病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

調剤薬局へ薬剤師が転職する際の3つのポイント

 

薬剤師が転職を考える上で最も候補に上がりやすい職場として調剤薬局がありあす。職場の中でも調剤薬局の数が多いという理由があり、実際にこれら調剤薬局は薬剤師を欲しています。

 

一般企業経験者などでこれまで調剤を行ったことがない未経験者であったとしても、薬剤師免許さえあれば喜んで迎えてくれます。正社員やパート・アルバイトを含め、調剤薬局は薬剤師免許を持つ人にとって転職しやすい職場となります。

 

それでは、どのような点に注意して薬剤師は転職活動を行えばいいのでしょうか。実は調剤薬局へ転職を考える場合、注意すべき点がたくさんあります。

 

調剤薬局の仕事

 

たとえ調剤未経験の人であっても、薬局の仕事の流れは大まかに理解していると思います。ただ、復習の意味を込めて以下に調剤薬局で働く薬剤師の主な業務内容を記していきます。

 

調剤・監査

 

処方せんに従って医薬品を調剤するのは薬剤師の仕事です。処方せんには基本的に、一般名処方で薬の名前が書かれているため、先発医薬品を調剤する場合は医薬品の一般名と商品名を一致させなければいけません。

 

また、調剤した薬が正しいかどうかについて再び確認します。この作業を監査といいます。監査では他の薬剤師が第三者の目線で確認します。ただ、一人薬剤師の場合は自ら監査を行わなければいけないため、一人薬剤師であるとどうしても調剤ミスが増えてしまいます。

 

このとき、処方内容に疑問がある場合は医師に確認しなければいけません。これを疑義照会といいます。お薬手帳や患者さんとの会話、処方せんの内容から疑義照会をするのは薬剤師の仕事です。

 

なお、調剤は薬剤師しか行ってはいけません。職場によっては事務員が調剤を行うこともありますが、これは違法行為です。あまりよい薬局とはいえないため、職場見学のときに薬剤師以外の人が調剤を行っていることが判明した場合、その薬局への転職はやめるべきです。

 

服薬指導

 

調剤・監査が終わった後、服薬指導を行います。薬が適切に使用されるように、薬の飲み方や副作用、生活指導などまで含めて患者さんへ説明を行うのです。

 

調剤未経験であったりブランクが長かったりする場合、服薬指導は緊張します。そうしたとき、生活習慣病(高血圧、脂質異常症など)の簡単な処方せんから服薬指導を始めるといいです。私も最初はそこからスタートしました。

 

そうして経験を積み、吸入薬、粉薬、塗り薬と指導が難しい薬にチャレンジしていくようにしましょう。

 

薬歴管理

 

服薬指導が行った後は、患者さんに対してどのような指導を行ったのかを記録します。服薬歴や副作用情報を含め、管理するのです。

 

薬歴管理をきちんと行えば、後日服薬指導をするときに過去の薬歴を見るだけで「以前にどのような指導をしたのか」を確認できます。このときの情報を服薬指導に活かすことができるため、非常に重要な作業です。

 

現実的には、患者さんが待合室に何人も待っていることが多いです。そのため、調剤・監査、服薬指導を続け、患者さんが途切れたときを狙って一気に薬歴の入力を行います。服薬指導の内容を思い出しながら入力する必要があるため、記憶力のトレーニングにもなります。

 

在宅医療

 

上記の3つが調剤薬局の主な仕事内容ですが、中には在宅医療を行う調剤薬局も存在します。患者さんの家にいったり、老人施設へ出向いて薬を渡したりするのです。

 

ただ、在宅医療といってもその内容はさまざまです。

 

患者さん宅へ上がって服薬指導や麻薬管理まで行う調剤薬局があれば、薬局内で調剤を行って老人施設へ届けるだけの薬局も存在します。実際のところは後者の「薬を届けるだけの在宅医療」が多いため、本当の意味で在宅に興味がある人は仕事内容をしっかり確認しましょう。

 

調剤薬局の種類を見極める

 

これらが調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容です。薬局にも種類があるため、実際に転職するときはどの薬局が良いのかあらかじめ確認しておく必要があります。

 

大手チェーン薬局と中小薬局

 

調剤薬局の年収相場は400〜500万円といわれています。管理薬剤師であれば500〜600万円となります。このとき、大手チェーンになると年収がやや下がる傾向にあり、地方や中小薬局になると年収が比較的高めです。

 

また、大手チェーン薬局であると全国への転勤があります。大手チェーンでは一般企業と同じように制度が整っているケースが多く、調剤業務以外にもエリアマネージャーなど幅広い仕事のチャンスがあります。

 

一方で中小薬局であれば、基本は薬剤師として現場で活躍することになります。常に現場を見ていたい人であったり、転勤なしで特定の地域にずっと住んでいたかったりする人の場合、中小薬局が適しています。

 

薬局の形態による違い

 

また、調剤薬局には病院の目の前にある「門前薬局」やあらゆる医療機関からの処方せんを受け取る「面分業薬局」など、それぞれ形態が異なります。その中でも一般的なのは、特定のクリニック(診療所)の隣に薬局を構え、処方せんを受け取る形式の店舗です。

 

病院の規模にもよりますが、門前薬局であると病院前にあるので処方せんの数が多くなりやすいです。そのために忙しく、一人の患者さんにかける時間は短くなりがちです。

 

一方でそこまで処方せんの数がない薬局であれば、一人の患者さんに時間をかけることができます。どちらが優れているということはないため、どのような薬剤師を目指したいかによって転職先を決めるといいです。

 

処方科目から薬局を選ぶ

 

また、内科の隣にある薬局ではあらゆる薬を扱うことができます。一方、眼科や耳鼻科、皮膚科などであれば特定の薬だけを取り扱います。薬の種類は決まっているので、眼科や皮膚科などでは業務に慣れやすいという利点があります。

 

ただ、狭い分野の薬だけに詳しくなることについて、より多くの知識を身につけたいと思う人にとっては不満を覚えてしまいます。

 

また小児科であれば、粉薬や水剤の調剤が非常に多くなります。こうした薬局であれば一つの処方せんの調剤に時間がかかり、労力を費やすという特徴があります。

 

調剤薬局は主に扱う科目によって業務内容が異なるため、どの科目の薬局に勤めたいのかを最初に明確にしておかなければいけません。そうすれば、働きたい調剤薬局が見えてきます。

 

調剤薬局へ転職するメリット

 

働きたい調剤薬局を明確にすることは重要ですが、なぜほとんどの薬剤師が転職・就職先に調剤薬局を選ぶのでしょうか。それは、調剤薬局へ転職することはそれだけメリットがあるからです。

 

以下にどのようなメリットが存在するのかについて確認していきます。

 

基本的な給料が高い

 

一般企業に比べると、薬局薬剤師の給料は高いです。病院薬剤師の年収は低いですが、調剤薬局であれば年収は高めに設定されています。これは正社員だけでなく、パートやアルバイトで働くときも同様です。パート・アルバイトであると、調剤未経験であっても基本は時給2000円からスタートします。

 

「地元へ帰る必要があるため引っ越しをする」「旦那の転勤・異動に伴い、知らない地で薬剤師をする」などの理由で転職するときであっても、以前の職場と同じ(または高い)年収が保たれることは優れた点だといえます。

 

一般的な企業では、ヘッドハンティングでない限り転職で年収が下がることを覚悟しなければいけません。一方で薬剤師であれば、基本的には給料が下がることは少ないです。

 

医療の一翼を担うことができる

 

そしてやりがいという意味では、薬剤師は大きいです。地域医療を担うのが調剤薬局で働く薬剤師の役割です。

 

そのため、給料や時給が高いという理由だけで調剤薬局で働くのはあまりお勧めできません。実際のところ勉強することは多いですし、患者さんからも頻繁に質問されます。疑義照会では医師と処方内容が正しいかどうか確認する場面もあります。

 

こうしたことを理解したうえで、「医療の一翼を担うことで医療への貢献ができる」ことに薬剤師としての意味があるといえます。

 

調剤経験なし、ブランクありでも転職できる

 

これまでの調剤未経験であったり、結婚して主婦歴が長いためにブランクがあったりしても問題なく転職・就職できるのが調剤薬局です。

 

もちろん前述の通り、薬剤師として勉強することは多いです。ただ、最初は簡単な処方の服薬指導から入れば問題ありません。また、実際の服薬指導ではお薬情報の紙を見せながら患者さんに説明することになるため、それを患者さんと一緒に確認しながら説明すれば大丈夫です。

 

慣れて知識がついてくれば、自然に患者さんへ指導できるようになります。こうして経験を積んでいけば、自信をもって服薬指導を行えるようになります。

 

意外と勤務形態の融通が利く

 

病院やドラッグストア、企業と違って、薬局では意外と勤務形態の変更が可能です。調剤薬局では薬剤師を雇うのが難しいため、長く働いてもらうためにある程度の融通を利かせてくれるのです。

 

もちろん薬局によって異なりますが、交渉次第では時短勤務をしたり、(家と勤務先が近い場合は)一時的に昼に自宅へ戻ったりすることが許されるケースが多いです。

 

一般企業ではあり得ないことであっても、調剤薬局であれば交渉できます。特に社長との心の距離が近い中小薬局であるほど、勤務形態の融通が利きやすいです。調剤薬局へ転職するとき、求人先の薬局へ希望をいうことで融通が利くかどうかをあらかじめ確認しておくといいです。

 

調剤薬局へ転職して働くデメリット

 

調剤薬局の求人はこのようなメリットがある一方、デメリットも存在します。一般的にどのようなデメリットが存在するのかについて確認していきます。

 

昇給を見込みにくい

 

調剤薬局の薬剤師であると、最初の給料は高くてもその後の昇給をほとんど見込むことができません。管理薬剤師などの管理職であれば多少は上がりますが、基本的な年収はあまり変わらないと考えてください。

 

もちろん、まったく給料が変わらないというわけではありません。やる気をもって薬剤師業務にあたることで経験を積み、患者さんの満足度を上げることで処方せんの枚数を上げれば、それが評価されて昇給につながる可能性があります。

 

中には、いくら薬剤師として活躍したとしても、薬局の方針で給料が変わらないことがあるかもしれません。そうしたときであっても、他の薬局へ転職することで年収アップが可能になることもあります。

 

いずれにしても、やる気をもって取り組めば正社員であってもパート・アルバイトであっても多少の給料増は期待できます。ただ、調剤薬局は最初の給料が高い分だけ、一般企業ほどの年収アップはないということになります。

 

仕事がルーティーン化しやすい

 

調剤薬局では基本的に行う業務が決まっています。前に記した通り、調剤・監査、服薬指導、薬歴管理が基本です。ここに一包化や粉薬の調整などの作業は加わるものの、基本的な作業は同じです。

 

急性期病院のように、常に病態の違う人が駆け込んでくるわけではないため、仕事内容がルーティーン化しやすくなります。そこでセミナーに出たり勉強会に出席したりして外の空気を吸う薬剤師は多く、仕事内容が単調にならない工夫が必要です。

 

狭い世界なので人間関係が重要になる

 

調剤薬局では、狭い空間の中だけで仕事を行うことになります。そのため、人間関係が非常に重要です。

 

私が働いていた調剤薬局では、幸いみんな優れた人間性をもった薬剤師の方ばかりであったため、人間関係でそこまでもめることはありませんでした。ただ、当然ながらすべての薬局で人間関係が問題ないわけではありません。

 

薬剤師の転職では、転職理由の上位に「人間関係」が出てきます。そのため実際に転職を行うとき、調剤薬局の雰囲気まで含めて求人先の薬局を確認するといいです。

 

調剤薬局への転職で重要な3つのポイント

 

調剤薬局への転職とはいっても、さまざまな点を考慮した上で行わなければいけません。いずれにしても、自分が目指すべきものを理解したうえで転職を検討するようにしましょう。

 

ここまでを踏まえたうえで、調剤薬局の求人で確認すべきポイントとしては以下の3つがあります。

 

主な仕事内容や働き方、処方せんの枚数

 

当然ですが、仕事内容は重要です。調剤薬局とはいっても、病院前にある門前薬局へ就職することで「幅広い処方せんを受ける薬局」に転職したいのか、それとも「皮膚科など特定の処方せんだけを扱う調剤薬局」の求人に応募するのかによって、その業務内容は大きく変わってきます。

 

「働きたい薬局の種類」「主な科目」を明確にすることによって、薬剤師としてのキャリアを考えるようにしましょう。

 

そして同時に、処方せんの枚数にも着目する必要があります。1日の処方せん枚数によって、薬局の忙しさを推測することができます。

 

ただ、たとえ忙しかったとしても、そうした薬局であるほど在籍する薬剤師の人数が多いです。急な休みにも対応できる薬局を探している人であれば、「代わりの薬剤師がたくさんいる薬局」へ転職する必要があるため、この場合は処方せん枚数の多い薬局の方が適切です。

 

働く場所、福利厚生

 

こうしたことを考慮しながら求人を見極めていきますが、働く場所についても検討しましょう。調剤薬局の場合、自宅近くを希望する薬剤師がほとんどなので、特別な事情がない限り基本は通勤時間の短い薬局で問題ないです。

 

ただ正社員での転職であれば、転勤を考慮しなければいけません。全国チェーン薬局なのか、それとも中小薬局なのかによって転勤の規模が違ってきます。特に管理職となると、必ず転勤・異動まで考慮するようにしましょう。

 

パート・アルバイトや派遣であれば転勤・異動まで考える必要はないですが、転勤が原因で職場を退職し、他の会社へ転職する人もいるほどなので、勤務地や転勤の有無については最初から確認しておく必要があります。

 

また、薬局が違えば福利厚生が異なります。福利厚生は求人票に書かれていない項目なので、転職サイトのコンサルタントを活用するなどして、あらかじめ深く聞いておくようにしましょう。

 

昇給・時給アップも重要な項目ですが、これについても最初に確認するといいです。自分から聞くのは抵抗があると思うので、転職サイトのコンサルタントを通して聞いておけば問題ありません。

 

人間関係の確認

 

かなり重要な項目として、職場の人間関係があります。多くの薬剤師は転職サイトを活用しますが、このとき本社の面接には行くものの、現場の職場を見学しない人がいます。ただ、これは非常に危険です。必ず職場見学は行うようにしましょう。

 

もちろん、数十分の見学ですべてがわかるわけではないです。ただ、現場で働いている管理薬剤師や一般薬剤師と話すことによって、ある程度は職場の雰囲気を確認することができます。

 

また、「有給休暇を活用しているか」など現場レベルの生の声を拾うこともできます。そういう意味で、転職時には人間関係も確認しましょう。転職サイトのコンサルタントに「面接後に職場見学をしたい」といえば必ず調整してくれるはずです。

 

自分の将来を見つめた転職を行う

 

ここまで確認すると、単に調剤薬局へ転職するとはいっても求人内容をしっかりと確認し、どういう薬剤師になりたいのかを認識すべきだということが分かります。

 

「あらゆる処方せんを受け付ける面薬局」「在宅を学べる薬局」「管理職としての調剤薬局への転職」など、あらゆるケースが存在します。他にも正社員だけでなく、パート・アルバイト、派遣社員などの形態もあります。

 

また、調剤経験ありで年収アップを狙いたい人と、調剤未経験やブランクありの状態で薬局へ転職するのでは、その内容は大きく変わります。

 

こうしたことを理解したうえで、多くの薬剤師が活用する「転職サイト」を利用して、あなたに適した求人を見つけるようにしてください。自分の将来を見つめたうえで求人を探すことで、ようやく転職で成功できるようになります。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

調剤薬局へ薬剤師が転職する際の3つのポイント

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

調剤薬局へ薬剤師が転職する際の3つのポイント

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

調剤薬局へ薬剤師が転職する際の3つのポイント

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事