病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師転職でのミスマッチと早期退職の回避方法

 

一般企業に比べると、薬剤師は転職する人が多いです。これは、資格さえあれば多くの場合で採用してもらえるからという理由があります。ただ、早期退職などによって転職回数が多くなりすぎるのは問題です。

 

転職や就職では、失敗しやすいケースが存在します。例えば、条件だけで転職するケースです。求人票だけで判断すると、転職でのミスマッチによって失敗確率が高くなるのです。

 

他には、お世話になった大学の教授(先生)や友達から働く先を紹介されたときがあります。一見すると、大学の教授の勧めによって就職先を決めたり転職したりするのは良いように思えます。また、友達は信頼できるので、その勧めによって働き始めるのは問題ないように思えます。

 

しかしながら、実はこうした例での就職は高確率で失敗しやすいのです。

 

本来であれば、一度就職したところで長く働くことを考えなければいけません。そこで、薬剤師の就職・転職でミスマッチが起こる理由と早期退職の回避方法について解説していきます。

 

条件だけで転職すると失敗する

 

薬剤師の転職では、成功する人と失敗する人にわかれます。このとき、転職に失敗して早期退職してしまう人にはいくつかの共通点があります。その中の一つが、「求人票に書いてある条件だけを見て転職する」ことです。

 

例えば、「高年収」という求人を見て中身を十分判断せずに転職を決める場合は失敗しやすいです。ミスマッチが起こってしまい、すぐに離職してしまう可能性が高いです。

 

年収が高いのには理由があります。例えば、人間関係が悪いために人が定着せず、高い年収を提示しなければ人が集まらないかもしれません。または、僻地にある薬局であるため、年収が高いのかもしれません。

 

そのため、年収の願いは叶ったものの、自分が考えていた労働環境ではないことが頻繁に起こります。これが、ミスマッチにつながるのです。

 

条件面以外のことまで考えるべき理由

 

薬剤師が転職後に離職してしまう原因としては、「人間関係が悪かった」「僻地の勤務地だった」「働くときの条件が違っていた」の主に3つがあります。

 

「人間関係」「僻地」については、実際に働く場所を見学すればある程度までは分かります。そのため、必ず面接を受けるときは、本社だけでなく実際に働く場所へ出向くようにしましょう。そうすれば、大まかな雰囲気が分かるはずです。

 

「働くときの条件」については、例えば個人薬局に就職したが、患者数が減ったために運営が厳しくなり、二年目以降に薬剤師の給料が削られるなどがあります。また、A薬局だけの勤務だと思っていたが、B薬局を手伝うように要請されることもあります。

 

つまり、1年目と2年目以降の労働条件や給与体系が変わることがあるのです。こうしたことは求人票に載っていませんが、ここまで確認したうえで転職活動をしなければいけません。

 

大学教授の推薦による転職が問題である理由

 

それでは、他に就職・転職で失敗する原因としてどのようなものがあるのでしょうか。この1つとして、大学教授からの推薦があります。薬剤師が薬局や病院などで働き始めるとき、大学の教授(先生)からの推薦であると高確率で失敗しやすいのです。

 

この理由は単純であり、大学教授は学生たちから大きな信頼を得ているものの、「就職先探し」という観点で見れば素人だからです。そのため、働くときの制度や給与体系などまで考えずに就職先を紹介します。

 

薬学部に在籍している教授(先生)であると、ある程度は薬局や病院とつながりがあります。そうした薬局の経営者や病院の薬剤部長などから「誰か薬剤師を紹介してくれないか」と言われたとき、知り合いの薬剤師や学生(薬剤師候補)を紹介します。

 

ただ、このときの紹介は「知り合いに頼まれての紹介」であり、就職先の内情をまったく理解していない状態での話という事実を認識しなければいけません。

 

友人・知人からの紹介で転職に失敗する理由

 

同じような理由で、友達からの紹介で薬局や病院で働き始める場合も転職・就職で失敗しやすいです。

 

大学教授と同じように、友人・知人は信頼度が高いです。ただ、その人たちが薬局や病院のことを深く理解しているかと言えば話は別です。その人が信頼されているのと、転職先の斡旋で必要な情報を知っているかどうかは別なのです。

 

就職先を紹介してくれた友人が薬剤師であっても、同様に失敗しやすいです。その人が給与制度や就業規則、経営者の方針まで含めて理解しているのであれば問題ないですが、そのような薬剤師はほぼいないからです。

 

このように考えると、大学教授以外にも友達から就職先を紹介されて選ぶ場合もかなり危険だといえます。

 

自分の意見とコンサルタントの意見を取り入れる

 

こうした問題を回避するため、多くの人は転職サイトに在籍するプロのキャリアコンサルタントに相談します。このとき、転職・就職で成功しやすい人は「自分の意見」と「キャリアコンサルタントの意見」の両方を取り入れるという特徴があります。

 

「高い給料でないとダメ」「家からの距離が不満」など、自分の意見ばかりを押し付けてはいけません。ただし、コンサルタントの言いなりになってもいけません。

 

自分の意見を大切にしつつも、キャリアコンサルタントの意見も取り入れるようにした方が転職で失敗しないです。

 

そのため、転職サイトを複数活用することで、さまざまなキャリアコンサルタントの意見を取り入れた方がいいです。活用する転職サイトを1社だけに絞ると、実際にサボってしまうコンサルタントがいるのも事実です。

 

また、転職サイトによって特徴が異なります。例えば、薬局や病院へ一軒ずつヒアリングを行い、どこにもない求人を発掘して提示してくれる転職サイトが存在します。また、電話だけのやり取りで素早く求人を紹介する会社があれば、必ず面談を行うようにしている転職サイトもあります。

 

そこで、複数サイトを活用し、あなたに合うキャリアコンサルタントを活用することが転職成功の第一歩になります。そうして良い求人を見つけることが、転職・就職で失敗しないためのステップとなります。

 

将来像を語れる人は転職で成功しやすい

 

転職で失敗して早期退職しないためには、求人票にはない情報まで吟味したうえで就職先を決める必要があります。これまで何度も述べてきた通り、求人に書かれてある条件だけで飛びついたり、大学教授や友人の評判を当てにして転職したりすると失敗しやすくなるからです。

 

一方で、転職に成功する薬剤師は「将来像のある人」が多いです。例えば、「これから在宅の技術を上げたいため、薬を届けるだけでなく、医師と同行して臨床経験まで積める薬局に勤めたい」などの意見を言える人は成功します。

 

こうした将来の目標を転職エージェント(転職サイト)のコンサルタントに伝え、そこから良い求人を探してもらうようにするのです。

 

もちろん、「年収アップ」という目的で転職するのも問題ありません。実際、薬剤師の転職理由で年収アップは常に上位にランクインします。ただ、「なぜ年収を上げたいのか」という理由を明確にしておかなければ、やはり転職で失敗することになります。

 

転職というのは、「あなたが求めていることを叶える」という目的のために行います。「年収を上げたいから」「人間関係が悪いから」という漠然とした理由ではなく、もっと理由を突き詰めたうえでの転職でなければいけません。

 

そこで、まずは自分の将来像をしっかりと考えるようにしましょう。そうすれば、目先の良い条件が書かれた求人票に飛びつくことがなくなります。

 

また将来像が明確になれば、「その求人先(薬局や病院など)で働くことで、自分が求めていることを叶えられるかどうか」を考えられるようになります。

 

求人票の「裏」にある情報まで見定めたうえで、転職活動をするようにしましょう。そうすれば、薬剤師として良い就職先で働けるようになります。あなた自身の心構えを変化させることが、転職成功の秘訣だといえます。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師転職でミスマッチが起こる理由と失敗の回避方法

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師転職でミスマッチが起こる理由と失敗の回避方法

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師転職でミスマッチが起こる理由と失敗の回避方法

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事