病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

奨学金の返済に苦しむ薬剤師が考えるべき就職・転職のコツ

 

薬学部で学び、薬剤師になるためには当然ながらお金が必要です。特に私立大学の薬学部で6年間学ぶとなると、その費用は非常に高額になります。このときの学費を奨学金でまかなうとなると、合計で1000万円を超えることはよくあります。

 

奨学金には、返済義務のない「給付型」と返済しなければいけない「貸与型」の2つがあります。多くは貸与型なので、お金を返さなければいけません。

 

さらに、そこから実習代や薬剤師国家試験の予備校代など他にもお金がかかってきます。

 

そうして無事に薬剤師になって就職し、働いたとしても毎月の奨学金の返済が苦しくて生活が厳しくなることがよくあります。別にブランド物が欲しいなどのぜいたくを考えなくても、なぜかお金がないのです。

 

そうしたとき、奨学金返済を支援してくれたり、高年収を得られる職場で働いたりして、素早く奨学金を返済できる会社へ就職・転職することを考えなければいけません。

 

そこで、どのようにして薬剤師がそのような会社を探せばいいのかについて確認していきます。また、いま薬学生で将来多額の奨学金返済があることに悩んでいるのであれば、早めに対策を打つことができます。

 

奨学金の返済シミュレーションを行う

 

まず、奨学金返済が1000万円残っていると仮定しましょう。そこから、毎月5万円を返していくとなると、1年間で60万円を返済することになります。そうなると、1000万円を返すためには16年7ヵ月ほど返済が続きます。

 

薬剤師は最短でも24歳で社会に出ることになるため、奨学金1000万円を返済するとなると、40歳になってしまいます。この間には結婚があって家庭をもったり、遊びのために旅行へ行ったりとお金が必要な場面が出てきます。そうしたとき、お金がなければ何もできなくなってしまいます。

 

それでは、実際のところ新卒薬剤師が働きながら奨学金を返済するとなると、どのような生活になるのでしょうか。

 

調剤薬局やドラッグストアなど、初任給が月30万円と高めに見積もって計算してみましょう。この場合、手取り額は月25万円ほどです。奨学金の返済があるため、ここから5万円を引いて残るのは20万円です。

 

ここから、毎月の家賃や食費、交際費、携帯代などを捻出していかなければいけません。一般的に一人暮らしをしたときの支出は社会人で月15万円ほどです。少し贅沢すればすぐに支出が増えるため、ほぼお金がたまらない状態になってしまいます。

 

なお、薬剤師の初任給は一般的に以下のようになっています。

 

職種

初任給

調剤薬局

24〜30万円

病院

20〜24万円

ドラッグストア

28〜30万円

一般企業(製薬会社など)

22〜26万円

 

このように見ると、月30万円でのシミュレーションは非常に良い条件であり、例えば多くの薬学生が目指す病院に就職するとなると、さらに状況が悪くなります。特に大病院になるほど年収は少なくなり、月20万円の給料であると生活すらできなくなります。

 

奨学金の返済を支援してくれる薬局・病院を狙う

 

そこで、いまの職場で働くことに将来の不安を感じる場合、奨学金の返済を支援してくれる薬局や病院を狙うようにしましょう。基本は給料が高めの調剤薬局などを考え、どうしても病院で経験を積みたい場合のみ病院を目指すといいです。

 

薬局や病院によっては、奨学金の返済サポートを行っていることがあります。会社ごとに異なりますが、300〜600万円などを上限に奨学金の支援をしてくれるのです。

 

さらに、このときの支援金は「その薬局・病院で3〜5年ほど働けば返済しなくてもいい」ことになっているケースがほとんどです。会社の規定によって奨学金の支援額や働かなければいけない期間などは異なるため、これについては確認しなければいけません。中には1000万円を支援してくれる薬局もあります。

 

いずれにしても、こうしたサポート制度があることを知っておくと非常に効果的です。

 

これら奨学金の支援制度は「薬学生のときから奨学金のサポートをしてもらう」ことが一般的です。ただ、既に薬剤師として働いている新人薬剤師であっても、こうした薬局や病院と交渉することで奨学金のサポートをしてくれることが多いです。

 

薬学生を支援したとしても、国家試験に合格しなければ意味がありません。一方、既に国試に合格している人であれば、確実に薬剤師として働いてくれることが分かっているからです。

 

さらにいえば、薬学生のように将来的に働いてくれるのではなく、既に薬剤師資格をもった状態での転職であればいますぐ活躍してくれるので非常に価値が高いです。

 

そのため、「薬学生を対象にした制度」とは考えず、こうした奨学金支援制度を設けている薬局や病院へアプローチするといいです。ちなみに、奨学金サポート制度は給料とは別なので安心して問題ありません。

 

現在、薬学生の場合は早めの対処が必要

 

また、薬剤師国家試験にはまだ合格していないものの、将来は薬剤師として活躍したい意欲があって奨学金返済に悩んでいる場合、いまから奨学金返済のサポートをしてくれる薬局や病院の求人を探すといいです。

 

そうすれば、就職先が既に決まることになるので国試の勉強に専念できます。また、奨学金返済のサポートが学生のときから始まるので早めに負担を軽減することができます。

 

・奨学金の返済期間を短くしたい
・金利付の奨学金だけでも早めに減らしたい
・一気にまとめて奨学金を返済したい

 

上記のように考えている人の場合、薬学生であっても薬剤師として働いている人であっても、奨学金の返済サポートに積極的な薬局や病院を探すといいです。

 

病院であっても、奨学金返済サポートを受けられる

 

それでは、実際にどのようなサポートを受けることができるのでしょうか。薬局では奨学金の返済支援を受けられるケースは多いですが、前述の通り病院であってもサポート制度を整えていることがあります。

 

これは、中規模病院や大病院であっても同様です。

 

例えば、以下は200床以上の病院の求人ですが、薬剤師として病院で働くことで毎月5万円を6年間(月5万円×12ヵ月×6年間=最大360万円)まで給料とは別に支給してくれるという制度です。

 

奨学金の返済に苦しむ薬剤師が考えるべき就職・転職のコツ

 

求人を出している病院名は公表できないものの、それなりの規模の病院であってもこのような制度を設けています。どうしても病院薬剤師としてスキルを磨きたいものの、奨学金の返済が足かせになっている場合は利用してみましょう。

 

なお、既卒の薬剤師で奨学金の返済が始まっている人も対象だと明記されています。このように、既に薬剤師として働いている人が転職して入社する場合であっても問題ないケースが多いのです。

 

新卒時から高年収を提示してくれる薬局を選ぶ

 

また、最初から高年収を提示してくれる調剤薬局やドラッグストアの求人を選ぶという方法もあります。どのようにすればいいのかというと、田舎僻地の薬局へ応募するのです。こうした薬局であれば、例外なく高年収を提示してくれます。

 

例えば、私は新卒薬剤師として働くことになったとき、島根県の中でもさらに田舎の町で勤務することになりました。高年収を狙ったわけではなく、会社命令による勤務です。

 

多くの県に展開している会社であり、給料は会社一律なので年収はそこまで高くなかったです。ただ、「その地域に根付いた薬局(その地域だけで展開している薬局)で働いている薬剤師」は新卒であっても年収600万円からのスタートでした。

 

さらに、住宅手当によって家賃はほぼ全額面倒を見てくれます。田舎なので家賃は低いものの、それでも月5万円ほどかかります。この他にもさまざまな手当てがあるため、実質の年収は700万円ほどになります。

 

また、島根県に限らず北海道や離島など田舎の薬局の中には最初から年収750〜800万円を提示してくれる薬局があります。これであれば、奨学金をすぐに返済できます。

 

なお、新卒薬剤師のとき、私はカラオケや映画館がなく、自然の緑あふれる田舎で生活するようになったわけですが意外と悪くないです。

 

人が温かいだけでなく、仕事をしていると野菜をくれたり肉を譲ってくれたりすることが多いです。知り合いからイノシシの肉をもらったこともありました。食費が浮くだけでなく、こうした田舎ならではの触れ合いを楽しむことができます。

 

奨学金の返済サポートを考えるときの注意点

 

このように奨学金の返済の面倒を見てくれたり、高年収を提示してくれたりする求人を確認するときは注意点があります。

 

個人的なわがままを押し通さない

 

薬剤師として働くとき、個人的なわがままを押し通そうとする人がいます。現実的に物事を考えず、甘い価値観の中で生きているのです。

 

例えば、「東京、大阪、名古屋などの都市部で働きたいが、奨学金返済のため年収600万円がいい」などを考える人です。

 

前述の通り、田舎の薬局であれば最初から年収600万円以上が提示されます。ただ、都市部であればキャリアを積んだエリート薬剤師であっても年収600万円は難しいです。こうした現状を考えず、世間を分かっていない状態で何とかしようとする人は意外と多いです。

 

薬剤師という職業は患者さんの命を預かる仕事でもあります。そのため厳しくいうと、そのようなゆるい考え方をしているようでは、いつまで経っても一人前にはなれません。常識的な考えをもって自分の将来を見つめなおす必要があります。

 

奨学金のある薬局や病院とはいっても、そこで一生働く必要はありません。田舎の薬局とはいっても、3〜5年ほど働けばほとんどの奨学金を返済できます。ずっと奨学金返済に苦しみ続けるのと、数年だけ我慢して後の人生を楽にするのと、どちらが良いのかを冷静に考え、常識的な判断ができるようにする必要があります。

 

必ず転職サイト(転職エージェント)を活用する

 

ただ、奨学金の返済サポートをしてくれたり、新卒の段階から高年収を提示してくれたりする薬局や病院を自らの力で探すのは不可能に近いです。

 

そこで、奨学金を支援してくれる会社へ就職したり転職したりする場合、全員が転職サイト(転職エージェント)を活用します。転職サイトにはあらゆる薬局や病院の情報が入ってくるため、そこから奨学金の面倒を見てくれる会社を多くの求人の中から探すことができます。

 

また、転職サイトによって保有している求人情報が異なります。そこで複数の転職エージェントを活用し、どの薬局や病院の奨学金支援制度が優れているのかについて調べなければいけません。

 

特に奨学金の問題はお金が絡むため、こうした問題を一人で解決しようとするほど失敗します。既卒の薬剤師であっても、これから国試を迎える薬学生(卒業見込みの場合)であっても、必ず転職サイトを活用するようにしてください。

 

薬剤師だからこそ、お金と真剣に向き合うべき

 

日本人であると、お金の話をすることを避けようとします。特に薬剤師などの医療関係者となると、金銭的な話を嫌います。

 

ただ、実際のところ世の中きれいごとだけでは生きていけません。家が裕福でない薬学生の場合、奨学金が6年間で1000万円以上に膨れ上がることは珍しくないため、本気で自分の将来を見つめなおさなければ「奨学金返済に苦しむだけの人生」になってしまいます。

 

そこで、奨学金の返済計画を立てるようにしましょう。このときは奨学金のサポートをしてくれる薬局や病院へ就職したり、高年収を提示してくれる田舎の求人へ応募して数年間頑張ったりしても問題ありません。

 

「勤務先は都市部でないとダメ」「友達と離れるのはいや」などのように自分勝手なわがままを押し通すのではなく、常識的な考えをもって世の中の現状と照らし合わせなければいけません。

 

奨学金として何百万ものお金を返す(大きな借金を返済する)となると、それなりの痛み(代償)を支払う覚悟をもつ必要があります。そうした代償の支払いなしに奨学金を返済しようとするのであれば、そもそも考え方が甘く薬剤師として向いていないといえます。

 

ただ、素早く借金を返済した方が薬剤師として気持ちが楽になりますし、結婚を含め将来プランを立てやすくなります。そこで、転職を踏まえ働く会社を本気で考えるようにしましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

奨学金の返済に苦しむ薬剤師が考えるべき就職・転職のコツ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

奨学金の返済に苦しむ薬剤師が考えるべき就職・転職のコツ

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

奨学金の返済に苦しむ薬剤師が考えるべき就職・転職のコツ

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事