も任されるようになります。

 

勉強会や出張、薬剤師会の行事がない限り、仕事自体は18:30までには終わって帰ることができます。一緒に働く支店の方たちも良い人ばかりであったため、働く環境としては恵まれていた方だったと思います。

 

ただ、大きな会社という歯車の中で働くうちに、「全てゼロからビジネスを立ち上げたい」という思いが強くなりました。いわゆる、独立起業です。

 

「ゼロからのスタート」とは言っても、本当に知識ゼロから勝負するのでは話にならないため、企業の薬剤師として得た知識をビジネスにしようと考えました。そこで、インターネットを使って自分が試そうとしているビジネスが果たして上手くいくかどうかテストしてみることにしました。

 

もちろん、会社から帰った後の時間外でビジネスを行います。昼はサラリーマンとしてバリバリ働き、帰ったら自分のビジネスを行うという生活をしていました。

 

部長から呼び出され、本社へ連行

 

事件は突然起こります。いつも通り会社で仕事をしていたある時、本社にいる薬事の部長から電話がかかってきました。私のような下っ端に何の用があるのか、その時は恐る恐る電話に出ました。すると、

 

「急だけど、○月○日は予定空いとるか? ちょっと本社へ一緒に来て欲しいんじゃけど」

 

と言われました。私はカレンダーを確認し、予定が空いていることを伝えました。すると、「じゃ、○時に△△駅の北口で待っとるけん」と言われて切られました。

 

「えっ!?」と思ったのと同時に、脇に冷たい汗が流れます。本社へは入社時の面接でしか行ったことがありません。呼び出された要件も伝えられず、嫌な想像だけが膨らんでいきます。

 

会社では副業が禁止されています。確かにビジネスの準備をしていたのは間違いないですし、ネットを使っていたので、全世界に向けて情報が発信されている状態です。そのため、私が行っていたことを調べようと思えば、いくらでも調査が可能です。

 

当時はまだ会社を辞めようとは思っていなかったため、これはピンチです。いくら起業したいとは言っても、準備ができた後にと思っていました。

 

……

 

…………

 

そして私が本社へ出向く日、予定通り駅の北口に薬事の部長が待っていました。一緒にタクシーに乗り、本社へと向かいます。ビルに到着し、エレベーターが昇っている間、胃がキュッとしまるのを感じました。

 

ストレスによって持病の逆流性食道炎が悪化するのを感じ、「医療機関でタケプロンやパリエットなどのPPIをもらいに行かねば」と変なことを考えていました。

 

座り心地の良い椅子がたくさん並ぶ会議室に居心地悪く通され、そこには最後に会ったのが入社式になるであろう人事部長と総務部長が待ち構えていました。薬事部長を合わせ、3人の部長に包囲される形となります。そこから、尋問が始まりました。

 

私が管理していたネット上の情報がモニターに映し出され、「へぇ〜、こんなことをしているんだね」と言われ、「はぁ、そうなんですよ」という曖昧な返答を繰り返します。

 

ただ良かったのは、アマゾンや楽天のような「物販」や調剤薬局などリアル店舗でのアルバイトを行っていなかったということです。

 

当時、私が行っていたネット上でのビジネスは単に「有益な情報の発信」であり、そこに広告を貼り付けていただけでした。

 

そのため、その場では「広告を外すこと」を要求されただけで、後は何もお咎めがありませんでした。こうして、一応は元の平穏な日々を取り戻しました。

 

円満退社までの経緯

 

そこから数ヵ月後、ようやく起業しても問題ない目処が付いたため、会社を辞めて本格的に独立起業しようと考えました。ただ、辞めるためにはその意向を会社に伝える必要があります。

 

これが、なんとも気まずい……。

 

しかし、そうも言っていられません。社内の電話では周りに同僚がいるため、支店の別室から、遠く離れた本社にいる薬事部長へ自前の携帯から電話することにしました。

 

携帯を握り締め、にらめっこすること約1時間、決心して通話ボタンを押すまでかなりの時間を要しました。

 

私が起業したいことを薬事部長は既に知っていたため、実際に電話した後はスムーズに話が進み、特に引き止められることもありませんでした。

 

ただ、薬剤師の人数は足りていなかったため、いつごろであれば問題なく辞められるか相談しました。その結果、会社の都合も考慮し、「新入社員が入社して、私からの引き継ぎが終わった後」に退社することになりました。

 

この間には5ヶ月くらいの期間があったため、かなり余裕を持って退社することになりました。所属している会社に迷惑をかけることがなかったため、円満退社ができたのではないかと思っています。

 

退社して独立起業! ただ、現場を知りたい

 

既にある程度のビジネスを始めていたため、実際に独立した後に収入面で困ることはありませんでした。

 

ただ、私が行っているビジネスは薬学生の時や薬剤師として働いていた時の知識で成り立っています。この中で、致命的に足りていないものとして「現場での経験」がありました。

 

私が働いていたのは、あくまでも企業の薬剤師としてです。病院や薬局での勤務ではないため、現場で実際に患者さんと接した経験はありません。最後に調剤をしたのは学生実習です。

 

つまり、現場の知識が圧倒的に不足しています。

 

このような背景もあり、薬局薬剤師を経験することで現場を知り、調剤業務や疑義照会など、多くの薬剤師が経験していることを知りたいと思うようになりました。

 

そこで、「薬局での経験」を得るために週1〜2回の頻度で薬剤師として働こうと決心したのです。この時に利用した登録した転職サイトとしては、エムスリーやリクナビ薬剤師、ファルマスタッフなどの大手だけでなく、さまざまな転職サイトを活用しました。

 

薬局で働くようになるまで

 

その中でいろいろな会社とやり取りを行うのですが、「電話だけでは伝わりにくいので、実際に直接会うことであなたの要望や思っていることを教えて欲しい」と提案してきたファーネットキャリアという転職サイトがありました。

 

そちらの方が、より希望に沿った案件を紹介できるとのことです。私の担当コンサルタントは男性のようで、どうやら私と同じくらいの年齢でかなり話しやすい印象を受けました。

 

私が住んでいるのは岡山ですが、大阪からわざわざ出向いてくれるようです。

 

「えっ、そこまでしてくれるの」と思いながらも、知り合いからの口コミから偶然既にファーネットキャリアを聞いており、長年の経験や実績、保有している求人数からコンサルタントに会って話をすることに決めました。

 

……

 

…………

 

当日、岡山駅の東口にそびえる百貨店の3階喫茶店で待ち合わせすることになりました。時間になると電話で話した男性が現れ、とても気さくに話しかけてくれました。軽い世間話から入り、私の希望を伝えていきます。

 

この時に私が伝えた要望としては、以下のようなものがあります。

 

・ビジネスに支障が出ないよう、必ず定時退社の勤務

 

・土日でも勤務可能

 

・幅広い症状の患者さんが来る内科の門前が良い

 

・そのため、皮膚科や眼科の門前は不可

 

・家に近ければ近いほど良い

 

・薬局薬剤師での経験が欲しいため、給料はそこまで気にしない

 

一応、希望を全て伝え、あとは私の要望に合う薬局を探してくれるのを待つことにしました。もちろん、その間もメールでのやり取りは続くことになります。

 

そして一週間後、いくつかの候補が見つかったので、その中から面接することが決まりました。私の場合は正社員での採用ではないため、簡単な履歴書を持っていくだけで問題ありませんでした。

 

ちなみに、後から知りましたが、「私が住んでいる家の近くで定時退社の勤務、そして内科の処方せんを受け付ける薬局」という条件の求人は少なくて苦労されたようです。それでも、根気よくいくつかの候補を探してくれました。

 

薬局での面接体験

 

面接当日、これから面接を受ける薬局の本社で転職サイトのコンサルタントと待ち合わせました。1人で面接に向かうのではなく、既に会って顔を知っているコンサルタントが一緒に同行してくれるため、かなり心強いです。

 

面接自体は「なぜ薬局で働こうと思ったのか」など、簡単な質問を数種類受けただけでした。後は働く時間や曜日などの調整を行い、社長の世間話を聞いて面接が終わりました。

 

薬局の本社から出たあと、「これから働く薬局を見学しますか」とコンサルタント側から提案を受けました。

 

やはり、実際に働くのは本社ではなくて現場の薬局です。他の人も見学を行う人が多いとの事でしたので、薬局見学を行うことにしました。

 

これからお世話になるであろう薬局に到着し、挨拶をするために中に入りました。すると、とても雰囲気が良く、中で働く人も丁寧に対応してくれました。そのため、私の場合は面接1社目で働く場所を即決しました。

 

現場の薬局を見ているため、安心して働くことができます。既に顔を合わせていることになるため、出勤日1日目にドキドキしながら働きに行くこともなくなります。

 

このような事もあり、見学は絶対にしておくべきだと感じました。そして、冒頭で述べた通り、現在でもこの薬局で働いています。

 

ちなみにコンサルタントから聞いた話では、中には「これは……」と思ってしまう職場も実際のところ存在するようです。

 

その場合は断ってもらっても問題ないし、他の企業を当たるようです。この時の断りの電話はコンサルタントが行ってくれます。そのため、他の人は平均して3社くらい面接や見学を行うようです。

 

私は幸運にも1社目で良い薬局に巡り合いましたが、面接したからと言って必ずしも入社しなければいけないわけではないようです。

 

薬局薬剤師での経験後の出来事

 

こうして、薬局薬剤師として現場を経験することになった私ですが、働き始めて2週間後くらいに転職サイトのコンサルタントから再び電話がかかりました。

 

「何だろう?」と思って出てみると、働き始めた薬局でトラブルなどの問題は起こっていないかという確認でした。

 

私の場合は、全く問題なく薬局で働くことができ、現場での薬剤師経験を積むこともできると判断したので「トラブルは起こっておらず、順調に働いている」ということを伝えました。

 

このとき、もし問題が起こった時は遠慮なく申し出て欲しいことをコンサルタントから伝えられました。

 

確かに、人によっては入社後に条件が違ったり、人間関係が思っていたほど良くなかったりすることもあります。そのため、このようなアフターフォローも重要であると感じました。

 

これが、私が会社を退職して薬局薬剤師として働くことになった経緯です。

 

正社員ではないですが、現場での薬剤師の経験を積み、しかも環境の良い薬局で働けるようになったのも転職サイトのコンサルタントを活用したからと思っています。

 

どことは言いませんが、世の中には質の悪い転職サイトが存在することも事実です。同じ薬剤師の方には、このような転職サイトを絶対に利用して欲しくないと思います。

 

実際に転職を考えている方にとって、「どの転職サイトを利用するか」はとても大きな問題です。この時のヒントとして、私の体験が役に立てばうれしいです。

 

ちなみに、転職サイトについて、それぞれの違いや活用方法が分からない人もいると思います。これらの詳細については下のページで解説しているため、ぜひとも参考にしてください。私の経験や知り合いからの情報まで踏まえて解説しています。

 

→ 転職サイトを有効活用するには