病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師が土日休み・残業なしの求人へ転職するには

 

女性であれば、結婚を機にして退職するケースは多いです。ただ、それでは生活費が足りなくなるため、現在では薬剤師として働き続ける人は増えています。

 

しかし独身ではないので、土日が休みであったり早く自宅に帰れたりする求人を探す人はたくさんいます。特に妊娠・出産の経験があって子供をもつママ薬剤師であると、土日休みや残業なしは非常に重要です。

 

また男性であっても、時間の融通を利かせて自由に働きたい方はたくさんいます。そこで、どのようにすれば土日休み・残業なしで働けるのかについて解説していきます。

 

土日休み・残業なしの求人を探すには

 

女性で子供がいると、保育園や小学校のイベントなどが土曜日にあるときは出席しなければいけません。そうしたとき、土日休みは非常に重要です。

 

また、家庭をもつママ薬剤師では夕食の支度があるため、フルタイムで働いた後に残業があるとなると日常生活に支障が出るようになります。

 

もちろんこうしたケース以外にも、土日休みや残業なしの求人を望む人は多いです。土日休み、残業なしであると、当然ながら年収が下がることは覚悟しなければいけません。そうした上で、勤務形態ごとに特徴が異なるため、どの勤務形態の薬剤師を目指すのかを考えるようにしましょう。

 

「正社員」の土日休み・残業なし

 

多くの人が考えるものとして、「正社員の薬剤師として土日休み・残業なしで働けないか」ということがあります。ただ、現実的に正社員で毎回土日休みは難しいと考えてください。

 

病院であれば、患者さんは土日関係なく来院します。ドラッグストアであれば、日曜日まで店を開けなければいけません。調剤薬局であっても、診療所(クリニック)の時間に合わせていることが多いため、やはり土曜日に薬剤師は必要です。

 

ただ、私の知っている薬局の中で、門前にある病院が土曜日午前で診療を行っているにも関わらず、土曜日を閉店にしている調剤薬局がありました。こうした例外は存在するものの、基本的には調剤薬局であれば土曜日出勤は覚悟しなければいけません。

 

しかしながら、数は少ないですが先に挙げたような例外は存在します。こうした薬局を狙い撃ちすれば、土日休みが可能です。一般企業と同じように、土日休みであるとプライベートを充実させることが可能です。

 

ただ、正社員である以上、残業なしまで考慮してくれるかどうかは薬局の方針や処方せんの枚数によります。

 

ちなみに、製薬企業や医薬品卸の薬剤師であれば、正社員で土日休み・残業なしを実現できます。プライベート充実を正社員で目指すなら、こうした一般企業も考えるようにしてください。

 

土日休みの求人数や割合を確認する

 

それでは、実際のところどれだけ土日休みの求人が存在するのでしょうか。残業なしの職場は調べられませんが、土日ありの求人であれば以下のようになります。

 

 

求人数(東京都)

土日休み求人数

割合

調剤薬局 4137 296 7%
ドラッグストア 1186 71 6%
病院 290 25 8%
一般企業 9 6 67%

※東京都の薬剤師求人数から調査

 

このように、全体的に見ても土日休みの求人の割合は非常に少ないです。調剤薬局、ドラッグストア、病院と土日休みの求人は非常に特殊な案件だといえます。

 

一般企業では土日休みの割合が高いものの、求人数自体が少ないです。そのため、一般企業への転職は狭き門です。

 

ただ、ここから分かる通り土日休みの求人がゼロなわけではありません。逆に考えれば、調剤薬局のうち7%ほどは土日休みの求人が存在することになります。特に調剤薬局は求人数自体が多いため、それに伴って土日休みの求人数も多いです。こうしたことから、土日休みを狙うのは調剤薬局が最も現実的です。

 

門前薬局は土日休みの可能性が比較的高い

 

調剤薬局の中でも、病院の前に存在する薬局は土日休みであったり、早めに退社できたりする可能性が比較的高いです。

 

中規模病院や大病院であると土日の外来診療をしていないことがあるため、こうした病院の門前薬局は土日休みです。また、大病院であるほど診察が早めに終わることが多いため、それに伴って調剤薬局の退社時間も早くなります。

 

もちろん、すべての門前薬局が土日休みというわけではなく、残業なしということでもありません。ただ、病院の外来診療が早めの時間でおわるのであれば、それに伴って調剤薬局も残業なしの可能性があります。

 

処方せん枚数の少ない薬局は残業なしが多い

 

また、土日休みの求人は諦めるにしても、残業なしの職場をどうしても確保したいと考える人もいます。そうしたとき、処方せん枚数の少ない薬局を狙いましょう。

 

処方せん枚数が多い薬局であると、どうしても残業が発生してしまいます。調剤・監査・投薬だけでなく、その後に薬歴管理を実施するなど多くの作業が存在します。患者さんが帰った後に薬歴入力をしなければいけないため、残業が発生しやすくなります。

 

ただ、処方せん枚数が少なく比較的落ち着いて仕事ができる職場であれば、薬歴入力していない処方せんをためずにすみます。患者さんが来ていない間は他の事務作業をするなど、効率的に時間を活用すれば問題なく残業なしを実現できます。

 

パート薬剤師の土日休み・残業なし

 

それでは、パート薬剤師であればどうなのでしょうか。土日休み・残業なしは正社員では現実的に難しいものの、パート薬剤師であれば十分可能です。

 

私がお世話になったことのある調剤薬局であっても、パート勤務の方の中には「土日休みを徹底しており、平日であっても勤務終了時間になったら、患者さんがまだ残っていても帰る」ように配慮されている人がいました。

 

パートの人によって勤務条件がバラバラであり、同じ薬局内で土日出勤や残業OKのパート薬剤師がいれば、土日出勤や残業の両方ともNGの人もいました。

 

ただし、年に一度の棚卸し(薬局にある医薬品の数をすべて確認する作業)など、どうしても人手が必要なときは土日出勤や残業がNGの人たちも土曜日出勤をして棚卸をしていました。また、棚卸は非常に時間がかかるため、そのときは全員が夜遅くまで作業をしていました。

 

「どのようなことがあっても土日出勤は不可、残業はダメ」ではなく、年に数回くらいであればお世話になっている職場のために貢献することを考えましょう。

 

派遣薬剤師の土日休み・残業なし

 

パート薬剤師は主に女性が利用する雇用形態ですが、男性であっても雇用方法によっては問題なく土日休み・残業なしでの薬剤師勤めが可能です。これは、派遣薬剤師として働くことで実現できます。

 

派遣薬剤師は「時給が高い」ことが一般的です。そのため、本気で勤務すれば正社員で働くよりも給料が高くなってしまうことはしばしば見受けられます。

 

派遣という形式であれば、働く時間や休みの日を調節できます。3ヵ月や半年、1年間などの契約であるため、特定の職場に縛られることもありません。そういう意味では、かなり自由な働き方であるといえます。

 

派遣薬剤師であると長期契約だけでなく、「1日や1週間だけなど、単発(スポット)でヘルプとして働く」などの仕事も存在します。単発での勤務であると、基本的に調剤はせず監査や服薬指導がメインの業務になります。

 

契約期間は働く必要があるものの、前述の通り派遣では時間や休日の融通が利きやすいです。男性でも女性でも、自由な働き方にあこがれる人には最適だといえます。

 

週休二日制の会社を見つける

 

このように、土日休みや残業なしの案件について紹介してきました。それでは、週休二日制の会社はどうなのでしょうか。

 

土日休みとは対照的に、調剤薬局や病院、ドラッグストアであっても週休二日であれば多くの会社で採用されています。「土日を連続して休む」ことは厳しいかもしれませんが、労働時間に関しては法律で決められているので、週に二回の休みをもらうこと自体はそこまで難しくありません。

 

また、正社員の薬剤師が何人もいる薬局であれば、週休二日を確保しやすいです。一人薬剤師であると難しいですが、人数の多い薬局であるほど休みの融通が利きやすいです。

 

参考までに、1年は52週あるため、1年に104日の休みがある求人は普通です。「52週 × 週休二日 = 104日」という計算です。

 

ここに祝日などが加わると、1年間の休みは118〜120日ほどになります。これらを参考にしながら、どれだけの休みを確保できる求人なのかを確認するようにしてみてください。

 

土日休み、残業なしの職場は転職サイトで探すべき

 

先にも述べた通り、土日休みや残業なしの求人を狙うのであれば給料が低くなることは必ず覚悟するようにしてください。「休みは欲しいが、高年収も確保したい」などのようなわがままは通用しません。

 

ただ、土日休みの職場の割合は少ないです。また、残業なしの求人がどこにあるのか、個人で見つけるのは難しいです。実際、「正社員で土日休みの求人」「パート薬剤師で勤務時間や休みの融通が自由に利く職場」「派遣薬剤師を受け入れてくれる薬局」を自ら探すのは至難の業です。

 

そこで、土日休み・残業なしを目指す人は薬剤師の転職サイトに登録して、在籍するコンサルタントを活用しながら求人を探していくようにしましょう。特殊な求人を自分で見つけようとするのは現実的ではないからです。

 

このとき、一緒に「通勤時間は短い方がいい」「収入は減っても問題ない」など、あなたの希望を詳細に伝えるようにしましょう。

 

このようなステップを経ることで、ようやくあなたの希望に合致した求人と出会うことができるようになります。その結果、これまで以上にプライベートが充実するようになっていくでしょう

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師が土日休み・残業なしの求人へ転職するには

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師が土日休み・残業なしの求人へ転職するには

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師が土日休み・残業なしの求人へ転職するには

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事