病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

定年退職後に薬剤師として調剤薬局で再就職し、働くのは可能

 

一般企業で働いている人であれば、定年退職があります。これは薬剤師でも同様であり、製薬企業の薬剤師や病院薬剤師であっても、ある一定の年齢を超えれば退職を迎えます。

 

ただ、薬剤師という専門職は定年後であっても問題なく働くことができます。定年後に医薬品卸の薬剤師として再就職している人がいますし、ドラッグストアで働き始める人も多いです。ただ、定年後の就職先は大半が調剤薬局(または調剤併設ドラッグストア)です。

 

そこで、定年後に薬剤師として働き始めることについて解説していきます。また、50代など定年を迎える前から転職活動を行うメリットについても確認していきます。

 

薬剤師として再就職する

 

大手の薬局は別にして、中小薬局であれば社長との距離が近く、そもそも定年退職の定義があいまいであることは多いです。一般企業と同じように60歳や65歳で定年退職をしてもいいですし、そのままの給料で続けていくことも話し合いによって十分に可能です。

 

ただ、前述の通り企業勤めの人や病院薬剤師であれば必ず定年があります。このとき、ずっと家にいて余生を楽しんでもいいですが、薬剤師免許を活用して社会に貢献したり、老後の蓄えのために働いたりする人はたくさんいます。

 

たとえ定年退職をしたとしても、調剤薬局などで再就職できるのが薬剤師の利点であるといえます。

 

このときは、必ずしも病院などで調剤の経験がある必要はありません。MRとして活躍していた人など、調剤未経験でも問題ありません。

 

薬局では調剤未経験者を歓迎しているところが多数あります。そのため、調剤を行ったことがない人であっても、退職後に調剤薬局を経験することは十分に可能です。

 

定年前に調剤薬局へ転職した薬事部長

 

例えば、私はかつて医薬品企業に勤めていましたが、当時の薬事部長が急に会社を辞めて地元の調剤薬局に転職したことがありました。

 

会社の薬事部長が辞めるので社内はかなりザワつきましたが、本人は「老後のことを考えると、調剤のことを勉強しないでよいのかと考えるようになった」と言っていました。そして、当然ながら調剤未経験でした。

 

また、私と仲良くさせて頂いている薬局の社長は、病院の元薬剤部長を定年後の再就職として雇ったことがあると言っていました。

 

病院の薬剤部長であるため、製薬企業のMRにとってみれば天皇のような存在です。そのような人を雇うため、最初はどのようになるのか心配したものの、上手く馴染んでかつての病院薬剤部長としての知識を上手く活かしてくれたと話してくれました。

 

再就職の調剤薬局では勉強するべき

 

調剤薬局で再就職を行うと、勉強することがたくさんにあります。病院薬剤師として活躍した人であっても、薬局では業務の進め方がまったく異なります。

 

病棟は存在しませんし、多数の薬剤師が在籍しているわけでもありません。また、MRが絶えずやってくることもありません。近隣の診療所と良好な関係性を築くなど、薬局によって独自のルールがあるのです。

 

薬剤師として服薬指導の経験があったとしても、病院のときと同じように患者さんと接するわけではありません。老人施設に出向くことがあれば、薬局によっては在宅指導を行うこともあるため、意外と学ぶことは多いです。

 

また、MRなどの企業薬剤師であれば、初めての調剤経験になります。特定の分野だけを学ぶのではなく、調剤薬局ではすべての分野にわたって薬を勉強することができます。そういう意味では、頭の活性化にもつながって退職後の薬剤師は良い経験になります。

 

調剤薬局によって、求めている人材が異なります。派遣薬剤師を雇うことで即戦力を求める薬局があれば、定年退職後の再就職先として調剤未経験であっても受け入れてくれる薬局もあります。ただ、若い人のように働くのは困難なので、60歳や65歳になって定年後に働くのであれば、後者の薬局の求人に応募しましょう。

 

定年後の薬剤師に求められる素質

 

それでは、定年後の薬剤師に求められるものとしては何があるのでしょうか。これを理解しなければ、良い求人に巡り合うことができなくなります。

 

これには、「新卒程度の条件での勤務」「協調性」「柔軟な対応」があります。

 

給料や待遇が劣ってもいいと考えるべき

 

まず、定年後であるとある程度の年齢(高齢)であるため、若いときと同じように高いパフォーマンスを発揮することはできません。これはつまり、転職したときの年収が下がってしまうことを意味しています。

 

再就職のとき、以前の職場と同じ額の給料を要求してはいけません。好待遇を望むのは勝手ですが、そのような要望を受け入れてくれる求人は少ないです。

 

高齢になると、これまでマネージャー職を任されていた人が一般薬剤師に降格するのは普通です。年齢が高くなると、それだけ高パフォーマンスを維持しにくくなるからです。こうしたことを理解したうえで、新卒薬剤師と同程度の年収であっても納得する広い心が必要です。

 

協調性を磨く

 

また、60代で定年を迎えるとなると人生経験が豊富です。そのため多くの知識やスキルをもっていることでしょう。

 

ただ、定年退職後に再就職するときはあまりスキルが重要視されません。それよりも、協調性の方が大事です。下手に「自分は知識やスキルがある」と考えて高飛車な態度を取られるよりも、「自分を雇ってくれてありがたい」と考え、職場の薬剤師と強調して働いてくれる人の方が重宝されます。

 

よく考えれば当然のことですが、このように一緒に働くメンバーと協調しながら活躍できることをアピールする必要があります。

 

柔軟に条件変更へ対応する

 

また、定年後の再就職であると求人側の会社(調剤薬局など)から条件変更を求められることがあります。

 

例えば、正社員での転職を希望していたものの、求人側から「最初は週4日勤務のアルバイト(パート)から始めてみてはどうか」などのように提案を受けるのです。こうした条件変更に対して柔軟に対応できなければいけません。

 

転職では、優先すべきものを決める必要があります。求人側から求められた勤務条件が「あなたが重視する条件」ではなかった場合、条件変更を受け入れるようにしましょう。

 

50歳や55歳など、50代のうちに転職を検討すべき理由

 

ここまで、定年後に働くことについて解説してきました。

 

50歳や55歳など50代になって高齢になると、定年後のことを誰もが考え始めます。いくら年金がもらえるとはいっても、その金額は微々たるものだからです。

 

ただ、実際のところ薬剤師として定年まで働いた後に新たな職場を探してもいいですが、それでは遅すぎます。定年を迎える何年も前からいまの職場に見切りをつけ、10年後のことまで見据えた転職活動をしなければいけません。そうすれば、良い老後を過ごせるようになります。

 

定年まで働いた後の転職は遅い

 

前述の通り、調剤薬局や調剤併設ドラッグストアを含め定年後の薬剤師を迎え入れてくれる薬局は多数存在します。

 

もちろん急性期病院では「何歳まで」と年齢制限を設けていますし、薬局の中には若い力を求めている求人があります。そうした求人には応募できませんが、年齢制限のない募集に応募すれば問題ありません。

 

しかしながら、転職市場の大原則として、年齢が若いほど市場価値が高いことを理解しておく必要があります。これはある意味当然であり、60歳よりも50歳や55歳の方が、活動エネルギーが高くさらには長く働いてくれるからです。

 

そのため、何度も転職を繰り返しているなどの例外はさておき、薬剤師に限らず年齢が若いほど良い条件で転職できます。

 

高齢になるほど年収や雇用条件は悪くなる

 

そもそも、一般的な職業であると40歳を超えるとどこも雇ってくれません。そういう意味では、高齢でも就職可能な薬剤師はかなり優遇された職業だといえます。ただ、それでも雇用されるときの年収や雇用条件は若いほど有利なのはいうまでもありません。

 

60歳など、定年後の転職では新卒程度の年収を考える必要があります。それだけ、転職市場での価値が低いからです。

 

一方で50代のうちから転職するとなると、定年後での転職よりも良い条件を引き出せます。60歳よりも55歳の方が元気よく働いてくれます。また、55歳よりも50歳の方が長く働いてくれます。

 

こうしたことを考えると、早めにいまの職場の「定年年齢」「定年後も働くことが可能か」「定年後の勤務条件」などの規約を確認しておくようにしましょう。その後、転職サイトなどに登録して他の求人と見比べ、より良い条件の職場へ再就職することを早めに検討するべきです。

 

個人薬局や小規模薬局であれば、定年後も問題なく継続して勤務できることが多いです。ただ、大手チェーンや病院になると、多くの場合は定年後に辞めなければいけない可能性が高いです。

 

例えば60歳で定年退職した後、「65歳になるまで働ける職場」に就職するのはかなり厳しいです。実現できたとしても、良い条件での就職は難しいです。

 

それであれば、50代前半(または50代後半)のうちにいまの職場に見切りをつけ、早いうちから長く働ける職場へ転職した方がいいです。老後のことまで考えると、いまの職場の制度を調べたり10年後のことを考えたりする必要があります。

 

履歴書や面接では、問題なく働けることをアピールする

 

実際に求人へ応募するとき、履歴書・職務経歴書を書いたり面接を受けたりします。このとき、志望動機を適切に述べなければいけません。

 

そのとき、たとえ高齢であっても問題なく働けることを伝えましょう。また、協調性があることまで述べるとさらに効果的です。

 

例えば、以下のようになります。

 

調剤薬局で長年勤めており、定年退職の年となりました。ただ、以前に職場で定年後も働き続けるとなると、勤務内容は同じであるものの給料が非常に少なくなるため、このたび定年後も安心して勤務できる職場を探すことにしました。

 

内科の門前で勤務しており調剤経験はあるため、問題なく働くことができます。また大学に通っている息子がいるため、60歳の後も働き続けなければいけません。

 

御社は定年後の薬剤師であっても、他の薬剤師と同じように扱ってくれると聞いています。もちろん、最初は覚えることは多いかもしれませんが、徐々に慣れていくことができればと考えています。

 

いまは正社員で考えていますが、週に数回勤務するアルバイトとして開始しても問題ありません。定年後であっても若い人たちに負けず、残業もこなして頑張りたいと考えています。

 

このように、「なぜ定年後に働きたいのか」「問題なく働くことができるという意欲」を伝えることによって内定をもらいやすくなります。

 

今回の例は「定年後であってもバリバリ働きたい人」の内容にしましたが、もちろん人によって志望動機は異なります。他にも「パート薬剤師として働き、生活の足しにしたい」「ボケ防止のために就職したい」「50代のうちに早めに転職したい」などの理由があります。

 

場合によっては、調剤未経験だったので初の調剤にチャレンジしてみたいという人がいるかもしれません。

 

これら自分の転職理由に沿って、転職で何を実現したいのかを履歴書や面接で語れるようにしましょう。そうすれば、転職を行うことで何をしたいのか見えてくるようになります。

 

実際にどのような求人が出るのか

 

それでは、60歳以上でも問題ない案件としてはどのような求人があるのでしょうか。例えば、以下の求人は大阪府で出された案件です。

 

定年退職後に薬剤師として調剤薬局で再就職し、働くのは可能

 

この薬局は60歳で定年制にしており、そこから1年ごとの契約更新を実施しています。そのため正社員としての勤務は難しいかもしれませんが、定年後の薬剤師であっても受け入れ態勢ができていることが分かります。

 

このほかにも東京の求人も存在しますし、調剤未経験であっても問題なく受け入れてくれる求人もあります。あなたに合わせて求人を探してみるといいです。

 

ただ、良い条件の転職先を見つけるとき、ほとんどの人が転職サイト(転職エージェント)のコンサルタントを活用します。そこで、彼らと一緒に就職先を見つけるようにしましょう。60歳以上での転職は特殊案件なので、転職エージェントを活用しながら転職を進めるとスムーズです。

 

ここまで考えて良い条件の薬剤師求人を探すことが、転職成功の条件になります。

 

定年後の薬剤師転職や求人探しは戦略的に考える必要があります。また、50代のうちに早めに良い条件の職場へ転職してしまうことも重要です。

 

自分にとって最適な求人は何かを考えましょう。年齢が若いときほど転職での価値が高いことを理解し、「転職サイトに登録してみる」などすぐに行動に移せば、より良い老後を過ごせるようになります。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

定年退職後に薬剤師として調剤薬局で再就職し、働くのは可能

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

定年退職後に薬剤師として調剤薬局で再就職し、働くのは可能

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

定年退職後に薬剤師として調剤薬局で再就職し、働くのは可能

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事