病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師の雇用形態・求人内容|求人・転職薬剤師!記事一覧

正社員として薬剤師が働くメリット|求人・転職薬剤師!

新卒であれば、ほぼ全員が正社員の薬剤師として働きます。このときは病院や調剤薬局、ドラッグストア、企業などへ就職し、それぞれの職場で薬剤師としての専門性を発揮するために勉強します。正社員として働く場面は新卒だけでなく、転職のときも同様に多いです。ママ薬剤師が復職するときであっても、パートではなく正社員...

≫続きを読む

パートやアルバイトの薬剤師として転職し、働くメリット

女性の場合、特に復職後などでパート薬剤師(アルバイト薬剤師)として働く人はとても多いです。パートやアルバイトで働く薬剤師の方は一般的に「大学卒業後に就職 → 結婚や出産を機に退職 → 子供が少し大きくなったのでパートとして復職する」というキャリアパスがほとんどです。※パートとアルバイトという言葉にあ...

≫続きを読む

派遣薬剤師(契約社員)で転職し、短期で働くポイント

薬剤師として働く場合、大きく分けて「正社員」「パート・アルバイト」「派遣(契約社員)」という三つの働き方があります。正社員やパート・アルバイトであれば、どのような形態で働くことになるのかある程度は想像できます。ただ、派遣薬剤師として働く場合の勤務形態や給与面などについて理解している人は少ないです。そ...

≫続きを読む

異動がなく、勤務時間を絞った薬剤師の限定正社員とは

これから薬剤師として働きたい場合、多くの方は正社員またはパート・アルバイトを選びます。ここに派遣(契約社員)が加わりますが、中には限定正社員という働き方もあります。薬局や病院、ドラッグストア、企業を含め、店舗によっては限定正社員という勤務形態があります。それでは一般的な正社員とは異なり、薬剤師の限定...

≫続きを読む

調剤薬局へ薬剤師が転職する際の3つのポイント

薬剤師が転職を考える上で最も候補に上がりやすい職場として調剤薬局がありあす。職場の中でも調剤薬局の数が多いという理由があり、実際にこれら調剤薬局は薬剤師を欲しています。一般企業経験者などでこれまで調剤を行ったことがない未経験者であったとしても、薬剤師免許さえあれば喜んで迎えてくれます。正社員やパート...

≫続きを読む

病院薬剤師へ転職するときのポイントと求人の考え方

薬剤師が転職を行うとき、病院薬剤師として働くことを考える人は多いです。「企業から病院薬剤師へ」、「調剤薬局から病院薬剤師へ」などの転職は普通に行われています。ただし、大学病院を含めたいわゆる大病院であると求人が少なくなりがちです。大病院への転職は年齢的なものも考慮しなければいけないため、現実的には3...

≫続きを読む

ドラッグストアへ薬剤師が転職するときの注意点

薬剤師による転職先として、調剤薬局や病院の次に人気が高い求人としてドラッグストアがあります。給料という面で言えば、調剤薬局よりもドラッグストアの方が良い傾向にあります。ただ、調剤薬局や病院と比べて、ドラッグストアの薬剤師は仕事内容が大きく異なります。この点を認識したうえで、ドラッグストアへ転職する必...

≫続きを読む

治験に関わるCRC、CRAへ薬剤師が転職するには

薬剤師として転職することで活躍できる職種は薬局や病院、ドラッグストアだけではありません。企業というのも選択肢の一つです。転職で製薬企業に入るのはかなり難しいですが、同じ企業でもCRC(治験コーディネーター)やCRA(臨床開発モニター)であれば、企業で働く薬剤師として活躍する人も多いです。企業なので、...

≫続きを読む

薬剤師による医薬品卸(学術・DI)への転職

薬剤師として働く場合、薬局や病院、ドラッグストアなどが最も一般的です。そうした中で企業の薬剤師として働く場合もあります。ただ、MRやCRC(治験コーディネーター)などは会社組織に属して働くことになりますが、薬剤師国家資格がなくても仕事を行えます。確かに薬剤師資格をもっていたら優遇されるものの、薬剤師...

≫続きを読む

かかりつけ薬局の求人で薬剤師が転職するには|求人・転職薬剤師!

薬剤師として働くとき、病院やドラッグストア、企業、行政など多くの業態があります。その中で薬剤師が選ぶ転職先として最も多いのは調剤薬局です。ただ、単に薬局とはいっても、いくつかの種類に分けられます。たとえば、病院に隣接する薬局として門前薬局があります。他にも隣にあるクリニックだけでなく、あらゆる医療機...

≫続きを読む

学校薬剤師の仕事内容を理解し、適切な求人を得るには

薬剤師が活躍する場としては、調剤薬局以外にもドラッグストアや病院、企業などさまざまです。その中でも、学校薬剤師という存在があります。ただ、学校薬剤師は小学校や中学校、高校などに常駐しているわけではありません。その多くは、調剤薬局で働きながら学校薬剤師を兼任していることがほとんどです。つまり、学校薬剤...

≫続きを読む

在宅医療を行う調剤薬局の求人で薬剤師が就職・転職するには

かつての薬剤師は調剤室にこもっての作業が大半でした。しかし現在、病院では病棟に出て服薬指導を行い、調剤薬局でも高いコミュニケーション能力が求められるようになっています。その中でも、調剤薬局によっては患者さんの家(在宅)に出向いて服薬指導を行うこともあります。いわゆる在宅業務のことですが、医療に貢献し...

≫続きを読む

福利厚生から病院・薬局での薬剤師の転職・求人事情を知る

薬剤師として就職・転職するとなると、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどある程度は働く先が決まってきます。また、企業で活躍する薬剤師もいます。特に転職や復職をするとなると、多くの人は条件(給与額や年収、労働条件など)だけで判断しがちです。ただ、それだけで転職先を決めるのではなく、福利厚生まで含めて求人...

≫続きを読む

シフト制、有給ありの薬剤師求人・転職案件の見つけ方

薬剤師として働く場合、休みについてしっかりと考えることは重要です。休みが取れる職場でなければ、プライベートを充実できません。このときは一人薬剤師(薬局勤務)や企業薬剤師でない限り、シフト制が導入されています。このような決まりがあるのは、一般社員やパート・アルバイト、さらには派遣薬剤師が適切に休日を取...

≫続きを読む

薬剤師がクリニック(診療所)の求人を探し、転職を実現するには

薬剤師の就職先としては、調剤薬局やドラッグストア、病院、一般企業がほとんどです。中には公務員など公官庁で働く薬剤師はいるものの、基本的にはこれらの会社へ就職して働くのが一般的です。ただ、中には少数ながらもクリニック(診療所)の薬剤師として働いている人がいます。クリニックなので病院ほど規模は大きくなく...

≫続きを読む

注目の人気記事


・管理人による転職体験記

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
 → 管理人による転職体験記


・転職サイトを有効活用するには

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
 → 転職サイトを有効活用するには


・オススメの転職サイトと特徴の違い

転職サイト選びを間違えると、転職で失敗してしまいます。紹介会社は特徴が異なるため、まずはそれぞれの強みを把握する必要があります。
 → オススメの転職サイトと特徴の違い


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファーマキャリア

薬剤師の雇用形態・求人内容|求人・転職薬剤師!

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
 → ファーマキャリアへのインタビュー記事


・ファルマスタッフ

薬剤師の雇用形態・求人内容|求人・転職薬剤師!

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
 → ファルマスタッフへのインタビュー記事