病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

年収1000万円を薬剤師が達成する方法

 

同じように薬剤師として働くのであれば、やりがいのある仕事を行って多くの対価(給料)をもらいたいと多くの人が思います。これは、どの職業であっても共通する望みです。

 

そのための1つの基準として、「年収1000万円」があります。薬剤師として例えば薬局で働くとなると、年収600万円や年収700万円など上限がどうしても決まってしまいます。そのような中、薬剤師が年収1000万円を達成することは可能なのでしょうか。

 

結論からいえば非常に難しいですが、不可能なわけではありません。どのようにして年収1000万円を超えるのかについて、ここでは実際にそのハードルを超えたことのある人の実例を見ながら解説していきます。

 

薬剤師が年収1000万円を超えるには

 

薬剤師が年収1000万円を突破する方法としては、主に4つ存在します。どれも方法によっては可能なので、本気で上を目指すのであれば4つのうちどれかから選ぶようにしてください。

 

製薬会社のMR

 

最も分かりやすい方法としては、製薬企業のMR(営業職)として働くことがあります。多くの大手製薬企業では、MRの平均年収が1000万近くになります。そのため、正社員として頑張って働けば40代になるころには年収1000万を越すことができます。

 

製薬企業は年収が高いことで有名ですが、MRであるとさらに給料が高水準になります。もちろん結果を出すことは必要であり、いわゆる調剤薬局や病院で働く薬剤師とは異なるものの、最も分かりやすい方法が製薬企業のMRです。

 

MRは離職率の高い業界ですが、同時に成果を出せる人であればヘッドハンティングも多い業界です。そのため、きちんと成果を出していけば確実に年収1000万円を超します。

 

独立・起業、大企業の幹部

 

それでは、営業能力に自信がなかったり製薬企業のMRに魅力を感じなかったりする場合はどうすればいいのでしょうか。その場合、独立・起業という選択があります。

 

要は、薬剤師として新たに薬局を開いたり、または薬局・ドラッグストアとは関係のない分野で起業したりすることで自ら会社を興すのです。まさに私がこの選択をしており、起業することで会社を経営しています。

 

会社経営をしている薬剤師であれば、うまくいっている人の年収は高いです。自分の店をもちたかったり、起業家として新たな世界を見たかったりする人にとっては非常に向いています。

 

ただ、中には独立や企業経営で伴うリスクを負いたくない人もいると思います。そのような場合、大手調剤チェーンの幹部になるという方法があります。

 

大手調剤チェーンというのは、いってしまえば大企業と同じです。こうした企業の中でのし上がることによって、高い年収を得るのです。もちろん社員数も多いので倍率は高いですが、独立・起業のようなリスクを冒さなくても上を目指すことができます。

 

エリート薬剤師の地位を築く

 

それでは独立・起業したり、大手調剤チェーンのような大企業の幹部になったりしないと年収1000万円を超えることができないのかというと、必ずしもそうではありません。中小薬局のような会社であっても、一般社員として高い年収を引き出すことができます。

 

もちろん、何もスキルのない人に対して高い年収は実現できません。意識の高いエリート薬剤師として地位を築ける人であれば年収1000万円を超すことが可能です。

 

例えば、私は転職サイトの人と話す機会があるのですが、「実際に薬剤師を年収1200万円で転職させたことがある」と話してくれたことがあります。

 

この薬剤師は薬剤師会でかなり活動しており、学会でも積極的に発表をしていたようです。ただ、家庭の事情で転職することになり、このときに転職サイトを活用したようです。

 

もちろん、普通に転職するだけでは年収1000万円を超す求人になることはありません。そこで転職サイトのコンサルタントは「エリート薬剤師として地位を既に築いており、学会発表まで精力的に行っている」ことに目を付けました。

 

「この薬剤師が学会で活躍すれば、その薬剤師が在籍している会社の名前が薬剤師業界の中で広まるようになる」「一般人向けにも精力的にセミナーを行っているため、患者獲得による売上アップにつながる」などのことを材料にして、年収1200万円を引き出したそうです。

 

たとえ起業したり大手調剤チェーンに入職したりしなくても、エリート薬剤師として意識高く活動し、転職サイトのコンサルタントをうまく活用すれば年収1000万円を超すことも可能なのです。

 

僻地(離島)の薬剤師

 

それでは、製薬企業のMRを行いたくはなく、独立・起業にも興味がなく、エリート薬剤師でもない人はどうすればいいのでしょうか。

 

その場合であれば、単純に「薬剤師の需要が高い地域」であれば一般薬剤師であっても高い給料を引き出すことができます。

 

田舎僻地であれば、新卒薬剤師であっても年収600万円からスタートです。ただ、これでは年収1000万円には届きません。そこでどうするかというと、本当の意味で誰も行きたがらないドラマ撮影が行われるほどの僻地の薬局にいくといいです。

 

こうした薬局としては、本土から離れた島(離島)にある薬局などがあります。

 

都会があまり好きではなく、離島の大自然が好きな人であれば非常に条件が良いといえます。年収が高くても、その使い道がないという問題点はありますが、その地域では非常に裕福な暮らしができます。

 

もちろん、薬局によって求人の条件は異なります。基本的には僻地の度合いが高くなるにつれて年収も高額になる傾向にあるため、これについては求人先に確認する必要があります。

 

高額案件を引き出すにはどうすればいいのか

 

それでは、このような「年収1000万円などの高額案件の求人」を薬剤師が得るためにはどのようにすればいいのでしょうか。

 

まず、大前提として自分一人で求人を探しても年収1000万円の案件を見つけて転職するのは不可能だと考えてください。こうした特殊な求人案件であるほど、薬剤師を専門とした転職エージェント(転職サイト)に頼る必要があります。

 

年収1000万円以上の求人の事例として、「エリート薬剤師としての地位を築く」ことを紹介しました。ただ、こうしたことは自力で頑張るのではなく、転職サイトを活用したからこそ実現できています。

 

他には独立・起業を行うにしても、完全ゼロの状態からスタートしてもいいですが、転職サイトを活用することで「事業譲渡を見据え、将来は経営者になることを考えた転職」を行うことも可能です。この場合、実際に経営を行うのは何年も先ですが、それを見越して先に転職しておくのです。

 

同じように田舎僻地の薬局とはいっても、どこにそうした求人があるのか自分で探すのは不可能に近いです。こうしたことに対応するため、転職サイトが存在します。

 

高額求人というのは、それまでにエリート薬剤師として大きな実績を出していたり、田舎僻地の離島暮らしであっても問題なかったりする人だけが実現できます。ただ、薬剤師の年収1000万円は非常に特殊な案件なので、転職サイトを有効に活用することを見据えた上で転職活動を行うようにしましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

年収1000万円を薬剤師が達成する方法|求人・転職薬剤師!

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

年収1000万円を薬剤師が達成する方法|求人・転職薬剤師!

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

年収1000万円を薬剤師が達成する方法|求人・転職薬剤師!

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事