病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

扶養内の時短勤務でママ薬剤師がパート勤務するには

 

既に結婚していて旦那さんがいるママ薬剤師であれば、正社員としてバリバリ働くというよりもパート勤務などによって「生活の足しになるように働きたい」と考える人は多いです。

 

ただ、このときは「パート薬剤師としてガッツリ働く方法」と「勤務時間を少なくしてゆったりと働く方法」の2種類に分かれます。特に後者のゆったりと働きたい薬剤師の場合、「扶養に入れるかどうか」または「時短勤務制度があるかどうか」が重要になります。

 

扶養内で働くということは、勤務日数を少なくしたり時短勤務をしたりして働くことを意味しています。

 

そこで、どのように考えて扶養内で働いたり、時短勤務をしたりできる求人を発見すればいいのかについて確認していきます。

 

扶養に入るための条件を知る

 

パート勤務をする場合、「○○万円の壁」という言葉を聞いたことがあると思います。これには、大きく分けて103万円と130万円があります。パート薬剤師として働くとき、この2つの年収を超えた時点で税金の額が上がるなど、多くのお金を払わないといけなくなります。

 

ただ、2つはまったくの別物ですし分けて考えなければいけません。それでは、どのように扶養をとらえなければいけないのかについて解説していきます。

 

年収103万円の壁:所得税の扶養

 

所得税の扶養であれば、「年収103万円」を超えたかどうかが基準になります。妻の1年間の収入が103万円以内であれば、旦那の扶養に入ることができます。

 

この場合、配偶者控除という制度が適応され、「所得税:38万円、住民税:33万円」が控除されます。ザックリ考えると、年収500万円ほどの旦那の不要に入っていると、所得税や住民税が年間7万円ほど安くなると考えてください。

 

そのため、下手に働きすぎて103万円よりもたくさん稼いでしまうと、扶養から外れることで税金が高くなってしまうため、パート薬剤師の場合は1年間の年収を調節しなければいけません。

 

年収103万円であると、月に約8.6万円になります。薬剤師の時給は安くて2000円であるため、扶養に入るためには「8万6000円 ÷ 時給2000円 = 月43時間」ほどしか働けません。

 

5時間の勤務を週2回すれば、「1日5時間 × 2(週2回勤務) × 4週間 = 40時間」となってしまうため、意外と簡単に年103万円を超えてしまいます。

 

こうした現状があることから、扶養内でパート薬剤師をしたい場合は「忙しい時間や人員不足を補うヘルプ要因として、スポット的に勤務する」などが現実的です。

 

年収130万円の壁:社会保険の扶養

 

なお、同じような「○○万円の壁」としては、130万円を聞いたことがあると思います。130万円は社会保険での扶養のことであり、1年間の収入が130万円を超えると自ら社会保険料を支払わなければいけません。

 

それでは、そもそも社会保険とは何なのでしょうか。社会保険とは、「健康保険+厚生年金」だと考えてください。

 

病気になったときの窓口負担が3割ですむのが健康保険です。健康保険があるからこそ、患者さんが安心して薬局へ処方せんをもってきて、薬を安い値段で受け取れるようになります。健康保険料を払ってくれる人がいるからこそ、病院や調剤薬局、調剤併設ドラッグストアで働く人は給料を受け取れるのです。

 

また、厚生年金保険料は会社に加入したら払うことになる年金保険料のことです。将来受け取る年金を自ら負担して保険料として支払うのです。

 

社会保険にはもっと他の種類が存在するものの、基本的には「健康保険と厚生年金の掛け金を支払わなくてはいけなくなる」と考えるといいです。

 

年金や健康保険の掛け金を自ら払う必要があるため、負担額がかなり上がります。そのため、家計への負担が一気に重くなります。

 

年収130万円であると、月に10.8万円ほどの給料で130万円になります。時給2000円で計算すると、月54時間の勤務です。7時間の勤務を週2回すれば、「1日7時間 × 2(週2回勤務) × 4週間 = 56時間」となって超えてしまうため、同じように労働の制約は大きいです。

 

無駄に年収が多いと働き損になる

 

扶養内で働けるかどうかによって、税金の額や社会保険料の金額が大きく変わってきます。そのため、扶養から外れた瞬間に支払う税金などが大きくなり、働き損になることはよくあります。

 

例えば年収130万円を超えてしまうと、自ら社会保険料を支払う必要があるので年間20万円ほど負担が増えてしまいます。つまり、年収130万円であっても年収150万円であってもほぼ変わらないと考えてください。

 

薬剤師に限らず、多くのパート主婦は扶養内で働こうと考えます。この理由は、無駄に年収が高いと働き損になってしまうからなのです。子供がいる中で働くにも関わらず、たくさん労働しても年収が変わらないのであれば扶養内で勤務した方がいいと考えます。

 

年収103万円、年収130万円を超えて働くメリット

 

それでは、年収130万円を超えて働くことにメリットはあるのでしょうか。もちろんデメリットばかりではないため、単純に「税金などの支払い額が大きくなる」という認識だけで考えてはいけません。

 

社会保険料を払うとなると、その分だけ将来の受け取り金額が増えます。例えば年金であれば、自ら支払っているので将来の年金受給額は大きくなります。

 

また、妊娠・出産して産休や育休に入るときは、さまざまな恩恵を受けることができます。例えば、健康保険に入っている人であれば、産休中は「出産手当金」が支給されます。出産手当金は「給料(社会保険の標準報酬日額) × 2/3 × 産休の日数」で計算されます。

 

社会保険に入っていると雇用保険にも加入することになります。こうした女性薬剤師が育休に入った場合、育児休業給付金(月給の67%や月給の50%)を受け取ることができます。

 

この他にもあり、何かあったときの対応が手厚くなるのが社会保険なのです。

 

ママ薬剤師が時短制度を利用して働くには

 

このように扶養に入るかどうかによって税金などの額は大きく増えますが、薬剤師であると意外とすぐに年収103万円や年収130万円の条件を超えてしまいます。そのため、130万円の壁を気にせずに働きたいという方も多くいます。

 

ただ、その場合であっても、勤務時間を短くしながらパート薬剤師として週3〜4回は働きたいと思っていたり、正社員ではあるものの時短制度を活用したいと思っていたりする人はたくさんいます。

 

パート薬剤師であれば、時間の融通が利きやすいです。朝から出社して、昼過ぎには帰るという人も多いです。

 

一方で正社員となると、話はそこまで簡単ではありません。ただ、パート薬剤師ほど自由度はないものの、子どもが小さいママ薬剤師であれば交渉することで時短勤務を実現することは十分に可能です。

 

時短勤務可能な職場を探すには

 

例えば大病院や大手チェーンの中には、そうした時短制度を設けていることがあります。調剤薬局の場合、一般薬剤師として時短勤務をすることで育児と両立しながら働くことができます。

 

また、中小薬局の場合は「時短制度がある」というよりも、社長と直に話すことで独自の制度を作り出すことができます。

 

例えば私の知り合いの薬剤師は、正社員の一般薬剤師として働いていました。ただ、育児中のママ薬剤師であったため、朝の出勤は通常通りであるものの、「昼12:30〜13:30、夕方17:00〜18:00は薬局を抜け出し、家に帰って家事をする」という勤務形態でした。

 

薬局と家が近いために行えた裏技であり、さらには社長との距離が近い中小薬局であったために実現したその人独自の制度でした。

 

また、この薬局では正社員からの「保育園で集まりがあるため、土曜日を休みにしたい」「子供に熱があるので急遽休ませてほしい」という要望であっても社長が柔軟に対応しており、「素晴らしい人格をもった経営をしている社長だ」と感心したものです。

 

ちなみに、企業の薬剤師なら、正社員であっても時短勤務制度があるケースが多いです。薬剤師を必要とする企業であれば、製薬企業、医薬品卸、化粧品会社など大企業がほとんどです。大企業の場合、社内に時短制度を最初から設けていることがあるのです。

 

また、企業薬剤師の場合はDI業務や書類整理などを行うだけで、仕事自体はそこまで忙しくないケースも多いです。そのため、ママ薬剤師にとってはかなり良い求人だといえます。

 

ここまで述べてきた通り、ママ薬剤師が扶養内で働くときは注意が必要であり、時短勤務したい場合は適切な就職先・転職先を選ばなければいけません。こうしたことを踏まえながら、希望条件に合う求人を探すようにしてください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

扶養内の時短勤務でママ薬剤師がパート勤務するには

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

扶養内の時短勤務でママ薬剤師がパート勤務するには

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

扶養内の時短勤務でママ薬剤師がパート勤務するには

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事