病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師による医薬品卸(学術・DI)への転職

 

薬剤師として働く場合、薬局や病院、ドラッグストアなどが最も一般的です。そうした中で企業の薬剤師として働く場合もあります。

 

ただ、MRやCRC(治験コーディネーター)などは会社組織に属して働くことになりますが、薬剤師国家資格がなくても仕事を行えます。確かに薬剤師資格をもっていたら優遇されるものの、薬剤師でなければいけないわけではありません。

 

そこで、企業の薬剤師の中でも資格が必須となるものとして「医薬品卸売販売業(医薬品卸)の会社で働く薬剤師」があります。薬剤師として医薬品卸で業務行うため、いわゆる医薬品の情報管理(学術)や物流に関わることになります。

 

ただし、医薬品卸では物流センターなどで医薬品の流れを管理するわけではありません。もちろん物流センターにも薬剤師が在籍していないといけませんが、多くの場合は卸の支店に在籍することで「医薬品の情報(学術)」を管理することになります。

 

そのため、医薬品卸の薬剤師が担う最も重要な仕事の一つとして、新薬情報を集めたり社員(営業)の教育を行ったりなどのDI業務があります。ここでは、卸の薬剤師がどのような業務を行うのか、さらにはどうスキルアップできるのかについて確認していきます。

 

医薬品卸売販売業の会社とは何か

 

まず、医薬品卸はどのような会社なのでしょうか。それは、医薬品を調剤薬局や病院、調剤併設ドラッグストアなどへ確実に届けることを仕事にしています。

 

医薬品を売る仕事としては、製薬企業のMRが行っています。医師や薬剤師に勉強会を開催したり、薬の使用方法を説明したりすることで、自社の医薬品を活用してもらうようにするのです。

 

ただ、薬を実際に使ってもらうようになった場合、製薬企業が薬を届けるわけではありません。医薬品卸の会社が薬の注文を受け、医薬品を届けるようになります。MRは薬の説明や情報提供を行うのが仕事であり、商品の配送は卸売会社が行うのです。

 

製薬企業の営業をMRといいますが、医薬品卸の営業をMSといいます。薬局や病院などで勉強会を開催するとき、MRと一緒にMSが勉強会に参加することはよくあります。これは、製薬企業の商品を使ってもらうと共に、その製薬企業の製品を「自社が卸すようにしたい」というメッセージでもあります。

 

医薬品卸の会社はいくつもあり、当然ながらどこから注文しても製品に違いはありません。ただ、製薬企業と医薬品卸が一緒になって営業することで、相乗効果を狙うことはよくあるのです。

 

医薬品卸売販売業の営業所には薬剤師が必須

 

薬を届けるのが仕事であるため、医薬品卸は全国各地に拠点があります。同じ県であっても、営業所がいくつも点在するのです。

 

医薬品卸の支店には「急配(在庫が足りなくなったため、すぐに医薬品を配達してもらうこと)」の電話が医療機関から頻繁にかかってきます。在庫切れをおこすと患者さんに薬を渡すことができなくなり、命に関わることもあるので急配は重要な仕事です。

 

ただ、急配に対応するためには同じ都道府県にいくつもの営業所が必要になるというわけです。

 

このとき、医薬品卸の営業所には必ず薬剤師が在籍しなければいけません。そのように法律で決められているからです。医薬品卸の薬剤師は珍しいですが、企業の薬剤師として卸で働くという選択肢もあるのです。

 

医薬品卸で働く薬剤師の業務内容

 

それでは、医薬品卸へ転職して働くようになるとき、どのような仕事を行うようになるのでしょうか。求人を探す前に、まずは卸薬剤師としての業務内容を理解しておかなければいけません。

 

以下に医薬品卸の管理薬剤師の仕事内容について記します。

 

DI業務(学術)・MSの教育

 

医薬品卸の中で最も仕事の割合を占めるのはDI業務であり、MSの教育です。要は、医薬品の情報提供を行う業務に多くの時間を使います。

 

医薬品卸では調剤薬局や病院、ドラッグストアとあらゆる医療機関から電話がかかってきます。このときの質問に対して適切に答えることで、医療機関へ情報提供をするのです。いわゆる、学術職になります。

 

電話がかけてくるのは薬剤師だけでなく、医師や看護師なども薬について聞いてきます。医薬品の使い方がわからないとき、頼られるのは医薬品卸の薬剤師なのです。

 

医療機関へ出向いてセミナーを行うこともあり、情報提供の方法は電話での回答だけではありません。顔と顔を合わせて情報提供することもあります。

 

また、このように医療機関へ情報提供するだけでなく、同じ社内に向けても医薬品に関する情報提供を行うようになります。つまり、卸会社の営業であるMSに対して教育を行うのです。同じ営業所のMSに対して新薬の説明をするなど、薬を売りやすいように支援するのも管理薬剤師の仕事です。

 

麻薬の管理や廃棄

 

医薬品卸では高確率で麻薬が置かれています。医療用麻薬は流通が厳しく制限されており、もし紛失でもしたら大きな騒ぎになります。こうした麻薬を適切に管理するのは卸の管理薬剤師の仕事です。

 

「麻薬は都道府県をまたいで受け渡しをしてはいけない」などのルールがあるため、こうした制限の中で麻薬の在庫を抑えながら、医療機関へ安定供給できるように努めるのです。また、麻薬の期限切れによって廃棄しなければいけなくなった場合であれば、保健所に連絡するなどして廃棄します。

 

ちなみに、麻薬以外にもサレド(一般名:サリドマイド)など他にも流通が制限されている医薬品が存在します。

 

他にもメーカーが自主的に流通を抑えている薬がいくつも存在するため、これら流通制限がかけられている医薬品を管理するという業務も担当しています。

 

営業所の医薬品管理・法務の厳守

 

薬の流通管理を行う以上、営業所内の医薬品管理も行います。このときは温度を確認することで「冷蔵保存の医薬品の品質に影響はないか」を確かめることがあれば、商品配置の場所が適切かどうかをチェックすることもあります。

 

毒物や劇物など、商品を棚に置くときは配置方法が法律で決められているため、これに沿っているかどうかを確認する必要があるのです。

 

また、麻薬の受け渡しをするときは書類を交わすことになりますが、このときの書類に不備がないかチェックするのも仕事です。法律の守りながら仕事を行うことも重要になるのです。卸薬剤師の学術内容としては、このように多岐にわたります。

 

医薬品卸へ転職して働くメリット

 

医薬品卸の求人へ申し込んで転職する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。実際のところ、医薬卸では他の薬剤師にはない魅力があります。

 

以下に、医薬品卸へ転職して働くメリットについて記します。

 

すべての医薬品を取り扱う

 

医療機関で働く薬剤師は経験できないものの、医薬品卸であれば可能なものとして「すべての医薬品を取り扱う」ことが挙げられます。

 

たとえ大病院であったとしても、取り扱う薬は限られています。病院で採用されている薬かどうかによって、使用する医薬品は限られてくるのです。調剤薬局やドラッグストアでも同様に、置いてある薬は限られます。

 

一方で医薬品卸であれば、あらゆる薬が対象になります。全種類の医薬薬を扱い、すべての情報を手にすることができるのは医薬品卸だけです。

 

製薬企業のDI業務のように、特定の薬だけに詳しくなることはありません。情報を取り扱うという意味では、医薬品卸の管理薬剤師が最も優れています。

 

OTC、法律、診療報酬まで詳しくなる

 

さらに、情報を扱うのは医薬品だけではありません。医療機関からはOTCや法律、診療報酬についてまで聞かれます。これらについて、適切に質問を返さなければいけません。

 

こうした業務を通して、卸の管理薬剤師は医療用医薬品に限らず法律や診療報酬まで詳しくなっていきます。

 

土日休みになる

 

企業の薬剤師に特徴的ですが、医薬品卸も土日休みです。薬局、病院、ドラッグストアと現場で働く場合は土日休みなしの場合がほとんどです。一方で卸会社の管理薬剤師は土日休みです。

 

また、残業なしで帰ることも十分に可能です。営業所によって忙しさは異なりますが、田舎の営業所であると毎日定時退社が可能なはずです。

 

福利厚生がしっかりしている

 

さらに、福利厚生もしっかりしているという特徴があります。医薬品卸であえると、すべてが大企業になります。売り上げ規模は数千億円、数兆円になるのが基本です。

 

一般企業は大企業になるほど福利厚生が充実しますが、これと同じことは医薬品卸にもいえるのです。

 

医薬品卸へ転職して働くデメリット

 

それでは、医薬品卸の求人にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。メリットばかりではなく、デメリットも理解しなければいけません。

 

調剤技術を磨けない

 

企業の薬剤師に共通しますが、薬剤師の一般的なスキルである調剤を学ぶことはできません。

 

また、医薬品が入っている「箱」はいくらでも見ることができるものの、実際に箱を開けて実物の商品を見ることはできません。そのため、医薬品をどのように調剤するのかは分からないのです。

 

中にはパート・アルバイト、派遣などで調剤薬局と医薬品卸の薬剤師を兼務している人もいるため、この場合は問題ないですが、正社員であれば実際に医薬品を触れることはありません。

 

年収は下がる傾向にある

 

それでは年収はどうなのかというと、調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師に比べると低くなる傾向にあります。

 

もちろん、病院薬剤師に比べると給料や待遇は良いですが、年収が高めの調剤薬局やドラッグストアほどの給料ではないのです。

 

医薬品卸は一般企業であるため、年収については「一般的な大企業と同じ」だと考えてください。そのため正社員では勤務年数が上がると給料は増えていきますし、出世すればそれに伴って年収は増加していきます。こうした給与形態については、製薬企業とあまり変わりません。

 

そのため、年収は下がる傾向にあるとはいっても、きちんと出世して勤続年数が長ければ薬局薬剤師の給料を超えることもあります。

 

全国転勤あり

 

医薬品卸は各地域にいくつもの営業所をもっています。正社員であれば、どの営業所で働くようになるかわかりません。医薬品卸は会社規模が大きく全国に営業所があることから、全国転勤があることを理解しなければいけません。

 

もちろん、これについては勤務形態によって変わります。例えばパート、アルバイトとして医薬品卸で働く場合、特定の営業所で固定して働くようになります。

 

他にも女性薬剤師であれば結婚などによって「特定の営業所でなければ勤務できず、転勤の辞令が出たら会社を辞めなければいけない」などの状況になったとき、それを考慮してくれることもあります。これについては会社によって異なります。

 

医薬品卸の求人を探すには

 

調剤薬局や病院、ドラッグストアなどであれば、薬剤師が自ら求人を探して応募することも可能です。ほとんどの薬剤師は転職サイトを活用しますが、自分で転職先を見つけることが不可能なわけではありません。

 

ただ、企業の案件となると求人の数が非常に少なく、自力で探すのは現実的ではありません。そこで、企業の薬剤師のような特殊案件になるほど、転職サイトを活用することでコンサルタントと相談しながら活動を行う必要があります。

 

求人というのは、基本的にみずものです。求人の募集が出たとしても、他の人に取られてしまっては意味がありません。

 

医薬品卸は特別年収が高いというわけではないものの、土日休みや定時退社など働くときの良い条件が揃っています。そのため調剤にこだわらない人であれば、非常に魅力的な求人です。

 

こうした求人は募集があったときにすぐ申し込む必要があるため、あらかじめ転職サイトに登録しておく必要があります。転職サイトごとの特徴を見極め、自分にあった求人をコンサルタントと一緒に探すようにしましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師による医薬品卸(学術・DI)への転職

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師による医薬品卸(学術・DI)への転職

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師による医薬品卸(学術・DI)への転職

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事