病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

かかりつけ薬局の求人で薬剤師が転職するには

 

薬剤師として働くとき、病院やドラッグストア、企業、行政など多くの業態があります。その中で薬剤師が選ぶ転職先として最も多いのは調剤薬局です。

 

ただ、単に薬局とはいっても、いくつかの種類に分けられます。たとえば、病院に隣接する薬局として門前薬局があります。他にも隣にあるクリニックだけでなく、あらゆる医療機関からの処方せんを受け取る薬局として面分業薬局があります。

 

面分業では特定の医療機関に依存しないので医薬品の在庫管理などは難しいですが、あらゆる処方せんを勉強できます。

 

こうした薬局の形態はありますが、現在は病院や診療所(クリニック)から受け取ったあらゆる処方せんを一つの薬局でまとめて管理する「かかりつけ薬局」が見直されています。

 

隣接する医療機関に処方せんをもって行くのではなく、処方せんをもっていく薬局を一つにすることは多くのメリットがあるからです。こうしたかかりつけ薬局として機能している調剤薬局へ就職すれば、薬剤師としてのやりがいは大きいです。

 

かかりつけ薬局の意義

 

大病院の前にある門前薬局の場合、大量の処方せんをさばくことに必死になってしまい、「医師の処方せんを十分にチェックできていない」という薬局が存在します。そのため、政府は門前薬局の調剤報酬を引き下げるように指導したケースがあるほどです。

 

その代わりとして、かかりつけ薬局の機能が重要視されています。かかりつけ薬局が正常に機能すれば、薬の飲み忘れを防いだり残薬の問題を適切に処理できたりするからです。

 

年を取ると多くの疾患を抱えるため、複数の病院を受診するケースがあります。このとき、お薬手帳があれば薬の重複を未然に防ぐことが可能です。ただ、患者さんによってはお薬手帳を忘れたり、そもそも持っていなかったりします。

 

また、たとえお薬手帳を活用していたとしても、飲み忘れによって家の中に残薬が大量に発生することはよくあります。こうした残薬によって年間約500億円もの医療費が無駄になっているといわれています。

 

そこですべての処方せんを一元管理するかかりつけ薬局であれば、患者さんとの会話の中から薬の服用状況や併用薬を把握することができるだけでなく、処方内容のチェックやジェネリック医薬品(後発医薬品)の促進を積極的に行うことができます。

 

こうした行動は患者さんのQOLを上げるだけでなく、医療費の削減にも繋がります。

 

また、調剤薬局によっては地域でセミナーを行ったり、病気の予防に貢献するための活動を実施したりして、より薬剤師を身近に感じてもらう工夫をしていることもあります。

 

このようなかかりつけ薬局であれば、本当の意味で薬剤師として高い専門性を発揮できるようになります。

 

専門性の高いかかりつけ薬剤師とは

 

医師は特定の分野に特化した知識をもっていることが強みですが、薬剤師の場合は逆です。がん専門薬剤師など特殊な場合を除き、薬剤師の強みは「特定の専門性をもたない」ことにあります。薬剤師というのは、特定の分野に限らずあらゆる薬を知っている必要があるのです。

 

ただ、かかりつけ薬局では医療用医薬品に関することだけを勉強すればいいのではありません。処方せんなしで購入できる一般用医薬品(OTC)の知識が必要ですし、医療・介護用品などの販売も行わなければいけません。

 

つまり、「薬」に関することだけでなく、「生活」に関わることを総合的にサポートすることが、かかりつけ薬局で働く薬剤師の役割であるといえます。これが結果として、専門性の高い薬剤師になるのです。

 

それでは、かかりつけ薬剤師として活躍するためにはどのようにすればいいのでしょうか。そのためのヒントを以下に記します。すべて実践できている必要はないものの、まずはいくつかできていれば問題ありません。

 

患者さんからの電話を受け付けている薬局で働いている

 

患者さんが薬を受け取るとき、薬局の窓口で服薬指導を受けます。ただ、そのときは話を聞いていたとしても、患者さんとしては内容を忘れてしまったり、飲み忘れたことによって薬の服用について判断できなかったりします。

 

こうしたとき、すぐに相談できる専門家がいれば非常に便利です。

 

そこで薬局が薬剤師に対して携帯電話を支給し、患者さんにその携帯電話の番号を教え、いつでも電話をかけられるように準備している調剤薬局があります。患者さんから電話がかかると、管理薬剤師が対応するというものです。

 

当然、24時間電話に出ないといけないので薬剤師の負担は大きいです。ただ、その分だけ患者さんの満足度は高くなり、信頼してくれるのであらゆる医療機関の処方せんをもってきてくれるようになります。

 

健康食品・サプリメント、化粧品を含めて健康指導できる

 

また前述の通り、かかりつけ薬剤師が知るべき分野としては医薬品だけではありません。患者さんは健康食品・サプリメントを飲んでいることもあるため、これについても適切に指導する必要があります。

 

調剤・服薬指導だけを行う薬剤師であれば、健康食品・サプリメントの知識は必要ないかもしれません。ただ、かかりつけ薬剤師として健康相談にのることで地域貢献するためには、医薬品知識だけでは不十分なのです。

 

そのため、「グレープフルーツジュースと医薬品」「青汁とワルファリン」のような薬剤師であれば常識として知っている知識だけでなく、「ビタミン剤と薬がどのように相互作用するのか」「どのサプリメントなら意味があるのか」などを含めた知識まで要求されます。

 

セミナーを開催するなど、地域活動をしている

 

かかりつけ薬局は地域医療に貢献することが最大の目的ですが、一般向けに薬のセミナーを開催することも有効です。

 

例えば私は、調剤薬局の薬剤師として働いていたときに地域の公民館で一般向けの講演をしたことが何度もあります。地元の地域住民を集めてセミナーを開催することで、薬の啓もうを実施するのです。

 

かかりつけ薬局の求人で薬剤師が転職するには|求人・転職薬剤師!

 

正直なところ、セミナーを行う側としてはほぼボランティアです。ただ、その地域で講演をすると後で薬局に来てくれる人がいますし、後日に「あのときのセミナーは分かりやすかった」と服薬指導のときにいってくれる患者さんも現れ出します。

 

こうして「薬局の奥で何をしているのかよくわからない薬剤師」から、「セミナー講師として薬や健康について丁寧に教えてくれる薬剤師」と認識してくれるようになります。

 

かかりつけ薬局とはいっても、薬局の中だけに留まっているだけでは何も実践できません。薬局の外に出て活動するからこそ、ようやく真のかかりつけ薬剤師になれるわけです。

 

お薬相談会へ参加する

 

同じ意味であれば、薬剤師会が開催するお薬相談会などへ参加することも一つの方法です。先ほどの地域の公民館や施設で開催されるセミナーに比べると、あらゆる人がお薬相談会にやってきます。薬局への売上にはつながりにくいかもしれませが、薬剤師の存在をアピールすることは可能です。

 

薬剤師会や薬剤師連盟へ出席すると、こうした活動へ参加する機会はいくらでもあります。さらに、薬剤師の人脈が広がるというメリットもあります。

 

かかりつけ薬剤師として活躍するには

 

ここまで述べてきたことは、実際に活動を行う薬剤師にとってみれば負担が大きくなります。いってしまえば、こうしたことなど行わずに調剤・服薬指導をしているだけの方が楽ですし、よけいな仕事が増えなくてすみます。

 

ただ、エリート薬剤師として本当の意味で患者さんや地域医療に貢献したいのであれば上記のことを実践し、かかりつけ薬剤師として患者さんから相談されるようにならなければいけません。

 

しかし、そもそも薬局として患者さんから健康相談を受ける体制が整っている薬局で働かなければいけません。調剤・服薬指導だけで完結している薬局では、本当の意味でかかりつけ薬局として機能するのは不可能です。

 

かかりつけ薬剤師として活躍し、キャリアアップしたいのであればそうした薬局への転職まで視野にいれながら求人を探したり、どのような活動をすればいいのかを考えたりする必要があります。

 

なお、かかりつけ薬局として機能している薬局としては以下のようなものがあります。

 

地域でのセミナー開催、健康指導に積極的

 

前述の通り、薬局の中だけで留まっていてはかかりつけ薬剤師として活躍することはできません。服薬指導だけで終わっている場合、患者さんにとってみれば「薬局内で薬の調剤を行い、結局のところ何をしているのかよくわからない薬剤師」に見えてしまいます。

 

患者さんからの信頼を得るためには、こちらから薬局の外へ出なければいけません。そこで、地域でのセミナー開催や健康指導に積極的な調剤薬局へ転職・就職する必要性が出てくるのです。

 

地域の公民館や施設にとっても、「薬のセミナーを開催してくれる薬剤師」は非常にありがたい存在です。

 

実際に公民館や施設の担当者と話せばわかりますが、毎月定期的にセミナーを開催している施設であれば、「どのテーマでセミナーを開催し、誰を呼ぼうか」について悩むようです。そうしたとき、公民館や施設の担当者があなたの名前を思い浮かべるようになれば、かかりつけ薬剤師として第一歩を踏み出したといえます。

 

健康食品・サプリメント、化粧品の販売に力を入れている

 

調剤薬局は処方せんにもとづいて調剤し、服薬指導と共に患者さんへ薬をわたす医療機関です。ただ、処方せんだけの売上に頼っていると、「患者さんへの指導時間を減らし、多くの処方せんをさばくようにする」ことに集中するほど売上・利益があがっていきます。

 

ただ、よく考えるとこの図式は矛盾しています。本来、患者さんに丁寧な説明を行うことで満足度を高め、その結果として売上が増えなければいけません。しかし調剤がメインの薬局であれば、健康指導の時間が少ないほど効率的に利益が増大します。

 

一方で健康食品やサプリメント、化粧品販売の比重が大きい薬局が存在します。ドラッグストアのように何でも置いているわけではなく、自社ブランドの健康食品・サプリメント、化粧品に特化して販売しているのです。

 

健康食品・サプリメント、化粧品はやり方によっては「1店舗を運営する薬局であっても、1商品だけで何千万円、何億円もの売上を出す」ことができます。

 

こうした健康食品や化粧品は患者さんが納得した上で購入してもらう必要があります。ただ、満足度が高いほどリピート購入してくれるため、患者さんへ丁寧に接するほど自動で商品が売れ、売上・利益が増える仕組みを構築できます。

 

このようなことを理解すると、薬以外の売上が大きい薬局ではかかりつけ薬局として機能しやすいといえます。

 

漢方薬局を視野にいれる

 

他には、自費治療の意味合いが大きい漢方薬局もかかりつけ薬局として機能しています。処方せんだけを受け付けている漢方薬局は対象外ですが、自費治療を含む漢方薬局だと、先に述べた健康食品や化粧品の例と同じように患者さんに納得してもらい、満足度を高めることが売上増につながります。

 

そのため、かかりつけ薬剤師として患者さんと密に接したいと考えている場合、漢方薬局の求人を探し、転職することも視野にいれるといいです。

 

かかりつけ薬局の求人を探す

 

かかりつけ薬局については、国が基準を出しています。

 

ただ、このときの基準は「実際にかかりつけ薬局として機能しているかどうか」という意味ではなく、単純に現場を知らない国の官僚が「会社に○年以上勤務している薬剤師が在籍している」「時間外でも対応できる体制を整備している」という基準を示しているにすぎません。

 

本当の意味で地域医療に貢献し、患者さんから信頼されるかかりつけ薬剤師を目指すのであれば、国の基準を守っているだけでは不十分です。もっといえば、調剤・服薬指導だけがメインの一般的な調剤薬局に就職しても真の意味で信頼される薬剤師にはなけません。

 

そこで患者さんと一対一で向き合うことのできる薬局を探し、転職まで視野にいれる必要があります。

 

そうして地域の健康を守ることができる薬局の求人を見つけることで、ようやくかかりつけ薬剤師として活躍できるようになります。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

かかりつけ薬局の求人で薬剤師が転職するには|求人・転職薬剤師!

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

かかりつけ薬局の求人で薬剤師が転職するには|求人・転職薬剤師!

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

かかりつけ薬局の求人で薬剤師が転職するには|求人・転職薬剤師!

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事