病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

派遣薬剤師(契約社員)で転職し、短期で働くポイント

 

薬剤師として働く場合、大きく分けて「正社員」「パート・アルバイト」「派遣(契約社員)」という三つの働き方があります。

 

正社員やパート・アルバイトであれば、どのような形態で働くことになるのかある程度は想像できます。ただ、派遣薬剤師として働く場合の勤務形態や給与面などについて理解している人は少ないです。

 

そこで、このページでは薬剤師が派遣として働くメリットやデメリットについて紹介していきます。派遣薬剤師として働く人は意外と多く、自由な働き方として選択肢の一つにいれてみるといいです。

 

そもそも、派遣とは何か

 

派遣薬剤師として転職したり求人を探したりする前に、そもそも派遣とは何かについて理解しなければいけません。そして、正社員と派遣の一番大きな違いは、働き先の企業と直接雇用の関係にあるかどうかという点です。

 

正社員やパート・アルバイトであれば、就業先の企業に直接雇われていることになります。そのため、給料の支払いは実際に働いている薬局や病院、ドラッグストア、企業から支給されます。

 

一方で派遣薬剤師となると、派遣会社との契約になります。あなたに給料を支払うのは派遣会社ですし、社会保険などの手続きも派遣会社が行います。派遣会社に登録しているため、就業先の企業と雇用関係にあるわけではありません。

 

そのため正社員やパート・アルバイトであると、同じ企業でずっと働くことになります。たとえ他の店舗に移ることがあったとしても、必ず同じグループ企業です。

 

一方で派遣社員であると、それまでの就業先とはライバル関係にある会社で働くことになる場合もあります。どこで働くかは派遣会社が決めるため、さまざまな会社を転々とすることも多いのです。正社員やパート・アルバイトと比べたとき、派遣ではこうした大きな違いがあります。

 

派遣薬剤師のメリット

 

薬剤師として働くとき、多くは正社員かパート・アルバイトです。その中で派遣を選択する人は、なぜそうした働き方を選ぶのでしょうか。

 

これには、当然ながら派遣薬剤師としてのメリットがあるからです。

 

自由なライフスタイルを実現できる

 

一番大きなメリットとしては、時間と場所に縛られずに働くことができる点が挙げられます。正社員であると、基本的に週5日以上は働くことになります。このとき、土曜日出勤は普通ですし、残業もあります。

 

パートやアルバイトであれば時間的な余裕を確保しやすくなりますが、それでも長期間の休暇を入れるのは難しいです。よほど理解のある職場でない限り、妊娠・出産などの特別な場合を除いてパート薬剤師がいきなり3ヵ月や半年ほどの休暇を申し出るのは無理です。

 

一方で派遣薬剤師であれば、パートやアルバイトのように働く時間を制限することができ、さらには短期で働いた後に半年以上の長期休暇を取ることも可能です。

 

パート・アルバイトであれば、正社員よりも勤務日数や労働時間が少ないだけであり、基本はずっと同じ会社で働き続けるという前提条件があります。一方で派遣薬剤師であれば、契約期間が決まっています。契約期間が満了した後、更新するかどうかは自由なのです。

 

契約期間が過ぎたときに薬剤師を一時休止して海外旅行へ行ってもいいし、他の活動に時間を活用してもいいです。自由なライフスタイルを最も実現できる働き方が派遣薬剤師なのです。

 

ちなみに、派遣であれば週一回の勤務が可能ですし、スポット(特定の場所で単発で働く)で勤務することも可能です。「週一回の勤務」「スポット(単発)での派遣」「短期の薬剤師」など、自由に働きながら稼げます。

 

時給が非常に高い

 

また、派遣薬剤師であると時給が高いです。パートやアルバイトであると基本は時給2000円からスタートですが、派遣ではそれよりも時給が高くなる傾向にあります。

 

派遣薬剤師として働く場合、ある程度の調剤経験が必要になります。相手企業は即戦力として派遣を求めているため、これは仕方のないことですがその分だけ高時給を期待できます。

 

都市部ではなく、薬剤師の需要が高い地方であれば派遣薬剤師の時給が3000円を超えることもあるほどです。特殊な技術を必要とする場合、時給4000〜5000円になる場合もあります。いずれにしても、パートやアルバイト勤務よりは稼ぎやすいと考えてください。

 

人間関係に縛られない

 

短期の契約で派遣薬剤師として雇われることが多いため、契約期間が切れれば他の職場に移ってもいいし、相手企業が望んでいる場合はそのまま留まっても問題ありません。

 

契約期間は3ヵ月や半年、1年、2年などさまざまです。このときのタイミングで契約更新し、働くかどうかを自由に選択するのです。

 

もし、働いた先の職場の人間関係があまく良くない場合、契約が切れた段階で更新しなければいいです。薬剤師が転職を決意する理由の上位に人間関係の悪化があるため、派遣薬剤師であれば契約期間が満了するまで我慢すれば人間関係の問題から解放されます。

 

これは正社員やパート・アルバイトではできない働き方です。また、派遣先を気にいって正社員やパート・アルバイトとして入社したいと考えた場合、その旨を相手企業に打診することもできます。そのまま働き続けるのも、契約を更新しないのも自由なのです。

 

短期で働ける

 

派遣薬剤師にはこうした契約期間があることから、前述の通り高い時給で短期間だけ働くことが可能です。通常、正社員やパート・アルバイトの募集で「3ヵ月や半年だけ働きたい」と申し出ても却下されます。

 

一方で派遣薬剤師では、「薬剤師が足りないのを埋めるため、短期だけヘルプに来てほしい」「週一回、土曜日だけ助けてほしい」「スポットとして働いて欲しい」など、相手企業の需要を満たすために派遣されるのです。そのため、短期間だけ働くことが可能になっています。

 

正社員で転職するとき、短期でやめてしまうとキャリアに傷がつきます。一方で派遣薬剤師であれば、短期で働くのは普通なので何も問題ありません。

 

派遣薬剤師のデメリット

 

こうしたメリットのある派遣薬剤師ですが、当然ながらデメリットもあります。デメリットまで考慮した上で、転職を判断しなければいけません。

 

契約が切れた後、同じ職場で働けるとは限らない

 

たとえ契約が切れた後に「同じ職場で働きたい」と考えていたとしても、無理なことは多いです。相手企業が短期のヘルプ要因として派遣薬剤師を依頼していた場合、契約期間が切れた段階で働けなくなります。

 

派遣薬剤師の時給が高いということは、相手企業はそれだけの高額の給料を支払わなければいけません。さらには、派遣会社への手数料の支払いも必要です。

 

こうしたことを考えると、自ら薬剤師を自前で雇った方が安上がりなのです。そのため、相手企業が薬剤師を雇うことができれば、契約満了と共に切られる可能性が高いです。これはつまり、正社員のように雇用が安定していないことを意味しています。

 

自由度の高さから考えれば、「派遣 > パート・アルバイト > 正社員」の順になります。ただ、安定度合いは、「正社員 > パート・アルバイト > 派遣」となるのです。

 

会社の都合で薬剤師の人数を減らす場合は真っ先にその対象になりますし、契約更新されないことも多いのです。人間関係に縛られないのはメリットですが、違う会社の店舗を転々としなければいけなくなることも考慮しましょう。

 

せっかく仕事を覚えても、一過性となる場合が多い

 

このように契約更新されないケースも多いため、数ヵ月や半年、1年ごとに違う職場で働くようになることはよくあります。この場合、せっかく仕事を覚えたとしてもゼロからやり直しになってしまいます。

 

いくら調剤経験があって調剤薬局、病院、ドラッグストアなどでの服薬指導や監査を問題なく行えるとしても、薬局が違えば扱う薬が異なります。薬を置く位置は当然違いますし、会社ごとのルールも同じではありません。薬歴管理の方法も異なるでしょう。

 

こうした細かいルールや違いについてはゼロから覚え直す必要があるため、職場を移動するごとに頑張って新しい職場の仕事に慣れる必要があります。

 

ちなみに、調剤薬局で1日や1週間などのスポット的な短期派遣であると、基本は監査・投薬の仕事を行います。棚にある薬の位置を覚えているわけではないため、調剤(処方せんを見ながらの薬のピックアップ)はしません。病院での派遣でも同様に、粉薬の調剤や監査など現場で慣れていなくても行える仕事をすることになります。

 

半年や1年など、3ヵ月以上の派遣であれば薬の位置を覚えて調剤を行うこともあります。

 

ボーナス、退職金、福利厚生がない

 

パート・アルバイトにボーナスや退職金がないのと同じように、基本的に派遣薬剤師にもボーナス・退職金はありません。また、福利厚生も正社員ほどは充実していません。理由は単純であり、雇われている先は派遣会社だからです。決して、勤務先に雇われているわけではありません。

 

特に調剤薬局や病院、ドラッグストアであると住宅手当など正社員の福利厚生は充実する傾向にあります。派遣薬剤師であっても派遣会社からの有給休暇や社会保険などは存在しますが、正社員並みの福利厚生を期待してはいけません。

 

派遣薬剤師として働くとき、高い時給から考えると正社員で働くよりも給料が良く、たくさん稼げることがあります。

 

ただ、ボーナスや福利厚生、さらには退職金などを含めトータルで考えると最終的にもらえる額は正社員の方が高いことが多いです。単純に年収だけで判断するのではなく、将来のプランまで含めて総合的に考える必要があります。

 

派遣薬剤師への転職に向いている人

 

それでは、派遣薬剤師に向いている人としてはどのような人がいるのでしょうか。これには、主に以下のような人がいます。

 

期間限定で短期間だけ働きたい人

 

諸事情で数週間や数ヵ月、半年間など短期で働きたい人の場合、派遣薬剤師がお勧めです。そもそも正社員やパート・アルバイトでは短期勤務が認められないため、最初から派遣薬剤師として応募するのが適切です。

 

一定期間だけ地元に戻って働きたい人や、海外旅行をするために遊ぶ資金をためたい人など、その理由はさまざまですが期間限定の短期労働を希望するときに派遣薬剤師は最適です。

 

また、薬剤師とは別に夢をもっているものの、生活のために薬剤師をしている人も派遣薬剤師を選んでいる人が多いです。勤務時間や労働場所の自由が利きやすいため、自らの夢を叶える手段として派遣薬剤師が選ばれるのです。

 

多くの店舗で経験を積みたい

 

中には、たくさんの店舗を経験することでキャリアを積みたいと考えている薬剤師もいます。どの職場が適しているのかについては、実際に経験しなければわかりません。そこで、さまざまな職場を派遣薬剤師という立場を利用して体験するのです。

 

調剤薬局であっても、科目(内科、小児科、整形外科、眼科など)によって薬の内容は大きく異なります。病院やドラッグストアなど、勤務先によっても形態が違います。

 

また、派遣には大学病院での案件もあります。こうした通常では経験できない職場であっても、派遣薬剤師であればたくさん経験を積むことが可能です。

 

夫の転勤が多い

 

他の事例としては、結婚している女性薬剤師の中で「旦那の転勤が多く、しかもいつ異動になるか分からない」というケースもあります。こうしたとき、最初から派遣薬剤師として働くようにするのです。

 

転勤が多い場合、正社員での勤務は無理です。ただ、パート・アルバイトよりも時給が高く、さらには短期での勤務であっても問題ない派遣薬剤師は夫の転勤が多い女性薬剤師にとって便利です。

 

派遣薬剤師の転職で使用するべきサイト

 

このような特徴のある派遣薬剤師ですが、派遣薬剤師の求人は特殊案件に該当します。そのため、多くの求人を取り扱っている転職サイトでなければ、基本的に派遣薬剤師として働くのは難しいと考えてください。

 

しかも、転職サイトの中でも派遣薬剤師を取り扱っている会社は少ないです。基本的に正社員やパート・アルバイトであれば、問題なく取り扱ってくれます。ただ、転職サイトに登録して「派遣薬剤師として働きたい」と伝えたとしても、「派遣の案件は扱っていない」と断わられることが多いのです。

 

これを避けるため、最初から派遣薬剤師に強みをもっている転職サイトに登録しなければいけません。

 

こうした転職サイトは少ないですが、「ファルマスタッフ」という転職サイトは派遣薬剤師に強みをもっています。日本調剤グループが運営している会社であるため、母体がしっかりしており経験も豊富です。

 

 

また、エムスリーが運営する「薬キャリ」も派遣薬剤師の案件を多数扱っています。

 

1社だけの登録でもいいですが、複数のサイトを活用することでより自分に適した派遣薬剤師の求人を探せるようになります。ファルマスタッフと共に薬キャリを活用すれば、より派遣薬剤師として良い条件で転職できるようになります。

 

 

正社員やパート・アルバイトとしての転職を検討しているなら、それぞれの転職サイトの特徴を見極めたうえで登録すればいいです。一方で派遣薬剤師であるなら、必ずファルマスタッフや薬キャリに登録することで、担当のコンサルタントとやり取りをするようにしてください。

 

派遣薬剤師というのは、正社員やパート・アルバイトにないメリットがあります。薬剤師の求人を探すとき、正社員やパート・アルバイトに追加して、派遣薬剤師という働き方も検討してみてください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

派遣薬剤師(契約社員)で転職し、短期で働くポイント

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

派遣薬剤師(契約社員)で転職し、短期で働くポイント

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

派遣薬剤師(契約社員)で転職し、短期で働くポイント

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事