病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

治験に関わるCRC、CRAへ薬剤師が転職するには

 

薬剤師として転職することで活躍できる職種は薬局や病院、ドラッグストアだけではありません。企業というのも選択肢の一つです。

 

転職で製薬企業に入るのはかなり難しいですが、同じ企業でもCRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)であれば、企業で働く薬剤師として活躍する人も多いです。企業なので、基本的には土日休みとなります。

 

調剤薬局、病院、ドラッグストアなどで土日休みは珍しいです。そのため、土日休みという意味では企業は魅力的です。企業への転職で最も一般的な職種がCRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)なのです。

 

CRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)とは

 

治験に関わる職種としてCRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)が存在します。ただ、薬剤師であってもその役割についてよく知らない人が多いのではないでしょうか。

 

薬剤師国家試験ではCRCやCRAについて勉強したものの、それぞれの違いについて明確に説明できないことは意外と多いです。両者の違いを簡単に説明すると、以下のようになります。

 

CRC(治験コーディネーター):病院側に立って治験をサポートする
CRA(臨床開発モニター):製薬企業側に立って治験をサポートする

 

どちらを支援するのかについては、職種によって異なります。サポートする相手が異なれば、当然ながら仕事内容も変わってきます。そのため、薬剤師がCRCやCRAへ転職を検討するときは、どちらの職種が望ましいのかを考えなければいけません。

 

CRC(治験コーディネーター)の仕事内容

 

新薬の開発を行うとき、必ず臨床試験を実施する必要があります。このときに行われる臨床試験を治験とも呼びます。

 

CRC(治験コーディネーター)は治験をスムーズに行うために医療機関へ出向き、「患者さんへの治験の説明」や「治験スケジュールの管理」などを行います。このとき、CRCの仕事としては主に次のようなものがあります。

 

・患者さん(被験者)への治験内容の説明
・患者さんの治験に対する不安や精神的負担の除去
・患者さんの来院予定・検査などのスケジュール管理
・検査資料の整理および管理
・CRAへの対応やフィードバック

 

CRCは病院の医療従事者(医師、看護師、薬剤師)や製薬企業のモニターなど、多くの人と接します。そのため、医薬品や病気に関するさまざまな知識を身につけるだけでなく、コミュニケーション能力も磨かなければいけません。

 

また、CRCは患者さんに対して分かりやすい言葉で治験内容を説明する必要があります。

 

治験を行う医師は、忙しい一般診療を行っている合間に治験を実施します。そのため、インフォームド・コンセントが不十分な場合があります。

 

CRCは忙しい医師に代わって十分な時間を使い、患者さんに納得するまで説明を行うという重要な役割を果たします。

 

CRA(臨床開発モニター)の仕事内容

 

臨床試験を行う際、まずはプロトコル(治験実施計画書)を作成しなければいけません。プロトコルには治験を行うための手順や法律に関することが書かれています。ちなみに、この書類作成は専門の人が行うためCRA(臨床開発モニター)がプロトコルを作成することはありません。

 

プロトコルが完成した後、医療機関の調査をすることで治験可能かどうかを調べたり、実際に治験契約を終結したりします。これらCRAの仕事内容としては、以下のようなものがあります。

 

・治験を行う医療機関、医師の選定
・治験に関する契約書を取り交わす
・医療機関へ治験の説明や治験薬の配布を行う
・適切に治験が行われているかモニタリングをする
・治験終了時の処理を行う

 

これらの中でも、最も重要な業務がモニタリングです。CRAにとってモニタリングは基本的な仕事内容ではあるものの、日々の業務の大半を占めます。

 

治験を行うとき、守るべきルールとしてGCP(医薬品臨床試験の実施基準に関する省令)があります。モニタリングを行う際、GCPが守られているかどうか、さらにはプロトコルに従って臨床試験が実施されているかどうかを確認するのです。

 

病院に在籍する医師、薬剤師、看護師は医療専門家であり、法律の専門家ではありません。そのため、治験の詳しい手順や守るべきルールを熟知しているわけではないのです。そこで、CRAが医療機関へ出向いてモニタリングをする必要があります。

 

治験に関わる企業であるSMO・CROとは何か

 

このように、臨床試験が円滑に進むようにサポートする職種としてCRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)が存在します。

 

ただ、治験に関わる言葉としてSMO(治験施設支援機関)CRO(受託臨床試験実施機関)があります。この言葉についても、薬剤師としておさらいしなければいけません。CRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)への転職を行うのであれば、SMOやCROは必ず知っておかなければいけない単語です。

 

SMO(治験施設支援機関)とは何か

 

まず、SMO(治験施設支援機関)は「CRC(治験コーディネーター)を医療機関へ派遣するための会社」だと考えてください。SMOは医療機関の臨床試験を支援するための会社であり、SMOが社員としてCRCを雇っているのです。

 

かつて、臨床試験は大病院で行われるのが中心でした。しかし、病気の種類によっては患者数の数が少なく、大きな病院だけを対象としていては治験を実施するための患者さんを集めることができず、結果としてコストが大きく膨れ上がってしまいます。

 

また、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病では地域の開業医や病院を訪れるのが普通です。大きな病気や難病でもないのに、わざわざ大病院を受診しません。感染症についても同様であり、最初は近くの医療機関を訪れます。

 

こうした実情があるので、治験を地域の医療機関が行うのは難しいです。そこで、こうした医療機関を支援するためにSMOが存在し、CRCを派遣しているのです。

 

CRO(受託臨床試験実施機関)とは何か

 

その一方で、CRO(受託臨床試験実施機関)は「CRA(臨床開発モニター)を社員として雇い、製薬企業の治験を支援する会社」になります。

 

臨床開発を行うとき、製薬企業が社員としてCRA(臨床開発モニター)を雇っていることがあります。ただ、自社でこうした社員を雇って高い給料を支払うよりも、治験業務を専門で行う会社へ依頼した方がコストを下げつつ、質の高い臨床試験を実施できるというメリットがあります。

 

そのため、製薬企業は積極的にCROへ臨床試験の業務を依頼するのです。

 

CROではプロトコル(治験実施計画書)の作成やモニタリングを行い、さらには集めたデータの収集や解析まで実施します。この中で、医療機関への訪問や担当医師への説明、試験結果の回収などをCROに在籍するCRA(臨床開発モニター)が行うのです。

 

CRC、CRAへ転職して働くメリット

 

SMO(治験施設支援機関)やCRO(受託臨床試験実施機関)は一般企業です。そのため、これらの会社でCRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)として働くことは、企業の薬剤師として働くことを意味しています。

 

企業の薬剤師はメリットがあればデメリットもあります。まずは、メリットから説明していきます。

 

新薬開発に携わることができる

 

仕事として働く以上、やりがいがなければいけません。調剤薬局や病院、ドラッグストアであれば患者さんと接することで病気の治療に携わることができます。ただ、このときは実際に関わった人でなければ患者さんを救うことができません。

 

一方、CRCやCRAでは新薬開発の治験業務に関わるため、仕事をこなすことで新薬が市場に出れば何十万人もの患者さんの命を救うことにつながります。自らの仕事が大きな社会貢献になるのです。

 

土日休みになる

 

薬剤師として働くとき、土日休みを希望する人は多いです。ただ、医療現場で働く薬剤師にとって、正社員で土日休みの職場はほぼ存在しません。パート・アルバイトや派遣であれば薬局や病院でも土日休み可能ですが、正社員でそういう職場を見つけるのは至難の業です。

 

それに対してCRCやCRAを含め、企業の薬剤師であれば土日休みが基本です。そのため、休日でのプライベートを充実させることができます。

 

狭い空間にとらわれない

 

調剤薬局、病院、ドラッグストアなど、現場で働く薬剤師は特定の職場だけの勤務になります。狭い世界で働くことになり、視野が狭くなる可能性があります。

 

薬剤師会や薬剤師連盟などへ出席して、他の薬剤師の話を聞いている人であれば多少は問題ないですが、大多数の薬剤師は狭い職場内だけで仕事が完結します。

 

しかし、CRCやCRAとして働くと医師、薬剤師、看護師などさまざまな職種の人と連携するようになります。所属する会社だけでなく、他の関係者も巻き込んで仕事をこなしていくのです。出張も多く、日本全国を巡って仕事をしていくため狭い空間にとらわれることはありません。

 

CRC、CRAへ転職して働くデメリット

 

それでは、CRCやCRAへの転職ではどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

企業の求人を探して転職を検討するとき、メリットだけでなくデメリットまで考慮しなければいけません。CRCやCRAのデメリットとしては以下のようなものがあります。

 

給料が下がる可能性がある

 

病院薬剤師であれば、もともとの給料が低いのでそこまで気にならないかもしれません。ただ、調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師は年収が高めのため、CRCやCRAで働くとなると給料が下がってしまう可能性があります。

 

現実的な年収を記すと、CRCやCRAが未経験の人であれば平均年収は300〜400万円です。ただ、CRCやCRAとして働くとき、薬剤師資格は非常に重宝されます。現場で薬剤師として働いた経験があるのであれば、より転職のときに有利になります。

 

そのためきちんとした求人に応募して働けば、年収400万円以上からスタートすることは珍しくありません。それでも調剤薬局やドラッグストアの給料に比べると下がることには変わりありませんが、10〜20年などきちんと働けば年収が上がっていき、薬局薬剤師の給料を超えることもあります。

 

自己裁量の割合が大きい

 

仕事内容から、必然的に事務作業が多くなるのがCRC、CRAです。このときは自己裁量による部分が大きいため、効率よく仕事をこなすことができなければその分だけ残業が増えてしまいます。

 

ただ、逆にいえば効率的に業務を進めることができれば、自由な時間をたくさん生み出せることができるともいえます。

 

治験に関わるので出張が多くなるため、出張で仕事が終わった後はおいしい店を巡ってもいいですし、プチ観光を行ってもいいです。自己責任にはなりますが、自らの力で仕事を進めることができます。

 

調剤業務がなく、薬剤師スキルを磨けない

 

一般的な薬剤師であれば、調剤業務は基本となるスキルです。調剤薬局、病院、調剤併設ドラッグストアを含め、調剤・監査、服薬指導、薬歴管理などの業務を行います。

 

ただ、企業の薬剤師である以上はそうした調剤業務がありません。現場の薬剤師のようにMRが勉強会を開いてくれるわけでもないため、薬の最新情報を入手するのも困難になります。そのため、現場で働く薬剤師としてのスキルを磨けないというデメリットがあります。

 

CRC、CRAの求人を探し、転職する方法

 

薬剤師が転職を検討して求人を探すとき、多くの人は転職サイトに登録します。自分の条件に合う薬局や病院、ドラッグストアを自ら探すのは非常に煩雑ですし、年収や勤務条件の交渉まで行うのは現実的ではありません。

 

ただ、転職サイトであればこうした作業をプロがすべて代行してくれます。

 

それでは、企業の薬剤師としてCRCやCRAで転職するときはどうかというと、同様に転職サイトに登録するのが普通です。

 

転職サイトがメインで取り扱う求人は調剤薬局や病院、ドラッグストア、そして企業です。全体的に企業の求人は少ないものの、そうした案件はいくつか存在するのです。

 

CRC、CRAのどちらがいいのか

 

こうしたとき、疑問として生まれるのはCRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)のどちらが転職先として適切なのかということがあります。

 

どちらが優れているということはないですが、いずれにしても薬剤師資格をもって働いた経験があるのであれば、非常に有利になることは確かです。CRCやCRAは資格がなくても仕事を行えますが、薬剤師資格をもって働いた経験は大きな武器になるのです。

 

給料という面で考えると、CRC(治験コーディネーター)よりもCRA(臨床開発モニター)の方が年収は高い傾向にあります。

 

ただ、CRA(臨床開発モニター)の方が転職するときの条件が厳しくなります。そのため、最初はCRCとして経験を積み、後からCRAへ転職するというキャリアアップも存在します。

 

どのようなキャリアパスを選ぶのかについては、人によって異なります。ただ、いずれにしても薬局や病院などにないメリットが企業の薬剤師には存在します。

 

年齢が高すぎると企業の薬剤師は転職が難しくなります。そのため、企業の薬剤師として働きたい場合は早めに自分のキャリアを見つめなおして転職を検討し、転職サイトのコンサルタントと相談しながら求人を探すといいです。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
→ 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
→ 転職サイトを有効活用するには


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

治験に関わるCRC、CRAへ薬剤師が転職するには

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
→ ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

治験に関わるCRC、CRAへ薬剤師が転職するには

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
→ ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

治験に関わるCRC、CRAへ薬剤師が転職するには

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
→ ファーネットキャリアのインタビュー記事