病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

ドラッグストアへ薬剤師が転職するときの注意点

 

薬剤師による転職先として、調剤薬局や病院の次に人気が高い求人としてドラッグストアがあります。給料という面で言えば、調剤薬局よりもドラッグストアの方が良い傾向にあります。

 

ただ、調剤薬局や病院と比べて、ドラッグストアの薬剤師は仕事内容が大きく異なります。この点を認識したうえで、ドラッグストアへ転職する必要があります。ここでは、ドラッグストアの求人を検討する前に知っておきたいことについて確認していきます。

 

ドラッグストの業態について

 

薬剤師の業務では、主に医療用医薬品を取り扱うのがメインです。調剤薬局や病院、企業の薬剤師を含めて基本的には扱うのはどれも医療用医薬品ばかりです。

 

一方でドラッグストアであると、一般用医薬品(OTC)や化粧品を含めて医療用医薬品以外の商品をたくさん取り扱うようになります。調剤併設ドラッグストアでは医療用医薬品をメインで扱うことになりますが、一般向けの誰でも購入できる日用品まで含めた業務も行っているため、これらを含めて仕事をこなさなければいけません。

 

たとえ病気でない人であっても、ドラッグストアを活用することは多いです。そういう意味では、より一般顧客を相手にした商売がドラッグストアになります。

 

薬剤師が関わるドラッグストアでは、「OTC販売がメインのドラッグストア」と「調剤併設ドラッグストア」の2つに分かれます。転職するとき、どちらのドラッグストアが適切なのかを見極める必要があります。

 

OTC販売がメインのドラッグストア

 

まず、OTC販売がメインとなるドラッグストアではどのような仕事がメインになるのでしょうか。この場合、調剤薬局や病院で働く薬剤師とは大きく異なる仕事内容になります。

 

薬剤師として一般顧客の健康相談にのるだけでなく、一般用医薬品を販売するドラッグストアでは店舗の管理・雑務まで行わなければいけません。

 

OTCの販売・相談

 

一般的なドラッグストアで最もメインとなる仕事としては、OTC医薬品の販売です。第二類や第三類の一般用医薬品であれば、登録販売者であっても販売できます。ただ、第一類医薬品は薬剤師でなければ販売することができません。

 

一般的にOTCは、副作用リスクを減らすために医療用医薬品の半分や3分の1ほどの有効成分しか含まれていないことがあります。

 

一方で第一類医薬品になると、医療用医薬品と同じ量の有効成分が含まれた薬がいくつも存在します。医療用医薬品を売るのと同じであるため、患者さんに対して調剤薬局で行われるときと同じような服薬指導をすることで、飲み方や副作用の説明を行わなければいけません。

 

レジ打ち、商品配置などの雑務

 

ドラッグストアの薬剤師に特徴的なこととして、レジ打ちや商品配置などの雑務があります。

 

もちろん調剤薬局であっても、お金の受け渡しをするときはレジ打ちをします。医薬品卸から商品が届けられたら、棚に医薬品の配置をします。

 

ただ、ドラッグストアの場合は医薬品に限らず、食料品や化粧品などまで含めて商品配置を行うようになるのです。

 

もちろん、ドラッグストアの方針によって薬剤師の業務内容は異なります。

 

ドラッグストアで正社員(またはパート・アルバイト)として働く薬剤師の給料や時給は、他の一般社員に比べると非常に高いです。そのため、薬剤師には商品配置などはさせずに「薬剤師だけが行えるより高度な仕事」だけに専念させるドラッグストアも存在します。

 

調剤併設ドラッグストア

 

一方でドラッグストアには、他にも業態があります。それは、調剤併設ドラッグストアです。ドラッグストアの中に調剤薬局が併設されているのです。

 

店舗の中は「食料品や健康食品、一般用医薬品を販売するスペース」と「処方せんを受け付けて医療用医薬品を渡すスペース」が明確に分けられています。こうしたドラッグストアでは処方せんを受けることができるため、調剤薬局と機能はほとんど変わりがありません。

 

服薬指導、薬歴管理

 

調剤併設ドラッグストアでは、調剤薬局で働く薬剤師とほぼ同じ仕事を行うようになります。まず、処方せんを受け取り、調剤をします。その後は監査をして、お薬手帳や過去の薬歴を確認した上で服薬指導をすることで、医薬品を正しく飲んでもらえるように説明を行います。

 

服薬指導を行った後は、「どのような説明を行ったのか」、「病気についてどんな悩みを抱えていたのか」、「それに対してどう返答したのか」などを入力していきます。いわゆる薬歴管理です。

 

ドラッグストアであっても、調剤併設ドラッグストアでは薬剤師として必要な医薬品知識や経験を積むことが可能なのです。

 

OTC販売を行うこともある

 

さらには、OTC販売を行うことで患者さんに説明をすることもあります。調剤をすることで医療用医薬品の服薬指導をするかたわら、一般商品を販売するレジでOTCの説明をすることもあるのです。

 

調剤スペースと一般商品を販売するレジは同じ店舗内に存在することがほとんどなので、一般商品のレジへ移動する時間は数秒ほどです。そのため、第一類医薬品を購入したいお客様が現れたときなど、調剤スペースから一般レジへ移動し、服薬指導を行うことがあるのです。

 

さらにはサプリメント・健康食品、化粧品まで取り扱うので、ドラッグストアではこうした知識まで豊富になります。

 

ただ、ドラッグストアによっては「調剤スペースで働く薬剤師」と「一般商品の販売スペースを任せる薬剤師」を明確に分けていることもあります。これについては、ドラッグストアの方針によって運営方法が変わります。

 

ドラッグストアへ転職して働くメリット

 

それでは、薬剤師がドラッグストアへ転職することでどのようなメリットがあるのでしょうか。最も分かりやすいのは、一般用医薬品た健康食品を含めた幅広い知識が身に付くことです。これは、ドラッグストアだけの利点だといえます。

 

調剤薬局や病院、企業など基本的にOTC販売がメインになることはありません。しかし、ドラッグストアであれば一般用医薬品だけでなく、より生活に密着した知識をつけることができます。

 

また、在庫管理やレイアウトの提案まで行えるのが特徴です。商品を置く場所やレイアウトが少し違うだけで、店舗の売上が劇的に変化するのは珍しくありません。店舗の売上に直結する提案を行えることは、他の薬剤師では味わえないメリットだといえます。

 

もちろん、他にもドラッグストアで働くメリットがあります。これには、例えば以下のようなものがあります。

 

サプリメント・健康食品、化粧品を含めた知識が身につく

 

薬剤師として働くとなると、どうしても医療用医薬品の知識に偏りがちです。ただ、実際のところ健康に重要となるものとしては、医薬品だけではありません。サプリメントや健康食品、さらには化粧品も健康に大きく関わります。

 

ドラッグストアの薬剤師は医療用医薬品や一般用医薬品に限らず、前述の通りサプリメント・健康食品、化粧品に関する知識まで身につけなければいけません。そうしたことをお客様から相談されるため、返答しなければいけないのです。

 

例えばサプリメント・健康食品の中には、意味のあるものがあれば、あまり効果を期待できない商品もあります。また、適切な使い方も熟知する必要があります。

 

化粧品であっても同様であり、「どのような製品が美白効果を発揮できるのか」「保湿に重点をおく場合、どの化粧品が適切なのか」まで含めたアドバイスをする必要があるのです。調剤薬局や病院でこうした知識が求められることはないため、薬以外の知識や経験が身に付くのは貴重です。

 

年収が高くなりやすい

 

意外と知られていないのは、ドラッグストアの薬剤師は年収が高いことです。少なくとも病院薬剤師に比べるとかなり年収は高いですし、調剤薬局と比べても給料は引けを取らない傾向にあります。

 

もちろんドラッグストアの方針によって年収は異なります。正社員やパート・アルバイトとして働くとき、どれだけ勤務先の企業に貢献できるかによっても給料は変動します。ただ、ドラッグストアの年収は高くなりやすいことは覚えておきましょう。

 

患者さんの健康相談を受けやすい

 

より幅広く患者さんの相談を受けるのは、調剤薬局や病院よりもドラッグストアになります。前述の通り、ドラッグストアには病気の人以外にも、一般顧客が毎日のようにおとずれます。しかも、相談内容はサプリメント・健康食品、化粧品にまで至ります。

 

そういう意味では、ドラッグストアでは総合的に患者さんの健康相談にのることができます。

 

また、一般的な調剤薬局では隣にある病院やクリニックからの処方せんに頼る形式になります。一方で調剤併設ドラッグストアでは、食料品や健康食品まで売っているので、さまざまな病院やクリニックからの処方せんが持ち込まれやすくなります。

 

患者さんとしては、処方せんを調剤の窓口で渡し、調剤している時間は店の店内で他の買い物をすまようと考えるのです。これが、ドラッグストアにあらゆる医療機関の処方せんが持ち込まれやすくなる理由です。

 

隣に存在する特定の医療機関に依存するのではなく、さまざまな処方せんを受け取る薬局を「面薬局」といいます。調剤併設ドラッグストアでは面薬局になりやすく、さまざまな患者さんを体験できます。

 

ただ、地域医療に貢献しようとしているドラッグストアであればもちろん患者さんから相談を受けますが、そうでないドラッグストアでは単に商品販売をするだけでおわる可能性があります。そのため、どのような方針で企業経営が成されているのかを見極めなければいけません。

 

大企業が多く、そうした会社の方が福利厚生が良い

 

一般的に調剤薬局や病院では、会社規模が大きくなるほど年収が低くなる傾向にあります。一方でドラッグストアであると、大企業になるほど給料が高くなります。また、福利厚生も充実したものになりやすいです。

 

もちろん中小のドラッグストアの待遇が悪いわけではありませんが、一般的な傾向としては大企業のドラッグストアであるほど福利厚生を含めて充実するようになります。

 

ドラッグストアへ薬剤師が転職するデメリット

 

このようなメリットはありますが、ドラッグストアでは在庫管理が非常に大変です。一般用医薬品や食料品、サプリメント、健康食品、化粧品を含め、どれだけ商品が売れるのかを予測するのは至難の業です。

 

調剤併設ドラッグストアであっても、先ほど述べた通り面薬局としてあらゆる処方せんを受けるようになりやすいため、「置いていない薬が書かれた処方せんがもちこまれた」「予想外に商品が大量に出てしまい、在庫がなくなってしまった」などのことが起こりやすいです。

 

「隣の医療機関からメインで処方せんを受けるため、どの薬の処方が出され、どのような患者さんが訪れるのかだけを把握すれば良い」といった一般的な調剤薬局のような状況ではないため、ドラッグストアでは在庫管理が非常に煩雑になりやすいのが実情です。

 

また、他のデメリットとしては以下のようなものがあります。

 

OTCメインであると、医薬品知識がつかない

 

たとえ調剤併設ドラッグストアの店舗がある会社の求人へ転職・就職したとしても、必ずしも調剤業務を経験させてもらえるとは限りません。一般用医薬品の販売がメインとなることもあります。

 

この場合、医療用医薬品の知識が身に付きにくいです。OTCやサプリメント・健康食品、化粧品の知識はつきますが、医療用医薬品の知識や経験を得にくいのです。こうしたことが起こることを理解したうえで、ドラッグストアを検討するといいです。

 

給料が伸びにくい

 

調剤薬局や病院など、他の薬剤師と共通することではありますが、ドラッグストアの薬剤師は給料が伸びにくいです。少なくとも薬剤師として現場で仕事をすることに重点をおく人であれば、年収の伸びは頭打ちになりやすいです。

 

ただ、ドラッグストアでは規模の大きい会社が大きいため、エリアマネージャーなど出世の道をたどっていけば給料が少しずつ伸びていくようになります。

 

力仕事がある

 

商品配置などの雑務があるドラッグストアの場合、力仕事になります。調剤薬局であれば、重くてもエンシュアリキッドなどのカロリー剤です。病院であっても、輸液やカロリー剤が重い医薬品になります。それ以外はどれも軽い商品ばかりです。

 

調剤薬局や病院では基本は軽い製品しか扱いませんが、ドラッグストアでは食料品を含めて日常的に重い製品を取り扱うようになります。そのため、腰痛持ちの人にとってはつらい職場かもしれません。

 

ただ、前述の通り「薬剤師だけが行える仕事」に専念させる会社が存在します。また、調剤併設ドラッグストアであれば、そうした力仕事はかなり減ります。力仕事があるかどうかはドラッグストアによって異なるため、転職の際に求人先に確認するといいです。

 

化粧品販売など、ノルマを課せられることがある

 

ドラッグストアに特徴的なことは他にもあります。具体的には、サプリメント・健康食品、化粧品を含めて販売ノルマが課せられることがあります。調剤薬局や病院では考えられませんが、ドラッグストアでは薬剤師に販売ノルマを課すことがあるのです。

 

もちろん、これもドラッグストアによって方針が異なります。

 

また、お客様と接するのが得意で販売成績を向上させることに喜びを感じる人であれば、むしろ販売ノルマがあるとやる気がでます。こうした人であれば、むしろ販売ノルマはメリットになります。

 

ドラッグストアの転職に向いている薬剤師の特徴

 

ドラッグストアは大企業が多いため、全国各地に店舗があるのは普通です。そのため、店舗異動があることを忘れてはいけません。正社員は当然ながら、パート・アルバイト、派遣であっても店舗異動の存在を忘れないようにしましょう。

 

また、前述の通りたとえ調剤併設ドラッグストアの求人に申し込んだとしても、調剤業務を学べるとは限りません。

 

これらを理解したうえで、どのような人がドラッグストアの薬剤師に向いているのかというと、次のような人になります。

 

自らの力で利益を出し、会社に貢献したい人

 

正直なところ、調剤薬局や病院で自分が所属する会社の利益に貢献するのは非常に難しいです。調剤薬局では隣の病院やクリニックの処方せんに依存してしまいますし、病院薬剤師が多くの患者さんを呼び込むのは現実的ではありません。

 

そのため、調剤薬局や病院で働く薬剤師が一人の力で店舗の利益を2倍以上に増やすのはほぼ不可能と考えていいです。

 

一方でドラッグストアであれば、一人の力で店舗の売上を劇的に伸ばすのは現実的に可能です。

 

特に隣の病院やクリニックの処方せんに頼っていない調剤併設ドラッグストアやOTC販売がメインのドラッグストアであれば、商品配置やレイアウト、一般顧客の呼び込み、セミナー開催などで大きく売上を伸ばすことができるのです。

 

自分の力で会社の売上が伸びるとなると、仕事が非常に楽しくなります。自らのアイディアで利益を出し、会社に貢献したい人にドラッグストアは適しています。

 

接客が好きな人

 

また、一般顧客を相手にするため、接客が好きな人はドラッグストアに向いています。医師の処方せんに基づいて調剤する薬局や病院とは違い、ドラッグストアでは自ら提案して商品を売っていくというおもしろさがあります。

 

こうした仕事に面白みを感じるような接客好きな人であれば、ドラッグストアが良いです。

 

OTCやサプリメント・健康食品まで含めた知識をつけたい人

 

他には、OTCやサプリメント・健康食品、化粧品などの知識を積極的に身につけたい人もドラッグストアが適切です。

 

例えばスポーツファーマシストとして活躍したい人の場合、ドーピングの指導を行うときは医療用医薬品に限らず、一般用医薬品の知識も必要です。ここにサプリメント・健康食品、化粧品の知識までつければ、スポーツ能力の向上についても指導することができます。

 

こうした医療用医薬品以外の知識を身につけたい場合、ドラッグストアは非常に向いています。

 

ドラッグストアの薬剤師として転職するには

 

ドラッグストアにはこのような特徴があり、調剤薬局や病院とは大きく性格が異なります。また、ドラッグストアとはいっても、「調剤の有無」「薬剤師に雑務を行わせるかどうか」「ノルマがあるかどうか」などを含め、企業によって大きく特徴が異なります。

 

こうしたことを理解したうえで、あなたが望むドラッグストアの求人を探して転職しなければいけません。

 

勤務条件を含めてプロに任せる

 

さらに、ここまで述べたこと以外にも、「土日勤務の有無」「給与体系」が気になる人もいるでしょう。

 

薬剤師が転職をするとき、ほとんどの人は転職サイトを活用します。転職サイトに登録すると、プロのキャリアコンサルタントから電話がかかってきます。このとき、「どの形態のドラッグストアに勤務したいか」「転職するときに外せない条件としては何があるか」を伝えるのです。

 

そうして、条件に当てはまるドラッグストアだけをピックアップしてもらうようにします。その後、転職サイトのコンサルタントと一緒に求人を厳選していけば問題ありません。

 

また、あなたの希望条件から「そもそもドラッグストアへの転職が適切なのかどうか」まで判断してくれます。

 

転職サイトを活用するときの秘訣は、どれだけコンサルタントを使いこなすかにあります。もちろん転職サイトによって特長が大きく異なるため、転職サイトの違いを理解したうえで、良いドラッグストアの求人を見つけ、慎重に転職先を検討するようにしてください。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

ドラッグストアへ薬剤師が転職するときの注意点

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

ドラッグストアへ薬剤師が転職するときの注意点

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

ドラッグストアへ薬剤師が転職するときの注意点

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事