病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

シフト制、有給ありの薬剤師求人・転職案件の見つけ方

 

薬剤師として働く場合、休みについてしっかりと考えることは重要です。休みが取れる職場でなければ、プライベートを充実できません。

 

このときは一人薬剤師(薬局勤務)や企業薬剤師でない限り、シフト制が導入されています。このような決まりがあるのは、一般社員やパート・アルバイト、さらには派遣薬剤師が適切に休日を取得できるように法律で決められているからです。

 

例えば、1日8時間の勤務を週6日行う場合、労働基準法に違反することになります。管理職など例外はあるケースはあるものの、一般薬剤師であるなら週休2日が当たり前であり、きちんと休みを取らなければいけません。

 

ただ、薬剤師の場合は土日休みになることはほぼないです。日曜と平日のどこか1日を休むのが基本です。これについては、どのようなシフト制になっているのかを確認する必要があります。

 

また、同じように休みを考えるのであれば、有給休暇についても把握しておく必要があります。いくら「有給あり」と書かれていたとしても、実際は有給を取得できないケースが多々あるからです。そこで、本当の意味で有給取得可能な職場を選ばなければいけません。

 

そこで、薬剤師のシフト制について理解したうえで、どのように有給ありの求人を選び、転職すればいいのかについて解説していきます。

 

薬剤師のシフト制を理解する

 

パート・アルバイトや派遣の薬剤師はさておき、正社員の薬剤師が土日休みを継続的に取得するのは至難の業です。「土日休みOKの求人」で入社するのならまだしも、そのような求人は全体で見るとかなり少ないです。

 

調剤薬局であれば、基本的に土曜日も開業しています。病院やドラッグストアであれば、日曜日まで出勤しなければいけないケースは多いです。

 

ただ、日本では週休二日が基本なので、前述の通り土曜日に出勤する代わりとして、平日の他の日を休むのが普通です。例えば、「土曜日で1日出勤したのであれば、その代わりとして水曜日を休む」などのような感じになります。

 

私が勤めていた薬局も同様に、土曜日出勤した薬剤師は「木曜日と金曜日の午前を休む」「火曜日はパート薬剤師を多くして、正社員を休ませる」など、いろいろ調節していました。

 

このときはシフト係の薬剤師の女性がいて、その人に対してみんなが「この日は保育園で子供の会があるので休ませてほしい」「はずせない用事があるため、この日は午後から休みにしてほしい」などの要望を出していました。

 

調剤薬局やドラッグストアであれば、前もってシフト管理の担当者に伝えておけば休日を指定することができます。事前にシフト表が配られるため、先に「この日は予定があるので休みたい!」と伝えれば問題ありません。

 

これは正社員に限らず、パート・アルバイト、派遣であっても同様です。

 

病院のシフト制はどのようになっているのか

 

それでは、病院のシフトはどのようになっているのでしょうか。病院では夜勤や当直があります。要は夜も病院内で仕事をすることで、入院患者さんの非常時に備えるのです。そのため、シフトはより複雑になります。

 

これから病院への転職を考えている人や新人の病院薬剤師であれば、どのようなシフト管理がされているのか理解しておく必要があります。

 

一例を記しますが、例えば病院では以下のような勤務体系の中で働きます。

 

・平日勤務:朝8:30〜夕方17:30
・土日勤務:朝8:30〜夕方17:30
・夜勤(当直):夕方17:00〜朝9:00

 

この中で、どの時間帯で働くようになるのかはシフト担当の人が決め、シフト表が作られます。新人や転職したばかりの人であれば、月に何回かは土日祝日出勤や夜勤(当直)があると考えてください。

 

土日祝の勤務や夜勤(当直)はローテーションで行うため、当然ながら毎月シフトは変わっていきます。

 

事前に予定が分かっている場合であれば上司やシフト担当者に言うことで、あらかじめ休みの日を指定することができます。急な変更は難しいですが、同僚の薬剤師にお願いすることで勤務を変わってもらうこともできます。

 

シフトの融通が利くかどうかは、その病院にどれだけ薬剤師が在籍しているのかによります。また、病院規模によってはほとんど土日出勤や夜勤(当直)がないこともあります。

 

土日勤務や夜勤(当直)を行った後は、当然ながら代休をもらえます。また、時間外勤務として多めに給料をもらえるようになります。これらを数多くこなせば、それだけ給料は高くなります。

 

なお、時間外での薬剤師の仕事といえば、急患がきたり症状が変わって急に薬が必要になったりしたときに行う緊急薬の調剤がメインです。

 

平日休みをポジティブに捉えるべき

 

調剤薬局、病院、ドラッグストアと薬剤師で正社員として働く以上は土日休みが難しいです。まだ慣れていないときであれば、土日休みを取れないことにイライラするかもしれません。

 

ただ、考え方によっては平日休みの方が大きなメリットを受け取ることができます。テーマパークや観光地、映画館を含め、当然ながら平日の方が人数は少ないです。待ち時間が少ないため、ストレスなく楽しむことができます。

 

薬剤師業界で働くのであれば、同じように医療職で平日休みの友人を何人も作れるはずです。また、友達の中にはサービス業(アパレル、飲食、美容師)など平日休みの人が何人か必ずいるはずです。そうした人と一緒に平日に旅行へ行けば、人が少ない中でストレスなく観光できます。

 

有給ありの薬剤師求人

 

休日を考えるうえでシフト制を理解することは重要ですが、同じように大切になってくるのが有給休暇です。正社員として働くときは有給休暇が設定されています。本当に休日が必要な場合、薬局であっても病院であっても前もって上司に言うことで有給休暇を活用すれば問題ありません。

 

しかしながら、中には「有給あり」と求人票に書かれていたとしても、それは名ばかりで在籍する薬剤師のほとんどが有給取得できていないケースは多いです。要は、有給消化率が低いのです。

 

これについては、実際に働き始めなければ分かりませんが、働く前(転職前)であっても有給取得について実情を把握できるケースがあります。それは、実際に働く現場を見学して、そこで働く薬剤師に「ぶっちゃけどうなのか」について質問してみることです。

 

現場の声を聞かなければわからない

 

本社にいる社長や採用担当者であれば、薬剤師を雇いたいという一心で良いことばかり言うケースが多いです。ただ、現場の管理薬剤師や一般薬剤師に「実際のところはどうか」を聞くと、わりと本音で話してくれます。

 

このときは単に「有給を取得しているかどうか」だけでなく、「どれだけ有給休暇を消化しているか」まで踏み込んで聞くといいです。有給消化率が低い職場ではなく、有給消化率が高い求人であることを現場で働く薬剤師から裏付けを取るのです。

 

現場で働く薬剤師は、これからあなたと一緒に働くかどうかまで見据えています。

 

そのため、下手に良いことをいうよりも真実の情報を伝え、それに対して納得してもらったうえで働いてもらう方が良いと判断する薬剤師の方が多いです。そのため、真実の情報を提供してくれます。

 

このように考えると、転職するときには薬局であっても病院であっても、これから働く予定の現場まで足を運び、見学させてもらうことは非常に重要だということが分かります。

 

パート・アルバイトや派遣は有給を取得できるのか

 

パート・アルバイトであっても法律上は問題なく有給休暇を取得できるようになっています。ただ、正社員が有給を活用するのは一般的であるものの、パート・アルバイトが有給を活用するのは一般的ではありません。

 

そのため、パート・アルバイトの薬剤師が有給を活用できるかどうかについては、やはり転職前に現場の薬剤師に聞くのがよいです。

 

なお、派遣薬剤師も同様に有給を取得できます。派遣であれば働く時間は正社員とほぼ同じなので、パート・アルバイトよりは有給取得を申し出やすい環境にあります。

 

シフト制や有給消化率が適切な職場へ転職するには

 

自らの力で職場を探し、「どのようなシフト制になっているのか」「職場見学をさせてもらえるか」「勤務条件や休日はどうなっているのか」などを直接交渉できる人であれば問題ありませんが、私を含めそうした薬剤師は非常に少ないです。

 

そこで、多くの人は転職サイトを活用することでプロのキャリアコンサルタントに転職を依頼します。転職サイトであれば、必ず職場見学をセッティングしてくれます。

 

ただ、転職サイトによって特徴は大きく異なります。例えば「必ず事前面談を行い、面接まで同行してくれる転職サイト」があれば、「面談や面接同行はせず、求人を数多く提示するスタイルの転職サイト」もあります。

 

転職サイトごとにサービス内容が大きく異なるので、これについてはあらかじめチェックしておくようにしてください。

 

いずれにしても、有給消化率が高い求人を希望する場合、転職前に必ず職場見学をするようにしてください。また、現場で働く薬剤師にその場でシフト制について確認すれば、さらに深く「これから働こうとしている求人」について理解できるようになります。

 

このように興味のある求人先へ足を運び、現場の薬剤師にぶっちゃけ話をしてもらうことが転職で失敗しないコツです。本社の人がいう言葉ではなく、必ず現場の声を大切にするようにしてください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

シフト制、有給ありの薬剤師求人・転職案件の見つけ方

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

シフト制、有給ありの薬剤師求人・転職案件の見つけ方

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

シフト制、有給ありの薬剤師求人・転職案件の見つけ方

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事