病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

新規オープン、新規店舗での薬剤師求人・転職の注意点

 

薬剤師として転職するとき、病院や調剤薬局、ドラッグストアなど多くの選択肢があります。その中でも、調剤薬局やドラッグストアでは新規店舗の求人が出されていることがあります。

 

新しい店であると、最新の監査システムや処方管理システムが導入されています。店も新しいため、フレッシュな気持ちで業務にあたることができます。

 

ただ、新規オープンの薬剤師求人では、当然ながらメリットがあればデメリットもあります。そのため、新規出店による調剤薬局やドラッグストアへ転職して働き始めるとき、どのような点に注意しなければいけないのかについて述べていきます。

 

新規オープン、新規店舗のメリット

 

まずは新規店舗で働くことに関するメリットについて確認していきます。既存の店舗とは異なるメリットが新規オープンの店にはあります。

 

年収や勤務形態など、条件交渉しやすい

 

新規オープンとなると、それまで薬局のノウハウが蓄積されていません。既に稼働している調剤薬局やドラッグストアであっても薬剤師が集まりにくいことを考えると、新規店舗ではより薬剤師の確保が難しいです。

 

また、新規オープンすることは決定しているものの、そこで働く薬剤師だけが足りていないという状況も発生しやすいです。

 

そうしたとき、新規店舗の求人では年収アップや勤務形態などについて柔軟な条件交渉を行うことができます。たとえ求人票に書かれていなかったとしても、転職サイトのコンサルタントを通して交渉すれば、給料を上げることは十分に可能です。

 

福利厚生などについても交渉の余地が大きいため、年収だけでなく福利厚生についても聞き出すといいです。

 

キャリアアップ、スキルアップが可能

 

調剤薬局や調剤併設ドラッグストアで働く薬剤師である以上、調剤や監査などの技術をもっているのは普通です。

 

ただ、新規オープンの店を経験すると、これら調剤や投薬以外の知識やスキルを学ぶことができます。すべてゼロからの立ち上げになるため、「新たな店舗を構築する」という普通では経験できないことを行えるのです。新店舗でしか学べないことを体験するため、大きなスキルアップを狙うことができます。

 

さらに、そうした経験をしている薬剤師であれば、昇進を含めたキャリアアップをしやすいです。新たな薬局ができる過程を見る体験はとても貴重なのです。

 

将来、調剤薬局を立ち上げて独立起業を目指す薬剤師であれば、こうした新規店舗を経験することは非常に貴重な体験になります。自分の店をもったとき、どのように薬局を構築していけばいいのか理解できるようになるからです。

 

最新の機器類の中で仕事ができる

 

電子薬歴や散剤・錠剤分包機など、調剤・監査・薬歴管理を実施するときに必要な機器類がすべて新しいため、最新の状態で薬剤師としての仕事をスタートできます。

 

機器の使い方を自ら理解しなければいけないものの、古臭い機器の中で調剤することはありません。

 

また転職後に働き始めると、古い機器であると頻繁に故障して慌てることが多いです。ただ、新規店舗であればそのような心配は少ないです。すべてが新しい状況からスタートできることが大きなメリットです。

 

比較的あなたの意見を聞き入れてもらいやすい

 

新規店舗の場合、あなたの意見を受け入れてもらえる可能性が高いです。ただ、「新規オープンの店であれば、すべて自分のルールで行える」というわけではないので注意してください。

 

新規オープンの調剤薬局やドラッグストアでは、それまでその店舗で働いていた人がいないため、「まったく新しい状態でゼロから店のルールを作れるのでは」と考えてしまいがちです。

 

ただ、新規店舗の場合は「チェーン店が新たな店を出す場合」と「創業社長として、薬剤師が新たに自分の店をもつ場合」がほとんどです。

 

このようなとき、管理薬剤師には「既に薬剤師として豊富な経験をもった人」または「創業社長である薬剤師自身」が就任します。

 

基本的には管理薬剤師の指示のもと、薬局のルールが作られます。そのため、新規オープンの店では「すべて自分の考えのもとで新たなルールを作り、業務にあたることができる」とは思わない方がいいです。

 

ただ、既存店舗で働くときよりは自由度が高いため、自らの意見を言うことで取りいれてもらえる可能性は非常に高いです。完全に自分オリジナルのアイディアだけで店を作り上げるほどの自由度はないものの、既存店舗に比べるとかなり意見が反映されやすいのです。

 

そうはいっても、普通では聞き入れてもらえないあなたの意見が取りいれられ、他の同僚と一緒に店舗をゼロから作れることは大きなメリットです。

 

なお、中には「薬剤師免許を持たない元MRの人」や「薬局とはまったく関係ない不動産会社」が調剤薬局をオープンする」などの例外があるため、このときは自分でルールを作ることができます。ただ、そうしたケースはほとんどないことを理解しておいた方がいいです。

 

新人やブランクありでも新規店舗で働くことができる

 

前述の通り、新規オープンであっても経験豊富な薬剤師が管理薬剤師として就任します。こうしたベテラン薬剤師が必ず在籍するため、新人やブランクありのママ薬剤師であっても問題なく新規店舗で働くことができます。

 

新規店舗である以上、最初は明確なルールが決められているわけではないため、店舗運営のやり方やルールは時間経過と共に変わっていきます。そのため、既に決められたフレームワーク通りに行うよりも、新規出店という新たな事業の立ち上げを含め、いろいろ経験してみたい方にとって新店舗での勤務は刺激的だといえます。

 

なお、ドラッグストア勤務などのOTC薬剤師として新店舗で働く場合、一般用医薬品の知識がないことに不安を覚える人は多いです。ただ、それまでOTC経験がなくても問題なく新規ドラッグストアで働くことができます。

 

調剤併設ドラッグストアでの調剤業務とは違い、OTC薬剤師では一般用医薬品から化粧品までの知識が要求されます。

 

これについては、多くの人は実際にOTC薬剤師として働き始めた後に知識をつけていくことがほとんどです。そのため、ドラッグストアの新規オープン求人であっても、「入社後に勉強すれば良い」と割り切って求人へ応募すれば問題ありません。

 

管理薬剤師として転職することができる

 

他の店舗で管理薬剤師としての経験を積んでいる人であれば、キャリアアップの一環として新規店舗の管理薬剤師として転職することもできます。心機一転、新しい店舗でキャリアを積むのです。

 

このときは前述の通り、年収アップなどを含めて柔軟に労働条件を交渉することができます。管理職として転職が可能なことに、新規オープンの店のメリットがあります。

 

管理薬剤師として新規店舗の求人に申し込む場合であれば、自分の意見を積極的に反映させて店舗のルールを作りやすいです。ただ、当然ながら他の薬剤師の意見を取りいれつつ、質の高い店舗を作り上げるように意識しなければいけません。

 

新規オープン、新規店舗のデメリット

 

キャリアアップやスキルアップを含め、「新規店舗の立ち上げ」という普通にはない経験をできるのが新規オープンの店に転職して働くメリットです。

 

それでは、反対にこうした新店舗のデメリットとしては何があるのでしょうか。

 

薬局の実情が分からない

 

新規店舗である以上、実際に稼働して1年以上経たないと内情が分かりません。季節によって患者数は変動しますし、どの時期や時間が忙しいのかは薬局によって異なります。

 

そのため新規オープンの店で提示される勤務時間などの条件は、大幅に変動する可能性が高いです。

 

新規出店の店舗で働くとき、労働時間や忙しさなど環境面での条件については、参考程度までに捉えておくようにしましょう。

 

例えば、忙しい店舗に成長することで残業が多く発生するようになるかもしれません。ただ、忙しいということは「ゼロから立ち上げて儲かる薬局(収益性の高い店舗)を作り上げた」ということでもあるため、実は喜ばしいことです。

 

ほとんど患者さんが訪れず、収益性も低いために会社の荷物になるような新規店舗よりは、「忙しいけれども誰からも認められる薬局を構築した人」と思われる方がはるかに素晴らしいです。もちろん、それだけ成績が良ければ、年収など給与面の条件を再度交渉することも可能です。

 

手探りの状態から始める

 

新規オープンであると、ゼロの状態から始めることになります。稼働して間もない新規店舗であるため、薬局やドラッグストアのルールは厳密に定められていません。

 

そのため分からないことはたくさん出てきますし、どのように問題へ対処すればいいのかについては自ら考えて提案しなければいけません。すべて手探りの状態から始めることになるのです。

 

ただ、手探りであるからこそあなたの意見が反映されやすく、その分だけやりがいをもって仕事に取り組めるようになります。

 

人間関係などを把握しにくい

 

数年ほど運営されている店舗であれば、薬局やドラッグストアで既に人間関係が構築されています。人間関係が良いかどうかは、職場見学をすればある程度は把握できます。

 

ただ、新規店舗の求人であれば人間関係についてもほぼできあがっていない状態からのスタートになります。店舗の状況だけでなく、中で働く人の人間関係まで把握するのは難しいと考えた方がいいです。

 

在宅薬局での新規オープン

 

これまでは、調剤薬局やドラッグストアなど一般的な新規店舗の求人について解説してきました。それでは、在宅薬局ではどうなのでしょうか。

 

ここでの「在宅」とは、多くの調剤薬局で行われているような「薬を調剤して老人施設にもっていき、薬を渡すだけの在宅(施設在宅)」ではありません。医師や看護師を含め、他職種の人と連携して患者さんの自宅で指導を行う在宅業務のことを指します。

 

在宅薬局の新規オープンの場合、あなたに在宅経験がある場合は本当の意味で「ゼロからあなたのルールで薬局を作り上げることができる」という可能性が高いです。

 

前述の通り、管理薬剤師として新規オープンの求人に申し込むのであれば比較的自分のルールで行いやすいですが、それでも周囲の薬剤師の意見を取りいれなければ衝突が起こります。ただ、これが在宅薬局であると、他の薬剤師も在宅経験がないことが多いため、自分のルールで行いやすいのです。

 

実際のところ、在宅を行ったことのない薬局がほとんどです。そのため、在宅経験ありの人は重宝されます。

 

「在宅経験あり」ということで高収入を引き出すことができますし、自らのルールで業務を行えるため、やる気がある人であるほど新規出店の在宅薬局へ転職するメリットは大きいです。

 

もちろん、在宅専門の調剤薬局の場合、既に在宅経験のある人がいなければゼロからの立ち上げは難しいです。そのため、「在宅に興味があるが在宅経験のない人」は新規店舗ではなく、「既に在宅業務を行っている調剤薬局」の求人を探すのが無難です。

 

新規店舗の求人へ応募し、転職する方法

 

このように、調剤薬局やドラッグストアによって新規オープンでの様子が異なりますし、在宅薬局ではさらに条件が変わってきます。これらを認識したうえで、転職を検討するときは求人をよく吟味するようにしてください。

 

それでは、どのようにして新規オープンの店を探して応募すればいいのでしょうか。

 

まず、こうした特殊な案件を自らの力で探すのは非常に難しいです。新規店舗の求人が表に出てくることはほぼないからです。既存の店舗であってもどこに良い薬局の求人があるのか分からないのに、新規オープンの求人を頑張って探すのは現実的ではありません。

 

そこで、必ず薬剤師専門の転職サイト(転職エージェント)を活用しましょう。こうした会社は調剤薬局やドラッグストアとのつながりが強いため、どの地域で店が新規オープンされ、どのような求人が出されているのかを把握しています。

 

そこでこうした転職サイトを利用することで、新規店舗の求人を見せてもらうようにしましょう。そこからあなたが望む条件に合うかどうかを確認し、慎重に転職活動を進めていくといいです。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

新規オープン、新規店舗での薬剤師求人・転職の注意点

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

新規オープン、新規店舗での薬剤師求人・転職の注意点

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

新規オープン、新規店舗での薬剤師求人・転職の注意点

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事