病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師が地方・田舎の求人へ転職し、年収を上げるポイント

 

薬剤師によっては、事情によって地方の田舎に転職しなければいけなくなることがあります。例えば、「親の看病をしなければいけなくなり、実家のある地元で求人を探している」「旦那の転勤によって、田舎に住むことになった」などです。

 

地方になるほど、薬剤師が不足する傾向にあります。そのため、田舎にある調剤薬局や病院、ドラッグストアの中には、薬剤師不足による経営危機に晒されていることもあります。その対策として、高収入で薬剤師を募集するなどの試みが行われています。

 

ただ、地方の調剤薬局で有利なのは収入面だけではありません。ここでは、地方薬局の現状について紹介していきます。

 

人気が高まる地方の薬剤師求人

 

転職を考えている薬剤師が求める条件として多いのが、「高収入」「利便性」「やりがい」などです。このうち、地方の田舎にある求人(薬局や病院など)であれば、比較的簡単に高収入を得ることができます。

 

都心部は大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアなど、求人が非常に多いです。しかし都心部の薬剤師の転職においては、給与や働き方などに不満を持つ方も少なくありません。

 

なぜなら都心部にいる薬剤師の数は非常に多く、それに伴って賃金も低い傾向にあるからです。都市部であるほど薬剤師が余るため、需要と供給の関係から年収は必然的に低くなるのです。

 

一方、深刻な人手不足に陥っている地方では、高収入を提示しなければ薬剤師が集まりません。パートや派遣であっても、高い時給で働くことができます。

 

高収入を得たいと考えている方はもちろん、現在では都会の喧騒から離れて田舎暮らしをしたいと考える方も増えています。そのような方にとって、地方の求人は非常に魅力的なのです。

 

地方僻地にある田舎の薬局であるほど給料が高い

 

このように、薬剤師は都市部にいくほど給料が低くなります。それに対して、地方の田舎に行けば行くほど年収が高額になります。一般企業であると、都市部で働く方が給料は高くなりやすいです。しかし、薬剤師であれば逆の現象が起こります。

 

なお、地方の中でも「僻地にある薬局」であれば初任給が異常なほど高いです。田舎の僻地にある薬局で働けば、誰でも簡単に給料を上げることができるのです。

 

例えば私は、実際に島根県のド田舎に住んでいたことがあります。

 

島根県の中でも、松江や出雲などの地名を聞いたことのある人はいると思いますが、私が住んでいた場所はそうした場所ではありません。島根県の中でさらに田舎の土地であり、「海と山ばかりの自然豊かな地域」で薬剤師をしていました。もちろん冬には雪がドッサリと積もります。

 

私は高年収を狙って島根県に住んでいたわけではなく、大企業の社員として会社都合によって島根県で薬剤師をしていました。

 

さて、その地域では新卒薬剤師の初任給は年収600万が当たり前でした。しかも、住宅費なども全て面倒を見てくれるので実質は年収700万以上になります。

 

使えるかどうかも分からないような新人薬剤師であっても、「薬剤師免許を持っている」というだけでこれだけの給料が出ます。

 

薬剤師の平均年収が500万程度であることを考えれば、地方の田舎で働くことで誰でも簡単に年収を上げることができるのです。薬剤師が足りないこそ、それだけの給料を出しても薬剤師を採用したいと思うのが地方の薬局です。

 

特別忙しいというわけではない

 

それでは、年収が高いとそれに応じて忙しく働かなければいけないのかというと、必ずしもそうではありません。もちろん田舎であっても忙しい薬局は存在するものの、一般的な調剤薬局と同じように業務をこなして高年収を望むことは可能です。

 

高い給料を提示する求人は極度に忙しいなど、訳ありのケースがほとんどです。ただ、地方・田舎の求人は「地方の求人」ということ自体が高年収の理由であるため、田舎で働くことに納得している場合は問題ありません。

 

大手チェーンは地方で働く旨みがない

 

前述の通り、地方の僻地で働けば誰でも簡単に給料を上げることができます。たとえ新人薬剤師であっても、全国の薬剤師の平均年収に200万をプラスした状態からスタートすることも可能です。都市部で必死になって管理薬剤師として活躍している人よりも、田舎で働く新人薬剤師の方が給料は高いのです。

 

地方病院であっても同様であり、一般的な病院では考えられないほどの高年収を提示されます。もちろん調剤薬局や調剤併設ドラッグストアほどの給料ではないですが、それでも給料は高いです。

 

ただ、これには例外もあります。その例外とは、大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアで働く場合です。または、全国規模の大病院へ就職するケースです。

 

大手チェーンの調剤薬局であれば、たとえ会社の命令によって地方で働くことになったとしても、同じ給与体系となってしまいます。これでは、僻地で働いたとしても低い給料となってしまいます。

 

「僻地手当という制度はないのか」と思う人も多いですが、そのような制度は基本的にありません。全国展開の薬局の場合、どこで働くことになるかは運であるため、こればかりはどうしようもありません。

 

実際、私は田舎の僻地に住んでいたものの、そのときは大企業のサラリーマン薬剤師だったので給料は高くありませんでした。同年代の僻地の 薬剤師と比べて、給与格差は2倍ほどの開きがあったものです。

 

これは病院も同様であり、例えば「国立病院機構」の正職員など、全国どこで働くようになるのかわからない病院では一律の給与体系です。

 

田舎特有の温かみを感じるべき

 

周りは田んぼが広がり、道にはたまにイノシシが現れ、カラオケや映画館に行くときは遠方のために気合を入れないといけない田舎に私が住んでみてわかったことは、「地方の温かみを感じながら薬剤師をするべき」ということです。

 

田舎であると、いい意味でも悪い意味でもおせっかいです。当時は新卒で入社したので20代半ばと若かったことから、おばあさんに「あんた何歳? うちの孫娘、紹介してもいいかね」といわれることは日常茶飯事でした。

 

また、「自分の畑で採れた野菜だから、あんたも食べんさい」といわれて無農薬栽培のキャベツや大根を渡され、その日の野菜代が浮くこともありました。

 

首都圏に限らず、県庁を含めてある程度の都市であればこうしたことはありません。ただ、そうしたところから少し離れて自然が広がる町であれば、高確率で上記のような現象が起こります。

 

ちなみに、こうした地域に住んでいる人は多くの場合、家の玄関にカギをかけていません。泥棒というものは存在せず、人を信じ切って生きています。

 

田舎だからこそ苦労することもある

 

もちろん、地方の田舎に住んでいるからこそ苦労することもあります。例えば若い人であれば、同世代の友人や異性を見つけるのは困難です。そもそも、町に若い人がいません。

 

一度、私が住んでいた島根県のド田舎で市役所主催の街コンが開催されたのですが、そこには「既婚者の参加OK!」と書かれていました。たぶん、よほど人が集まらなかったのだと思います。

 

また、噂が回るのが早いです。「○○に住んでいる△△さんのお父さんが亡くなったらしい」などのように、個人の情報が人づてに勝手に伝わっていきます。そのため、もし悪いことをすれば一瞬にして町中に噂が広がってしまいます。

 

こうしたことはあるものの、のんびりと田舎暮らしをしたい薬剤師であれば、地方の求人は給料が高いし非常に良い案件だといえます。

 

もちろん、田舎によって特徴が大きく異なります。例えば私がいた島根県の町は漁港でした。私は釣りに興味なかったですが、釣り好きの人であればさらに楽しむことができたと思います。

 

「スキー好き」「ダイビングを楽しみたい」「温泉が近くにあるといい」など、人によって趣味が異なります。こうしたことまで考慮して地方の求人を探してみるのも問題ありません。

 

将来、経営者候補として地方求人を探すことも可能

 

単純に年収アップや田舎の暮らしを実現したいために求人を探してもいいですが、将来の経営者候補として転職するのも問題ありません。

 

実際、地方の調剤薬局を個人で経営している方の中で、後継者不足に悩まされている方は多いです。これは、親族に薬剤師がいなかったり優秀な人材を得られなかったりすることが原因です。

 

このような場合であっても、都市部では人口が多いために優秀な薬剤師を得られる可能性が高いです。一方、薬剤師の絶対数が少ない地方では難しいです。

 

地域医療を支える地元薬局が廃業してしまうと、隣の病院やクリニック、地域住民は困ってしまいます。そのための解決策として、「ドラッグストアや大手調剤薬局などの会社に売却して任せる方法」と「個人として独立開業したい薬剤師に事業継承する方法」が挙げられます。

 

もし、あなたが将来薬局を独立開業したいと考えているのであれば、こうした後継者不足に悩む薬局を事業継承するのも一つの手です。ゼロから薬局をスタートさせるよりも、資金やシステムの面で圧倒的に楽をすることができます。

 

実際、私が島根県の田舎で薬剤師をしていたとき、ある薬局に新たな管理薬剤師が赴任してきました。この管理薬剤師は「将来、調剤薬局を継承する」ことを条件に、転職サイトを通じて転職してきた人でした。

 

そして1年ほど経過した後、その管理薬剤師が薬局を継承し、経営者として店舗運営を行っていました。その店舗は一人薬剤師であったため、経営者&管理薬剤師として頑張ることになったようです。

 

地方の求人へ転職するには

 

薬剤師として地方へ転職するとき、「周囲が自然なので、娯楽施設が少ない」「バスや電車が少なく不便(ほぼ車移動)」などの問題はあるものの、田舎であるほど人とのつながりが良かったり、地方特有のイベントを楽しめたりできます。

 

ただ、いずれにしても地方の薬剤師求人に興味がある場合は、まずその地域に根付いた薬局や病院、ドラッグストアなどを見学しなければ話が始まりません。こうした情報は薬剤師の転職サイト(転職エージェント)が多く保有しています。

 

前述の通り、都市部の求人は非常に多いです。一方、田舎にある地方の薬局や病院などであると、大手チェーンや大病院のように有名でない場合がほとんどなので、自分の力で見つけるのが非常に困難です。

 

そこで転職サイトを活用するのですが、活用する紹介会社を間違えると転職に失敗することで、後で後悔することになります。

 

当サイトでは「転職サイト(紹介会社)の活用法」や「転職サイトごとの特徴」についても記しているので、ぜひとも参考にしてください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師が地方・田舎の求人へ転職し、年収を上げるポイント

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師が地方・田舎の求人へ転職し、年収を上げるポイント

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師が地方・田舎の求人へ転職し、年収を上げるポイント

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事