病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

子供のいるママ薬剤師が託児所・院内保育所ありの求人を探すには

 

女性であると、出産・育児という「ライフステージが大きく変化する場面」に出くわします。このとき、子どもが小さいときは付きっきりで面倒を見る必要があるため、ママ薬剤師はなかなか復職することができません。

 

そこで、子供のいる女性薬剤師が転職で「託児所があったり、院内保育所を完備していたりする求人」を探すことは大きな意味があります。

 

金銭的な理由で薬剤師として復帰しようと思っていたとしても、子供の面倒があるために復職を決断できない人は多いです。しかし、託児所・院内保育所ありの求人であれば、そのような問題を解決することができます。

 

託児所付き、院内保育所ありのメリット

 

なぜ、小さい子供をもつ女性薬剤師は託児所付きであったり、院内保育所があったりする求人を探すのでしょうか。これは、託児所ありの求人では子どもを預かってもらう上で大きなメリットがあるからです。

 

まずは、こうしたメリットを理解したうえで託児所ありの求人を探す必要があります。

 

時間を気にせず勤務できる

 

ママ薬剤師が働きながら子育てを行うとなると、高確率で保育園に子供を預けることになります。ただ、このときは預けた以上、どこかの段階で子供を迎えに行かなければいけません。

 

保育園では朝7:00〜夕方19:00までの施設が多いです。これを考えたとき、朝に子供を送り届けるのは問題なかったとしても、夜に迎えに行くのが厳しいことがあります。多くの場合、19:00ごろに保育園が締まることを考えると、遅くても18:30くらいまでには預けた子供を迎えに行かなければいけません。

 

これを考えると、18:00には職場を切り上げる必要があります。

 

調剤薬局や病院、ドラッグストアを含めていつも18:00ピッタリで業務が終わることはありません。それどころか患者さんが処方せんをもってまだ待合室にいたり、薬歴管理の入力がたくさん残っていたりして、残業をしなければいけないことの方が多いです。

 

そのため、一般的な保育園を利用すると勤務時間を気にしながら働かなければいけません。

 

一方で託児所や院内保育所も同様に利用時間が決められているものの、職場との距離が非常に近いです。すぐに子供を迎えに行くことができるため、時間が迫ってきて慌てて職場を後にすることはありません。

 

また、患者さんがまだ残っていたり、OTCドラッグストアのように不特定多数の人が出入りする職場だったりすると難しいですが、迎えに行った子供を職場内で遊ばせておくことが可能です。

 

例えば調剤薬局であれば、薬局を閉めた後に職場にいるのは同僚だけです。さすがに調剤室に子供を入れるのは問題ですが、待合室などで子供を遊ばせておけば残業で仕事が夜遅くまであったとしても問題なく業務に専念できます。

 

薬剤師のキャリア形成に有利

 

このように、託児所あり・院内保育所付きの職場であると「職場との距離が近い」という最大のメリットがあります。この利点を活かせば、夜遅くまで勤務することができます。

 

これは、あなたの薬剤師としてのキャリア形成に大きなプラスになります。

 

例えば、職場の就業時間が19:00までのとき、子育ての関係で「17:30までの勤務を希望する」となると、いくら正社員を希望していたとしてもパートや派遣での勤務を勧められることが多いです。そこで託児所ありの求人であれば、長時間勤務できるのでキャリア形成に有利です。

 

薬剤師であったとしても、育児に対して理解のある職場を見つけるのは難しいのです。そうした現状を考えると、託児所ありの求人はママ薬剤師のキャリア形成にとって大きな利点があります。

 

外部の保育園に比べて、比較的料金が安い

 

すべての求人ではありませんが、他の保育園に比べると利用料金が安くなるのは託児所付きの求人のメリットです。

 

地域や世帯収入によって異なりますが、認可保育園であると保育料は月2〜3万円になることが多いです。これが認可外保育園となると、さらに高額になります。

 

一方で会社や病院が運営している託児所となると、1〜2万円ほどになることが多いです。利用料金は職場によって大きく異なるので、これについては転職時の求人票で確認するといいです。求人によっては、保育料が安くない場合もあります。

 

ただ、病院を含め24時間預かってくれる職場も存在するため、保育料の値段だけでなくその中身まで深く検討するといいです。

 

薬剤師の事情を考慮してくれる

 

薬局での託児所付き求人であれば、主に利用する人は薬剤師です。また、託児所ありの病院であっても多くの医療従事者が活用することになります。

 

そうなると、仕事が夜遅くなることに対して理解してくれます。託児所で勤務する保育士たちは、感覚的にはほぼ同僚です。外部の保育園であると迎えに行くのが遅くなれば文句をいわれますが、託児所付きの職場であれば多めに見てくれます。

 

延長料金を請求されることもないため、安心して利用できます。

 

また、病院薬剤師であると、夜勤を含めさまざまなケースがあります。24時間対応の保育所が存在することを述べましたが、こうした特殊な事情に対応している院内保育所も存在するのです。

 

託児所付き、院内保育所ありのデメリット

 

育児を行う上で大きなプラスになる託児所付きの求人ですが、メリットばかりではありません。

 

託児所ありの案件には、当然ながらデメリットも存在します。また、求人を確認するときに注意すべき点もあります。これらを確認した上で転職を検討しなければいけません。

 

実情とかけ離れていないかをチェックする

 

いくら託児所や院内保育所があるからといっても、利用条件については詳細に確認しなければいけません。実情とかけ離れていれば、いくら託児所付きの求人であっても意味がありません。

 

例えば、「19:00まで預かってくれる」となると何となく良さそうな気がします。ただ、現場で働く薬剤師の多くが20:00や21:00まで仕事をしているのが当たり前である職場であればどうでしょうか。この場合、託児所が使い物にならないことが分かります。

 

さらに、病院であると看護師だけを対象にした託児所も存在します。この場合、薬剤師は受け入れてもらえません。病院であると、託児所というのは名ばかりであり、看護師だけがメリットを受け取れる院内保育所も存在するのです。

 

「託児所ありの求人であれば何でもいい」と思うのではなく、実際に働くときの実情とかけ離れていないかどうかの確認が重要です。

 

勤務時間外に預けられるとは限らない

 

また、託児所というのは、「仕事をしている日に子供を預ける」ことが前提となっています。そのため、勤務時間外(休みの日)に子供を預けようと思っても、拒否されることがあります。

 

ただ、利便性を考えると「託児所よりも保育園の方が良い」とは必ずしもいえません。土日・祝日に勤務するのであれば、そうした日であっても託児所で預けることができます。

 

一方で保育園では、平日に休みをもらったときは問題なく子供を預けることができるものの、土日出勤では子供を預けられないことが多いです。

 

「365日子供を預けることができる保育園」が最も良いのかもしれませんが、料金が高くなりますし全員が利用できるわけではありません。そのような意味では、託児所や院内保育ありの求人を探すときは条件面をしっかりと確認するようにしましょう。

 

ちなみに、託児所付きの求人であっても、その中身をよく確認すると「平日のみ」となっていることがあります。これであると実情とかけ離れており、まったくもって活用できない託児所なので、求人先にどのような院内保育所が存在するのかをチェックする必要があります。

 

人間関係やプライバシーの問題を生じることがある

 

一般的な保育園であれば、そこに子供を預けている親たちは他人同士です。お互いにどのような仕事をしているのか分かりません。

 

しかし、託児所付きの職場であると、同僚の薬剤師の子供が預けられることになります。病院であっても、看護師や女医など同僚の子供と一緒になる可能性が高いです。

 

そうしたとき、子供を通じて家の内情やプライバシーなどの情報が漏れてしまうことがあります。これについては仕方がなく、子供を責めるわけにはいきません。人間関係を含め、託児所ありの職場の方が問題を生じやすいことは頭に入れておくといいです。

 

託児所・院内保育ありの求人はどこにあるのか

 

それでは、託児所や院内保育所を完備している求人には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

薬剤師が転職したり復職したりするとき、多くは調剤薬局やドラッグストア、病院に就職することになります。これらの中で、託児所や院内保育所を完備している確率が高いのは圧倒的に「病院」です。このときは、小さい病院ではなくて中規模以上の病院になります。

 

東京や大阪などの都市部に限らず、地方であってもある程度の大きさの病院であれば託児所付きであることが多いです。

 

当然ながら、病院であると薬剤師以外に多くのスタッフが働いています。しかも看護師となると、そのほとんどは女性なので薬剤師以上に出産・育児の問題が関わってきます。

 

病院であれば託児所を必要とする職員の数が多いです。ほとんどの病院にとって、薬剤師だけでなく、看護師など他のスタッフについても「私たちの病院で長く働いてもらいたい」と考えているため、託児所・院内保育を整備していることが多いです。

 

病院への転職を検討している場合、ママ薬剤師では託児所ありの求人を積極的に確認していくといいです。

 

調剤薬局、ドラッグストアでの託児所

 

それでは、調剤薬局やドラッグストアで託児所などの設備がないのかというと、必ずしもそうではありません。

 

例えば調剤薬局であれば、病院の門前にある薬局だと「病院の託児所・院内保育を使わせてくれる」ことがあります。病院と薬局は別会社ですが、薬局側が交渉することで、福利厚生の一環として使わせてもらえるようにしているのです。

 

また、病院の門前でなくても、小さい地域にいくつも店舗展開している調剤薬局やドラッグストアであれば、ママ薬剤師を含めて従業員のために託児所を完備していることがあります。

 

調剤薬局やドラッグストアなど、一つの店に正社員が数人しかいない業態では託児所を作るのは難しいものの、少数ですがこうした調剤薬局やドラッグストアは存在するのです。

 

託児所付きの求人ではない場合の対処法

 

託児所ありの求人は非常に少ないですが、そうした院内保育所がないケースでは他のママ薬剤師はどのようにして条件交渉をしているのでしょうか。

 

これには、いくつかの方法があります。

 

中小薬局では条件交渉が重要

 

大手チェーン薬局ならまだしも、中小薬局で託児所を開設しているところはほぼありません。それでは、ママ薬剤師がこうした中小薬局で働くのが向いていないかというと、必ずしもそうではありません。

 

病院や大手チェーン薬局とは異なり、中小薬局では社長との距離が近いので直に交渉することができます。保育園などは自分で探す必要があるものの、「時短勤務できないか」「子供が熱で保育園を休むとき、一時的に家へ帰ってもいいか」などの交渉をしましょう。

 

時短勤務や残業なしであれば、給料は下がってしまうものの「子供の迎えや夕食の準備があるため、18:00までには残業なしで帰らせてほしい」などの要望を伝えるのです。

 

そうすれば、たとえ託児所や院内保育がなかったとしても、ほぼ同じ条件でママ薬剤師として働くことができるようになります。こうした融通の利く薬局を探すことが、ママ薬剤師では重要になります。

 

東京や大阪などの都市部であれば、託児所ありの求人は比較的存在します。ただ、地方ではそのような案件は少ないため、条件を受け入れてくれる職場へ転職すると効果的です。

 

パート薬剤師、派遣薬剤師を考える

 

正社員として薬剤師のキャリアを積み上げていきたいと考える人であれば、ここまで述べてきた通り託児所付きの求人や勤務形態の融通が利く中小薬局への転職を考えるといいです。

 

ただ、そこまで正社員へのこだわりがなくパートや派遣であっても問題ない場合、こうした勤務形態で応募するといいです。

 

パートや派遣の薬剤師であれば、「17:00までの勤務にしたい」「必ず土日休みを確保したい」などの要望であっても受け入れてくれます。正社員ように大きな制約がある中で働かなければいけないわけではありません。

 

これであれば、たとえ託児所付きの求人でなくても外部の保育園に子供を預けて働くことができます。

 

土日や祝日など、仕事休みの日に子供を預けたい場合の対処法

 

なお、場合によっては「土日や祝日など、仕事が休みの日ではあるもののどこかに子供を預け、旅行へ行きたい」などのように考えることがあると思います。

 

そうしたとき、実家や友達の家など子供の預け先を必死で考えます。

 

ただ、場合によってはそうした預け先が見つからないことがあります。そうしたとき、東京や大阪などの都市部に限定されてしまいますが、24時間の預け入れが可能な外部保育所を1日(または数日間)利用する方法があります。

 

利用料金は少し高くなってしまいますが、こうしたサービスが存在することを知っていればさまざまな活用法があるはずです。

 

転職サイトを通じて託児所付きの求人を探す

 

それでは、どのようにすれば上記のような求人を見つけることができるのでしょうか。これら託児所・院内保育所ありの求人は特殊な案件に入ります。そのため、ほとんどの人は転職サイト(転職エージェント)を活用して、託児所ありの求人を探します。

 

転職サイトに登録し、自分が交渉するのではなくプロが代わりになって会社とやり取りをしてもらうことで、良い条件を引き出してもらうのです。

 

ただ、転職サイトによっては「多くの求人を提示し、その中から選んでもらう」「丁寧なヒアリングによって、厳選した求人を発掘して提示する」などスタイルが異なります。これについては、自分に合った転職サイトを利用しましょう。

 

なお、託児所付きの求人ではなく、認可保育園に子供を預けることになった場合、「近くにある保育園を一緒になって探し、交渉してくれる転職サイト」も存在します。どこまで行ってくれるのかについては、転職エージェントによって大きく違ってくるのです。

 

そのため、実際に複数の転職サイトに登録することで、「特殊案件である託児所付きの求人がどれだけあるのか」「育児を行いやすい求人をどれだけ紹介してくれるのか」などを比較検討した上で、最適な職場を見つけるようにしてください。

 

転職サイトごとにママ薬剤師を支援する独自のサービスが異なるため、複数の転職サイトを活用することで満足のいく求人を探し、良い転職・復職を目指しましょう。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

子供のいるママ薬剤師が託児所・院内保育所ありの求人を探すには

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

子供のいるママ薬剤師が託児所・院内保育所ありの求人を探すには

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

子供のいるママ薬剤師が託児所・院内保育所ありの求人を探すには

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事