病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

病院から薬局、薬局から病院など他職種へ薬剤師が転職するときの注意点

 

薬剤師によっては「病院から薬局へ転職したい」「薬局から病院へ転職したい」などのように、いまの業種から他業種への転職希望をもつことがあります。また、場合によっては「薬局や病院以外の異業種へ転職したい」と考える人がいるかもしれません。

 

こうしたとき、どのような点に注意して求人を探せばいいのでしょうか。また、他の人はどのように考えて転職をしているのでしょうか。そこで、ここでは他職種へ薬剤師が転職するときのポイントについて確認していきます。

 

薬局や病院など違う業種へ転職するケースについて確認し、その後に薬局や病院以外の異業種へ転職する場合についてみていきます。

 

薬局薬剤師の特徴

 

それぞれの業態への転職を検討するとき、まずは特徴について理解しなければいけません。

 

例えば薬局としては、調剤薬局やドラッグストアなどが存在します。それでは、これら調剤薬局やドラッグストアの薬剤師に共通することとしては何があるのでしょうか。中小薬局から大手チェーン薬局に至るまで共通する事柄を以下に記していきます。

 

給料が高くなりやすい

 

病院薬剤師の給与水準が低いことは有名です。一方で調剤薬局やドラッグストアなどの薬局薬剤師であれば、年収が非常に高くなりやすいです。

 

病院は医師が存在しないと成り立たないため、医者の給料が高くなります。一方、調剤薬局やドラッグストアでは薬剤師がいなければビジネスが成り立ちません。そのため、多くの薬局は薬剤師に満足してもらうために給料を高めに設定しています。

 

もちろん、年収については薬局規模や地方によっても異なります。薬剤師の年収は田舎の地方に行くほど高くなり、都市部であるほど低くなります。

 

また、個人薬局や中小薬局であると給料が高くなり、大手チェーン薬局であると年収が低くなりやすいです。

 

こうした違いはあるものの、基本的には薬局で働くと給料が良くなると考えてください。

 

福利厚生が良い

 

薬局で働くとなると、年収だけでなく福利厚生も充実しています。大病院であれば社員寮が用意されていますが、薬局でも福利厚生で借り上げ社宅を用意している会社が多いので問題ありません。

 

その他、休みの日程や時短勤務を含めて勤務形態の融通が利きやすいのが薬局です。特に個人薬局や中小薬局であると、社長との距離が近いので自らの希望を言うことも可能です。

 

また、病院であると夜勤や当直が存在するものの、薬局ではそのような心配もありません。

 

調剤未経験であっても受け入れてもらえる

 

調剤薬局やドラッグストアであれば、たとえ調剤未経験であっても受け入れてもらえる求人がたくさんあるのも特徴です。

 

調剤未経験であったり、ブランクが長かったりしたとしても、転職サイトなどを活用すれば「調剤経験なしでも歓迎」の求人をたくさん紹介してもらえます。

 

病院薬剤師の特徴

 

一方で病院薬剤師に共通することとしては何があるのでしょうか。病院にも小規模病院から大病院までさまざまです。また、急性期病院や慢性期病院まで存在します。

 

病院薬剤師の給料が低くなりやすいことは先に述べた通りですが、病院でしか経験できないことがあるのも確かです。病院薬剤師の共通点としては、以下のようなものがあります。

 

高度な専門知識を学べる

 

薬局であると、特定科目の知識に偏りがちになります。例えば眼科の隣にある薬局であれば、目薬ばかりを取り扱うようになります。皮膚科の隣であれば、塗り薬や抗アレルギー薬がメインの処方内容です。

 

調剤薬局であっても調剤併設ドラッグストアであっても、基本的な薬局形態としては隣にあるクリニックに依存することになります。そのため、どうしても特定の薬だけしか学べなくなってしまいます。

 

もちろん病院であっても専門科目は存在します。精神科病院や小児科病院などであれば、そうした薬がメインになります。ただ、こうした専門病院であっても、薬局ではそこまでメインでは扱わない「輸液」「緊急薬」「麻薬」などを活用する機会が多いです。

 

これが急性期病院であれば、さらに高度な専門知識を要求されます。特定の科目に知識が偏ることはないため、スキルアップを目指したい人にとって病院薬剤師は向いています。

 

チーム医療を学べる

 

中規模以上の病院であれば、必ずチーム医療が組まれています。小規模の病院であっても、頻繁にチーム医療が行われています。医師、薬剤師、看護師などがチームとして入ることによって、患者さんをサポートするのです。

 

チーム医療としては、主に3つ存在します。それぞれ「ICT(感染制御チーム)」「PCT(緩和ケアチーム:がん性疼痛)」「NST(栄養サポートチーム)」です。

 

他職種と連携して一人の患者さんをサポートする経験というのは、病院か在宅薬局の薬剤師でなければ経験できません。一般的な調剤薬局では、チーム医療を体験できないのです。チームでサポートすることについて学びたい場合、病院薬剤師が最適です。

 

他職種へ転職するときのポイント

 

それでは、「病院から薬局へ」「薬局から病院へ」など他職種へ転職するとき、他の人はどのように考えて転職するのでしょうか。また、こうして他業種への転職ではどのような注意点があるのでしょうか。

 

そこで、他業種へ転職するときのポイントについて確認していきます。

 

病院から薬局へ転職する

 

急性期病院であっても慢性期病院であっても、基本的には病院の方がスキルアップできます。それにも関わらず薬局の求人を探し、薬局薬剤師として転職する人は多いです。実際、薬剤師が働く先としては調剤薬局やドラッグストアが圧倒的に多いです。

 

それでは、なぜ病院から薬局へ転職する人がたくさんいるのでしょうか。こうした他職種へ転職する理由としては「給料」と「働く場所」があります。

 

前述の通り、調剤薬局やドラッグストアであると年収が高くなりやすいです。若くて独身の人であれば問題ありませんが、家族を養っていくとなるとスキルアップなどのきれいごとを言っている場合ではなくなります。

 

そこで、現実を見据えて薬局へ転職するケースは多いです。病院での豊富な経験があるため、薬局で働くとなると即戦力になります。これまでの経験を活かせるだけでなく、給料アップや福利厚生の充実を比較的簡単に実現できるため、それまで病院薬剤師をしていた人が薬局で働きなおすことは多いのです。

 

また、家から病院との通勤距離が遠かったり、「親の介護のために実家に戻る」など何らかの理由で他の県に移って求人を探したりしなければいけなくなったとき、新たな職場として薬局を選ぶ人は多いです。

 

病院であると求人の全体数が少なく、「家から近い」「年収が前の職場と同程度」など、自分が望む条件を満たす職場を探すのは難しいです。

 

一方で病院から薬局への転職であれば、年収を上げるのは簡単ですし、求人を出している薬局はたくさん存在します。薬局の数がコンビニよりも多いことを考えると、きちんと薬局の求人を探せば必ずあなたが望む求人を探すことができます。

 

薬局から病院へ転職する

 

他業種への転職としては、「薬局から病院へ転職する」こともあります。この理由として最も多いのはスキルアップです。

 

前述の通り、病院薬剤師では高確率で給料が下がってしまうため、年収アップなどの理由で薬局から病院へ転職する人は存在しません。そのため、家族を支えなければいけない立場にあるような人や、比較的年齢の高い人が薬局から病院へ行こうとすることは稀です。

 

それでは、どのような人が薬局から病院を目指すのかというと、比較的年齢が若い人です。

 

私の周りにも薬剤師の友人はたくさんいますが、これまで薬局で働いていていた人が、病院薬剤師として転職したケースは20代後半までの人が多いです。

 

中には高齢で病院薬剤師になった人も知っていますが、かなりのレアケースです。「人生一度きり」と踏ん切りをつけ、経験のために転職するのであれば問題ありません。ただ、そうした人はやはり少ないです。

 

もちろんパートやアルバイト、派遣として病院で働くのであれば珍しくありません。ただ、正社員のような形で、「ある程度の年齢の人が薬局から病院へ転職する」のは珍しいと考えてください。

 

逆にいえば、20代のときに薬局から病院へ転職するのは普通だといえます。30代であっても、受け入れてくれる病院は多いです。病院で働きたい場合、決断を早くして若いうちからの転職を行うようにしましょう。

 

薬局や病院以外の異業種へ転職する

 

なお、「薬局から病院へ」「病院から薬局へ」などではなく、薬局以外または病院以外の異業種の求人を探すことで転職したい人もいます。

 

それでは、薬局以外の異業種としてはどのような求人が存在するのでしょうか。調剤薬局やドラッグストア、病院ではない薬剤師となると、基本的に一般企業への就職を検討することになります。

 

学術職(DI業務)での転職

 

一般企業への転職であれば、最も身近なのは製薬企業や医薬品卸の薬剤師です。薬局や病院で働いている薬剤師であれば、必ず製薬企業や医薬品卸と接点があります。

 

これら製薬企業や医薬品卸には薬剤師が在籍しており、主に学術職としてDI業務にあたっています。製薬企業や医薬品卸は地方に支店をもっているため、そこに管理薬剤師をおくことによって問い合わせに対応するようにするのです。

 

特に医薬品卸であれば、各支店に一人は管理薬剤師をおくように法律で決められています。欠員が出れば求人が出るため、そのタイミングで転職することができます。

 

品質管理や研究開発職での転職

 

製薬企業や化粧品会社などは工場をもっていることがあります。この場合、GMP(医薬品の製造・品質管理に関する省令)に適合しているかどうかを工場でチェックする必要があります。

 

製薬企業であれば、錠剤やカプセルなどの医薬品について試験を実施することでGMPへの適合を調査します。化粧品会社であれば、乳液、化粧水、クリームなどがGMPに沿っているかどうかを確認します。

 

いわゆる薬局や病院での調剤業務とは異なり、クロマトグラフィーを使うなど大学の実験室で行われていたような業務が混じります。これによって、有効成分が適切に含まれているかどうかを確認し、ロットにバラつきがないかどうかをチェックするのです。

 

いきなり企業の研究開発職に挑戦するのは難しいですが、こうした品質管理での薬剤師としてのステップを踏むことによって、薬剤師の転職で研究職へチャレンジすることも可能です。

 

治験業務、薬事申請での転職

 

薬局以外の異業種としては、治験業務や薬事申請など、いわゆる臨床試験に関わる職種があります。この中で最も分かりやすいのは、CRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)への転職です。

 

CRC(治験コーディネーター)は病院側をサポートし、CRA(臨床開発モニター)は製薬企業の治験をサポートします。薬局や病院のように狭い職場内だけで留まることはなく、CRCやCRAであると出張が多く、たくさんの人と接する機会があります。

 

また、CRCやCRAでなくても会社によっては薬事申請の業務を行っていることがあります。

 

化粧品メーカーであっても、薬用化粧品(医薬部外品)の開発時には薬事申請業務が必要になります。こうした薬事申請を行うとき、薬剤師として活躍することができます。

 

他職種まで考慮し、薬剤師としての可能性を探る

 

薬剤師として働くとき、薬局以外にも多くの選択肢があります。一般企業などの異業種まで含めると、薬剤師の転職先はたくさんあるのです。

 

もちろん、調剤薬局やドラッグストアの求人が最も多いです。また、病院の求人も転職サイトなどを活用すれば見つけやすいです。それに比べて、一般企業の求人は薬局や病院に比べると数は少ないです。

 

ただ、他業種まで考えたうえで転職を考え、自分の可能性を探ってもいいのではと思います。

 

当然、調剤技術を保つことで「現場の薬剤師として働きたい」と考えている人であれば、薬局や病院の求人を探すのが望ましいです。人によって好みが異なるため、これについては自分が何を目指しているのかをじっくりと考えたうえで転職先を検討するようにしてください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

病院から薬局、薬局から病院など他職種へ薬剤師が転職する注意点

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

病院から薬局、薬局から病院など他職種へ薬剤師が転職する注意点

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

病院から薬局、薬局から病院など他職種へ薬剤師が転職する注意点

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事