病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

パートやアルバイトの薬剤師として転職し、働くメリット

 

女性の場合、特に復職後などでパート薬剤師(アルバイト薬剤師)として働く人はとても多いです。パートやアルバイトで働く薬剤師の方は一般的に「大学卒業後に就職 → 結婚や出産を機に退職 → 子供が少し大きくなったのでパートとして復職する」というキャリアパスがほとんどです。

 

※パートとアルバイトという言葉にあまり違いはありません

 

実際、パート薬剤師の約7割が30〜40代です。その中でも、既婚でお子さんのいる方が約8割になります。

 

女性のパート薬剤師はごく普通であり、多くの人がパート薬剤師として活躍しています。このうち、週の労働時間が20時間未満で年収が200万に満たない方が半数以上になります。

 

それではパートやアルバイトの薬剤師として働くのはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、どのような人が主にパート・アルバイト勤務をするのでしょうか。これについて、詳しく確認していきます。

 

パート・アルバイトとして 働く薬剤師のメリット

 

何人もの薬剤師が働く調剤薬局であれば、半分以上がパート薬剤師であっても珍しくありません。薬剤師は女性に多い職業であるため、パート・アルバイトの割合も必然的に大きくなるのです。もちろん、病院やドラッグストア、企業であってもパート勤務の薬剤師はたくさんいます。

 

このようにパート・アルバイトとして就職して働く薬剤師がたくさんいる理由としては、当然ながら勤務におけるメリットがあるからです。

 

時間の自由度が大きい

 

女性のパート勤務は世間一般的に行われていますが、この理由としては時間の融通が利きやすいという理由が一番大きいです。

 

正社員であれば、一週間のうち5日は出勤するのが普通です。場合によっては、週に6日以上の出勤が必要であったり、サービス残業が当たり前だったりすることも珍しくありません。また薬剤師という職業柄、土日の両方とも休みという職場はほとんどありません。

 

こうした状況であるため、家事や子育てで忙しい女性薬剤師はフルタイムでの勤務ではなく、パート薬剤師を選ぶことがあるのです。

 

パート勤務であると、ほぼ定時に帰ることができます。患者さんがまだ残っている状況であっても、パートやアルバイトであれば問題なく帰宅可能です。休日の融通も利きやすいため、「土曜日出勤なしで平日だけ働きたい」という申し出も受けてくれます。

 

時給が高い

 

パートやアルバイトとして転職する薬剤師が多いのは、「時給が他の職業に比べて圧倒的に高い」ということも理由として存在します。時給2000円が基本なので、薬剤師免許をもっているのであれば他の職種よりも薬剤師として働く方が、圧倒的に時給が良いです。

 

もちろん、経験を積んでスキルが上がっていけば、その分だけ時給が上がってきます。服薬指導だけでなく、監査を含めたあらゆる業務をこなせるまでになれば、時給3000円を超していきます。

 

私が在籍していた調剤薬局でも、勤務歴が15年以上と長く、薬局の歴史まで知り尽くしている経験豊富な女性の パート薬剤師さんは時給3500円を軽く超えていました。

 

そのため、パート薬剤師として頑張ることで毎日働けば、正社員の基本給よりも高くなることは珍しくありません。正社員はボーナスがあるため、合計での年収は負けるものの毎月の給料では正社員に勝つことも可能なのです。

 

例えば、時給3500円で1日8時間働き、20日勤務するとなると「時給3500円 × 8時間 × 20日 = 56万円」になります。当然、男性薬剤師がアルバイトとして勤務するときであっても、同じ状況を作り出すことができます。

 

宴会の参加は自由

 

人によっては、あまり飲み会などが好きでない人もいます。そうしたとき、パートやアルバイト勤務であれば宴会の参加は自由です。

 

正社員であれば、飲み会の参加を毎回断ると周囲から嫌な顔をされることがあります。一方でパート薬剤師であれば、職場の雰囲気によるかもしれませんが何度も参加を断ってもそこまで問題になることはありません。

 

ただ、調剤薬局での宴会(忘年会などのイベント)ではわりと良いお店で飲み会を開催することが多いです。企業や病院などでは少ないかもしれませんが、調剤がメインの薬局の場合、飲み会の参加者は薬剤師がメインです。

 

社長にとってみれば、薬剤師に長く働いてもらうことが非常に重要です。そのためか宴会も豪華になりやすいです。

 

経験上、調剤薬局や調剤併設ドラッグストの宴会は参加するとおいしい食事を食べることができるため、たとえ宴会が嫌いだったとしても、一次会だけでも参加するのをお勧めします。

 

異動や転勤の心配がない

 

薬局やドラッグストアの正社員であると異動や転勤があります。全国規模の調剤薬局やドラッグストアになると、どの県に勤務するのかも分かりません。

 

一方でパート薬剤師であれば、異動や転勤がありません。一つの薬局やドラッグストアでずっと働くことになります。

 

もちろんヘルプとして一時的に他の店舗を手伝うことはあるにしても、基本的には勤務地が変わることはないと考えればいいです。ちなみに、病院のパート・アルバイトであっても同様に異動や転勤はありません。

 

パート・アルバイトとして働くデメリット

 

このようなメリットのあるパートやアルバイトですが、当然ながらデメリットもあります。以下にパート・アルバイトとして転職して働くデメリットについて解説していきます。

 

主な業務は任されない

 

キャリアアップを目指したい人であれば、パートやアルバイトは適していません。良い意味でも悪い意味でも、パート薬剤師には責任が生まれないからです。

 

もちろん、調剤したり監査したりしたときに薬の数が間違っているなど、調剤過誤が起きた場合はミスをした人の責任です。ただ、店舗全体の責任を負うことは基本的にありません。そして、新たな取り組みをするときを含め、主な業務を任されることはありません。

 

あまり大きな責任を負いたくない人であれば、主な業務を任されないことはメリットだといえます。一方で薬剤師としてのスキルを上げたい人にとっては、キャリアアップにつながらないのでデメリットになります。

 

なお、キャリアアップをしたい人はパートやアルバイトから正社員になる人もいます。一般企業は難しいですが、薬剤師であればそうしたステップアップも比較的容易です。

 

収入は安定せず、福利厚生・退職金などがない

 

正社員に比べると、勤務日数や時間の自由度が高い分だけ収入は安定しません。

 

もちろん前述の通り、毎日フルタイムで働けば高い給料になります。ただ、それではパートやアルバイトをする意味がありません。正社員になった方がボーナスを支給されるので、総合的な年収が高くなるからです。

 

そして福利厚生や退職金がありません。福利厚生がないとはいっても、もちろん勉強会への参加は可能ですし、健康診断を受けられる職場もあります。ただ、住宅手当など正社員並みの福利厚生を期待してはいけません。

 

住宅手当などが支給される場合、非常に大きな助けとなります。また、正社員には存在する退職金がないため、やはりトータルで考えると正社員の方が年収という面では優れています。

 

パート、アルバイトとして働くときの条件を考える

 

実際にパート薬剤師として働き始めるとき、求人先の薬局や病院、ドラッグストアと年収や勤務条件などの交渉をしなければいけません。このとき、どの勤務条件を優先するのかをあらかじめ考えておきましょう。

 

完璧な職場は存在しないため、優先度に順位をつけておくのです。

 

勤務地を考慮する

 

前述の通り正社員であれば、異動や転勤があるので勤務地は選べません。地域で数店舗の小さい薬局であっても、店舗間で異動はあります。

 

ただ、パートやアルバイトであれば異動・転勤がないため、自宅近くの薬局、病院、ドラッグストア、企業を選びましょう。実際、パートやアルバイトの薬剤師として働きたい方が挙げる要望として最も多いのは「家から近いこと」です。

 

高時給で働くための条件

 

パートやアルバイト勤務のとき、自宅からの近さの次にあげられる項目として「時給の高さ」が挙げられます。ただ、これについては薬剤師経験の有無が大きく関わります。

 

例えば、調剤未経験の薬剤師が薬局のパート勤務でいきなり高時給を要求しても受け入れられることはありません。調剤未経験であるなら、時給2000円からスタートさせることを考えましょう。

 

一方で調剤薬局や病院、ドラッグストアなどで調剤経験があったり、OTCの販売をしていたりするのであれば、それを武器に時給交渉をするといいです。特に調剤経験があって服薬指導や監査をしたことがあるなら、即戦力になるので高時給を要求しても問題ありません。

 

なお、ブランクがある場合は薬の名前を覚え直す必要があるものの、調剤未経験の人よりは高い時給をもらえる可能性が高くなります。

 

パートやアルバイトとしての薬剤師勤務

 

このようにパートやアルバイトとして働く薬剤師は、一般企業で働くパートやアルバイトとは違う形態になります。

 

「土日休み・残業なしで働くことができる」などの共通点はありますが、高時給を引き出すときの交渉など薬剤師業界に特徴的なことも多いのです。

 

パート薬剤師として働く人はさまざまです。最も多いのはママ薬剤師がパート勤務として復職するケースですが、定年退職後にアルバイトとして勤務を開始する人もいます。家でゴロゴロと余生を過ごすよりも、資格を活かして働くことで社会貢献をするのです。

 

例えば私がいた薬局では、大病院の元薬剤部長が定年退職後に薬局でアルバイト勤務していたことがあります。豊富な知識と経験を活かして、その人は服薬指導や監査まで行っていました。しかも薬局まで徒歩通勤をすることで、健康にも気を付けていたほどです。

 

この人は薬剤師専門の転職サイト(転職エージェント)を利用することによって、「徒歩通勤可能な近くの薬局」「定年退職後でもアルバイト可能な職場」「ある程度の年齢の人でも、受け入れてくれる店舗」という条件で求人を探したと話してくれました。

 

パートやアルバイトというのは、自由度の高さが一番の魅力です。後から正社員になることも難しくないですし、定年退職後であっても問題なく働ける職場が多いのが薬剤師です。

 

ちなみに薬剤師免許をもっている人であれば、最初は企業に勤めていたとしても、最終的には薬局や病院の薬剤師として働き始める人が多いです。給料(時給)を考えると、その方が優れているからです。

 

若いときは仕事のやりがいを考えればいいですが、結婚して子供ができたり親の介護が必要であったりなどの事情があると、きれいごとを言ってばかりいられなくなります。こうしたときに薬剤師として転職することは普通なので、ここまで述べてきたことを考慮しながら薬剤師として活躍しましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

パートやアルバイトの薬剤師として転職し、働くメリット

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

パートやアルバイトの薬剤師として転職し、働くメリット

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

パートやアルバイトの薬剤師として転職し、働くメリット

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事