病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

在宅医療を行う調剤薬局の求人で薬剤師が就職・転職するには

 

かつての薬剤師は調剤室にこもっての作業が大半でした。しかし現在、病院では病棟に出て服薬指導を行い、調剤薬局でも高いコミュニケーション能力が求められるようになっています。

 

その中でも、調剤薬局によっては患者さんの家(在宅)に出向いて服薬指導を行うこともあります。いわゆる在宅業務のことですが、医療に貢献したい薬剤師であればこうした求人に興味をもち、積極的に在宅を行う薬局に就職・転職する人もいるほどです。

 

ふだんは隣の病院・クリニックの処方せんを主に受けている薬局が在宅を行う場合があれば、在宅専門の薬局も存在します。

 

在宅業務ありの薬剤師の役割

 

国の方針として、病院ではなく自宅で患者さんを診ることを推奨しています。この理由は単純であり、医療費を抑えることができるためです。

 

亡くなるまで病院に居続けるよりも、在宅で過ごすようにしてもらった方が医療費は格段に少なくなります。患者さんの負担にしても、病院より家にいて医師の往診を受けた方が安上がりです。そのため、在宅医療が注目されています。

 

このとき、実際に患者さんの家に出向き、薬を渡したり様子を聞いたりすることで、薬剤師も在宅医療に関わるようにします。

 

患者さんの家に出向くと、さまざまなことが分かります。例えば薬を適切に服用できておらず、たくさんの残薬で埋もれていることがあります。「認知症の夫」が「認知症の妻」を介護している場合も頻繁にあるため、在宅業務を行うとこうした場面に頻繁に出くわします。

 

そこで、薬を確実に服用できるように整理したり、お薬カレンダーの活用を他の医療従事者に提案したりすることで解決していきます。

 

薬局での在宅の行う先について

 

他の医療関係者はお薬カレンダーの存在自体を知らないことがあるため、こうした指導はとても重宝されます。

 

また、患者宅ではなく老人施設に出向いて薬を渡し、服薬指導するという形式の在宅業務もたくさん存在します。

 

医師が老人施設に出向いて診察する場合、その医師が勤めるクリニックに隣接する薬局が薬を調剤することが多いです。つまり、Aクリニックの院長が老人施設Bに出向いて診療して処方せんを出す場合、このときの処方せんはAクリニックの隣にある薬局(Aクリニックの処方せんをメインで受ける薬局)が調剤を行うのです。

 

薬局が在宅を行うようになるきっかけとしては、「隣の病院やクリニックの医師が老人施設で診察を行うようになった」ということが意外と多いです。

 

「在宅業務あり」と薬剤師の求人に記載があれば、こうした患者宅に出向いたり、老人施設へ薬を届けたりする業務が考えられます。

 

在宅での仕事の流れ

 

在宅に関わる医療関係者としては、医師、訪問看護師、ケアマネージャーなど多岐にわたります。このとき看護師は診療の補助や処置だけでなく、服薬指導や薬の管理まで行います。

 

ただ、看護師は薬の専門家ではないし他にも業務がたくさん存在するため、服薬指導や薬の管理などは専門家である薬剤師が担うことに大きな意味があります。

 

薬剤師が在宅医療を行うとき、最初に医師が処方せんを発行します。このときの処方せんが薬局に届けられると、その内容をもとにして薬剤師が調剤・監査を行います。

 

※薬の調剤を行うとき、FAXなどを利用することもあります

 

その後、患者宅や老人施設へ出向いて薬を届け、服薬指導などの在宅医療を提供します。これらの業務を行った後、報告書を書くなど必要に応じて医師、看護師、理学療法士、ケアマネージャーなどと情報共有します。

 

在宅業務を行う薬剤師の仕事内容

 

在宅業務とはいっても、現実的には老人施設の調剤ばかりを行い、薬を届けるだけの「在宅」になりがちです。老人施設だけでなく患者宅へ出向く場合であっても、薬を渡すだけになってしまいやすいです。

 

本来、在宅の業務は薬を届けるだけのものではありません。一包化を行い、お薬カレンダーに入れるだけで在宅が完了することはないのです。

 

患者宅に上がらせてもらい、話を聞くことでようやくわかることは多いです。そこから、薬剤師の視点で物事をとらえ、他職種の人に対して情報共有しなければいけません。

 

それでは、薬学的な観点からの指導となると具体的にどのようなことを行えるのでしょうか。在宅で薬剤師が行える役割としては、以下のようなものがあります。

 

服薬方法の提案

 

患者宅に上がることで、ようやくわかることがあります。前述の通り、残薬が大量にあるなどの問題を発見することがあります。

 

例えば朝に飲む薬が大量に余っている場合、昼や夜は問題なく服用できていることがわかるため、薬を飲むタイミングを夕食後に固定するように医師へ提案することができます。薬によっては難しい場合もありますが、その場合は他の種類の薬で代替できないかを考えるのが薬剤師の仕事です。

 

また、高齢患者では薬を飲み込む力(嚥下能力)が低下している場合があります。こうしたとき、薬を粉末化したり懸濁したりします。嚥下補助のためにゼリーを活用することもあります。

 

他の医療者であると、こうした提案を行えない可能性があります。そこで患者さんがより薬を服用できるように在宅薬剤師が支援するのです。

 

薬の管理方法を提案

 

一包化やお薬カレンダーを活用するのは、在宅薬剤師としての初歩です。本来であれば、そこからさらに踏み込んだ指導を行わなければいけません。

 

薬によっては、吸湿性に問題があったり光に弱かったりする医薬品があります。

 

高い湿度に弱い薬の場合、冷蔵庫保存をしたり乾燥材を活用したりします。光に弱い薬であれば、遮光性の袋に入れて管理することもあります。薬の性質にまで着目して、薬の管理方法を提案するのです。

 

薬の効果、副作用についての確認

 

医師や看護師は薬の効果が表れているか、また副作用が出ていないかについて確認します。これについて、薬剤師も同様に薬の効果や副作用をチェックしなければいけません。

 

飲んでいる薬の種類を見れば、薬剤師であればどのような効果が表れ、副作用を生じやすいのかについて判断できます。そうした知識から総合的に判断して、薬の効果や副作用をチェックするのです。患者さんと雑談する中で聞き取りを行うことで、ようやくこれらの確認ができるようになります。

 

医療用麻薬の管理・廃棄

 

がん患者さんであれば、在宅で医療用麻薬を活用することがあります。がんによる疼痛を防止するため、麻薬は頻繁に用いられます。

 

医薬品の中でも、麻薬は非常に管理が厳しいです。そして、麻薬である以上はその使い方を間違えると副作用が表れますし、管理が不十分であれば後で大きな問題が起こったりします。中には麻薬の廃棄が必要なケースもあるため、そうした廃棄方法を指導するのは薬剤師の役割です。

 

また、医師によっては麻薬の扱いに慣れていないことがあります。そうしたとき、薬剤師が麻薬の活用方法を医師に提言できれば大きな力になれます。

 

医療材料の提供

 

在宅医療を行う薬局であれば、処方せんに基づいて薬を届けることだけが仕事ではありません。薬以外の医療材料を提供することも仕事の一つです。

 

薬局というのは、小売店でもあります。小売店とはいっても、医薬品や医療機器などを取り扱える特殊な小売店です。そこで、カテーテルや栄養ボトルなど、調剤だけを行う薬局ではあまり聞きなれない医療材料・衛生材料を発注して、必要とする医師や訪問看護師などに提供するのです。

 

訪問薬剤師が行うべきこと

 

24時間体制で在宅支援を行っている薬局が介入している場合であっても、服薬指導を訪問看護ステーションへ依頼するケアマネージャーは多いです。その理由としては、「薬剤師でなくても服薬管理でき、訪問看護師の方が密に連携を取れるから」というものが多いです。

 

ただ、扱い方が特殊な薬や麻薬を用いるとき、服薬指導を薬剤師に頼むことが多くなります。併用薬が多かったり、看護師では服薬状況がよくなかったりするケースでも薬剤師に依頼がきます。

 

簡単な処方せんというよりも、より複雑な内容になったときは在宅医療の場面で薬剤師が大きな力を発揮するといえます。

 

他職種から薬剤師への不満

 

薬剤師が在宅で活躍するとはいっても、他職種から不満が出ることがあります。このときの不満としては、「丁寧に服薬指導をしたり、薬の管理をしたりしてくれることを期待しているにも関わらず、薬を届けるだけで帰ってしまう」というものがあります。

 

ここまで述べた通り、在宅での本来の業務は患者宅や老人施設へ出向いて薬を渡すことではありません。ただ、実際のところ薬を渡すだけの薬局が多いため、こうした不満が漏れやすいです。

 

また、情報共有のための報告書がなかったり、あったとしても報告書の内容が簡単で毎回同じだったりすることがあります。これについても、他職種からの不満につながりやすいです。

 

こうした不満があることを理解したうえで、薬剤師として在宅で認めてもらうように努力しなければいけません。そうすることで、ようやく在宅薬剤師としての職能を発揮できるようになります。

 

在宅ありの調剤薬局の関わり

 

在宅指導を行うとき、多くは「一般的な調剤薬局として機能している薬局」が通常時間の中でその指導を行っていることがほとんどです。ただ、中には在宅だけを専門で行っている調剤薬局が存在します。数は多くありませんが、薬局の中にクリーンベンチを確保して、輸液の調製なども行えるようになっています。

 

こうした調剤薬局で行う業務は病院と同じような高度なものであり、抗がん剤や注射用麻薬などあらゆる薬剤を扱うようになります。また前述の通り、医師は医療用麻薬の扱いに慣れていないことが多いため、薬剤師が薬の使い方をサポートすると大いに感謝されます。

 

このように薬局の中には、最先端の医療を扱っている調剤薬局も存在するのです。

 

最先端の施設だけが在宅ではない

 

ただ、クリーンベンチの設置には莫大な費用がかかるため、在宅を行うすべての薬局に設置するのは現実的ではありません。そこで、必ずしも最先端の施設保有だけが在宅ではないことを認識しなければいけません。

 

在宅を実施している薬局をみると、クリーンベンチをもたない調剤薬局は多いです。ただ、それでも問題ありません。輸液の中には既に予製されているものがありますし、注射薬でなくても他のものでカバーできることは多いです。

 

必ずしも無菌調整する必要はなく、他の医療従事者の力を借りながら総合的に患者さんと向き合うのが在宅医療であるといえます。

 

最先端の施設や技術を提供するよりも、本来は最新の知識を患者さんや周囲の医療従事者に届ける方が重要です。勉強会に出席するなど、知識であれば誰でも平等に習得可能であるため、これを他の医療者と共有することが在宅で最も重要なことであるといえます。

 

こうした信念をもち、在宅に興味がある場合はそのような薬局の求人を探してみましょう。

 

在宅ありの求人を注意深く観察し、転職すべき理由

 

在宅指導を行っている薬局とはいっても、これまで述べてきた通り「在宅専門で行っている薬局」があれば、「調剤業務の片手間に行っている薬局」も存在します。薬を届けるだけの在宅になっていることがあれば、他職種と連携して丁寧に在宅業務を行っている薬局もあります。

 

このうち、どのレベルでの在宅に携わりたいのかを明確にしたうえで、在宅ありの薬局求人を探さなければいけません。

 

老人施設など、施設在宅がメインであれば薬を届けるだけになったり、調剤業務だけで1日が終わったりすることも珍しくありません。

 

ただ、やりがいを求めて患者宅ばかり出向いても、患者さんの家と距離が遠いなど、採算性が合わないことがあります。効率の面でいえば老人施設へ在宅指導する方が優れているため、患者宅ばかりへ在宅医療を提供しているケースであると、採算性の面で年収が低くなるケースがあります。

 

若い薬剤師など、やりがいや経験を求めるのであれば給料などはあまり考えずに転職しても問題ありません。年収が低いにも関わらず大病院が人気であるのと同じように、経験という意味では在宅専門の調剤薬局などは大きなスキルアップにつながります。

 

ただ、家庭をもっているなど給料の面できれいごとを言っていられません。そこで、在宅に携わってみたい薬剤師であれば、「どのレベルでの在宅を行っている薬局なのか」「年収や待遇などは、どの程度なのか」を天秤にかけた上で求人を検討し、転職するようにしてください。

 

在宅の薬局とはいっても、施設在宅が中心であったため、思っていた現場とは違っていたことはよくあります。こうした現実を踏まえ、転職サイトを活用しながら「あなたが望む在宅支援を行う薬局」の求人を探すようにしましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

在宅医療を行う調剤薬局の求人で薬剤師が就職・転職するには

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

在宅医療を行う調剤薬局の求人で薬剤師が就職・転職するには

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

在宅医療を行う調剤薬局の求人で薬剤師が就職・転職するには

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事