病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師の転職面接で聞かれる5つの質問内容

 

転職活動を行う以上、転職先の会社と必ず面接を受ける必要があります。調剤薬局や病院、ドラッグストア、一般企業とどれも面接は避けて通ることができません。このとき、ある程度は面接で聞かれる質問事項は決まっています。

 

そのため、これらの質問事項に対して、あなたの考えや経験を交えながら答えることができるように事前に考えておかなければいけません。面接で聞かれるテーマについてあらかじめ内容を考えておき、的確に答えることができれば、面接で落ちる確率を低くすることができます。

 

薬剤師が面接で聞かれる質問とは

 

例えば、薬剤師の面接で聞かれるテーマとして次のようなものがあります。

 

・あなたの自己PRをして下さい(経歴を教えてください)

 

・同じ規模で近くにも薬局(病院)があるのに、なぜ弊社に応募したのか

 

・転職理由(退職理由)は何か

 

・薬剤師で心がけていることは何か(薬剤師になろうと思った理由)

 

・最後に質問は無いか(逆質問)

 

なぜ、これらの質問を受けるのかというと、当然ながら理由があります。面接官の意図を理解しながら、これらの質問に対して受け答えをしなければいけません。

 

それでは、それぞれの質問ごとに分けて以下に解説していきます。

 

あなたの自己PRをして下さい(経歴を教えてください)

 

これまでの経験から考えてあなたの長所は何か、また薬剤師としてどのように貢献できるかをアピールしなければいけません。

 

このとき、自己PRの型として最も一般的であり、面接官に対する受けが良いのは「逆転ストーリー」です。マンガのストーリーやテレビのドキュメンタリーなど、全てこの型で構成されています。面接でも同じであり、この型にはめ込んだ自己PRは人の心を最も動かすことができます。

 

最初に設定するのは「大きな壁」です。ある困難があり、その困難をあなたがどのように解決して将来に繋げていったかというストーリーを作ってください。

 

初めはマイナスからのスタートだったが、自分がこう改善することによって今ではプラスになった」という感じの自己PRになります。例えば、以下のようになります。

 

業務改善によって、職場環境を良くしたり医療の質を高めたりすることができます。

 

これまで、病院薬剤師として慢性期病院や急性期病院を含め2つの病院を経験してきました。特に急性期病院では患者さんの容態が日を追うごとに変わり、医師・看護師との連携が重要になります。

 

このときは2年目から積極的に病棟業務に携わるようになりました。ただ、薬剤部であればすぐ近くにいる薬剤師に声をかければいいので意思疎通が容易だったものの、医師・看護師まで含めた他職種となると、常に顔を合わしているわけではないので意思疎通にずれを生じていました。

 

カルテを見ても何を書いてあるのか分からないことが多く、困惑したのを覚えています。

 

そこで、現在はインターネットが発達しているので、病院内のシステム活用を思いつきました。具体的には、患者さん一人ごとにグループメール(グループチャット)を作り、そこで「特に知らせておくべき重要なこと」を書いて共有するようにしました。

 

最初は私だけが一方的に情報共有していたのですが、3ヶ月後くらいから医師・看護師もそこで重要事項を共有するようになり、仕事上のミスも少なくなって非常に円滑に業務が回るようになりました。

 

新しいことの提案は反対されることが多いものの、私の場合は「まずは行動して様子を見る」ことから始めるケースがたくさんあります。そこから業務を改善し、より質の高い医療を提供できるようにすることが強みだと自負しています。

 

話の内容は「患者さんで共有しておくべき情報を他職種の人とも共有できるように頑張った」という内容なので特別にすごいことではありませんが、このようなストーリー形式で展開すると非常に素晴らしい人物であるかのように聞こえます。

 

良いことばかりを話すのは単なる自慢話です。そこで、こうした型(逆転ストーリー)を知って当てはめることができるかどうかというだけでも、「面接でどのように自己PRをすれば良いか」が違ってきます。

 

同じ規模で近くにも薬局(病院)があるのに、なぜ弊社に応募したのか

 

経営者や採用担当者であれば、なぜ当社を志望したのか当然気になります。他の薬局(病院)ではなく、いくつか提示された求人の中で、なぜわざわざその会社を志望したのか理由があるはずです。

 

求人先である調剤薬局や病院、ドラッグストアののホームページがあるのであれば、事前に調べておくようにしましょう。また、求人票から「他にはない特徴」を見出すのも効果的です。

 

「なぜ、多くの薬局(病院)の中から私の会社を選んだのか」という質問は、要は「志望動機」に当たります。志望動機はどのような面接であっても必ず聞かれる質問内容であるため、必ず事前に考えておくようにしましょう。例えば、以下のようになります。

 

これまで調剤薬局で5年勤めていましたが、その中で私自身は「謎の頭痛や下半身の脱力感など、西洋薬では改善しにくい病気」をいくつか経験しました。このときは健康食品・サプリメントや漢方、食事の改善などいろいろ試してきました。

 

そうした中で徐々に症状は良くなっていったのですが、こうした経験を積み重ねていくうちに「病気をケアするためには、薬だけでなく栄養を含めたトータルでの指導が必要だ」と考えるようになりました。

 

そこで、調剤併設ドラッグストアとして医療用医薬品やOTC薬を扱うだけでなく、健康食品や漢方にも精通し、さらには地域貢献のために定期的にイベントを開催している御社の活動や仕事内容に対して非常に興味をもっています。

 

薬を渡して服薬指導をするだけの薬剤師ではなく、生活面のアドバイスを含めた指導まで行える薬剤師として活躍するため、御社を志望しました。

 

このように、求人先(薬局、病院など)の企業に沿った志望動機を述べるようにしましょう。他ではなく、その会社でしか実現できないことを面接で伝えるといいです。

 

転職理由(退職理由)は何か

 

退職理由についても、高確率で面接の際に聞かれることになります。現在、他の職場で働いているのであれば「転職理由」を述べましょう。結婚や出産などで復職するのであれば「復職理由」を答えなければいけません。

 

企業にとって、採用は非常に重要です。あなたという人材を採用したとしても、またすぐに辞められたのでは意味がありません。

 

企業はあなたを採用するために大きなコストを支払い、新たな仲間として受け入れようとしています。それにも関わらずにすぐに辞められてしまったら、お金と労力の無駄になります。そのため、面接で不採用にならないために退職理由はきちんと考えておかなければいけません。

 

例えば、これまでに2回転職しているのであれば、それぞれに対して企業側が納得できるような理由を考える必要があります。

 

企業がこのような質問をする背景としては、「この人は不満ばかり述べて職場の輪を乱し、挙句の果てにすぐに辞めるのではないか」「前の会社で何かトラブルがあったのではないか」などを見極める目的があります。

 

そのため当然ですが、退職理由を述べるときに前職のマイナスのことを言ってはダメです。「給料が低かったため」「人間関係が悪かったから」「会社の方針に疑問を感じた」など、このような理由は心の奥底にしまうようにしましょう。

 

これらマイナス面を強調する人であれば、面接官は「この人はこれから働こうとする私の会社に対してもマイナス面しか見ないのでは」と疑ってしまいます。入社しても同じ理由ですぐに辞めてしまう人間のように写り、不採用になるリスクが高まります。

 

そのため、面接官が納得できるような前向きの転職理由を考えておく必要があります。例えば、以下のようになります。

 

在宅医療まで手掛ける調剤薬局で働き、スキルアップを目指したいと考えたために前職を退職して御社へ転職しようと考えています。

 

調剤を行うだけの薬剤師であると、世の中にいくらでも存在します。そのため自分独自のスキルや知識を身につけなければいけません。そうしたとき、在宅は非常に重要な分野だと私は考えています。

 

現在の調剤薬局であっても、在宅医療は行っています。ただ、薬を薬局内で調剤して薬を渡すだけの施設在宅がメインです。こうした誰でも行える在宅ではなく、御社のように家庭を訪問し、本当の意味で在宅を経験できる会社で働くことで、自らのスキルアップを図りたいと考えました。

 

いまは管理薬剤師として数人の薬剤師を束ねている立場ですが、御社と縁があった場合はゼロから学ばせていただきます。

 

今回は「スキルアップ」を退職理由にしています。

 

ただ、その他にも「これまで病院薬剤師であったが、結婚して子供も生まれる予定であり、本気で家族を養うために年収の高い調剤薬局で働く」という理由でも問題ありません。ただ、この場合は「数ある調剤薬局の中でも、なぜその求人に応募したのか」という理由まで付け加えるようにしましょう。

 

また、女性薬剤師であるなら「子育て支援に理解のある職場で働きたいと思ったから」でも問題ありません。

 

重要なのは、本心の退職理由を述べつつも、マイナスのように聞こえないように伝えることです。

 

例えば、本音は「そこまで子供が好きでもないのに小児科の門前で働いており、粉薬や水剤などが頻繁に出るので調剤が面倒くさい」と思っていたのが退職理由だったとします。

 

これをそのまま言うのは良くないので、表現や言い方を変えます。表現を変えると、「これまでは小児科だけだったが、薬剤師に必須である幅広い知識を吸収するために内科の門前で働きたい」という具合にします。

 

そうすると以前のネガティブな理由に比べて、ものすごく立派な退職理由にはなります。自分の気持ちにウソを付くのは良くないため、そうではなく表現を変えましょう。

 

自分の気持ちには正直だけれども、前向きな理由に置き換えることによってより良い転職理由になります。

 

薬剤師で心がけていることは何か(薬剤師になろうと思った理由)

 

面接で聞かれる質問の中で「なぜ薬剤師になろうと思ったのか」という質問もあります。ベテラン薬剤師であるとあまり聞かれませんが、新人を含め20代や30代前半の薬剤師であると聞かれることがあります。

 

これはつまり、「薬剤師として心がけていることは何か」ということです。「なぜ薬剤師になったのか」という質問はベテラン薬剤師に投げかけられることはなくても、薬剤師として何を大切にしているのかについては年代に関係なく面接の場で誰でも質問されます。

 

薬学部に入って薬剤師免許を取った背景には、何かしらの理由があるはずです。また、薬剤師として働くときのポリシーがあると思います。この想いを自分の言葉で語れるようにしておいてください。

 

例えば、以下のようになります。

 

患者さんと関わることで、心の障壁まで取り去ることを心がけて薬剤師をしています。

 

前職の私は、調剤薬局の中でも精神科病院の門前薬局で働いていました。このとき、患者さんは精神病という特殊な病気を抱えている人が多かったため、薬を渡すだけでは不十分なことが多いです。

 

例えば、睡眠薬や抗うつ薬を服用することで「薬から抜け出せなくなるのでは」と考えている患者さんが多いです。こうしたとき、薬の飲み方や副作用だけでなく、どのように薬と付き合えばいいのかを含めて丁寧に服薬指導しています。

 

その分だけ服薬指導に時間はかかりますが、ほとんどの患者さんは「薬を飲むことに不安を感じていたけど、いまは気持ちが楽になった」といってくれます。精神科では心の持ちようによって病状が改善したり悪化したりするため、こうしたサポートが必要不可欠です。

 

御社は精神科の処方せんをメインで受ける薬局ではありませんが、同じように患者さんに貢献する気持ちは変わりません。そのため、同じように高い医療情報の提供によって顧客満足度を向上できると考えています。

 

薬剤師として心がけていることについては、普段あまり意識していない人もいると思います。そうした場合であっても、面接の場では答えられるようにしましょう。

 

こうしたこと述べることによって、大きな自己PRになります。あなたという人間を経営者や採用担当者に理解してもらい、採用につなげましょう。

 

最後に質問は無いか(逆質問)

 

面接の最後では「最後に質問はありませんか?」と聞かれることがあります。これを逆質問といい、今度はあなたが面接官に質問することになります。

 

中にはこのような質問を想定していなくて「聞きたいことはありません」と答えたり、「……(長い沈黙)」と答えることができなかったりする人がいます。これは避けなければいけません。

 

なぜ逆質問をするのかというと、1つは疑問が残ったままであると「実際に入社するかどうか」を含め、正しい判断を行うことができないからです。そしてもう1つは、あなたの本心を知りたいからです。

 

逆質問は最後の自己PRの場面です。ここを有効に活用するようにしましょう。例えば、以下のような前向きな質問を行います。

 

これまで製薬企業のMRとして働いており、調剤経験はないのですが、もし縁があったとすればどのような勉強をすればいいでしょうか。

薬剤師として学びたいため、積極的に勉強会へ出席したり、地域住民へのイベントに参加したりしたいと考えています。御社独自で行っている勉強会や地域イベントはあるでしょうか。

 

きちんと事前準備や調査をした上で「面接の最後にどのような逆質問をしようか」と予め考えておく必要があります。

 

このとき、年収や休みなどの条件のことを聞いても大丈夫です。薬剤師として本気で転職しようとしているのであれば、労働条件について確認するのは当然の権利です。ただ、当然ながら露骨に年収や労働時間のことを切り出してはいけません。

 

そこで、以下のように「待遇面について聞くべき理由がある」ことを述べたうえで、逆質問をしてください。

 

いまは子供が小さいのですが、保育園のイベントがあったり急な発熱で看病が必要になったりしたときなど、「どうしても必要なときは休みにも対応してもらえる」という認識で間違いなかったでしょうか。

家庭の事情で残業できないのですが、残業なしのパート薬剤師勤務で大丈夫でしたよね。

私は仕事で出した成果を評価してくれる職場を望んでいます。転職初年度は実績がないので給料が平均的なのは仕方ないですが、患者さんに貢献して御社の売上を上げることができれば、それに伴って業績給(年収)が上がっていくことで問題ないでしょうか。

 

こうした逆質問であれば、問題なく答えてくれます。

 

また、薬剤師の転職では転職サイト(転職エージェント)を活用することがほとんどなので、面接同行してくれる転職サイトであれば、転職エージェント側から労働条件について代わりに話をしてくれます。

 

面接で聞かれる質問には準備しておくべき

 

このように、面接で必ずといっていいほど聞かれる質問事項とその対策について記しました。面接にパスできるように、きちんと対策をしておく必要があります。

 

他の職業に比べて、免許が絶大な効果を発揮する薬剤師は転職しやすいといわれています。ただ、これは無条件でどのような職場であっても転職できるという意味ではありません。面接の受け答えによっては、不採用になることもあります。

 

こうしたリスクを避けるため、上記で示したような面接で聞かれる質問に対しては必ず事前に準備をしておくようにしましょう。

 

面接対策として志望動機や自己PRの内容を含め、回答すべき内容をあらかじめ用意しておくことによって、面接官のあなたへの印象はよくなります。人気の求人であるほど競争が激しくなるため、調剤薬局、病院、ドラッグストア、一般企業を含め面接対策は転職において必須の作業だといえます。



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師の転職面接で聞かれる5つの質問内容

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師の転職面接で聞かれる5つの質問内容

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師の転職面接で聞かれる5つの質問内容

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事