病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

学校薬剤師の仕事内容を理解し、適切な求人を得るには

 

薬剤師が活躍する場としては、調剤薬局以外にもドラッグストアや病院、企業などさまざまです。その中でも、学校薬剤師という存在があります。

 

ただ、学校薬剤師は小学校や中学校、高校などに常駐しているわけではありません。その多くは、調剤薬局で働きながら学校薬剤師を兼任していることがほとんどです。つまり、学校薬剤師は副業のようなものだといえます。

 

ただ、学校の保健衛生や生徒の教育のために学校薬剤師は欠かせない存在です。学校薬剤師の役割について、ここではより深く解説していきます。

 

学校薬剤師とは何か

 

そもそも、学校薬剤師とは何なのでしょうか。小学校や中学校、高校、大学だけでなく、盲学校や養護学校に至るまで学校薬剤師が存在します。幼稚園や保育園に学校薬剤師が在籍することもあります。ただ、大学にはいないので「大学以外の学校であれば学校薬剤師が活躍できる」と考えてください。

 

薬剤師資格をもっていれば、学校の設置者が任命することで学校薬剤師になることができます。学校薬剤師の主な任務としては、学校の衛生環境を安全な状態に保つことが挙げられます。

 

通常、調剤薬局の薬剤師は調剤や服薬指導がメインです。ただ、学校薬剤師ではいわゆる「医薬品の管理」とは異なる作業を実施します。

 

具体的には、教室に差し込む光の量を測定することで、勉強しやすい環境であるかどうかを調査します。プールの水を測定することで、塩素濃度や水の透明度が適切かどうかを確認します。飲料水の検査を行うこともあります。

 

それだけではありません。給食の食器に対して細菌検査を行ったり、生徒へ薬物乱用防止の授業をしたりすることもあります。

 

つまり、学校に関わる衛生管理全般が学校薬剤師の業務だと考えてください。

 

学校薬剤師の業務内容

 

具体的にどのような仕事を学校薬剤師が行うのかについて、以下に薬効薬剤師の業務内容について記載していきます。基本は生徒の安全を守るために、衛生検査を実施することです。

 

空気検査

 

教室で勉強するとき、空気が汚れていると大変です。特に冬は暖房などによって、空気が汚れやすくなります。

 

そこで教室内の温度や湿度、粉塵などを計測することで空気が汚れていないかどうか検査します。また、換気の状況を調べることで教室内を適切な環境に保つことも実施します。

 

照度の確認

 

子供たちが勉強するとき、当然ながら教室内に明るさがないと勉強しにくいです。暗い教室内では教科書を読みにくく、勉強の効率が落ちてしまいます。

 

そこで照度が基準の明るさにあり、勉強しやすい環境かどうかを確認します。もし照度が基準に達していなければ、学校へ指導したり対策を考えたりします。

 

騒音検査

 

勉強の妨げになるものとして、騒音があります。静かな環境の方が先生の授業をよく聞き取ることができますし、授業に集中することができます。一方で騒音があってうるさいと、授業内容が頭の中に入ってきません。

 

そこで、教室ごとに騒音がないかどうかを調べるのも学校薬剤師の仕事です。音がうるさい場合は環境管理の改善を行います。

 

水質検査

 

学校の水道水や飲料水、雑用水に対して、水質を調べます。こうした水質検査を通して、一般細菌や大腸菌が存在しないことを確認するのです。

 

また、プールの水質検査を行うのも学校薬剤師の仕事です。プールの水を採取して、水の透明度や、残留塩素が適切かどうかを確認するのです。残留塩素がなければ細菌の増殖を招く恐れがあるため、水道水だけでなくプール水の検査も重要項目です。

 

害虫検査

 

教室内やトイレを含め、学校の清潔についてチェックを行います。ただ、その他にもネズミや害虫の駆除を含めた衛生検査まで行います。

 

こうしたネズミや害虫がいると、学校内の衛生環境が悪くなります。そこで、学校薬剤師が衛生環境を整えるのです。

 

給食検査

 

小学校、中学校では給食があります。高校には給食がないものの、学生食堂が存在します。こうした給食施設では生徒の食事を毎日作るため、衛生環境のチェックが非常に重要です。

 

特に給食施設で問題になりやすいのは、夏場に起こる食中毒です。食中毒を起こす原因菌としては病原性大腸菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌などがあります。冬であれば、ノロウイルスも問題になりやすいです。

 

そこで給食検査を実施することによって、水道水や調理器具、冷蔵庫などに問題がないかどうかを確認していきます。衛生状態を確かめ、細菌感染の防止や消毒の徹底を定期的に実施するのです。

 

薬品管理

 

学校には薬品が置かれています。具体的には、理科実験室や保健室などです。そこで理科実験室の薬品や保健室に置いてある薬の管理について、学校薬剤師が指導をします。

 

特に理科室では、劇物や毒物が置かれていることがあります。このときの保管方法が適切かどうか、また不要薬品があったときの処理についても助言します。

 

学校薬剤師による生徒や教職員の教育

 

このように学校薬剤師は、衛生検査を実施することによって勉強しやすい状況を整えるように指導します。私たちが小学校や中学校、高校のころに良い環境で学ぶことができたのは、陰に学校薬剤師の存在があったからなのです。

 

基本的には裏で活躍する学校薬剤師ですが、場合によっては生徒の前に立って教育指導を行うこともあります。つまり、教室内で子供に対して講義をするのです。また、講演として体育館で生徒全体に向けて教育指導を行うこともあります。

 

学校薬剤師によるくすり教育

 

学校薬剤師では、保健体育の先生や養護教諭などと連携して、生徒に対して薬の教育を行うことがあります。いわゆる、「薬育」というものです。

 

このときはくすりの正しい使い方を教えたり、麻薬・覚せい剤など薬物乱用について講義をしたりします。他には酒やタバコの害について話すことがあれば、栄養バランスに関する講演を依頼されることもあります。

 

学校薬剤師では、医薬品に限らずあらゆるテーマで生徒に対して薬育を行っていきます。調剤薬局や病院などで働く薬剤師としての知識を活かし、こうしたくすり教育を通して地域社会に貢献するのです。

 

先生に対して指導するエピペン

 

学校薬剤師が指導するのは生徒だけではありません。教職員に対しても、薬についての指導を行います。具体的には、エピペン(一般名:アドレナリン)の扱い方について指導します。

 

 

エピペンはもともと、ハチに刺されたときのアナフィラキシーショックを防止するという緊急薬として使われた医薬品です。ただ、アナフィラキシーショックであれば「ハチ刺され」に限らず全般的に活用できます。

 

学校であれば、ハチや虫刺されよりも食物アレルギーによるアナフィラキシーショックの方がリスクは高いです。給食に含まれる成分によって、ショック症状をもたらすのです。

 

アナフィラキシーショックは生死に関わるため、症状が表れたら一刻も早くエピペンを打たなければいけません。救急車が到着するのを待つのではなく、現場にいる学校の先生が生徒にエピペンを投与するのです。

 

ただ、医療関係者ではないので学校の先生はエピペンの使い方などは知りません。そこで薬剤師がエピペンの使い方を教職員に向けて指導するのです。

 

メーカーMRに問い合わせをすれば、有効成分が入っていないエピペンの練習用トレーナーを配布してくれます。教職員向けに講義するとき、こうした練習用トレーナーを活用することによって、問題なく指導することができます。

 

「太もも前外側に注射し、使用場所に注意する」「ズボンの上から注射して問題ない」「薬の保管方法や保管場所の確認」「たとえエピペンを打って問題が起こっても責任を問われることはない」などを含め、どのように活用すればいいのかを学校薬剤師として先生向けに教えることも仕事です。

 

学校薬剤師の仕事内容を理解し、適切な求人を得るには

太もも前外側への注射

 

学校薬剤師の勤務形態

 

前述の通り、通常は調剤薬局や病院の薬剤師が兼務する形で学校薬剤師を務めます。学校薬剤師が常駐することはなく、基本は非常勤職員として月に数回程度、学校へ出向いて上記のような業務内容を行います。

 

いつもは調剤薬局の管理薬剤師として働いているものの、仕事が空いたときに学校薬剤師として出向くという形態がほとんどです。

 

兼務という形であるため、学校薬剤師の報酬は少ないです。報酬(給料)としては、年に5〜10万円が相場です。学校薬剤師だけで生活するのは現実的に難しいため、前述の通り調剤薬局などで勤務している薬剤師が副業やボランティアで学校薬剤師を務めています。

 

「やりがい」が学校薬剤師にとって必須となる

 

学校薬剤師で大きな収入を得ることはできないため、学校薬剤師として活躍したい人は「専門家の立場から子供の教育に少しでも関わりたい」「学校で生徒に、より安全に過ごしてもらうように協力したい」「生徒や教職員へ向けて講義・講演をしたい」と考えている人に向いています。

 

お金という尺度だけで考えるのであれば、学校薬剤師は向いていません。ただ、生徒の衛生環境を整え、薬の授業を行って教育活動をしてみたい方にとっては、学校薬剤師はやりがいがあります。

 

将来活躍するであろう生徒を守りたいという使命感がある人であれば、学校薬剤師は最適です。薬物乱用防止の授業により、薬剤師を身近に感じてもらうことにも繋がるため、薬剤師の職能アップに一役買うことにもなります。

 

例えば私の知り合いの薬剤師にも、学校薬剤師を任されている人がいます。その人は全校生徒50人に満たない田舎の小学校の学校薬剤師をしていますが、仕事内容が非常に楽しいといいます。

 

最初は学校薬剤師に面白みを感じていなかったようですが、あるときゴミ処理を校内で行っていることについて二酸化炭素やダイオキシンの観点から指導したそうです。そうしたところ、行政が動いてその地域のルールが変わり、火を使ってのゴミ処理を校内で行うことがなくなったようです。

 

このとき、その薬剤師は「学校薬剤師として本気で活動すれば、自分の意見で行政さえも動かせることができる」ということに気がつき、それから学校薬剤師の仕事が楽しくなったと話してくれました。

 

学校薬剤師の求人を探すには

 

それでは、学校薬剤師として活躍するためにどのようにすればいいのでしょうか。まず、何も考えずに薬局の求人を探したとしても学校薬剤師をすることはできません。

 

学校薬剤師に選任されるためには、地域の薬剤師会に所属するなど、人脈を広げなければいけません。このときは、働く調剤薬局を見極める必要があります。

 

薬局によっては、単に調剤業務だけを行っており、薬剤師会の活動などに無関心であるケースは多いです。そうではなく薬剤師会とのつながりが強く、「既に学校薬剤師を兼務している薬剤師」が在籍する薬局で働くことが学校薬剤師になる近道です。

 

学校薬剤師は求人が大っぴらに出されるわけではなく、薬剤師同士による人づてやネットワークによって「あの小学校の学校薬剤師を任せられる人はいないか?」という情報が回ってきます。

 

これらの情報は既に学校薬剤師をしている人や薬剤師会とのつながりが強い薬局にまわってきます。

 

私も薬剤師として活躍していると「○○中学校で学校薬剤師ができる人を探している」「看護学校の講師をお願いしたい」など、さまざまな話を受けたことが何度もあります。ただ、これは私が在籍していた薬局がそういう地域貢献にも積極的だったからという側面が大きいです。

 

学校薬剤師を兼務したいという使命感にあふれている人であれば、転職時はそのような薬局に勤めるのが適切です。適切に求人を見極めなければ学校薬剤師として活躍することはできないため、転職サイトなどを活用しながら薬剤師としてより活躍できる職場への転職を果たすようにしましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

学校薬剤師の仕事内容を理解し、適切な求人を得るには

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

学校薬剤師の仕事内容を理解し、適切な求人を得るには

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

学校薬剤師の仕事内容を理解し、適切な求人を得るには

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事