病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師が独立開業・薬局経営をするには

 

薬剤師として働くのであれば、誰もが高収入を目指します。「あなたが生み出す価値=収入」であるため、専門性を高めたり患者さんのために努力したりすることで収益を増やすことは重要です。

 

薬剤師として高収入を得るには、「組織の中で出世する方法」と「独立開業して、薬局などを個人経営する方法」の2つがあります。後者の場合、新たな会社を起業することになります。ここでは、薬剤師が独立開業するポイントをいくつか紹介します。

 

独立開業の準備

 

薬剤師が独立開業を行うためには、管理薬剤師の経験があると有利です。薬局を運営するには、全体を管理しなければいけません。管理職の一つである「管理薬剤師の業務」を知っておけば、一店舗の薬局であれば無理なく運営することができるはずです。

 

また医療全般の知識だけでなく、店舗運営を行うためには法律への理解も必要になってきます。医薬品を取り扱う以上は法律が関わるため、これを犯してはいけません。

 

さらに地元で独立開業するのであれば、医者やその他病院関係者との繋がりも重要です。薬局の処方せんは隣接する病院やクリニックから処方されるものがほとんどであるため、特に近隣の医療機関との関係は最優先事項です。

 

独立開業を目指すのなら、医療機関や薬剤師会などが主催する勉強会や行事などのイベントに積極的に参加しましょう。そうすることで、良好なコミュニティーを築くことができます。

 

また、現在病院や一般企業などで正社員として薬剤師をしているものの薬局経営を考えている人であれば、いったん転職して調剤薬局で働き始める方が多いです。薬局を経験することで、将来の独立開業を行うための知識を蓄えるのです。

 

このとき、独立開業を目指すのであれば以下のことに目を向けるといいです。

 

新規オープンの店舗へ転職する

 

薬剤師が独立開業するにあたって、経験すると良いことがあります。その一つが、新規オープンの店舗に転職することです。

 

オープンして既に数か月が経過している新規店舗ではなく、完全ゼロからスタートする調剤薬局を経験するのです。何もないところから店舗を立ち上げる経験を一度でもいいので体験すれば、将来起業するときに大きなプラスになります。

 

ルールがなくゼロの状態からスタートするため、「人間関係の構築」「患者さんへの対応」「業務を行うためのルール作り」を含めて仕事の量は多く大変です。ただ、その分だけ独立開業するときに有利です。

 

転職サイトに登録すれば、新規オープンの求人を見ることができます。こうした薬局を経験することで将来に備えるのです。

 

このとき、可能なら管理薬剤師として新規店舗へ転職するといいです。独立開業して薬局経営をするようになると、当然ながらあなたが社長です。経営者として店舗を管理しなければいけないため、その前の準備として新規オープンの求人へ応募するとき、管理薬剤師を任せてもらうように交渉しましょう。

 

独立開業で必要な場所選び

 

薬局の業態としては、ドラッグストアなどOTC薬の販売に特化した「店舗販売業」と医療機関と連携して調剤を行う「保険薬局」に分かれます。薬剤師の資格があれば、独立開業は保険薬局(調剤薬局)の形態で運営するのが一般的です。

 

ドラッグストアは大手資本である場合がほとんどですが、隣接する病院・クリニックに依存する形態が多い保険薬局の場合、大手や中小などの規模はあまり関係ありません。調剤薬局で成功するかどうかは、隣接する医療機関の集客力にかかっています。

 

調剤薬局での売上は「1日にどれだけ処方せんを受けるか」によって大まかに決まります。先に述べた通り、集客(患者さんがどれだけ集まるか)は隣の病院やクリニックが行うため、人気の病院・クリニックの隣に薬局を建てることができるかどうかが最も重要なポイントです。

 

自分の実力だけで売上を伸ばすことは非常に難しい反面、場所選びさえしっかり見定めれば安定した経営を行うことができます。

 

薬局を開業するときの資金・人脈を理解する

 

ただ、独立開業には資金が必要です。新規で薬局を立ち上げするとなると、不動産や設備工事、開業に関する人件費、在庫(医薬品)の購入などが必要です。そのための開業資金は2,000万円以上かかることも珍しくありません。

 

こうしたお金を個人で用意するのは現実的ではありません。そこで、他の一般的な起業家と同じように銀行へ足を運ぶことで融資してもらいます。要は、銀行からお金を借りるのです。

 

個人が借金をするのはあまり良いことではありません。ただ、会社組織として運営するのであれば、会社が借金をするのは当たり前です。むしろ借金することで、いまよりも大きな事業を展開することができるようになります。

 

経営者として薬局を独立開業したいのであれば、借金をするのは何も問題ないことを理解しなければいけません。

 

また、独立するためには人脈が非常に重要です。例えば製薬会社で営業を行うMR薬剤師は、人脈という点で優れているといえます。個人の新規開業では、医療機関との連携が重要になってくるからです。人脈を構築しておけば、独立開業するときに有利になります。

 

独立開業の形態

 

それでは、実際に会社を立ち上げて社長として薬局経営を行うようになるには、どのような方法があるのでしょうか。

 

薬局を新たに立ち上げるとき、内装やシステムの構築などを専門のコンサル会社に依頼してもいいですが、その前に「薬局経営を行うにふさわしい案件がどこにあるのか」を理解しなければいけません。以下では、それぞれについて確認していきます。

 

1. 知り合いの医師が独立するとき、一緒に起業する

 

最も一般的な起業方法としては、「知り合いの医師が新たに病院やクリニック(診療所)を新規開業するとき、その隣に薬局の店舗を建てる」ことがあげられます。

 

病院・クリニックにとって、その隣にある薬局は仕事を行う上で非常に重要な存在です。医者にとってみれば、隣の薬局があまり良い仕事をしない場合、結果として患者さんが逃げてしまいます。その結果、自分の病院・クリニックの売上に影響するようになります。

 

そのため、「まったく知らない人や大手チェーン薬局が調剤薬局を営むのではなく、知り合いの信頼できる薬剤師にぜひとも薬局経営してもらいたい」と考える医師は多いです。そのため、人脈を広げることで開業したい医師と知り合いになると、薬局経営できるチャンスが広がります。

 

2. 薬局のフランチャイズに入る

 

経営者として薬局経営を視野に入れるとき、薬局のフランチャイズに入るという方法もあります。フランチャイズであれば薬局経営のノウハウだけでなく、どのようにして良い場所を契約して薬局を建てるのかに関する手法まで教えてくれます。

 

ただ、事前に管理薬剤師としての経験を積んだり、新規オープンの店舗へ転職したりしてノウハウを学んでおけば問題ありません。

 

「良い場所(土地)を契約する」「経営ノウハウを学ぶ」ことに関しても、薬剤師会に入ることによって、既に独立している薬剤師の先輩方から情報を得る機会がたくさんあります。

 

こうした経営の先輩たちからノウハウを仕入れれば問題ないため、下手にフランチャイズに入ってロイヤリティーをずっと払い続けるよりも、自らの人脈を広げて問題を解決する方がいいです。

 

3. 調剤薬局の後継者になる

 

独立開業が難しいのであれば、調剤薬局の後継者になるという選択もあります。首都圏であっても地方であっても、後継者がいなくて困っている薬局は存在します。

 

特に地方では薬剤師不足が深刻化しているため、そうした薬局へ転職して事業継承すると、新規開業に比べて負担が軽くなります。要は、「将来は経営者になることを前提として、薬局を受け継ぐことを見据えての転職を行う」ことになります。

 

こうした求人は転職サイトなど、薬剤師のキャリア形成を専門に支援している会社でないと見つけるのは難しいです。そのため、この方法を選ぶ場合は必ずいくつもの転職サイトに登録して、事業継承の案件が存在するかどうかを長い目で見ながら確認するようにしましょう。

 

事業継承したい薬局の特色を知るためにも、まずは薬剤師転職サイトへ登録するのです。このとき、自分が納得できる地方(働きたい地域)をあらかじめ選んでおくといいです。

 

良さそうな求人が見つかったら、後継者になることを見据えながら正社員として転職することになります。後継者になることで、薬局経営を受け継ぐ薬剤師は意外とたくさんいます。

 

薬局経営を開始して独立したときの収入

 

親が社長で将来会社を引き継ぐことが確定している人は例外にして、一般的には自ら起業して一店舗の運営から始めるのが基本です。

 

このとき、うまく薬局経営が軌道に乗れば年収1500万円ほどの実現が可能です。経営がよりうまく軌道にのれば店を増やしていくことになりますが、いくつかの店を経営し始めると年収3000万円を超えるようになります。

 

社長は経費を活用できる

 

ここで、サラリーマンのように給料をもらっている薬剤師であると、どうしても年収に目が行きがちです。しかし、会社経営においては経費を活用できることを理解しなければいけません。例えば接待で飲み会を開催したときなどは、自分の会社のお金で飲み食いすることができます。

 

実際に経営者にならなければ理解は難しいですが、経費は非常に良いツールです。社長になって多くの人が感動するのは、「経費を好きなように活用できるようになる」ことです。

 

個人のポケットマネーからお金を出さなくても、自分の会社からお金を出してもらえば、個人の財布が痛むことはありません。経費を活用でき、個人の支出を減らすことができるので実質的な年収は高くなります。

 

経営の難しさを知るべき

 

薬局経営をすることでうまく軌道に乗れば、サラリーマン薬剤師と比べて収入は高くなります。また、それまでとは違った視点で世間を見ることができるようになります。

 

ただ、実際に起業・独立している人なら分かりますが、経営のかじ取りは難しいです。私も起業家の一人ですが、正直なところ「社長になれば、経費を自由に使えるようになり、年収も増えてすべてがうまくいくようになる」ことはありません。

 

業種業態によって悩みは違いますが、薬局運営では以下のようなリスクがあります。

 

急に稼げなくなる可能性がある

 

どれだけうまくいっている薬局であっても、急に稼げなくなって潰れることがあります。特に隣の病院やクリニックの処方せんに依存している薬局であるほどリスクが高いです。

 

ほとんどの調剤薬局は自ら集客をする必要がなく、隣の病院やクリニックに在籍する医師が人気であれば、勝手に患者さんもやってきます。

 

ただ逆にいえば、隣で働く医師が何かのトラブルに見舞われて廃業してしまえば、その隣にある薬局へ処方せんをもっていく患者さんはほぼいなくなります。

 

調剤薬局の売上は多くの場合、隣の病院・クリニックに依存するため、隣の医療機関に異常があればその影響を大きく受けるのです。そのため、急激に収益性が悪くなることによって潰れる薬局は意外と多いです。

 

競合が薬局を建てるリスク

 

患者さんにとって、処方せんはどの薬局にもっていっても問題ありません。そのため、必ずしもあなたの薬局に処方せんをもちこまなくてもいいのです。

 

特に儲かっている調剤薬局であるほど、近くに大手チェーン薬局や調剤併設ドラッグストアなど、他の薬局がいくつも建つことがあります。競合の店舗が近くに建つことによって、あなたの薬局の収益性が悪化することはよくあります。

 

こうしたことによって店舗の売上が減ることがあります。

 

薬剤師が急に辞めるリスク

 

また、薬局運営がうまくいくようになるほど薬剤師を雇わなければいけません。このとき、これまでは勤務薬剤師として「年収を上げてほしい」「休みを取りたい」と文句をいっていた立場から、文句をいわれる逆の立場に変わります。

 

薬剤師は転職が比較的盛んであり、急に薬剤師が辞めることはよくあります。薬剤師が急に辞めることによって、薬局がうまく回らなくなることによる倒産も存在します。

 

調剤薬局や調剤併設ドラッグストアなどでは、薬剤師の雇用が最も難しいといわれています。薬剤師が働きやすい環境を整備することを含めて、独立・開業する場合はあなたの手腕が試されます。

 

実際に独立し、成功した後に分かること

 

起業するというのは、自分が大きなリスクを背負うことでもあります。ただ、私が実際に独立して思うこととしては、「会社経営を行ってよかった」ということです。

 

年収というよりも、普通では出会えない人と話ができたり、他の社長たちと対等に話せたりするなど経営者になれば見える世界が違ってきます。決裁権はすべて自分にあるため、経営方針は自らの意思で決定できます。

 

苦労も多いですが、その分だけやりがいも大きいです。

 

独立に年齢は関係ない

 

起業というのは、年齢に関係なくいつでも行えます。「自分はまだ若いから」「経験が少ないから」などと思ってはいけません。どの年齢であっても、問題なく独立できます。20代で起業する人もいますし、定年後に会社経営を始める薬剤師もいるほどです。

 

また、医師と仲良くなって薬局を新規開業しなくても、前述の通り転職サイトを活用することで「調剤薬局の後継者になる」という方法もあります。これであれば、銀行からの借り入れや経営ノウハウを含め、あらゆる問題を解決できます。

 

起業の方法はたくさんあります。また私が会社経営をして思うのは、「もっと早く起業すればよかった」ということです。年齢にとらわれず、素早く決断して、あなたの目指す方向を見定めながら前に進んでいってください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師が独立開業・薬局経営をするには|求人・転職薬剤師!

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師が独立開業・薬局経営をするには|求人・転職薬剤師!

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師が独立開業・薬局経営をするには|求人・転職薬剤師!

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事