病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

ファルマスタッフの特徴:薬剤師の求人・転職支援会社インタビュー

 

薬剤師専用の転職サイトをしているファルマスタッフ「(株)メディカルリソース」さんへインタビューしました。

 

このときはマーケティング担当の海老名さまと、キャリアコンサルタントとして現場で活躍されている山内さまに話を伺いました。

 

※インタビュアー(私)は「管理人」と表記します。

 

面談にこだわり、派遣薬剤師に強みをもつファルマスタッフ

 

・管理人
それでは始めさせてもらいます。まず、御社のこだわりについてお聞かせいただけますでしょうか?

 

・海老名さん
弊社のこだわりは「求職者と求人企業(病院、薬局等)に必ず足を運び両方と会う」になります。具体的には、転職希望の薬剤師の方と、面接を行う求人企業(病院、薬局等)についても必ず会うようにしています。

 

こうした面談をすれば、電話では分からない経営者の考え方や薬局内の人間関係などを把握できるようになります。

 

薬剤師さんが働くのは、本社ではなく薬局や病院などの現場です。こうした現場がハードワークであったり、人間関係が悪かったりなどの様子は実際に見なければわかりません。そのため、実際に会いに行く作業は必須だと考えています。

 

 

・管理人
では、実際に薬局や病院を見た中で判明する事実はどのようなことがありますか。

 

・山内さん
上と下で認識が異なるケースは多いです。例えば、残業時間があります。経営者は「1時間くらい残って仕事をすること」については、残業はほとんどないと考えているケースが多いですが、現場の管理薬剤師さんに聞くと、「うちは残業が1時間もある」と思っていることがあります。

 

このとき、私たちは実際の現場で働いている人の声を重視するため、薬剤師さんに対して「1時間ほどの残業があるようですが大丈夫ですか」と正確に伝えることを心がけています。

 

こうした情報は電話だけで得ることが難しい場合が多いので、紹介先の薬局や病院などの医療機関に足を運んでヒアリングを必ず行う必要があると考えています。

 

・管理人
私の知っている大手の薬剤師専用転職サービスを提供している企業さんは、面談をほぼ行っておりませんので、御社のようなサービスはかなり重宝されますね。

 

御社が保有している求人については、どのような特徴があるのでしょうか。

 

・海老名さん
ファルマスタッフでは、正社員はもちろんのこと、派遣薬剤師の求人に強いです。各社WEB掲載求人の中では、派遣の掲載求人数は一位(※2016年1月)です。

 

・管理人
薬剤師が平均でどれだけの会社と面接を行い、どれくらいの期間で転職先を決めるのかを教えてもらってもいいでしょうか。

 

・海老名さん
平均して、3〜5社くらいは面接を行います。実際の転職先が決まるのは、おおよそになりますが1週間から1ヵ月になります。

 

 

転職に成功する薬剤師と失敗する薬剤師の違い

 

・管理人
転職活動をする中で、成功する人と失敗する人の違いは何があるのでしょうか。

 

・山内さん
自分のやりたいことが明確になっている人は成功しやすいです。つまり、将来像がある人です。例えば、「在宅を行えるようになり、薬を届けるだけでなく医師と同行することで臨床経験を積みたい」などのような意見を言える人です。

 

・管理人
では、その反対に転職で失敗する人の特徴は何があるでしょうか。

 

・山内さん
条件だけで転職しようとする人は失敗しやすいです。条件とは、「年収」「家からの距離」「休日の日数」などのことを指します。

 

例えば、私は栃木県を担当していますが、そこでの平均年収の相場感は正社員の勤務薬剤師で年収550万円です。管理薬剤師だと、そこから50〜100万円ほど年収が高くなります。

 

求人の中にはこれよりも多くの年収を提示する薬局や病院が存在していますが、年収が高いのには理由があります。緊急で薬剤師さんを必要としていたり、人間関係が悪く離職率が高かったり、僻地の医療機関だったりなどがあります。

 

また、実際に入社してみると条件が違っていたということもあります。例えば、A薬局だけの勤務と言われていたのに、B薬局のヘルプにも行くようにいわれるなどがあります。他にも、一年目は条件通りに給料が支払われたものの、二年目からは業績悪化に伴って年収を下げられたなどがあります。

 

ミスマッチには、「人間関係」「僻地の勤務地」「当初の条件と違う」の3つが主に挙げられます。これを避けるため、条件だけに飛びつくのではなく、職場の中身までしっかりと確認しなければいけません。

 

・管理人
よく理解できました。次に、これから転職する方へアドバイスをするとなれば、どのようなことがあるでしょうか。

 

・山内さん
なぜ、転職するのかという目的をもってほしいです。例えば年収アップなら、なぜ年収アップをしたいのかを考えてください。「住宅ローンがあるため、いまより100万円ほど収入を増やしたい」など、理由があるはずです。漠然と「100万円アップ」という考え方ではダメです。明確な理由が必要になります。

 

参考までに、薬剤師の方で多い転職理由としては「年収アップ」と「職場環境の問題」があります。なお、職場環境では、さらに「人間関係の悪化」と人が足りなかったり夜遅くまで働いたりという「悪い労働環境」の2つに分かれます。

 

人間関係については、「管理薬剤師と合わない」などが多いです。つまり、タテとヨコでは、「タテの人間関係」が転職理由になりやすいです。薬局ではなく病院であれば、薬剤部長や看護師との関係が悪いなどが転職理由で多いです。

 

・管理人
明確な転職理由をもつことは重要ですね。転職理由があれば、次の職場ではそれを避ければいいわけですので。

 

・海老名さん
他にアドバイスをすると、「希望条件の中で優先順位をつける」ことがあります。年収や勤務時間、勤務地など、どこで妥協するのかを自分で考えるのです。

 

すべての条件を満たした求人は存在しないことが多いです。こちらを理解したうえで、何が譲れないのかを考えてください。

 

 

キャリアコンサルタントとして働くときに考えていること

 

・管理人
ありがとうございました。それでは、実際にキャリアコンサルタントとして働く中で、常に考えていることや最も印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

 

・山内さん
私であれば、求職者に対して常に満足を提供したいと考えています。そのため、仮に100件の求人情報を確認すべき状況であれば、すべて確認するようにします。

 

実際の事例として、「女性特有の通院が必要であるため、就業時間がランダムになってしまう」という方を担当したことがあります。

 

病院への通院が突然入るため、ある週は午前中だけしか働けなかったり、ある週は一日だけしか勤務できなかったりするような特殊な事情のある方でした。

 

そこで、そのような条件でも問題ない薬局を探すために、80件くらいの薬局をピックアップして、すべてに対して電話をかけてヒアリングを行いました。

 

また、通院している病院が自宅から一時間ほどの場所であったため、このときは「自宅の近く」「病院の近く」「自宅と病院の間」という条件で絞った上でのアプローチを行いました。

 

なかなか希望条件に合う求人を見つけることが難しかったのですが、最終的には2社の面接を受けていただき、人が良さそうだった薬局へ就職が決まり、とても満足してもらいました。結局、そのときは就職先が見つかるまで2ヵ月もかかってしまいました。

 

・管理人
それはすごい執念ですね! それでは、反対に失敗談はあるでしょうか。

 

・山内さん
失敗談としては、早期退職をする方を出してしまったときがあります。つまり、ミスマッチをしてしまったのです。理由は、人間関係の問題による早期退職でした。

 

具体的には「エリアマネージャーとやり方が合わない」というのが理由でした。数十店舗を運営しているチェーン店であり、そのエリアマネージャーとの仕事に対する考えの相違が入社後にわかってきました。

 

エリアマネージャーは「患者さんへ薬を出すスピードを速くしたい」と考えていました。一方、その薬剤師さんは「薬を出すときの正確性や患者さんとのコミュニケーションを重視したい」と考えていました。こうした方向性がマッチしていなかったのです。

 

弊社では薬局と必ず面談を行うため、管理薬剤師を含めて実際に働く人の様子を知ることができます。ただ、エリアマネージャーとは面接時に接する機会がなかったため、私の誤算でした。そこで、次回からはそこまで含めてチェックするようにしています。

 

・管理人
必ず面談を行っても、人間関係や考え方の違いでミスマッチが起こるのは意外でした。そこまで注意して転職活動をしなければいけないのですね。

 

それでは、今回のインタビューは以上になります。長時間、ありがとうございました。

 

・海老名さん
弊社では「求職者と求人企業(病院、薬局等)に必ず足を運び両方と会う」「派遣薬剤師の求人に強い」という特徴があります。そのため、私たちが必ず力になります。

 

 

 

コールセンターなど電話だけの対応で終わるのではなく、面接同行まで含めてキャリアコンサルタントと二人三脚で転職先を決めたい方にとって、ファルマスタッフはお勧めです。

 

ファルマスタッフについては、以下から登録することができます。