病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

調剤未経験の薬剤師が転職で失敗しない求人探しのコツ

 

薬剤師として働くとき、最も一般的なのは薬局や病院などへ就職することです。ただ、転職を希望する人の中で「調剤未経験の方」は多いのではないでしょうか。企業でのMRや研究職、品質管理、CRCなど薬剤師として働く人は多種多様です。

 

調剤未経験であるために自信がもてず、どうしても「本当に自分に調剤ができるのだろうか」と思ってしまいます。

 

しかし、この考えを変えてみてください。具体的にどのような思考に変えれば良いかというと、それは「調剤未経験はあなたにとって最大の武器である」ということです。

 

それでは、なぜ調剤未経験であることが武器になるのでしょうか。この事実を理解すれば、調剤未経験の状態から薬局や病院へ転職するときであっても怖くなくなります。

 

調剤未経験が武器になることもある

 

薬局や病院の中には、即戦力を求めている求人があります。こうした求人であれば、調剤未経験での転職は厳しいです。しかし、調剤未経験の人を歓迎している薬局はそれ以上に存在します。

 

その中には、「むしろ調剤未経験の方が良い」と考えている薬局や病院もあります。これには、次のような理由があります。

 

・他の職場での変な調剤の癖がついていない

 

・未経験であるため、ある程度給料が安くても採用できる

 

・MRやドラッグストアなどの経験者は、お客様にしっかりした対応ができる

 

・真っ白な状態であるため、成長が早い

 

このように、「これまで調剤を経験したことがない」と思って、ひるむ必要はありません。そう思っていたら、自信のなさが面接にも出てしまいます。むしろ、調剤未経験であること自体があなたの武器になります。これは薬剤師に限らず、他の分野でも同じことがいえます。

 

全員が調剤未経験からスタートする

 

そもそも、ある程度調剤を経験したことのある人であっても、新卒のときを含め全員が調剤未経験からスタートします。調剤未経験というのは、誰もが経験することなのです。

 

また、門前にある診療所の科目が変われば薬を覚え直さなければいけません。内科や整形、小児科など、それぞれの科目で使われる薬は違います。確かに調剤の大まかな流れは既に掴んでいるかもしれませんが、やはり転職すれば最初は覚えなければいけないことがたくさん出てきます。

 

そのため、結局のところ「調剤経験者も未経験者もそこまで違いがない」というくらいの気持ちで臨むといいです。

 

「調剤未経験者の方が良い」と思ってくれている薬局があると思えば、とても気が楽になるのではないでしょうか。

 

つまり、「これまで調剤経験がないがどうしよう」と思っている、まさにあなたを求めている薬局があるということです。即戦力だけを求めている薬局に飛び込んでいく必要はないので、未経験者を歓迎している薬局へアプローチすれば良いのです。

 

転職の失敗を避けるために認識すべきこと

 

ただ、どのような職場であってもいいので転職してしまうと、調剤未経験の薬剤師は転職で失敗してしまうことがあります。そこで、科目ごとの特徴や認識すべきことをあらかじめ理解しておく必要があります。

 

調剤未経験の薬剤師が理解すべきこととしては、以下のようなものがあります。ただ、必ず守るべきルールではないので、あくまでも参考程度にするといいです。

 

忙しい時期を避ける

 

調剤経験があり、ある程度の薬剤知識のある薬剤師であればどの時期に転職しても大きな影響はありません。ただ、調剤未経験であると忙しい時期を避けた方が比較的簡単に職場に慣れることができます。

 

薬局や病院の繁忙期は一般的に冬です。冬はインフルエンザやノロウイルスを含め、多くの人が風邪症状や嘔吐・下痢にかかります。そのため、冬が忙しくなりやすいです。

 

忙しいとそれだけあなたに構っている時間がなくなります。他の薬剤師は患者さんに対応しなければいけないため、忙しい時期であるほど丁寧な指導をしてもらえなくなってしまうのです。

 

ただ、科目によっては忙しさに影響のない科目があります。また、たとえ冬の時期に転職をしたとしても、投薬などはせずに「粉薬や一包化など、手間がかかって他の薬剤師が敬遠する業務を積極的に受ける」ようにするといいです。

 

調剤未経験者であっても粉薬や水剤などの調剤であれば、比較的すぐに行えるようになります。こうした作業を引き受けることによって、戦力として見てもらえるようになります。

 

特に忙しい科目を避ける

 

なお、科目によって薬局や病院の忙しさは異なります。特に忙しい科目として、小児科と耳鼻科があります。

 

例えば小児科であれば、インフルエンザがはやる冬場は非常に混雑します。扱う処方は粉薬(ドライシロップ)や水剤が多く、手間のかかるものが多いです。

 

また、耳鼻科も同様に冬から春先の花粉症シーズンまでが非常に混みます。小児科と同様に粉薬や水剤が多いです。

 

こうした科目へ転職するとき、転職時期を考慮するようにしましょう。また、もし転職することになったとしても、前述の通り最初は投薬や監査を行うことなどまったく考えずに「粉薬や水剤の調剤ができるようになる」ことを第一優先にするといいです。そうすれば、非常にありがたく思ってくれます。

 

他には、透析の門前にある薬局も大変です。特定の時期だけ忙しくなるというわけではなく、単純に処方内容が難しいのです。

 

腎臓とはいっても、単なる泌尿器科であれば簡単です。ただ、透析が関わる腎臓内科となると話が違ってきます。

 

透析患者は単に腎臓が悪いだけでなく、糖尿病や高血圧などさまざまな疾患を他に抱えています。そのため、あらゆる診療科にかかっていて多くの薬を服用しているケースが多いです。

 

薬物代謝に腎臓が非常に重要であることから、透析の門前にある薬局では薬物動態についても必死に勉強しなければいけません。内科の薬剤師が「腎機能低下のときの薬物投与」について考えることはあまりなくても、透析門前の薬剤師は常に腎機能特有の注意点を把握しなくてはいけません。

 

そういう意味では、透析の門前薬局では非常に勉強することが多くなるので医療に貢献したい薬剤師に向いています。調剤未経験であっても、最初からスキルアップを目指してバリバリ働きたい人でない限りは透析の門前薬局は避けた方がいいです。

 

こうした科目がある一方で、眼科や整形外科の隣にある薬局(または眼科や整形外科の病院)は比較的楽です。ゆるく働きたい場合、こうした薬局の求人を探しても問題ありません。

 

ただ、一般的な調剤を行いたい場合は内科の門前薬局を目指すといいです。これであれば、幅広く一般的な薬を勉強できます。

 

最初は必至で勉強する

 

このように忙しい科やそうでもない科はあるものの、いずれにしても調剤未経験である以上は必死に勉強しなければいけません。このとき、まずは商品名と一般名を一致させられるようにしましょう。これができないと、調剤業務を行うことができません。

 

薬局や病院で働いたあと、家に帰った後は職場の調剤室に置いてある医薬品を中心に「商品名(製品名)」「一般名」「薬効」の3つが一致するように復習するのです。

 

そうして徐々に薬の名前を覚えていき、薬が置いてある棚の位置を理解し、調剤業務に慣れてきたら薬理学を勉強しなおすようにしましょう。

 

薬剤師である以上、医薬品名が分かるのは必要最低限の知識といえます。そこから薬物相互作用(飲み合わせ)や薬の活用法を含め、患者さんにアドバイスできなければいけません。

 

このときは他の薬剤師が投薬しているときの説明を隣で聞いて勉強してもいいし、自ら本を読んでそこから学んでも問題ありません。いずれにしても、自主的に勉強しなければ薬剤師として使い物になりません。

 

管理薬剤師などを含め、上司や同僚の人間性を探る

 

ただ、頑張って勉強して調剤未経験の状態から脱しようと努力したとしても、同じ薬局や病院で働く薬剤師同士の人間関係が悪ければ意味がありません。結局のところ、どれだけ良い環境で働けるかどうかは職場で一緒に働く人間によるのです。

 

特に調剤未経験の薬剤師であれば、管理薬剤師や周囲の一般薬剤師など同僚から仕事内容を教わるようになります。

 

このとき、管理薬剤師から「最初は覚えることがたくさんあるから、あまり気負わずに仕事を覚えるといいよ」といってくれる職場でなければ、調剤未経験の薬剤師は気が滅入ってしまいます。

 

調剤未経験である以上、最初から仕事のできる人はおらず、薬の名前も覚えられていないのでプレッシャーをかけられると職場に居づらくなってしまいます。そのため、ここまで述べてきた通り科目や勉強への姿勢も重要ですが、最も大切なのは「どのような同僚がいるのか」にかかってきます。

 

そのため、求人先(薬局や病院など)で面接を受けた後は、転職で失敗しないために必ず職場見学を行うようにしましょう。その場だけの見学ですべてを把握するのは難しくても、現場で働く薬剤師と実際に少しでも話をすると見えてくるものがあるはずです。

 

調剤未経験の薬剤師が転職での失敗を防ごうとするとき、面接後(または面接前)の職場見学は必須だと考えてください。

 

給与面でのわがままをいわない

 

また、調剤未経験であると給与面でのわがままをいわないことも、転職での失敗を避けるコツです。

 

薬剤師として転職するとき、休日や有給休暇、就業時間など勤務形態にこだわることがあります。こうした勤務形態に対するこだわりであれば問題ありませんが、調剤未経験の状態で高年収を希望するのは常識はずれなのでやめましょう。

 

例えば、製薬企業のMRであれば例外なく高年収であるため、薬局や病院へ転職するとほぼ確実に給料が下がってしまいます。このとき、同水準の年収を維持しようと考えてはいけません。

 

転職での年収アップというのは、既に薬局や病院で何年も勤めている薬剤師の中でも、「薬局の売上を大幅に伸ばした」「病院の業務改善に貢献し、患者満足度をかなり押し上げた」など、それなりの成果を出している人だけが実現できます。

 

要は、既に調剤を経験していて、薬剤師としての活動にも積極的な「やる気のある薬剤師」が転職での年収アップを実現できると考えてください。

 

むしろ、調剤未経験の状態では給与面のことはいわず、「お金をもらいながら(給料をもらいながら)、調剤や投薬、監査、薬歴管理など薬について勉強させてもらっている」と考えるようにしましょう。そのような考えのできる薬剤師であるほど、転職で成功できます。

 

もちろん、経験を積んで成果を出した後であれば年収交渉をしても問題ありません。ただ、調剤未経験の最初の段階から高年収を要求するのはやめましょう。

 

30代や40代の薬剤師でも転職できるのか

 

なお、20代の若いうちに転職するのであれば問題ありませんが、「30代や40代などある程度の年齢になって調剤未経験で転職できるのか」という不安を感じる人がいます。

 

もちろん、病院薬剤師になると調剤未経験での転職が難しくなるのは事実です。特に急性期病院となると、30代であれば問題ありませんが、それより年齢が高くなると採用されにくいです。ただ、調剤薬局や調剤併設ドラッグストアであれば、たとえ調剤未経験であっても問題なく転職できます。

 

一般的な転職であると、30代になると転職が厳しくなり、40代になるとかなりスキルのある人でなければ転職が難しいです。

 

薬剤師であると病院や一般企業への転職は同じように難しくなるものの、30代や40代などの年齢で調剤未経験であっても問題ないのです。

 

薬剤師の転職では、案件は少ないものの「定年退職後に調剤未経験であっても薬局の求人へ申込み、問題なく働き始めた」という人はたくさんいます。

 

もちろん、調剤未経験であるため前述の通り最初から高年収は望めません。年収の交渉をしたり、転職によって給料アップを目指したりするのは「調剤を経験し、いまの職場で成果を出した後」に考えなければいけません。

 

そういう意味では、いま調剤未経験であることに不安を感じているのであれば、早めに転職を完了させた方が知識やスキルが早く身につき、将来的に有利になります。転職市場というのは、年齢が若いほど価値が高いです。求人先からの評価が最も高いのは「いま」なのです。

 

薬局独自の取り組みや勤務形態を知る

 

ここまで、転職での失敗を防ぐために認識すべきことについて述べてきましたが、薬局独自の取り組みや勤務形態について知ることも重要です。

 

薬局によっては、研修制度によって調剤未経験の状態から教育してくれることがあります。こうした取り組みのある薬局を利用すると、安心して現場に出ることができます。

 

また、勤務形態については結婚後に退職した人や出産後の復帰など、女性薬剤師は特に理解しておく必要があります。女性薬剤師の場合、正社員だけでなくパート薬剤師や派遣社員での勤務をする人も多いため、これについて把握しておくのです。

 

研究制度のある薬局を志望する

 

場合によっては、研修制度のある薬局が存在します。こうした研修のある薬局は大手チェーンであり、中小薬局には基本的に存在しないと考えてください。

 

例えば私が中小薬局へ転職したとき、その薬局には当然ながら研修制度は存在しませんでした。その代わり、現場で一緒に働く薬剤師(同僚)が仕事の進め方を含めすべて教えてくれました。いわゆる、OJT(実際に仕事を進めながら、業務の中で指導をすること)による教育です。

 

一方で大手チェーン薬局では前述の通り、中途採用の薬剤師向けに研修制度を設けていることがあります。

 

例えば、入社月に1〜2日の時間をかけて業務の流れや調剤の方法、システムの使い方、接遇研修などを実施している薬局があります。また、入社一年目の薬剤師を対象にした全体研修もあります。

 

ただ、こうして研修制度のある大手チェーン薬局であっても、実際はOJTによる実地での指導がメインです。そのため、研修制度に頼るよりも「一緒に働く現場の薬剤師はどのような人たちなのか」を見極める方が実際のところ重要です。

 

パートや派遣の薬剤師として勤務する

 

調剤未経験で働くとき、パート・アルバイトや派遣として勤務する方法もあります。前述の通り、特に女性薬剤師であると結婚退職後や出産後の復職では正社員ではなく、パートや派遣で勤務することも多いです。

 

そのため、正社員だけでなくパートや派遣という勤務形態まで視野に入れて転職活動をするといいです。

 

調剤未経験の状態でパート薬剤師として働き始めるとなると、時給2000円からのスタートが一般的です。このときは高時給を要求するのではなく、スキルが上がった段階で時給を上げてもらうようにしましょう。

 

最初から高年収を要求する調剤未経験の薬剤師は転職で失敗しやすいことを述べましたが、これはパートや派遣であっても同様です。最初は謙虚な心をもち、職場に慣れた後で経営者(または人事担当者)と時給の相談をするようにしましょう。

 

調剤未経験であっても良い薬局や病院を探せる

 

薬剤師免許をもっている人であっても、調剤未経験の人は多いです。製薬会社を含め、一般企業に勤めている人は調剤をすることがありません。また、同じ薬局でもOTCをメインで取り扱っているドラッグストアであると、調剤業務をすることがありません。

 

こうした薬剤師であると、調剤を経験していないことに対して焦りを覚えたり、自ら患者さんと接して医療に貢献したいと思ったりすることがあります。そうしたとき、薬局や病院の薬剤師として転職を考えます。

 

ただ、このときは注意点があり、ここまで述べてきたことを理解したうえで転職活動をするようにしましょう。

 

実際に求人を探す場合、多くの薬剤師は転職サイトを活用します。転職サイトを通じて調剤未経験者を歓迎してくれる薬局や病院の求人を紹介してもらい、良い職場でスタートするようにしましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

調剤未経験の薬剤師が転職で失敗しない求人探しのコツ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

調剤未経験の薬剤師が転職で失敗しない求人探しのコツ

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

調剤未経験の薬剤師が転職で失敗しない求人探しのコツ

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事