病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬局形態から見る薬剤師転職:門前薬局、面分業薬局の求人

 

一言で薬局といっても、その薬局の形態にはさまざまな種類があります。薬剤師として転職したり求人を探したりするときなど、どの種類の薬局で働けばいいのかをしっかりと吟味する必要があります。

 

薬局は大きく「門前薬局」「マンツーマン薬局」「面分業薬局」「医療モール型薬局」の4つに分けることができます。これらの形態を知った上で、どのような薬局に勤務したいか参考にして下さい。

 

門前薬局

 

病院の前に並んでいる薬局を「門前薬局」と呼びます。病院の中でも、わりと規模の大きい総合病院の前にある薬局が門前薬局です。

 

院外処方せんを出している病院の周りには、複数の調剤薬局が点在していることがほとんどです。こうした薬局がいわゆる門前薬局なのです。病院の処方せんを相手にするため、門前薬局であれば多くの薬に接することができます。

 

門前薬局にはメリットがあれば、デメリットもあります。以下では、門前薬局の特徴を確認していきます。

 

病院に合わせて土日休みが多い

 

薬剤師の転職先としては、調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業がメインです。これらのうち、土日休みが可能な職場としては企業くらいです。現場で働く薬剤師で土日休みの案件はほぼないです。

 

ただ、門前薬局であれば土日休みの案件が比較的多いです。調剤薬局は隣接する医療機関の休みに合わせているケースがほとんどです。そのため土日に外来受付をしていない総合病院であれば、その隣にある門前薬局は土日休みになりやすいです。

 

パート・アルバイトや派遣であれば、どの職場であっても希望をいえば土日休み可能です。ただ、正社員で土日休みの求人は少ないため、非常に貴重な存在だといえます。

 

総合科目で処方せん量が多く勉強になるが、その分だけ大変

 

薬局の立地にもよりますが、総合病院の門前薬局は処方せんの量が非常に多くなります。総合病院なのでさまざまな患者さんが訪れ、処方内容も多岐にわたっているので勉強になります。

 

ただ、それだけ処方せんの数が多くなるため、当然ながら忙しく働かなければいけません。

 

こうした処方せんの量が多い門前薬局であると、「患者さんへの丁寧な説明」というよりは、「できるだけ素早く調剤して、効率的に服薬指導を行う」ことに視点が行きがちになります。ただ、薬剤師としてこれはあまり良くない傾向なので、医療へ貢献する心は忘れてはいけません。

 

もちろん、私が知っている門前薬局の管理薬剤師には、「薬剤師会の活動に積極的に参加し、患者さんからの質問を24時間受け付けている」という人がいました。

 

会社の経営方針によりますが、門前薬局であっても効率だけを重視するのではなく、地域医療への貢献を考えている薬局も存在します。そうした門前薬局であれば、たくさんの勉強をしながら薬剤師としてより活躍できるようになります。

 

営業時間が17:00や18:00までと比較的早い

 

総合病院の外来が何時までなのかによりますが、小さな病院やクリニックなどに比べて、総合病院では外来診療の受付時間が早く終わりやすいです。

 

こうした総合病院の門前薬局であると、同じように営業時間が17:00や18:00と早いことがあります。

 

もちろん、患者さんが来なくなるまでは店舗を閉めることはできません。また、大量の処方せんが持ち込まれる薬局であると、患者さんがいなくなった後に薬歴管理として服薬指導の内容を書き込まなければいけません。

 

薬歴の入力をすませなければいけないため、営業時間が早かったとしても素早く帰れるわけではありません。ただ、どうして早く帰らなければいけない用事があるときなど、薬歴管理の業務を次の日に回すなど臨機応変に対応することができるようになります。

 

薬局のIT化が進んでいる

 

多くの処方せんを受け付けている門前薬局であれば、薬局のIT化や最新の調剤設備を含めて、職場の環境が整っている傾向にあります。

 

患者さんの待ち時間を短くするためには、それだけ効率を重視して調剤や監査を実施しなければいけません。IT化や機器類が不十分であれば業務効率が落ちますし、薬剤師が調剤ミスをすればその分だけ患者さんの待ち時間が長くなります。

 

こうしたことを解消するため、大量の処方せんを受ける門前薬局であるほど、薬局内の設備は完備される傾向にあるのです。

 

総合病院の門前であると、薬剤師数が多い

 

処方せんを受ける量が多くなると、その分だけ薬剤師の在籍人数も多くなります。それだけマンパワーが必要になるため、これはある意味当然のことです。

 

薬剤師の数が多ければ、急な休みが必要になったり、有給休暇を取得したりするなどを行いやすくなります。そのため、「休みを取れるかどうか」を心配する薬剤師であれば、門前薬局は最適です。

 

基本的には薬局に在籍する薬剤師の人数が少なくなるほど、休みを取りづらくなります。例えば一人薬剤師の店舗であれば、自分一人しかいないため、多少の病気であっても頑張って店を開けなければいけないことはよくあります。

 

その一方で、門前薬局では薬剤師数の在籍人数が多くなりがちなので、休みの面では充実しているといえます。

 

マンツーマン薬局

 

総合病院の前に存在することで処方せんを受け付ける門前薬局に対して、小さな病院や診療所(クリニック)の隣に構えている薬局を「マンツーマン薬局」と呼びます。

 

隣にある病院や診療所からメインで処方せんを受けるのがマンツーマン薬局なのです。ほとんどの調剤薬局はマンツーマン薬局だといえます。

 

このようなマンツーマン薬局の特長には、以下のようなものがあります。

 

薬局の専門性がメインとする診療所の科目に偏る

 

仕方のないことですが、マンツーマン薬局であるとそこに在籍する薬剤師の専門性は隣の病院やクリニックの科目に偏ります。

 

眼科の隣にある薬局であれば目薬ばかりを扱うようになりますし、小児科の隣にある薬局であれば粉薬の調剤がメインになります。どのような科目を取り扱いたいのかを明確にしたうえで、薬剤師として転職しなければいけません。

 

例えば、男性薬剤師が婦人科門前の薬局に就職してもいいですが、女性のデリケートな病気を抱える人たちの服薬指導を行わなければいけないため、男性薬剤師がこうした薬局の求人に申し込むのはあまりお勧めしません。

 

目の前の診療所に合わせた休みとなる(水曜や木曜休みが多い)

 

基本的に隣の診療所に合わせた休みとなることが多いです。隣の病院やクリニックがどのタイミングで休みにしているのかは施設ごとに異なりますが、水曜や木曜休みであることが多いです。

 

特定の曜日は午前中だけ稼働して、午後は休みにしていることもあります。

 

土曜は午前中までの営業が多い

 

これも隣の病院やクリニックの診察受付時間によりますが、土曜日は午前だけの診察にしている病院やクリニックが多いです。こうした医療機関に隣接する薬局であれば、土曜日は午前中だけになります。

 

もちろん、土曜日に隣のクリニックが1日中診療を受け付けている場合、薬局も1日営業が基本です。

 

薬局の営業時間は18:00や19:00までが多い

 

病院や診療所の営業時間に合わせることがほとんどのため、店舗の営業時間を18:00や19:00までにしていることが多いです。

 

もちろん、店舗内に患者さんが残っていれば営業時間は長引きますし、患者さんが帰った後であっても薬歴管理や薬局内の片付けをしなければいけません。これらの作業をすべて完了して、薬剤師としての業務が終わります。

 

1〜3名の小規模薬局が多い

 

薬局の規模はさまざまですが、薬剤師が1〜3ほど在籍する小規模薬局が多いです。このとき、隣の病院やクリニックの規模によって処方せんの枚数が変わります。処方せんの量が少なければ一人薬剤師になりますし、少し処方せん量が多くなればそれに伴って薬剤師数が増えていきます。

 

もちろん、多くの処方せんを受ける薬局であれば、6人以上の薬剤師がいることがあります。

 

例えば私が働いていた調剤薬局では、午前中だけで100枚近い処方せんを受ける調剤薬局であったため、正社員やパート・アルバイトを含めて常時5人以上の薬剤師が出勤していました。非常に狭い店舗の中で、それだけの薬剤師が仕事をしていたのです。

 

面分業薬局(面対応薬局)

 

特定の医療機関からの処方せんをメインで受け付けるのではなく、駅前や商店街などに店舗を構えることによって、あらゆる処方せんを受け付けるスタイルの薬局が「面分業薬局(面対応薬局)」です。首都圏では面分業薬局が比較的多いです。

 

隣の医療機関からの処方せんがメインになる門前薬局やマンツーマン薬局とは異なり多種多様な医療機関からの処方せんを応需します。仕事中や通勤帰りなどに処方せんをもって薬を受け取ることができるため、利便性を重視したスタイルの薬局です。

 

誰でも受け付けているため、気軽に患者さんが立ち入ってくれるというメリットがあります。面分業薬局の特徴は次のようなものがあります。

 

かかりつけ薬局として機能しやすい

 

一般的には、病院やクリニックを受診した後は隣にある薬局へもっていくのが基本です。ただ、処方せんはどの薬局にもっていっても問題ありません。

 

そこで、処方せんをもっていく薬局をあらかじめ1つに決めておき、あらゆる処方せんをその薬局に持ち込むようにします。そうすれば、すべての医療機関からの情報を1つの薬局で一元管理できるようになります。

 

このように、顔なじみの薬剤師がいる「かかりつけ薬局」を患者さんがもつことは非常に重要です。かかりつけ薬局であれば薬の重複投与の防止や副作用情報を含め、1つの薬局で管理できるからです。

 

面分業薬局であれば、例えば帰宅途中にあるいつもの薬局に処方せんを持ち込めばいいため、かかりつけ薬局として機能しやすいです。

 

ドラッグストアとの調剤併設を行っているパターンが多い

 

医療用医薬品だけを扱う面分業薬局は存在するものの、一般的にはドラッグストアとの調剤併設として調剤を行っているケースが多いです。一般人向けにOTCや健康食品、化粧品などを販売する店舗ではあるものの、調剤スペースを設けて処方せんを受け付けているのです。

 

こうした調剤併設ドラッグストアでの面分業であると、基本は調剤や監査、服薬指導などを行います。そして、第一類医薬品の販売が必要になったときだけ一般レジへ移動し、服薬指導を行うようになることがあるのです。

 

ランダムで複数の医療機関から処方せんを受けるため、在庫管理が大変

 

薬局運営を行う上で薬の在庫管理は非常に重要です。薬の在庫数が多ければ、それだけ棚スペースを取ってしまいますし、使用期限が近づけば廃棄しなければいけません。しかし、薬の在庫数が少なすぎると薬の数が足りないという状況に陥りやすくなります。

 

特定の医療機関からメインで処方せんを受け取る場合、どのような薬をどれだけの量、在庫として確保すればいいのかある程度まで予想できます。

 

しかし、面分業薬局ではランダムで複数の医療機関の処方せんがくるようになります。そのため在庫管理が難しく、急に在庫がなくなったり、予想していない薬の処方せんが持ち込まれたりすることはよくあります。

 

正直なところ、どのような処方せんがくるのか分からないので、面分業薬局で在庫管理をするのは至難の業です。ただ、その中で在庫を予測しながら薬局を動かしていきます。

 

さまざまな処方せんのパターンを学習でき、勉強になる

 

総合病院の前にある門前薬局と同じように、面分業薬局ではさまざまな処方せんを受け取るようになります。患者さんのパターンもそれぞれ異なり、勉強できる幅は広いです。少なくとも、特定の疾患や薬ばかりに詳しくなることはありません。

 

勉強という意味では、面分業薬局は優れています。

 

営業時間が19:00や20:00など遅くなることが多い

 

ただ、店舗の営業時間は19:00や20:00など遅くなることが多いです。特定の医療機関の診療時間とは関係なく処方せんが持ち込まれるため、これはある意味仕方のないことでもあります。

 

店舗によって異なりますが、その分だけ朝の開店時間が遅いことはよくあります。夜の営業時間が長い分だけ、「朝は10:00から店を開く」など処方せんの受け付けを遅めにするのです。

 

土曜日も夜まで営業している

 

特定の医療機関に関係ないため、土曜日であっても夜まで営業されているのが面分業薬局です。ただ、日曜日は多くの医療機関が診療時間外であるため、面分業薬局であっても日曜日は営業していないことは多いです。

 

もちろん店舗によっては日曜営業もあるため、会社の経営方針によって違ってきます。

 

医療モール(メディカルモール)型薬局

 

街やビルの中心には、さまざまな医療機関(内科、小児科、整形外科、眼科など)が集積している場所が存在します。こうした場所を医療モール(メディカルモール)といいます。医療モールであれば、患者さんは移動距離がほとんどなく複数の科目を受診できます。

 

こうした医療モールからの処方せんをメインで受け付けている薬局を医療モール(メディカルモール)型薬局といいます。医療モール型薬局にも、メリット・デメリットがあります。

 

あらゆる処方せんを学ぶことができる

 

門前薬局や面分業薬局と同じように、複数科目のあらゆる処方せんを学ぶことができます。ただ、総合病院の隣にあるわけではなくため、難病や聞きなれない病気などの患者さんがくることはあまりありません。

 

また、医療モールに存在する科目の薬をメインで取り扱うため、門前薬局や面分業薬局ほど取り扱う薬が多岐にわたるわけではありません。ただ、マンツーマン薬局のように特定の科目に偏ることなく、基本的にはあらゆる処方せんから薬を学ぶことができます。

 

面分業薬局に比べると在庫管理しやすい

 

在庫管理のしやすいさという面であれば、医療モールからの処方せんが主なのでマンツーマン薬局と同じように在庫管理は面倒ではありません。

 

複数の医療機関の処方せんを受け付けてはいるものの、特定の医療機関(医療モール内のクリニック)からの処方せんに限定されるので在庫管理は比較的容易なのです。面分業薬局のように、在庫をまったく予想できないことはありません。

 

薬剤師の人数が多い

 

こうした医療モールに存在する薬局では、当然ながらその分だけ多くの処方せんが持ち込まれるようになります。それに伴って、薬剤師の人数も多くなりやすいです。

 

門前薬局と同じように、1つの薬局に何人もの薬剤師が在籍して忙しく仕事をすることが頻繁にあります。

 

薬剤師の人数が多ければ急な休みにも対応できるため、こうした薬剤師の人数が多いことによるメリットを受けることができます。

 

かかりつけ薬局として機能できる

 

面分業薬局とは性質が異なるものの、医療モール型薬局もかかりつけ薬局として機能しやすいです。

 

前述の通り、医療モールであればすべての医療がモール内で完結します。あらゆる科目が医療モール内に存在するため、何か病気があればそこに行けば問題ありません。その結果、一人の患者さんを一つの薬局が一元管理することになります。

 

こうして薬の重複を防いだり、健康指導をしたりすることでかかりつけ薬局として機能できることは医療モール型薬局の大きな利点だといえます。

 

ただ、医療モールの中には「2つの科目だけが集まる」など、少数科目だけの医療モールも数多く存在します。この場合であれば、かかりつけ薬局として頑張るのは難しいかもしれません。

 

薬局によって特徴は大きく異なる

 

このように、それぞれに応じた調剤薬局ごとの特徴を記しました。大まかなメリット・デメリットは記しましたが、調剤薬局は会社ごとに特徴が大きく異なるため、求人の内容はより複雑になります。

 

例えば大手チェーン薬局の場合、たとえマンツーマン薬局での勤務であってもIT化が進んでいることが多いです。また、大手チェーン薬局では他店舗への手助け(ヘルプ)を行うことによってさまざまな診療所の処方せんを勉強できることもあります。

 

教育システムが整っているのも大手チェーン薬局の特徴です。

 

それに対し、中小薬局では大手よりも「待遇などの細かい条件」などを比較的容易に転職前に交渉することができます。年収を含めた待遇面は大手チェーン薬局よりも中小薬局の方が一般的に優れているため、どの薬局であってもメリットとデメリットがあります。

 

薬剤師が転職を検討するとき、こうした調剤薬局ごとの形態や特徴を見極めたうえで求人を探すといいです。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬局形態から見る薬剤師転職:門前薬局、面分業薬局の求人

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬局形態から見る薬剤師転職:門前薬局、面分業薬局の求人

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬局形態から見る薬剤師転職:門前薬局、面分業薬局の求人

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事