病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

転職の際、面接前に薬剤師が事前に用意すべきもの

 

これから面接の望むとき、必ず用意しておかなければいけないものがあります。例えば、履歴書は正社員だけでなく、パート・アルバイトや派遣での転職であっても必要です。他にも、薬剤師免許証は現物をもっていなければいけません。

 

もちろん、企業によって要求されることは異なります。そのため、確実なことをいうことはできませんが、転職での面接前に「どのようなものが必要になるのか」を確認しておくに越したことはありません。

 

その中でも、面接を受けるときに「必ず必要になるもの」と「あれば良いもの」があります。また、面接時での注意点も存在します。こうしたことを確認しておくことで、準備した上で面接を受けることができるようになります。

 

面接時に必ず必要になるもの

 

薬剤師として転職するとき、必ず必要になるものを事前に用意しておきましょう。以下のようなものがあるため、あらかじめ準備しておけば転職がスムーズになります。

 

履歴書

 

新卒学生が企業に履歴書を送る場合、手書きが基本です。これについては社会人も同様であり、丁寧に手書きする方が良い印象を与えます。パソコンでの履歴書作成が問題ないかどうかは採用担当者によって異なるため、万全を期すのであれば手書きが望ましいです。

 

このとき、履歴書に証明写真を貼り付けることになります。証明写真はきちんとした場所(写真屋)で撮影したものを使用します。当たり前ですが、普通の写真を切り抜いたり、プリクラを貼り付けたりするのは禁止です。スピード写真で撮影したものも悪い印象しか与えません。

 

また、それまでの職歴は簡潔に記載しましょう。より詳しい職歴に関しては、職務経歴書へ記載すれば問題ありません。

 

そして、志望動機を必ず書くようにします。志望動機は面接時にも聞かれやすい内容なので、あらかじめ答えられるようにしておく必要があります。これが、履歴書の簡単な注意事項です。

 

・履歴書の添え状(送付状)について

 

なお、薬剤師の転職では面接時に履歴書を持参して手渡しすることがあれば、事前に履歴書の送付を求められることがあります。

 

一般企業であれば履歴書の事前送付が当たり前ですが、中小薬局での面接など、薬剤師では必ずしも事前送付ではないことが多いです。

 

ただ、病院や一般企業への転職など、履歴書の事前送付を求められることがあります。

 

このとき、「封筒に宛先を書き、そのまま履歴書を入れる」ようなことをしてはいけません。必ず添え状(送付状)をA4の用紙で用意し、印刷するようにしましょう。社会人として、添え状を付けるのはマナーです。

 

実際の添え状としては、以下のようなものになります。

 

 

履歴書を送るとき、こうした添え状(送付状)が必要になります。ゼロから作るのは面倒ですし、書くべき内容はどれも同じなので以下に見本をダウンロードできるようにします。

 

こちら」から添え状のテンプレートをダウンロードすることによって、自分用にアレンジしてください。

 

注意点として、調剤薬局やドラッグストア、一般企業の場合は会社組織なので「貴社」になります。一方、病院へ応募するときは「貴院」と記すようにしてください。

 

筆記用具

 

新入社員の時のような面接とは異なり、志望動機などの簡単なやり取りを行った後、働くときの条件や給与に関しての話をすることがあります。そのため、何かメモをするための道具が必ず必要になります。

 

私が薬剤師として初めて転職し、中小の調剤薬局の面接を行った際も、実際に働き始める日や時間などを面接の場で社長から口頭で言われ、慌ててメモをしたことがあります。記録しておくことで、確実に話の内容を後に残しておくのです。

 

また、口頭での話をただ聞いておくよりも、メモを残している人の方が面接官(経営者や採用担当者)に対して良い印象を与えます。

 

メモが中心になることで目線がずっと下になるのはよくありませんが、いずれにしてもメモを取るための道具は必須です。

 

職務経歴書(スキルシート)

 

これから面接を受ける会社にもよりますが、「あなたがこれまでにどのような経験をしてきたか」を示す職務経歴書を提出する場合があります。

 

転職を繰り返してきた人だけでなく、同じ会社にずっと働いていた人(これまで転職したことのない人)も同様に必要になることがあります。

 

たとえ同じ会社であっても、会社内でどのような部署に在籍し、異動などを含めてどのような経験をしてきたか人によって異なります。そこで、これまでの経験を職務経歴書で示すのです。

 

このとき、誰でも分かるような言葉で簡潔に記すことがポイントです。中には専門用語で埋める人もいますが、実際に読む面接官が理解できなければ意味がありません。

 

薬剤師免許証

 

転職のとき、薬剤師にとって意外と忘れやすいのが薬剤師免許証です。薬剤師免許証がどこにあるのか、すぐに答えが出てくるのであれば問題ありません。しかし、引越しの際や大掃除などで薬剤師免許証がどこに行ったか分からない人は多いのではないでしょうか。

 

転職活動をするにしても、あなたが薬剤師であることを証明できる書類がなければ、当然ながら薬剤師として採用されることはありません。そのため、薬剤師免許証がどこにあるかを今のうちに把握しておく必要があります。

 

探しても見当たらないのであれば、薬剤師免許証を再発行して貰わなければいけません。ただし、再発行には約3ヶ月程度かかります。

 

急募の募集で良い求人があったとしても、「薬剤師免許証がないために面接ができなかった」というケースはたくさんあります。このようなチャンスを逃さないためにも、今のうちに薬剤師免許証の保管場所を把握しておきましょう。また、もし無いのであれば早いうちに再発行を済ませておきましょう。

 

面接時にあれば良いもの

 

また、中には面接時にあれば良いものもあります。これらを面接前に用意しておけば、求人先(薬局や病院など)の経営者や採用担当者から「これを持参するように」といわれたとき、すぐに対応できます。

 

薬剤師免許証のコピー

 

薬剤師免許証があることは必須ですが、求人によっては面接時に免許のコピーを要求されることがあります。例えば薬局で働く場合、保険薬剤師の登録などの手続きが必要になるため、将来は必ず提出しなければいけない書類です。

 

薬剤師免許証はかなり大きく、家庭用のA4コピー機では複製できません。コンビニなどに出向いてコピーする必要があるため、あらかじめ用意しておきましょう。

 

前述の通り免許証を無くした場合、再発行までに3ヶ月程度の時間が必要です。そのため、薬剤師免許証がどこにあるのか確認しておかなければいけません。

 

事前に調べておいてことのメモ

 

面接時には志望動機や自己PRを含め、さまざまなことを聞かれます。志望動機は求人先の企業に合った内容にする必要があるため、「調剤薬局、病院、ドラッグストアなど事前に調べておいた会社情報」や「志望動機で何を言うのかのメモ」を持参するといいです。

 

このときの事前情報収集については会社のウェブサイトを見て調べるなど、方法はさまざまです。

 

転職サイトを利用している場合、事前に職場を見学することも可能です。あらかじめ職場を確認したり現場で働く薬剤師の話を聞いたりしているため、こうしたときは実体験から語れるので志望動機を述べやすいです。ただ、内容を忘れてしまう可能性があるため、やはりメモの持参は必要です。

 

なお、履歴書を事前に送ったときは「履歴書のコピー」を持参するようにしましょう。履歴書の内容を確認することで、実際に書いた志望動機や自己PRを見返すことができます。

 

面接前にチェックしておくべき注意事項

 

ここまで、準備しておくものについて解説してきました。それでは、面接当日までに行うべきことや面接時の注意点としては何があるのでしょうか。

 

これらを把握した上で面接に臨むことによって、面接での不採用を避けられるようになります。

 

履歴書や職務経歴書に書いた内容を再チェックする

 

実際に転職するとき、いくつもの求人へ応募して面接を受けるのが基本です。1社だけに絞ることは珍しく、複数社の面接を受けることによって、その中から良い求人を選ぶのです。

 

そのため、面接が連続するときなど志望動機がごっちゃになることがあります。そうした事態を避けるためにも、履歴書や職務経歴書に書いた内容を面接前に再チェックするようにしましょう。

 

他の会社での志望動機を面接で言ってしまったら、面接での印象はかなり悪くなります。また、履歴書や職務経歴書にある内容とは異なる内容を面接時に回答しても、よい印象にはなりません。志望動機(自己PR)と退職理由の2つについては、正確に答えられるようにしましょう。

 

服装はスーツにする

 

面接のとき、たまに私服で求人先の企業に出向く人がいます。ただ、これは社会人として常識がないと判断されてしまいます。マナーのない人であるほど面接で落ちるため、こうした常識外のことはしないようにしましょう。

 

薬剤師が面接を受けるときは、スーツにするといいです。男性であっても女性であっても、スーツであれば少なくとも相手に悪印象を与えることはありません。調剤薬局や病院、ドラッグストア、一般企業と面接時はどれもスーツです。

 

これは正社員に限らず、パート・アルバイト、派遣であっても面接時はスーツにしましょう。

 

どうしてもスーツが嫌な場合であっても、ジャケットを着るなど「ビジネスの場に出席しても問題ない服装」にする必要があります。

 

時間に余裕をもって行動する

 

当然、時間に遅れることは社会人として許されません。そのため、30分ほどのゆとりをもって行動するのがベストです。面接で遅刻してしまうと、面接官からは「この人は社会人として必要な最低限のマナーができていない」と思われ、不採用になってしまいます。

 

面接当日にどのようなトラブルが起こるか分からないため、早めの行動が必要不可欠です。公共交通機関を利用するときであっても、例えば東京都内では人身事故による電車の遅れはよくあるため、早めに面接場所まで到着しておく必要があります。

 

もし、面接に遅れてしまう事態に陥ってしまった場合であっても、求人先に電話をかけて遅れてしまった事情を話し、お詫びの言葉を述べると許してもらえる可能性が高くなります。

 

最後の質問内容(逆質問)を考えておく

 

ほとんどの面接で聞かれる質問として「何か質問はありますか?」というものがあります。事前に考えておかなければ、なかなか質問できない人がほとんどです。

 

そこで、事前に会社のサイトなどを確認し、質問を考えておく方が無難です。もしサイトがない場合は、求人票などの情報から考えていきます。

 

希望条件を明確にしておく

 

また、面接時では年収や残業、土日出勤など、条件面の交渉まで行うことができます。相手企業と直接話せる機会であるため、条件を明確にしておくことも必要です。

 

実際に働くときの条件面の話であるため、このときの話し合いは非常に重要です。一般的な転職ではあまり行われませんが、調剤薬局や病院、ドラッグストアなど薬剤師の転職では面接時に勤務条件の交渉を行うのは珍しいことではないと考えてください。

 

このときに希望条件が明確でないと、実際に働き始めたときに後悔することになります。条件交渉のときは見栄を張るよりも、本心で述べた方が転職での失敗を避けられるようになります。

 

面接に臨むとき、事前準備が大切になる

 

薬剤師が転職するとき、一般企業よりも面接は非常に行いやすいです。事前に履歴書を送らず面接の場での手渡しでよかったり、面接の場で条件交渉ができたりなど、一般的な転職では考えられないことであっても問題なく行うことができます。

 

ただ、社会人として最低限のマナーができていないと、いくら薬剤師であっても不採用になることがあります。また、求人先の企業に悪い印象を与えてしまうと、その後の条件交渉に響いてしまうことがあります。

 

こうした凡ミスを防ぎ、転職を有利に進めるために事前準備が必要になるのです。

 

何も準備をしていない薬剤師に対して、しっかり準備した上で面接に臨む薬剤師であると、当然ながら後者の方が好条件の求人を引き当てることができますし、給料や勤務時間を含めた条件面でも良い内容になりやすいです。

 

また、薬剤師の中でも多くの人が集まる人気求人になるほど、たくさんの人が面接に訪れるのでその中から勝ち残らなければいけません。こうしたことを理解したうえで、面接前の事前準備をしっかりして転職に臨むようにしましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

転職の際、面接前に薬剤師が事前に用意すべきもの

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

転職の際、面接前に薬剤師が事前に用意すべきもの

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

転職の際、面接前に薬剤師が事前に用意すべきもの

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事