病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

他の薬剤師の転職・退職理由と人気求人を覗く

 

転職を考える場合、ほとんどは「現在の職場に何かしらの不満があるため」がその理由となります。いま働いている職場に何も不満がなければ、そもそも転職を考えるわけがありません。

 

このときの不満としては、「他の薬剤師に比べていまの職場は年収が低い」「スキルアップを望めないため、より多くの経験ができる職場を目指したい」などがあげられます。退職理由は人によってさまざまです。

 

そこで、他の薬剤師が考えている転職理由と人気求人の中身について確認していきたいと思います。

 

薬剤師が転職するとき、主な退職理由は何か

 

薬剤師は転職が多い職業です。資格職であるため、一般社会人に比べると就職しやすいのです。

 

それでは他の薬剤師が転職するとき、どのような退職理由があるのでしょうか。これには、「給与面での不満」「人間関係の悪化」「労働条件が悪い」「結婚・出産などによるもの」「スキルアップ・キャリアアップ」があります。

 

それぞれの理由について、以下により詳しく確認していきます。

 

年収が低いため、給与面で不満がある

 

薬剤師であると、大学の同級生や薬剤師会などで他の薬剤師の給料や年収について聞く機会があります。「そっちの病院は年収どれくらいなのか?」「薬局でどれくらいの給料をもらっているのか?」などの情報は自然と入ってきます。

 

こうしたことを聞いていると、いまの職場の給料が他と比べて低いのか高いのか分かります。

 

仕事にやりがいがあり、高年収をもらっている場合は何も文句はできません。ただ、他の薬剤師よりも頑張って働いているにも関わらず、自分の年収が低いことが分かったときは不満がでます。「なぜ、自分はこれだけの給料しか出ないのだろう」と考えてしまうのです。

 

例えば、地方在住の「大手チェーン薬局」に勤めている人であれば、必ずといっていいほどこうした事態に遭遇します。

 

地方僻地の薬局や病院であるほど、給料は高くなります。実際、私はかつて島根県のド田舎に住んでいたことがあり、そこでは新卒の薬局薬剤師は年収600万円からのスタートでした。

 

ただ、大手チェーン薬局では全国均一の給与体系であるため、同じ田舎僻地の地域で働いていたとしても年収が高くなるわけではありません。その結果、年収格差が200万円以上もあることは珍しくありません。こうした現状から、給料に不満をもつのです。

 

これは単なる一例ですが、このように年収が理由で転職を検討する薬剤師はたくさんいます。「病院薬剤師で給料が低い」「この地域で働く薬剤師の中では、年収が少なく設定されている」などを退職理由にする薬剤師は意外と多いです。

 

人間関係の悪化によって転職する

 

薬剤師の転職理由の上位としては、「年収アップ」「人間関係の悪化」「職場環境の悪化」があります。この中でも、職場での人間関係の悪化を退職理由とする人はかなりたくさんいます。

 

薬剤師は基本的に狭い人間関係の中で仕事をすることになります。大きい調剤薬局であっても、いつも顔を合わせる人は数人程度です。ドラッグストアであっても少人数で仕事をしなければいけません。

 

病院薬剤師は他職種との連携が必要になるものの、基本は数人から数十人が在籍する調剤部(調剤課)の薬剤師として仕事をすることになります。

 

企業の薬剤師であれば、出張があったり他の人と密に連携したりして仕事を広げていくため、人間関係が狭くなることはありません。ただ、一般的な薬剤師であるとそうした小さい世界の中で頑張らなければいけないのです。

 

そのため人間関係が良好であれば問題ありませんが、いじめやパワハラなどを含めて良い人間関係を築けなかったときは非常に大きなストレスを抱えることになってしまいます。そこで、劣悪な人間関係の中で仕事をするのに耐えられなくなって転職を検討するようになるのです。

 

職場の労働環境が非常に悪い

 

転職理由としては、職場の労働環境や条件の悪化も多いです。いくら人間関係が良かったとしても、サービス残業が非常に多かったり、休みを取りにくかったりすると不満が出てしまいます。そこで、より良い労働条件や福利厚生が整っている求人を求めて転職するのです。

 

こうした労働条件が悪いことによる転職理由には「仕事が非常にきつい」「サービス残業が多い」「薬剤師のスタッフ不足」などがあります。

 

薬剤師は人数が足りていないことが多いため、スタッフ不足によって結果として仕事がきつくなったり、サービス残業が多くなったりするのです。

 

調剤薬局や病院、ドラッグストアなど薬剤師として働いている以上、誰もがこうした事態に直面する可能性があります。仕事のできる同僚薬剤師が急に辞めてしまえば、その分だけあなたに仕事が降ってくるようになります。同僚の退職が原因となり、結果として急に職場環境が悪くなることはよくあります。

 

また、「休みを取りにくい」「福利厚生がしっかりしていない」ことも労働環境の悪化による退職理由です。特に小さな子供のいるママ薬剤師であれば、急に休みが必要になることはよくあります。そうしたとき、有給休暇を含めて子育てに理解のある職場でなければ働きづらくなります。

 

休みや有給消化は福利厚生の一環でもあるため、こうした福利厚生がしっかりしていない会社では職場の労働環境が悪いため、転職理由になってしまうのです。

 

結婚・出産などによる退職

 

女性薬剤師であれば、単純に結婚・出産による退職も多いです。結婚を機に主婦になったり、出産によって子育てに集中したりするのです。または、正社員やパートとして薬剤師を続けたいものの、子育てなどに理解のない職場であるために転職する人もいます。

 

特に育児中は子供の定期検診があったり、急な病気にかかったりします。こうしたとき、急な休みにも対応できたり、早退を含め柔軟に対応してくれたりする職場が望ましいです。

 

ただ、店舗によってはそうした育児に関して無関心であったり、申し出を認められなかったりすることはよくあります。こうした場合であれば、退職して育児に専念したり、柔軟に意見を取りいれてくれる職場に転職したりするのです。

 

なお、会社にもよりますが社長(経営者)との距離が近い中小薬局や小規模病院の方が育児に対して理解を示してくれる可能性があります。大手チェーン薬局など、企業規模が大きくなると全国一律の規則で縛られてしまうからです。

 

もちろん、大手チェーン薬局や大病院、大手ドラッグストアなどが育児に対して無関心なわけではありません。これについては会社ごとに異なるため、求人を吟味しなければいけません。

 

薬剤師としてスキルアップ・キャリアアップを目指す

 

いまの職場では自分の技術を磨けないため、スキルアップのために転職する人もたくさんいます。「調剤薬局から病院へ」「ドラッグストアから調剤薬局へ」などのような転職だけでなく、「病院から病院へ転職する」ことによるスキルアップも可能です。

 

病院といってもその種類はたくさんあります。例えば慢性期病院であれば、基本は同じ薬が処方される(Do処方)ようになります。良く言えば落ち着いて仕事に従事することができるものの、悪くいえば毎日決まりきった仕事なので新たな知識は磨かれにくいです。

 

そこで、急病を患う患者さんが毎日押し寄せてくる急性期病院へ転職すればどうでしょうか。これであれば、患者さんの容態は日によって変わっていき、それに伴って薬の内容も変化します。

 

こうした急性期病院では非常に忙しく働くことになるものの、知識や技術という面では大きくスキルアップできます。

 

これと同じように、「調剤薬局から調剤薬局へ」「ドラッグストアからドラッグストアへ」という転職であってもスキルアップ可能です。

 

「在宅を本気で勉強できる調剤薬局の求人を探す」「一般用医薬品を学べるドラッグストアが望ましい」「調剤技術を学びながら、あらゆる患者さんを受け入れる面薬局がいい」など、さまざまなスキルアップがあります。

 

また、中にはキャリアアップの一環として転職する薬剤師もいます。「いまの職場ではポストの空きがなく、昇給や昇進がほぼないので他の職場で上を目指す」というのがキャリアアップによる退職理由です。

 

管理職を目指すほど、そのポストは少なくなります。そのため、いくらスキルアップして技術を磨いたとしても、ポストに空きがなければ昇進できません。そこで、いまの技術や知識を活かして他の職場で上位のポストに入り、キャリアアップ転職を目指すのは珍しくありません。

 

理想の人気求人を覗く

 

こうした退職理由はあるものの、理想的な人気求人が出たときは注意深く確認しなければいけません。例えば、一般的な勤務薬剤師の募集で以下のような求人が出たとしたらどうでしょうか。

 

年収600万以上、土日休み、残業無しで17:30まで、都心の調剤薬局

 

このような素晴らしい条件であれば、多くの人が飛びつくと思います。実際にこのような求人がごく稀に出ることがあります。ただ、当然ながら競争が激しいために一瞬で決まってしまいます。

 

このような全ての条件を満たす求人には出会えないとしても、「特定の条件を満たす求人」にはある程度の共通点があります。これらを認識した上で求人を探せば、効率的に希望とする会社を探せるようになります。

 

高収入の職場を探す

 

高い給料がほしいと考えるのであれば、自分のスキルを磨かなければいけません。そうした上で転職サイトのコンサルタントと相談しながら、求人先と年収の交渉をしてもらうのです。

 

ただ、中には求人票として提示されている段階から高収入の職場も存在します。しかしながら、こうした年収の高い求人はそれなりの訳があります。例えば、次のような求人です。

 

・地方僻地にある薬局

 

・多忙で異動ありのドラッグストア

 

・一人薬剤師の管理薬剤師

 

このように、それなりの理由があるからこそ高い年収を提示していることを肝に銘じておかなければいけません。しかし、この条件でも問題ない薬剤師であれば非常に簡単に年収アップを実現することができます。

 

また、前述の通りスキルアップに励むことで高い技術や知識をもっている薬剤師であれば、転職サイトをうまく活用すれば訳ありの求人でなくても年収アップを見込むことができます。

 

土日休みの求人

 

企業で働いていた人の場合、それまでは土日休みであったことがほとんどです。そのため、土日休みを条件として、企業から薬局への転職を希望する人は多いです。また、育児中のママ薬剤師であっても土日休みを希望する人はたくさんいます。

 

しかし現実的には、土日休みの求人はかなり少ないです。ただ、そうした求人はゼロではなく、頑張って探せばあります。例えば、以下のような薬局です。

 

・総合病院の門前薬局

 

・土曜にパート・アルバイトや経営者が出勤する薬局

 

・主な処方せんを出す診療所が土日休み

 

・都心にある商用ビル内の薬局

 

これらの薬局は人気が高いです。ただ土日休みなので、どうしても年収は下がってしまいます。つまり、土日休みの代わりに収入の減少だけは覚悟しなければいけません。

 

ちなみに医薬品卸や化粧品会社など、企業の薬剤師へ転職する場合であっても土日休みです。

 

残業無し(早上がり)の職場

 

小さいお子さんをもつママさん薬剤師が希望する条件として最も多いのが「残業なし(早上がり)」です。土日休みは重要ですが、それ以上に早退も大切なポイントになります。

 

このような職場も同じように条件があります。例えば、次のような求人があります。

 

・病院薬剤師

 

・総合病院の門前薬局

 

・早番で来ることが条件の薬剤師求人

 

・育児に理解のある中小薬局

 

もちろん、病院や門前薬局などで正社員やパートで働くとしても、必ずしも残業無しというわけではないので注意してください。会社によって方針が異なるため、これについては求人先に確認しなければいけません。

 

また一般的な薬局の場合、仕事時間が18:00までであれば、そのような求人は探せば存在します。ただ、正社員で働ける求人で17時退社ができる薬局はほとんどないのが現状です。

 

有給消化率100%の求人は怪しい

 

薬剤師が転職を行うとき、最も信頼のできないものとして「有給消化率100%」があります。たとえ面接で「有給休暇を全て使ってください」と言われたとしても、実際のところ現実とは違うことの方が多いです。

 

少人数の薬剤師で店舗運営をしている薬局の場合、薬剤師が一人抜けるだけで大変なことになります。そのため、現実的には「周りに悪い」という気持ちもあり、有給をなかなか取りづらいケースがほとんどです。

 

そのため、有給消化率に関して気になるのであれば、転職時に職場見学をして現場の薬剤師から「実際のところ、有給休暇は取得できているのか」を聞いてみるといいです。有給消化率100%はありえないものの、どれくらい休みを取りやすい職場であるのかは職場見学で判断できます。

 

他の薬剤師の退職理由から、転職を成功させる

 

このように薬剤師が考える主な退職事例を出しましたが、他の薬剤師の方はこのようなことを考えて転職活動をしています。人が違えば目指すべき姿も異なるため、退職理由は人それぞれです。

 

一般的な退職理由や人気求人の形態について紹介しましたが、求人ごとに性格がまったく違うため、その中であなたにピッタリの職場を選ぶ必要があります。

 

実際、薬局や病院、ドラッグストアでは形態が違います。また、中小や大手などの企業規模が異なれば、求人の内容や会社の方針は大きく違ってきます。また、たとえ同じ会社であっても、配属される店舗によって薬剤師同士の人間関係を含めた労働環境は変わってきます。

 

こうしたことを理解して、他の薬剤師の転職・退職理由を参考にしながら、自分が望む理想の人気求人を探し当てるようにしてください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

他の薬剤師の転職・退職理由と人気求人を覗く

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

他の薬剤師の転職・退職理由と人気求人を覗く

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

他の薬剤師の転職・退職理由と人気求人を覗く

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事