病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師の転職で失敗しない適切な時期・タイミングを知る

 

薬剤師が転職をするとき、どの時期やタイミングで求人を探せばよいのか迷う人は多いです。もちろん、転職のタイミングは人によってさまざまですが、他の人がどのような時期に転職を実現しているのかを知ることは、転職での失敗を避けることにつながります。

 

それでは、どのタイミングでの転職を考えればいいのでしょうか。ここでは、最適な転職活動をするための時期について確認し、そこからどのように求人を探して転職を進めていけばいいのかについて解説していきます。

 

それぞれの転職のタイミングを知る

 

人によって転職に適した時期が異なるのは既に述べた通りですが、これは人によって事情が異なるからです。

 

それでは、転職活動を行うときに重要となる考え方について確認していきます。

 

求人が出やすい時期を理解する

 

まず、転職するべきタイミングを知るうえで求人が出やすい時期を理解することは重要です。当然ながら、少ない求人から選ぶよりも多くの求人から選択した方が良いです。求人数が多いほど、あなたに適した求人を探すことができるからです。

 

どの時期に求人の数が多くなるのかというと、3月と9月です。これは単純に企業にとって3月と9月が年度末と半期末であり、4月や10月から新たな年度や期が始まるからです。

 

4月や10月など、節目の月は退職する人がどうしても多くなります。例えば、「一般企業に勤めている旦那の転勤に伴って退職する」という女性薬剤師は多いです。そこで、このときの欠員を補うために3月や9月に求人を出すのです。

 

なお、その反対に求人が少なくなりやすい時期が存在します。それは、「長期の休みのある月」です。例えば、お盆や夏季休暇のある8月は企業の活動が止まりやすく、求人が少ないです。同じように、年末年始を迎える12月も求人が少なくなります。GWを迎える4月末も同様です。

 

ただ、これらの休暇を過ぎた後は再び転職活動が活発になります。例えば8月であっても、お盆を過ぎると求人が増え始めます。その中でも、3月と9月は特に求人が多くなるというわけです。

 

なお、病院薬剤師を希望している人の場合、転職時期は重要です。病院によっては「4月や10月しか中途採用を受け付けない」などのように、採用時期が決められていることがあります。そのため、病院希望の人は特に転職のタイミングを考えなければいけません。

 

ボーナス転職を実現する

 

薬剤師が転職を行うとき、ボーナスを受け取った後に転職する「ボーナス転職」という方法も存在します。

 

ボーナスが支給されるタイミングは多くの場合で6月と12月です。そこで、ボーナスを受け取った後に7月や1月に退職するのです。この場合、転職活動をする時期は5〜6月や11〜12月が適切です。この時期に求人を探して転職先を決めてしまいます。

 

ただ、ボーナス転職を行うときは「もらい逃げ」だと思われないようにしなければいけません。そのため、少なくとも1ヵ月前から退職することをいまの職場に伝えなければいけませんし、引き継ぎを含めて準備をする必要があります。

 

私も薬剤師として最初の会社(新卒で入社した会社)を辞めるときはボーナスをもらった直後でした。ただ、このときはかなり前から退職することを上司に伝えましたし、引き継ぎもしっかり行いました。そのため、他の同僚からもらい逃げだと思われることなく円満退社できました。

 

結婚・出産のタイミングで転職する

 

女性薬剤師の場合、結婚や出産のタイミングで転職する人も多いです。結婚して子供が欲しいと考えたとき、妊娠・出産する前に転職を行うのです。

 

実際のところ、子供が生まれた後の転職ではかなりの制約が出てきます。そこで、結婚したのであれば、いまのうちから子育てに対して理解のある薬局や病院に転職してしまった方がいいです。もちろん、いまの職場が子育てに理解あるのであれば問題ありませんが、そうでない場合は転職を検討する人が多いです。

 

なぜ、早めに転職を完了した方がいいのかというと、育休を必ず取得するためには「入社日から1年以上が経過している必要がある」からです。産休については必ず取得できるものの、育休については入社1年未満では会社は拒否できるのです。

 

そこで、早めに育児への理解がある職場で働くようにするといいです。

 

育休というのは、「同じ会社で働き続ける」ことを前提にしています。そのため、育休が終わったと同時に退職すると周囲の薬剤師から非常に嫌な顔をされます。

 

産休や育休を取得してもらった後の欠員を周囲の薬剤師が埋め、復帰を待っていたにも関わらず「休みと給付金だけ受け取って辞める姿」を見たとき、当然ながら良い印象を与えることはありません。そのため、円満退社にはほど遠いです。

 

こうした事態を避けるため、結婚をした段階で将来を見据えて育児に理解のある職場への転職を完了させていくのです。復帰して働くことが前提であれば、周囲から祝福された状態で産休・育休に入れます。

 

いますぐ辞めたいと感じたとき

 

また、中にはここまで述べてきたような時期やタイミングに関係なく「いますぐ辞めたい」と考える薬剤師もいると思います。

 

こうした場合、まずは冷静になりましょう。その場の感情によって動いてしまうと、結局のところ転職で失敗してしまいます。感情に流されて退職し、転職する人の中で成功する人は非常に少ないのです。

 

そこで、いまの職場を客観的に見つめてみましょう。もしかしたら、人間関係や職場環境が悪化しているのは自分に原因があるのかもしれません。その場合、自分の行動を変えるだけで改善されるため、転職しなくてすみます。

 

ただ、「どうしても上司(管理薬剤師など)と一緒に仕事をできない」「ずっとサービス残業が常態化しており、改善される余地がない」など、どう考えても職場が良くなる方向にいかない場合は転職を考えましょう。

 

転職するとき、「譲れない希望」と「妥協できるもの」を分けるといいです。年収、勤務地、勤務時間、忙しさ、休日の日数、一緒に働く薬剤師の数など勤務条件はさまざまです。このうち、あなたにとって優先順位が高いものや妥協しても問題ないものをピックアップするのです。

 

こうした優先順位をつけて転職活動に臨むと、転職での失敗を防げるようになります。

 

転職活動の期間はどれくらいが適切なのか

 

それでは、実際に転職活動を行うときにどれくらいの期間をかけるのが普通なのでしょうか。また、素早く求人をみて応募企業を探せばいいのでしょうか。

 

このとき注意すべきなのは、スピード転職です。薬剤師が転職するときに失敗してしまう理由はいくつかあり、その中の一つとして「求人を探し始めて一週間で転職先を決めてしまう」などの早期就職があります。

 

薬剤師が求人を探すとき、多くは転職サイト(転職エージェント)を利用します。このとき、転職サイトによっては「スピード転職が可能」と打ち出して素早い転職を促す転職エージェントがあります。ただ、これは危険なのでやめましょう。

 

焦って決めるのではなく、二週間から一ヵ月とある程度の転職活動期間を設けて求人を探すようにしましょう。これにより、ようやく転職先の薬局や病院、ドラッグストア、一般企業とのミスマッチを防げるようになります。

 

スピード転職はミスマッチを加速させる

 

薬剤師として働く場合、狭い世界の中で薬剤師業務を行うようになります。例えば薬局であれば、基本的に2〜3人ほどの規模であることが多いです。処方せん枚数が多ければもっと人数は多くなりますが、それでも数人規模であることには変わりません。

 

これは病院であっても同様です。大病院であれば話は違いますが、中小病院であると薬局と同じように数人規模になります。

 

こうした狭い世界で働くとき、人間関係が重要になります。例えば、薬局で勤務している2〜3人のうち、1人でも相性が合わなかったら、転職して働き始めた次の日から辞めたくなってしまいます。

 

これが、いわゆるミスマッチです。そうして転職回数が多くなると、あなたにとってマイナスに働きます。雇う側の経営者としては、あなたに長く働いてもらうことを期待しています。そのため、すぐに辞められるのであれば良い条件であなたを雇用できなくなります。

 

そのため、急いで転職活動を行うことほど怖いものはありません。求人を出している会社の内容をあまり確認せずに就職を決めてしまうことになるからです。

 

そして、就職先を決めるとき、必ず実際に働く求人先の現場を自分の目で確認するようにしましょう。現場を見て、一緒に働く人と顔を合わせれば、薬局や病院の雰囲気が伝わってきます。

 

例えば、良さそうな薬局では管理薬剤師の雰囲気がいいです。短い時間ですべてを判断するのは無理ですが、中で働く人が良いかどうかは実際に会話を交わしてみれば判断できるようになります。

 

薬剤師の転職理由の上位には、必ず「人間関係」が入ってきます。そのため、働く職場の雰囲気を見極める時間が必ず必要になってきます。

 

なお、多くの人は転職サイトを利用して活動をしますが、このときは「電話だけのやり取りで終わる場合」と「キャリアコンサルタントが面接同行までしてくれる場合」の2パターンがあります。

 

これは転職支援会社の方針によって、面接同行するかどうかが変わってきます。いずれにしても、あなたの相性に合う転職サイトを利用することで、プロのコンサルタントと相談しながら求人を紹介してもらうようにしてください。

 

転職先が決める期間の目安を知る

 

なお、焦らずに転職活動をするためには、「他の薬剤師がどれくらいの期間で新たな就職先を見つけているのか」に関する目安を知らなければいけません。

 

このとき、転職で成功する薬剤師の多くは二週間から一ヵ月ほどで新たな就職先を決めています。

 

どれだけの期間で就職先が決まるかについては、薬剤師の希望やペースによって異なります。どれほどの社数を受け、その中からどう判断するのかによっても転職活動の期間が変わるのです。

 

ただ、いずれにしも求人を提示されて一週間ほどで決めるのは早すぎであり、ミスマッチの危険性が高まります。そうしたことをすべて考慮すると、多くの人が二週間から一ヵ月ほどでの転職先を決定するようになるのです。ちなみに、平均して3〜5社ほど面接を受ける人が多いです。

 

なお、転職活動が長くなりすぎるのも問題です。

 

当然ですが、キャリアコンサルタントは良い求人をあなたに紹介したいと考えています。そのため、最初に提示される求人であるほど、給料や待遇の面で良い求人案件の確率が高いです。転職活動が長くなるほど、家から遠い求人(通勤時間のかかる職場)や年収の低い求人しかなくなるなど、条件が悪くなります。

 

こうした「転職活動をするときの適切な期間」を理解したうえで、失敗しないような転職活動をしてください。適切に求人を見極め、働く現場を必ず確認するようにしましょう。さらには転職活動に必要な期間を見定め、良い職場で働き始めることが薬剤師の転職では重要になります。

 

薬剤師の好条件の求人に裏はないのか

 

それでは、なぜスピード転職を行うと失敗しやすくなるのでしょうか。これは、スピード転職が問題というよりも、求人票だけで判断していることが問題になります。一週間で転職を決意するなど、素早く就職先を決める人は「求人票だけで転職先を決めている」という共通点があるのです。

 

良い話には必ず裏があります。一般職の求人であれば多くの人が「怪しい」と気付くのですが、薬剤師の求人となると疑う人が少なくなります。

 

例えば、「年収650万 、残業なし、週休2日」という求人があった場合どのように思うでしょうか。まさに理想の求人ですが、当然ながらこのような求人を出すには裏があります。どのような裏があるのかについては、例を以下に記していきます。

 

残業代込みの年収

 

求人票によっては、提示された給料の中に既に残業代が含まれている場合があります。勤務先によっては「100万円以上の残業代込み」のところもあります。そのため、確かに年収は高いかもしれませんが、夜遅くまで毎日働かなければいけません。

 

ただ人によっては「たとえ残業が毎日たくさんあっても、できるだけ多く稼ぎたい」と思う人がいるかもしれません。そのような方であれば問題ありませんが、ある程度のライフワークバランスを重視される方であれば注意しなければいけません。

 

このように、求人票には必ずしも正規の年収だけが提示されるわけではないことを認識してください。

 

ちなみに、管理職である管理薬剤師はそもそも残業代が出されないことがあります。この点にも注意しましょう。

 

何時まで働けば「残業なし」なのか

 

さらに、「残業なし」と求人票に書かれていたとしても、本当の意味で残業がないとは限りません。

 

例えば、前述のように残業代込みで給料を考えている場合、残業代を含めた給料を出しているので、「そもそも残業という概念が存在しない」と考えることができます。この場合であっても、求人票には堂々と「残業なしの職場」と書かれていることがあります。

 

屁理屈だと思う方も多いでしょうが、これが現実です。残業なしとはいっても、それはどのような意味での「残業なし」なのかを考えなければいけません。これを確認しなければ、残業なしと聞いていたにも関わらず、実際は毎日夜遅くまで働く必要のあるケースが多々あります。

 

シフトの時間を考える

 

ここまでひどくはなく、1日の労働時間が8時間を越えないようにしている薬局や病院であっても、シフトの時間が何パターンも存在する場合があります。

 

例えば、朝7時から早出しなければいけないことがあれば、昼12時から出勤する場合もあります。ただし、その分だけ退社は16時と早くなったり、21時と遅くなったりします。このような変則的な勤務形態もあります。

 

ただ、先に出した例のような「残業なし」といいながら既に残業代が給料に含まれている場合、シフトの時間に関係なく長時間労働を強いられます。

 

「週休2日」を真に受けてはいけない

 

他にも「週休2日」と聞いて、1日中ずっと休める日が2日あると勘違いする人は多いです。多くの薬局はそのような認識で問題ありませんが、中にはそうでない薬局もあります。

 

薬局によって、目の前にある診療所に合わせて水曜や木曜を午後休みにしている場合が多いです。そこで、午後休みを「0.5日休み」とします。

 

多くの薬局は日曜日に1日休みがあると思います。これに加えて、例えば水曜午後と土曜午後の休みを合わせて1日休みとなります。これを合計して、週休2日と表現して求人票を出しているケースは意外とあります。

 

転職時期やタイミングを見定め、失敗しないようにする

 

ここまで、薬剤師が理解すべき転職の時期やタイミングについて考えてきました。季節によって求人の数は異なりますが、人によって適切な転職のタイミングは異なります。冷静にいまの職場を見定めたうえで、早めに良い求人を探すようにしましょう。

 

ただ、スピード転職をするのは危険です。もっといえば、求人票だけで転職先を判断することはしないようにしましょう。転職で失敗してしまっては、何のために職場を変えたのか分かりません。

 

そうはいっても、転職活動が長くなりすぎるのも問題です。「いつまでに求人を探す」などのように期限を決めて転職活動すると、良い求人に巡り合うようになります。

 

なお、全体的にいえることですが、転職市場では若い人であるほど価値が高いです。そのため、あなたが転職をする上で高年収や良い勤務条件などを引き出せる最も良いタイミングは「いま」だといえます。

 

この事実を認識した上で、いまの職場で勤めることに不満を感じ、それを転職によってしか解決できない場合だけ転職活動をするようにしましょう。このときは複数の転職サイトへ登録したり、事前準備をしたりして求人を探し、転職をするといいです。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師の転職で失敗しない適切な時期・タイミングを知る

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師の転職で失敗しない適切な時期・タイミングを知る

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師の転職で失敗しない適切な時期・タイミングを知る

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事