病院・調剤薬局に関する薬剤師の転職・求人応援サイト

薬剤師転職で給料・年収の相場はどうのように決まるのか

 

働く地域が異なれば、給与相場も違ってきます。また、その人が持っているスキルや経験が異なれば、支払われる給料も当然ながら変わってきます。

 

薬剤師として働くとき、誰もが高い給料を望みます。ただ、何の根拠もなしに高年収を要求したとしても、受け入れてくれる求人は存在しません。そこで、薬剤師の給料がどのような尺度で決まるか確認していきたいと思います。

 

給与相場の決まり方

 

薬剤師が転職を行うとき、「給料の交渉」を行わなければいけません。お金の話なので避けたがる人は多いですが、転職するにあたって避けては通れない問題でもあります。

 

このとき、給与相場が決まる尺度としては、以下のようなものがあります。ここで挙げるのはあくまで一例なので、当然ながら他にも当てはまる事例がいくつも存在すると考えてください。

 

「経験」をしている

 

・管理薬剤師経験がある

 

例えば調剤薬局への就職を目指す場合、管理薬剤師を経験したことのある人であれば当然ながら高年収を引き出すことができます。他の店舗へ管理薬剤師として転職すれば、最初から管理職の給料を提示されるのです。

 

病院薬剤師になるため、調剤薬局やドラッグストアから病院への転職を行う場合であっても、管理薬剤師経験のある人であれば「即戦力になる可能性が高い」といえます。もちろん、数店舗の管理を行うマネージャー職であっても、同様に評価されやすいです。

 

・新規店舗の立ち上げを経験した

 

管理薬剤師としての経験がなかったとしても、他の武器をもっていれば問題ありません。例えば、薬局の新規店舗の立ち上げに携わるなどの実績であれば、普通の薬剤師は経験しないことだといえます。

 

同じように新規オープンの薬局の求人があった場合、こうしたときの経験は非常に役立ちます。経験がある分だけ期待されるため、それが給料に反映されます。

 

・在宅経験がある

 

在宅経験があることも、年収を交渉する材料になります。いまでは多くの調剤薬局が在宅を行っているものの、そのほとんどは薬を届けるだけの「施設在宅」になってしまいがちです。そこで、本当の意味で在宅を経験している人であれば、本気で在宅に取り組みたい薬局から高年収を引き出せます。

 

病院へ転職したい場合であっても、在宅経験のある薬剤師であるほど即戦力として迎えてくれるようになります。

 

「スキル」をもっている

 

・医師、看護師とも意思疎通できるコミュニケーション力がある

 

昔の薬剤師は調剤室にこもって調剤をしていればよかったものの、現在では薬局であれ病院であれ、患者さんへ適切な服薬指導をして薬の説明をしなければいけません。

 

それだけではなく、医師・看護師との連携も必要です。病院であればほぼ確実にチーム医療が組まれますし、調剤薬局やドラッグストアであっても医師との関係を良好に保っておく必要があります。そうしたスキルがあれば、求人側から重宝されます。

 

・セミナー講師ができる

 

これまでに何度もセミナー講師としての経験がある場合も同様に、大きなスキルとして認められます。セミナーとはいっても、「地域の交流会のセミナーを担当して5人の前で話した」などの規模でも問題ありません。

 

薬剤師会の活動に参加したり、地域医療に積極的な薬局へ就職したりすると、意外とセミナー講師の機会があります。薬剤師会で学校薬剤師を頼まれたり、看護学校の講師をお願いされたりすることもあります。こうしたとき、セミナー経験が活きてきます。

 

また、地域医療に積極的な薬局であると、地域住民向けにお薬セミナーを行うことも多いため、アピール材料になるのです。当然、病院薬剤師であってもセミナー経験は重宝されます。

 

・薬剤師同士の人脈がある

 

多くの人脈を構築することも、スキルの一つです。薬剤師会や薬剤師連盟を含め、勉強会やイベントに参加していれば「意識の高い薬剤師たち」に触れる機会が多くなります。そこから知識を得て、スキルアップすることも可能です。

 

あなたが経営者だとしたら、「普通の薬剤師として薬局内だけで活動してきた人」と「薬剤師会のイベントへ積極的に参加し、地域だけでなく全国の薬剤師とつながりのある人」を比べたとき、どちらに高年収を提示したいと思うでしょうか。当然、後者のはずです。

 

人脈とはいっても、薬剤師会を含めたイベントに参加して協力していると、わりと簡単に上層部として活動できるようになります。薬剤師会で活動すれば、すぐに薬剤師同士でつながれるようになります。意識次第ですが、こうしたことも可能なのです。

 

「年齢」による経験やスキルの蓄積

 

・病院薬剤師を何十年も行っている

 

年齢が高いことは転職においてマイナスポイントですが、何年も勤めることで経験とスキルがある場合はプラスに評価されます。

 

例えば病院薬剤師を何年も経験している人であれば、転職時は薬局に行くことがほとんどです。このとき、病院での経験や考え方は調剤薬局やドラッグストアで働くときに大いに役立ちます。病院経験という側面から、薬局の改善点を含めてアドバイスできるはずです。

 

薬局薬剤師にとっても、病院で働いていた薬剤師が入社することで刺激になります。

 

・企業での営業や学術を長年担当してきた

 

製薬企業で営業(MR)をしていたり、学術を担当していたりした人であっても、同様に高評価になります。

 

こうした人たちは調剤未経験です。ただ、一般企業で営業や学術などで長く勤めると、必ず後輩の面倒を見る機会が訪れます。人によっては、何人もの部下をもつようになることもあります。

 

要はマネージャーやリーダーとして活躍したことがある人なので、調剤以外の部分で期待することができるのです。

 

給料が高くなるその他の要素を考慮する

 

このように、人によってさまざまな経験をされた方がいます。

 

これらのスキルはとても重要であり、特に求人先企業にとっては「売上・利益で貢献できるか」という点が最も重要になります。ここまで述べてきたことは、どれも「求人先にどれだけ寄与できるのか」という観点での話です。

 

単に「薬剤師免許をもっている」というだけでは意味がありません。転職で給料が上がったのは昔の話であり、現在では「それだけの給料を払うに値する人間か」が判断されます。年収相場には、その人の知識や経験が影響するのです。

 

そして、ここにプラスして年収相場では「需要と供給のバランス」もかなり重要になります。個人の能力も確かに重要ですが、働く地域において「どれだけ薬剤師が足りていないか」という外部要因も考慮しなければいけません。

 

地域が異なれば給料も違う

 

東京や大阪など、これらの地域は住む人も多く、薬局や病院が密集しています。それと共に、このような都市部で働きたい人もたくさんいます。

 

薬剤師も東京や大阪ではたくさん住んでいるため、薬局や病院側は他の地域に比べると比較的容易に薬剤師を見つけることができます。そのため、必然的に給与相場は低くなる傾向にあります。

 

いくら高度なスキルをもっており、売上・利益に貢献できるとはいっても、都市部で働く以上は給料が少なくなる傾向にあります。

 

また、都市部では替わりの薬剤師が見つかりやすいため、「休みが欲しい」、「残業をしたくない」など、融通の利かない人は求人側から遠慮されてしまいます。都市部であるほど、勤務時間や会社の制度に対して柔軟に対応できる人が必要とされます。

 

それに対して、田舎に行くほど薬剤師が足りなくなります。たとえ大阪であっても、大阪府の南部に行けば薬剤師が足りていない地域があります。

 

この場合、会社としても薬剤師をぜひとも採用したいと考えるため、提示される給料も高くなりやすいです。これであれば年収だけでなく、働く時間なども含めて交渉を行いやすくなります。

 

田舎の僻地に行くと、この傾向がより顕著に表れます。新卒薬剤師であっても、田舎僻地であれば初任給で年収600万以上を提示されることが普通にあります。

 

このように、薬剤師が足りていない地域ほど給与相場が高くなり、勤務条件の交渉が行いやすくなります。その点、都市部で働く以上は自分の要求ばかりを提示しても受け入れられるのは難しいです。

 

経験やスキルを磨くことが重要

 

私立の薬学部が乱立されるようになってから、薬剤師の数も増えています。ただ、薬学部のない県もあり、そうした田舎の地域では薬剤師不足が続いているのが現状です。それに引き換え、都市部では薬剤師の数が増えるために給与相場も下がっていきます。

 

このような地域による需要バランスもありますが、「その人が何を経験してきたか」も重要になります。

 

同じように都市部で働くにしても、会社の売上・利益に貢献できる人は少ないため、そのような人であるほど給料は高くなります。

 

また、「薬剤師は結婚・出産後でも復職しやすい職業」ですが、それまでの職場で多くの調剤経験を積んでいる人であるほど採用されるときに高年収(高時給)を引き出しやすいです。

 

給与相場は地域差による影響が大きいことは確かですが、薬剤師自身の「経験」や「知識」が重要な要素になるのです。

 

年収の根拠を明らかにする

 

「その人がもっている経験やスキルが年収に影響する」「薬剤師の少ない地域では給料が高くなる」などを紹介しましたが、これはつまり年収の根拠を明らかにすることでもあります。

 

例えば、「年収を上げるために転職を考えており、希望する年収は600万です」という方は意外と多いです。しかし、「なぜあなたに年収600万を支払わなければいけないのか」という質問に答えられない人がほとんどです。

 

昔であれば、「薬剤師を数年ほど経験した」などの理由でも高年収を引き出せていましたが、いまはそのようなことはありません。

 

考えて欲しいのは、違う職場へ転職してあなたが働くことで「年収の何倍もの利益を出せるように職場へ貢献できることを、経営者に対して示すことができるか」ということです。

 

現在の職場で単に高い給料を払ってもらっていたり、管理薬剤師の肩書きがあったりしても、これから転職しようとしている企業の利益に対して、それらは何も役に立ちません。重要なのは、以下のようなことを示すことができるかにあります。

 

・あなたを雇って何のメリットがあるのか

 

・他の薬剤師と違うスキルはあるのか

 

・どのような形で利益に貢献できるのか

 

これを理解せずに「年収○万円が希望です」と言ったところで意味がありません。それだけの価値を示すことができないのであれば、単なる机上の空論に過ぎないのです。

 

「薬剤師+α」が可能な人であれば高い給料を引き出せる

 

一方、ここまで述べてきたように「薬剤師+α」のある人であれば、高い年収を要求することは可能です。例えば、以下のような経験のある薬剤師であれば、給料の引き上げ要求が通りやすいです。

 

・複数の店舗を統括しており、新しいシステムを導入することで店舗の効率化が進み、経費削減によって利益を押し上げた。

 

・地域住民を巻き込んで週末にセミナーを開き、信頼を獲得することによって処方せん枚数を増やした。

 

・老人施設などに営業に出向き、その施設を担当している医師と信頼関係を築いたことで月の売上を一気に増やした。

 

・病院で働いているとき、常駐する病棟薬剤師を増やすことによる保険点数(売上)の向上や人件費、医療過誤などのリスクをプレゼンし、病院の利益向上に成功した。

 

いずれにしても、このような成功例がないと年収アップは難しいと考えてください。利益(売上)を出してくれるからこそ、経営者はそれだけの給料を安心して払うことができます。

 

客観的な根拠があれば、年収アップは容易になる

 

どれだけ職場で夜遅くまで頑張っていたとしても、結果がなければ全く意味がありません。売上や利益で納得させることができてこそ、ようやく転職での年収アップが可能になります。単に年収を上げたいと考えているのであれば、今いる職場で必死に頑張った方が良いです。

 

ただ、もしこれらの成果を出しても今の職場で年収が変わらないのであれば、そのときにようやく「年収アップ」という理由で転職を考えるべきです。

 

大きな成果を出しているにもかかわらず、給料を上げてくれない職場に長く在籍する必要はありません。そのような職場ではなく、転職することで「あなたを適切に評価してくれる求人」へ応募するのです。このとき、これまでの結果を示すことができれば、経営者も高年収の要求に対して納得しやすくなります。

 

重要なのは、客観的な根拠です。単に「年収を上げたいです」といっても、「あなたを雇うことで売上・利益に何のメリットがあるのか」を答えられなければ年収アップは諦めた方が良いです。当たり前の話ですが、これを理解していない薬剤師が多いのも現実です。

 

・あなたでしか行えないことは何か

 

・転職先の会社に対してどのような貢献ができるか

 

もし、「転職で年収を上げたい」と本気で思っているのであれば、この問いを何度も自分に言い聞かせてください。

 

そうして自分を見つめなおし、高い給料を引き出す材料をいくつも集めましょう。その後、転職サイトを活用して高年収の職場へチャレンジするといいです。

 

自ら求人先の薬局や病院と交渉して高い給料を引き出すのは不可能に近いです。そこで、転職サイトに在籍するプロのコンサルタントに年収交渉をしてもらうことで、ようやく高い給料を引き出せるようになるのです。

 



薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。



注目の人気記事


・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。
管理人による転職体験記


・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。
転職サイトを有効活用するには


・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。
派遣薬剤師で転職し、短期で働くポイント


インタビュー記事:薬剤師の転職サイト


・ファルマスタッフ

薬剤師転職で給料・年収の相場はどうのように決まるのか

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。
ファルマスタッフのインタビュー記事


・ファーマキャリア

薬剤師転職で給料・年収の相場はどうのように決まるのか

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。
ファーマキャリアのインタビュー記事


・ファーネットキャリア

薬剤師転職で給料・年収の相場はどうのように決まるのか

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部部にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。
ファーネットキャリアのインタビュー記事